本文へジャンプします。

有名温泉地から日帰り温泉、露天風呂、秘湯まで温泉口コミ&クーポンが充実

ニフティ温泉ユーザー投票実施中!

★投票

×

エラーが発生しました。 しばらく経ってから再度お試しください。

閉じる

ほっとくん

ほっとくん さん

平均32.6点 / 279件

長湯、濃い湯、硫黄泉、濁湯、レトロやカルト、サウナ・水風呂、外気浴大好き。掛流しでなくてもそれを超えるエンタがあるならOK牧場!
★5=超絶! 4=好き! 3=いいよ~普通より上 2=普通 1=酷い、嫌い、再訪なし

性別男性 年齢 指定なし 住まい愛知
HP指定なし
ブログ指定なし

279件中 81件~90件を表示

前へ  5 6 7 8 9 10 11 12 13 14  次へ

並び順

口コミ最新投稿順 |

口コミ点数の高い順

  • (イメージ追加1)

    投稿日:2008年2月22日

    (イメージ追加1)展望風呂 風(フー)の湯

    ほっとくんさん [入浴日:  -  /  - ]

    総合評価 0 - 点

    お湯

    0 - 点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    イメージ追加です。

  • 朝から営業しています

    投稿日:2008年2月22日

    朝から営業しています展望風呂 風(フー)の湯

    ほっとくんさん [入浴日:  -  /  - ]

    総合評価 22.0点

    お湯

    0 - 点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    経営者と書きましたが、正確には運営委託先の変更という事らしいです。
    以前は宮の湯さんでしたが、今度はボディケアやリフレクソロジーなどをやっている会社が運営を受け持つとのこと。

    2008年2月16日にリニューアルオープンした風の湯へ。リニューアルオープンしてから1週間ほど経てから行きました。
    初訪問でして、ここは温泉施設ではないので、足が向かず前の宮の湯だった時は結局ついつい行きそびれてしまいました。(ですので、リニューアル後との比較ができませんが)

    さて、この日は知多方面へ幾つか回るため第一箇所としたのですが、営業時間が早いのがいいですね。営業時間は午前8時から午後10時(最終受付午後9時)。

    風の湯を含めて全体では「くつろぎ処」というのが正式名称らしいですが、その中は大まかに分けて
    ・フロントやロビーの部分
    ・マッサージ・エステなどのリフレッシュサロン「グランラフィネ」
    ・食事処「風々茶屋」
    ・入浴施設「風の湯」
    の4つと成っています。

    券売機で1000円を支払います。(タオル・バスタオルがレンタル付き)
    フロント横には飛行機の出発の情報が画面で示されておりさすが空港にある入浴施設です。
    フロント奥にちょっとした待ちスペース。マッサージチェアが2つあり。

    男女の入替があるのかわかりませんが、男風呂入口はロビー奥の方でした。
    脱衣所はこじんまりとしていますね。営業開始してすぐの訪問だったのでお客さんはちらほらでしたが、混雑している時に訪れるのはかなり辛そう。ロッカーは普通の入浴施設に比べるとやや大きめ。買い物したり、手荷物などが多い時などはありがたいかも。

    浴室内は
    ・サウナ
    ・水風呂
    ・ジャグジー
    ・電気風呂を含む「展望風呂」と名が付いた大浴槽
    ・弱めのジェット付きの寝湯
    という構成。

    外には露天は無く、今回拡張したらしいですが、上から見るとL字型に休憩スペースが設置されております。

    まずはサウナから。温度計表示80~86℃で体感的にかなり温め。腰掛ける所は2段で11人ほどの広さ。無音。
    水風呂は16.5℃前後。2人ほどの広さ。

    内湯にあるさまざまな浴槽ですが、全体的に温めです。
    内湯内は結構空気の流入があるようで寒めで、この季節ではどうも湯温と室温のバランスからすると少し合っていないような。洗い場でゆっくり目にされていると途中で身体が冷えてきます。
    お湯に浸かる時間を少々取らないとしっかり温まることはできません。洗い場にはリンスインシャンプー・ボディソープの他、シェービングソープあり。

    展望風呂と名が付いている浴槽ですが、浸かると飛行機が飛んでいく所は見えますが、水平線や滑走路は見えません。

    外の休憩スペースですが手前に高く囲いに囲まれた広めのスペース。長椅子が2つと子供さんが外を眺めるためなのか台が1つ有り。
    右手にはガラス張りの休憩スペース。長椅子が1つあり。そこから眺めると右手方向は見えるのですが、左手方向へは曇りに成るようガラスに制限が付けられています。(左手には飛行機の発着場があり)
    海にある空港ですし、休憩スペースに吹き込み風はかなり強く冬での利用はあまりされないでしょうね。

    あと毎月第3水曜日は風の湯・風々茶屋は、定期点検の為、18時までの営業とのこと。

  • 経営者が変わりました。

    投稿日:2008年2月19日

    経営者が変わりました。展望風呂 風(フー)の湯

    ほっとくんさん [入浴日:  -  /  - ]

    総合評価 0 - 点

    お湯

    0 - 点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    宮の湯さんから経営者が変わっており、それに従い名称変更されております。

    旧名称:展望風呂 宮の湯
        ↓
    新名称:展望風呂 風(フー)の湯

  • スキーのオンシーズンはあまり良くないかも

    投稿日:2008年2月19日

    スキーのオンシーズンはあまり良くないかも美人の湯しろとり

    ほっとくんさん [入浴日:  -  /  - ]

