本文へジャンプします。

有名温泉地から日帰り温泉、露天風呂、秘湯まで温泉口コミ&クーポンが充実

【共通ヘッダー、トップ大小、特集トップ大】バスクリンWフォローCP

★施設投票

×

エラーが発生しました。 しばらく経ってから再度お試しください。

閉じる

ピースくん

ピースくん さん

平均43.6点 / 286件

温泉に癒しを求めて、全国各地の温泉を訪ねています。泉質にはこだわりたいと思います。今年も忙しくてもぼちぼちと湯めぐりができれば…

性別男性 年齢 指定なし 住まい大阪
HP指定なし
ブログ指定なし

286件中 21件~30件を表示

前へ  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  次へ

並び順

口コミ最新投稿順 |

口コミ点数の高い順

  • 昼食付きがお薦め

    投稿日:2013年12月29日

    昼食付きがお薦め犬鳴グランドホテル紀泉閣感想

    ピースくんさん [入浴日: 2013年11月23日 / 5時間以内]

    総合評価 33.0点

    お湯

    33.0点

    施設

    33.0点

    サービス

    44.0点

    飲食

    55.0点

    紅葉の季節。少し足を伸ばしてお気に入りの場所の一つである犬鳴山温泉を訪れました。祝日だったので、狭い温泉街はハイキング客も含めてかなり混雑していました。今回は、まだ未利用のこちらの施設。温泉街では一番奥の方にあります。こぢんまりとしていますが、グランドホテルと名の付くだけあって気品のある建物。駐車場は一杯でしたが、何とか駐めることができました。

    こちらを選んだ理由の一つが、部屋が使えて(3時間半)料金が祝日でも平日と同じリーズナブルな点。フロントでチェックインをすると鍵を渡されて、まず部屋に行きます。浴衣は別料金とのことで使用せず。荷物を置いて一息ついたら早速お風呂に行きました。
    内湯・露天とも同じお湯かと思いますが、循環や加水の関係かツルヌル感はやや期待はずれ。山を正面にした露天は、紅葉する樹木は少なく、浴槽も横長で出入りをする時に足を引っ込めたりと少し気を遣いました。

    少しがっかりして部屋に戻り食事をとりましたが、出された会席料理を見て大満足。質・量ともに値段的には十分で、特にお刺身は泉佐野漁港が近いだけあってか大変美味しかったです。総合評価を4点にするかで迷いましたが、泉質重視派としては「山乃湯」と比べてしまうとどうしてもパンチ不足。その分で3点としましたが、部屋でのゆったりとした食事で旅行気分を満喫できて結構コストパフォーマンスは高く満足できました。また、昼食付きでもレストランで「季節のランチ」プランがさらにリーズナブルな料金で利用できます。

  • 渓流沿いの温泉旅館

    投稿日:2013年12月29日

    渓流沿いの温泉旅館山水館(さんすいかん)感想

    ピースくんさん [入浴日: 2013年10月14日 / 5時間以内]

    総合評価 33.0点

    お湯

    33.0点

    施設

    33.0点

    サービス

    33.0点

    飲食

    44.0点

    高槻市の市街地から少し北に行った、摂津峡の川沿いにある温泉旅館。宿の手前500m位は、すれ違いの困難な細い道なので、自動車で行かれる時は注意してください。また、駐車場も狭く、混雑時はフロントに鍵を預ける形になりますが、場合によっては出る時に少し時間がかかることもあります。
    アクセスは少し不便ですが、その分周りは自然溢れる渓谷で森林浴もできます。施設はだいぶ以前に伺った時より、リニューアルされたのか小綺麗な感じになっていました。

