本文へジャンプします。

有名温泉地から日帰り温泉、露天風呂、秘湯まで温泉口コミ&クーポンが充実

【共通ヘッダー、トップ大小、特集トップ大】バスクリンWフォローCP

★施設投票

×

エラーが発生しました。 しばらく経ってから再度お試しください。

閉じる

ピースくん

ピースくん さん

平均43.6点 / 286件

温泉に癒しを求めて、全国各地の温泉を訪ねています。泉質にはこだわりたいと思います。今年も忙しくてもぼちぼちと湯めぐりができれば…

性別男性 年齢 指定なし 住まい大阪
HP指定なし
ブログ指定なし

286件中 51件~60件を表示

前へ  2 3 4 5 6 7 8 9 10 11  次へ

並び順

口コミ最新投稿順 |

口コミ点数の高い順

  • 再訪

    投稿日:2012年4月17日

    再訪河原風呂感想

    ピースくんさん [入浴日: 2012年3月29日 / 2時間以内]

    総合評価 0 - 点

    お湯

    0 - 点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    今回は、深夜に訪れました。地元の方や観光客らしき人が入れ替わりに訪れて、相変わらず人気の高さがうかがわれました。
    脱衣棚に近い方がぬるめ、奥の方が熱めでしたが、肌寒い日だったので奥の方が丁度良い湯加減になっていました。
    前回は明け方で、まわりの景色を眺めながら開放感に浸れましたが、今回は暗くて開放感は今ひとつ。やはり露天は明るい時に入るのが良いですね。(写真は宿を出た後で撮影したものです)

  • 良い湯にどっぷりと浸かる喜び

    投稿日:2012年1月5日

    良い湯にどっぷりと浸かる喜び湯の峰温泉公衆浴場感想

    ピースくんさん [入浴日: 2011年12月28日 / 2時間以内]

    総合評価 55.0点

    お湯

    55.0点

    施設

    44.0点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    湯の峰の締めは、まだ入っていなかった公衆浴場の「くすり湯」にしました。強烈な硫黄臭の高温のお湯が掛け流され、冷えた体にぐいぐいとしみ込んでいく感じです。
    湯船に浸かってふと上を見上げると、吹き抜けの高さにびっくり。3階分ぐらいあるので、湯気がこもらず体が丁度良くクールダウンできます。
    貸し切り状態でゆっくりと良いお湯を楽しむことができました。1年の疲れを、また湯の峰のお湯が癒してくれました。
    湯の峰温泉:含硫黄-ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物泉(89.6℃、pH7.8、湧出量87L/m、成分総計1781mg/kg)

  • 再訪

    投稿日:2011年12月30日

    再訪湯の峯荘感想

    ピースくんさん [入浴日: 2011年12月27日 / 1泊]

    総合評価 0 - 点

    お湯

    0 - 点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    良いお湯を求めて、4年ぶりに再訪しました。この施設は高台にあるので洪水の直接の被害はありませんが、国道からの道で宿のすぐ手前の橋が通行不能になっているので、少し回り道をすることになります。

    湯の峰のお湯は、硫黄臭とツルヌルとした浴感で何回来ても満足できます。露天風呂の卵スープのような湯の花も健在でした。ただ今回は、楽しみにしていた家族風呂(くすり湯)がどうしたわけかとてもぬるくて、夜に2回入りましたが2回とも同じような状況でした。原因は宿の方には結局聞かずじまい。源泉の投入量をもう少し多くすればと思いました。

    その点は少し残念でしたが、前回つけた評価は今回も変わらず、これからも良いお湯を提供していただきたいと思います。
    湯の峰温泉(龍の湯):含硫黄-ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物泉(91.0℃、pH7.0、湧出量59L/m、成分総計1928mg/kg)

  • がんばれ川湯温泉

    投稿日:2011年12月30日

    がんばれ川湯温泉奥熊野川湯温泉 川湯みどりや感想

    ピースくんさん [入浴日: 2011年12月27日 / 2時間以内]