    今回は昼食付きのプラン(花籠弁当)を利用。まずお風呂ですが、内湯はラドンを含むアルカリ性単純泉の1号泉で、滝のように大量にお湯が注ぎ込まれていますがあまり特徴のないお湯。循環だと思いますが、塩素臭をあまり感じなかったのは救いです。男性の場合露天は離れた所にあり、いったん服を着なければなりませんが、炭酸水素泉の2号泉を使用とのことで期待をして行ってみました。川に面した開放感溢れるロケーションはまずまずですが、脱衣は浴槽に面して棚があるだけで、スペースも狭く何人かで行くと少し待たなければなりません。お湯の方もツルヌル感はありますが、同じ源泉を使っていると思われる「祥風苑」ほどではなく、時間がなかったこともあって短時間で切り上げました。

    食事はこぢんまりとしたレストランで。さすがに料理を売りにしているだけあって、結構美味しく頂きました。屋外にはテラスがあり雨でなければそこで食べることもできるので、子ども連れには喜ばれそうです。リピートは微妙ですが、のんびりと旅行気分で温泉を楽しむことはできました。

  • 価値ある掛け流し

    投稿日:2013年8月28日

    価値ある掛け流し上大坊(かみおぼう)感想

    ピースくんさん [入浴日: 2013年8月23日 / 2時間以内]

    総合評価 55.0点

    お湯

    55.0点

    施設

    33.0点

    サービス

    44.0点

    飲食

    0 - 点

    有馬の中でこちらの施設はまだ未入湯だったので、口コミを見ていつかは訪れたいと思っていた施設。念願が叶いました。平日といえどもさすがは天下の有馬温泉。多くの観光客がいましたが、こちらはそういった喧噪とは無縁です。
    立ち寄りは午後3時からですが、少し早く着いたので待たせてもらうことに。準備ができ次第声をかけていただきました。浴場は玄関脇の階段を上がり、通路を通って奥まったところ。宿の方が案内してくださいました。貴重品はフロントに預ける形になります。

    脱衣室から階段を下り浴室へ向かいます。窓はありませんが天井が高いので、湯気は多くありません。さてこちらの金泉は、宿のすぐ裏手にある天神泉源から引いたもの。高温のお湯が、細長い樋を通り、その途中にある多くの穴から下に流れ落ちる形になっています。湯口に近づくとほんのり金気臭があり、加水も循環もない源泉が浴槽にあふれています。
    お湯の特徴はその色にあります。金泉は普通赤茶色っぽいのが多いですが、こちらはどちらかというと黒茶色っぽい感じ。透明度もほとんどなく、手ですくうと湯の花が一杯でまるで泥湯のような印象を受けました。有馬の金泉にもいろいろな違いがあると思いました。もちろん、一度はこの貴重な源泉掛け流しを体験する価値があると思います。
    天神源泉:含鉄-ナトリウム-塩化物強塩泉(97.0℃、pH6.5、湧出量80L/m、成分総計45.02g/kg)

  • 有馬の個性派

    投稿日:2013年8月28日

    有馬の個性派陶泉 御所坊(とうせん ごしょぼう)感想

    ピースくんさん [入浴日: 2013年8月23日 / 5時間以内]

    総合評価 44.0点

    お湯

    44.0点

    施設

    44.0点

    サービス

    55.0点

    飲食

    55.0点

    規模の大きなホテルが建ち並ぶ有馬の中で、小規模でカップルやグループに照準を合わせた造りとなっている旅館です。今回初めて、昼食付きのプランで利用しました。
    到着してまずお風呂へ。内湯は白湯の浴槽のみのようです。平日でそれほど混み合うことはなかったですが、やはりこぢんまりとしています。体を洗い半露天へ。細い通路のような所を抜け、これまでの口コミにもあるような特徴的な浴槽へ出ます。先の方は半混浴となっており、濁り湯とはいえ深さがそれほどないので少し気を遣いながらの入浴となりました。
    こちらの浴槽は、有馬の金泉です。御所源泉と妬源泉の混合で詳しい湯使いは分かりませんが、ツルツル感のあるややマイルドな印象を受けました。浴槽内の壁側からお湯が投入され、端の方にある切れ込みからオーバーフロー。男女の境目側には、底の方にパイプが通っていて、そこから気泡が出ていました。これはお湯を撹拌するためなのかよく分かりません。塩素臭などは感じませんでした。
    食事の方は、こぢんまりとしたレストランで頂きましたが大満足。ミニ会席のプランにしましたが、通常なら夜の会席に負けないぐらいの内容がありました。入浴料と込みで6300円ほどですが、お薦めです。

  • わかさずぬるめず循環せず

    投稿日:2013年8月22日

    わかさずぬるめず循環せず菊池笹乃家感想

    ピースくんさん [入浴日: 2013年8月1日 / 1泊]

    総合評価 44.0点

    お湯

    44.0点

    施設

    44.0点

    サービス

    33.0点

    飲食

    33.0点

    熊本の中でもこの地域に宿泊するのは初めて。山鹿や菊池などツルヌルの美人の湯が集中しているようです。その中で、山鹿にするか菊池にするか迷いましたが、源泉掛け流しというキャッチフレーズにつられてこちらに宿泊することにしました。
    菊池温泉は、昭和28年に開湯ということで歴史は浅いようですが、この施設に限らず温泉街全体で「源泉掛け流し」をアピールされているようです。
    さてお風呂の方は、内湯と露天が1つずつでややありきたりのもの。深夜に男女入れ替えで、両方に入りましたが、和風と洋風といわれても壁の絵と露天にある像ぐらいで大きな違いはありません。
    内湯は入ってすぐに分かるツルヌル感で、「美肌の湯」の名に恥じないものと思いました。大量の湯が投入されており、湯の新鮮さも感じました。露天の方はやや鮮度が落ちる印象を受けましたが、これは投入される湯の量の違いなのか、ひょっとすると露天のみ循環との併用になっているのかも知れません。また、ここに来る前に平山温泉に立ち寄っていたので、インパクトはそちらの方が上でした。
    今回の九州旅行の中では、少し地味な存在になってしまいましたが、それでも大型旅館でありながら源泉掛け流しにこだわる姿勢はありがたいものがありました。
    アルカリ性単純泉(46.3℃、pH9.49、湧出量200L/m)

  • まさに美人の湯

    投稿日:2013年8月20日

    まさに美人の湯源泉の宿 嬉泉館感想

    ピースくんさん [入浴日: 2013年8月3日 / 2時間以内]

    総合評価 55.0点

    お湯

    55.0点

    施設

    33.0点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    雲仙から福岡に戻る途中に、1カ所立ち寄るならどこにしようかとこのサイトの口コミを参考に選んだのがこちらの施設。結果的に大正解でした。
    レンタカーのカーナビで迷わず到着しましたが、予想していたよりもこぢんまりとした民宿のような佇まいで最初は驚きました。土曜日のお昼頃でしたが、先客はなく貸し切り状態。浴槽に入るとそのヌルヌル感にもっと驚きました。さすがは美人の湯と言われるだけのことはあります。もちろん掛け流しで味わえばこそのものだと思います。
    浴槽の脇の源泉出口は蛇口式になっており、自分でひねって投入量を増やすこともできましたが、そんなことをせずともお湯の新鮮さを十分感じることができました。有名な温泉地の大きな施設では、なかなか掛け流しは難しいので、このようなこぢんまりとしたところの方がお湯の状態が良いという典型かも知れませんね。
    嬉野温泉(白川源泉):ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物泉(53.4℃、pH8.57、湧出量500L/m、成分総計1712mg/kg)

  • 雲仙に来たなら

    投稿日:2013年8月19日

    雲仙に来たなら小地獄温泉館感想

    ピースくんさん [入浴日: 2013年8月3日 / 2時間以内]