    総合評価 55.0点

    お湯

    44.0点

    施設

    55.0点

    サービス

    55.0点

    飲食

    0 - 点

    当初は金沢方面を予定していましたが、台風による大きな被害の後、この地域の観光客が減っていると聞き少しの足しになればと思って訪れました。
    阪和道の田辺からこの地域までの道は、所々で復旧工事が行われ片側通行の所もありましたが、交通量が少ないのであまりロスもなく走ることができます。

    立ち寄りでの訪問ですが、タオルが置いてあり施設も全体的に整っていて気持ちよく利用できました。お湯の方は、無色透明で湯口付近で若干の硫化水素臭。ツルヌル感もあり心地よいお湯です。
    大きなガラス張りの内湯からの眺めも良いですが、やはり大浴場から直接出られる河原の露天風呂は秀逸です。洪水で大きな被害があったと思いますが綺麗に修復されていました。

    旅行会社の「湯めぐりパスポート」を利用しての入浴でしたが、無料の客にもイヤな顔一つせず、帰りがけにはお見送りまでしていただいて嬉しい気持ちになりました。
    これからもがんばっていただきたいとの願いを込めて、☆5つとしました。

  • 素朴で味わい深いお湯

    投稿日:2011年8月31日

    素朴で味わい深いお湯小森温泉感想

    ピースくんさん [入浴日: 2011年8月12日 / 2時間以内]

    総合評価 44.0点

    お湯

    55.0点

    施設

    33.0点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    島根からの帰りに、少し回り道をして以前から気になっていたこちらの施設に立ち寄りました。
    玄関を入ってすぐに、建物の古さから江戸時代の藩主御用達という歴史を感じました。長い廊下を通り途中で川も渡って、さらに男湯へは階段を下って川に面した古びた浴室にたどり着きます。
    脱衣所は狭いですが、浴室内は高さもあり少し広めに感じます。内湯のみで、浴槽が中央で仕切られて、加温された源泉が投入される方と、そこからお湯が流れ込んでいく少しぬるめの浴槽があります。

    ふんわりと漂う硫化水素臭とツルツル感のあるお湯。口に含むとほのかに卵味がしてとてもまろやかな味です。朝に濃い濁り湯に浸かっていただけに、よけいに透明感のある柔らかなお湯が肌にも気持ちよかったです。
    やや熱めに加温されていたこともあって、浴後は体がホカホカして汗がひきませんでした。でも、とてもさっぱりした感じを味わうことができました。なお、以前のクチコミにもありましたが、カランからも源泉が出されているようです。地図を見ながら苦労してたどり着いた甲斐のある温泉でした。
    アルカリ性単純泉(28.1℃、pH9.4)

  • 出雲の濁り湯

    投稿日:2011年8月30日

    出雲の濁り湯出雲駅前温泉らんぷの湯感想

    ピースくんさん [入浴日: 2011年8月12日 / 2時間以内]

    総合評価 44.0点

    お湯

    44.0点

    施設

    33.0点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    出雲駅前のホテルに宿泊した次の日、開店と同時に訪問しました。駐車場の広さの割には、施設内はこぢんまりとしていたので、混雑を避けて朝一でゆったりできたのは良かったと思います。
    お湯の方は、鉄分を多く含んだ源泉が加温の上で各浴槽に掛け流されているようで、見事なまでに茶褐色に濁っています。露天エリアには一人サイズの長方形の浴槽が3つあり、色は少し薄め。鮮度でいっても露天の浴槽の方が良いのですが、お湯の投入量が少ないので一杯になるまでに時間がかかり、人の入れ替えの多い混雑時には湯の劣化が少し心配になりました。

    源泉は口に含むと薄い塩味とえぐみを感じましたが、匂いはそれほど印象に残りませんでした。ただ、女湯の方では石油のような匂いを感じたとのことで、加温のためのボイラーの匂いなのか源泉自体の匂いなのか気になる所です。
    全体としては、駅前で濃い源泉を味わうことができ、混んでなければ露天の雰囲気なども落ち着きがあって良い所だと思います。ただ、露天の水風呂に入らなかったことは心残りとなりました。
    含鉄-カルシウム・ナトリウム-塩化物泉(27.2℃、成分総計4.26g/kg)