    総合評価 55.0点

    お湯

    55.0点

    施設

    55.0点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    やはりここは外せないと思い、いつもならホテルで朝湯をするところを我慢してこちらに伺いました。大正時代に共同浴場として建造され、現在はすぐ近くにある国民宿舎「青雲荘」の外湯となっているそうです。雰囲気のある外観を見て、入る前から期待が高まりました。
    お湯の方は、雲仙随一の白濁湯というキャッチフレーズに示されるとおりの見事な色。もちろん強烈な硫黄臭もあり、浴室に入った時に岩手の網張温泉を思い出しました。宿泊したホテルのお湯ももちろん良かったのですが、インパクトはこちらの方が上。整った設備の所よりも、こういったひなびた雰囲気を味わうのが温泉めぐりの楽しみといえるでしょう。
    単純硫黄泉(硫化水素型):63.5℃、pH3.85、成分総計426mg/kg

  • 老舗の心地よさ

    投稿日:2013年8月19日

    老舗の心地よさ雲仙宮崎旅館感想

    ピースくんさん [入浴日: 2013年8月2日 / 1泊]

    総合評価 44.0点

    お湯

    44.0点

    施設

    55.0点

    サービス

    55.0点

    飲食

    44.0点

    有名人も数多く宿泊した雲仙の老舗旅館。今回は少し奮発しました。通された部屋は、エレベーターからすぐそばの雲仙地獄が見渡せる和室。手入れも行き届き気持ちよく過ごせました。
    お風呂は夜中でも入れる掛け流しのお湯。地獄から引いた硫黄泉に不満があるはずはないのですが、加水の関係かやや力強さに欠ける面も。それよりも体調の関係で1回しか入浴できなかったのが心残りでした。
    宿泊施設としては、施設・接客ともにさすがに老舗の風格があり、朝食会場の最上階にあるレストランからの眺めも、雲仙の温泉街を見渡して見事なものでした。カップルや家族連れが安心して泊まれる宿かと思います。

  • ひっそりとした場所に

    投稿日:2013年8月18日

    ひっそりとした場所に心温まる宿 ひだまり感想

    ピースくんさん [入浴日: 2013年8月16日 / 2時間以内]

    総合評価 22.0点

    お湯

    22.0点

    施設

    33.0点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    以前に「かんぽの宿」だった頃は、よく利用していましたが、その後京都府を中心に展開するホテルグループの経営となり、名前が変わってからは初めての訪問でした。施設の基本的なところは変わっていませんが、お風呂に関しては以前はなかった露天風呂が作られていました。
    以前は「トロン温泉」という人工的な温泉でしたが、現在は「丹後神野温泉」の掲示があり、前の口コミにあるように同じグループの「みなと悠々」からの運び湯のようです。「みなと悠々」は以前立ち寄りで入浴しましたが、そのときに感じた温泉らしさはもちろんありません。塩素臭はそれほど強くありませんが、やはりお湯のくたびれた感じは否めません。それでも、400円という低価格で、一通り設備の整ったお風呂に入れる(出たところには冷水の無料サービスも)ので、銭湯と考えればお得感はありました。入浴後にロビーで休憩していると、ちょっとした旅行気分にもなり、同行した家族には結構好評だったようです。

  • 泉源のすぐ近く

    投稿日:2013年8月18日

    泉源のすぐ近く薬師ポケットパーク足湯処感想

    ピースくんさん [入浴日: 2013年8月17日 / 2時間以内]

    総合評価 33.0点

    お湯

    33.0点

    施設

    33.0点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    温泉街の奥まった所にあるロープウェイの乗り場近く、そばには外湯の一つである鴻の湯があります。すぐ隣では、城崎の源泉の一つである薬師源泉が大きな岩からこんこんと湧き出ています。無色透明なお湯ですが80度を超える高温で、かすかに硫化水素臭も漂い、城崎の温泉が本物であることを証明しています。
    この足湯は、その泉源から引いているものと思われますが、泉源に近い方は熱めで、離れるにつれてちょうど良い温度となっており、もちろん無料で利用できるので入れ替わり立ち替わり利用者がありました。本物の城崎のお湯を感じるために、一度立ち寄られることをお薦めします。

286件中 21件~30件を表示

前へ  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  次へ


  • 温泉ソムリエになって温泉を10倍楽しみませんか
  • 船井総合研究所温浴チーム
  • ofr48
  • 浴場市場

TOPへもどる