  • 塩分の濃いお湯でした

    投稿日:2011年8月22日

    塩分の濃いお湯でしたニューウェルシティ出雲感想

    ピースくんさん [入浴日: 2011年8月11日 / 2時間以内]

    総合評価 33.0点

    お湯

    33.0点

    施設

    33.0点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    島根の旅の2日目は出雲市内へ。島根ワイナリーでおみやげのワインを購入した後、こちらの施設に立ち寄りました。市街地にあるわりと大きな宿泊施設ですが、裏側にある大きな駐車場に車を入れると、すぐ前にお風呂の受付があり、日帰り入浴がしやすくなっています。今回は「温泉手形」を利用させていただきました。
    出雲市周辺には結構多くの温泉がありますが、こちらのお湯はカルシウム分が多く、やや青白く濁っているのが特徴です。露天がないのは残念ですが、ホテルの風呂だけに清潔で気分良く入浴できます。

    浴槽は半分は白湯のジャグジー系で、半分が温泉利用の浴槽となっています。底から加温されたお湯が投入されていますが、オーバーフローはなく循環での利用と思われます。塩味が強くて保湿性は高いようですが、浴後は少し肌がベタベタします。
    源泉としては成分の濃そうなものだけに、掛け流しでの利用でないのが惜しまれます。なお施設名は「ニューウェルシティ出雲」となっています。
    有原温泉:カルシウム・ナトリウム-塩化物泉(40.7℃、成分総計20.91g/kg)

  • 文句なしのお湯

    投稿日:2011年8月19日

    文句なしのお湯小屋原温泉 熊谷旅館(くまがいりょかん)感想

    ピースくんさん [入浴日: 2011年8月11日 / 2時間以内]

    総合評価 55.0点

    お湯

    55.0点

    施設

    55.0点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    今回の島根旅行のメインがこちらの施設への立ち寄りでした。三瓶温泉は山麓の南側ですが、そこを後にして山の北側へと向かいます。途中の西の原から三瓶山の眺望が素晴らしいのですが、生憎の曇り空。幹線道路から脇道に入ると細い道になりますが、距離がそれほどないので楽にたどり着けました。
    山の中に小さな小学校の校舎のような建物がぽつんと建っています。フロントで立ち寄りを請うと、1時間以内で4つの浴槽のうち1つのみ利用との説明を受けました。
    4つ全てを見て回った上で、泉源に近いという2つめは浴槽が小振りだったので、私たちは1番奥の浴槽を利用することにしました。この浴槽のみ三方が板張りになっていました。

    小さな脱衣所から少し階段を下りて、源泉が大量にかけ流されている浴槽に身を沈めます。透明なお湯ですが浴槽内では少し濁っていて、よく見ると細かな湯の花が一杯です。
    暫くすると体中を細かなアワアワが包みます。三瓶温泉よりはっきりとした金気臭。お湯の新鮮さが感じられて思わずため息が出るくらいでした。
    1時間があっという間に過ぎて、まだ浸かっていたいという思いを抱きつつ浴室を後にしました。体温ほどのぬる湯ですが、炭酸のおかげか浴後は体がポカポカして汗が止まりません。期待通りの極上のお湯に十分満足できました。
    蛇足ですが、帰路は出雲方面に向かうために北側の県道に抜けましたが、この道は南側以上に細い山道なので、運転に自信のない方は避けた方が無難かと思います。
    小屋原温泉:ナトリウム-塩化物泉(37.8℃、pH6.0、湧出量30.8L/m、成分総計7.35g/kg)

  • 存分に源泉を楽しむ

    投稿日:2011年8月18日

    存分に源泉を楽しむ国民宿舎 さんべ荘感想

    ピースくんさん [入浴日: 2011年8月10日 / 1泊]

    総合評価 55.0点

    お湯

    55.0点

    施設

    55.0点

    サービス

    44.0点

    飲食

    44.0点

    今回の島根旅行の宿泊先に選んだのがこちらの施設。建物は少し年季が入っていますが、館内は綺麗で部屋の中もリニューアルされたのか清潔感があり、次の間付きの広い部屋でゆったりできました。
    お風呂の方も大正解。男女が日替わりとなり、夕方、夜、朝と3回入りました。内湯は鉄分を濾過した透明なお湯。以前のクチコミにあったような塩素臭はあまり気になりませんでした。
    お目当ての露天エリアには、掛け流しの1~2人サイズの浴槽が所狭しと並んで、人の少ない時間には存分に湯めぐりを楽しめました。

    その中でお薦めの1つめは、加温されてない樽風呂です。夏のこの時期だと丁度良い温度で、金気臭の強い濁り湯にいつまでも浸かっていたい感じでした。
    そしてお薦めの2つめは、一日目の男湯の一番奥に最近新設された「代官の湯」です。石見銀山をモチーフに、地下に入っていく感じで奥に2つの浴槽があります。その1つの長方形をした「ひのき風呂」が体を伸ばせてゆったりできました。加温はされているようですが、薄茶色に濁ったお湯の中に細かな湯の花がたくさん舞っていました。
    日帰りなどで混み合っているとなかなか空きがない場合もあるでしょうから、やはり宿泊でゆったりとできたのは良かったです。食事処(レストラン)から見る庭の雰囲気も良く、渋滞の中で400km近く走ってきた甲斐がありました。
    残念だったのは夜間(11時~翌朝6時まで)はお風呂が使えなかったので、それがなければほぼ満点な施設でした。
    三瓶温泉:ナトリウム-塩化物泉(36.6℃、成分総計2.52g/kg)※内湯と露天で違う源泉のようで、数値が少し異なっていました

  • 源泉ドバドバ

    投稿日:2011年8月18日

    源泉ドバドバ共同浴場 亀の湯感想

    ピースくんさん [入浴日: 2011年8月10日 / 2時間以内]

    総合評価 44.0点

    お湯

    55.0点

    施設

    33.0点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    今回の島根旅行の1湯目はこちらの施設でした。ホテルにチェックインした後に車で向かいました。民家と変わらない佇まいですが、隣の方にある郵便局が目印になります。
    入り口の料金箱に200円を投入するシステムですが、小銭がなかったので向かいの酒屋さんで両替をお願いしました。(もちろん風呂上がりには地酒を購入)
    狭い脱衣所と内湯に浴槽が1つだけの小さな共同湯。地元の方は浴室に入る時に必ず「こんにちは」などと声をかけられます。地域の社交場としても皆さんに親しまれている様子が分かります。

    お湯の方は17時以降は加温された掛け流しのようで、小判型の浴槽中央にある筒からほぼ透明な源泉が湧き出ています。金気臭とやや緑がかって濁ったお湯が、温泉の気分を盛り上げてくれます。ただこの時期だと、早めの時間に訪れて加温なしのお湯を味わいたかったです。
    また、驚いたのは奥の壁から煙突のような筒が出ていて、筒の両側から加温なしの源泉がドバドバと床に掛け流されていたことです。どうやらそれは体を洗うためのカラン代わりに使われているようで、地元の方はそれを二人ずつ交代で使っておられました。私はそれを上がり湯として使わせてもらって気持ちよく浴室を後にしました。口に含むと、微かな塩味と金気臭でとてもまろやかな味。浴後はさっぱりとして肌がサラサラになりました。
    三瓶温泉:ナトリウム-塩化物泉(37.5℃、成分総計2.44g/kg)

286件中 51件~60件を表示

前へ  2 3 4 5 6 7 8 9 10 11  次へ


  • 温泉ソムリエになって温泉を10倍楽しみませんか
  • 船井総合研究所温浴チーム
  • ofr48
  • 浴場市場

TOPへもどる