    総合評価 0 - 点

    お湯

    0 - 点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    再訪。
    訪れたのは平日、午後6時前。
    今回は休憩所の扉が開いていました。≪写真上右≫
    でも集会所か何かかスキー場にあるような待合スペースのようで
    とてもここでゆったりする気にはなれないです。

    ロビーは1階≪写真上左、上中≫。
    脱衣所へ向うには階段を下ります。地下という事になりますが、階段下りてすぐにはちょっとした待合スペース≪写真中右≫奥に進み右手に食堂。左手に脱衣所。
    脱衣所入口には飲泉所。そこでまずは一口。以前は感じなかったですが、ほんのり硫黄の風味がありました。≪写真中中≫
    ここは男女入替があるようで、男風呂は向って右側でした。


    駐車場には結構車があり、賑わっているなぁと思ったんですが、脱衣所に入って・・・あまりの物凄い人にぽかんとしてしまいました。空いている場所がなかなか無いほど。それもほとんど20代です。もうクラブの合宿状態。そういえば大学生はそろそろ休みに入っている頃ですね。≪脱衣所の写真、中右。人が引いた後で≫
    洗い場では、待ちの列が発生。
    どうも臨時の時にしか開けない洗い場(男性風呂が右側の時は、大浴槽と水風呂の間の奥)が別にあることをはじめて知りました。でも、そこは結構寒く使っている人があまり居ないよう。

    サウナは温度計表示88℃、体感的には温め。10人ほどの広さと思いましたが、鮨詰状態で目いっぱい12人まで入っていました。テレビ付き。12分計有り。
    水風呂は17℃というパネルによる表示でしたが、そんなに温くは無く普通の冷たさでした。
    ウォータークーラーは無し。

    内湯はサウナ・水風呂のほかに大浴槽と桧風呂。
    露天は中程度の岩風呂、うたせ湯、寝湯。

    前回感じなかった塩素臭ですが、このときはかなり強く感じました。
    またヌルヌル度もかなり低下。
    塩素臭は塩素の量が多いのか。また塩素臭が発生する原因として塩素の量が多くなくても湯の劣化が塩素臭の発生の原因となるという話を聞きますが、一体なにが原因なんでしょうね。
    またヌルヌルがあまり感じなかったのも循環によって劣化しているのか。

    混雑状況も午後7時を越えるとかなり緩和されます。というよりほとんど人が居りません。
    まるで嵐が過ぎたようで。

    スキー場があるこのあたりの温泉は平日といえどこの時期、温泉目的には避けた方がよさそうです。
    この頃を基準にして湯の評価をしちゃかわいそうですね。

    混雑状況としてはスキー帰りが始まる頃~午後7時までは結構辛いです。

    源泉名 美人の湯しろとり
    ナトリウム-炭酸水素塩泉
    pH7.94、泉温 48.1℃、湧出量 278L/m
    Na 775.0、K 12.4、Mg 1.4、Ca 3.6、
    F 6.2、Cl 11.4、HS 0.2、SO4 2.6、HCO3 1962.4、
    メタケイ酸 40.5、メタホウ酸 7.8、CO2 4.4、
    蒸発残留物 2.229g/kg、溶存物質 2.825g/kg、成分総計 2.829g/kg
    分析年月日 平成9年9月29日


    循環式・・・浴槽の衛生状態を維持するために、循環ろ過装置を使用しております。
    殺菌・・・塩素消毒を行っており、過剰に投与しないように調整しております。残留塩素の濃度は、0.3を目標にしております。
    加水・・・100%の天然温泉です。水は加えておりません。
    加温・・・冬期には外気温が氷点下になることもあり、露天風呂の温度が上がりにくいことがあります。そのような場合を含め、全浴槽の温度を一定に保つための温度調整しております。

  • (イメージ追加)

    投稿日:2008年2月15日

    (イメージ追加)三田洞神仏温泉

    ほっとくんさん [入浴日:  -  /  - ]

    総合評価 0 - 点

    お湯

    0 - 点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    浴室棟のみの館内図

    温泉浴槽は寝湯と表記されています。
    なお、男女浴室は固定で変更無し。

  • システマチック

    投稿日:2008年2月15日

    システマチック三田洞神仏温泉

    ほっとくんさん [入浴日:  -  /  - ]

    総合評価 0 - 点

    お湯

    0 - 点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    再訪。平日の午後12時頃到着。
    駐車場は9割程の埋り具合で以前よりは簡単に止める事ができました。

    市外と告げて300円支払います。
    今回は少し入浴前に館内をまわりましたが、休憩室が2箇所ありました。
    (写真右上・中左)
    当然ながら居たのはすべてご年配の方です。

    脱衣室、浴室とも変わったことは無し。分析書も以前のまま。
    気温差があるせいでしょうか、今回は浴室がモウモウ状態。
    浴室内も変わらず、半円型のやや大きめの白湯と3mx2.5m程の温泉浴槽、うたせ湯、
    歩行湯と洗い場が9つ、シャワーが2つという構成。内湯のみ。

    浴室内は以前より少し混んでいたような。それで気付いたのかもしれませんが、
    洗い場の待ち順が出来ていました。
    半円の白湯の周りに洗い場に近い方から従順に並ぶようです。(写真左下)
    そのときに桶や椅子を持って並ぶと良いようで、寒くなったらその桶などを待ち位置に
    おいて並んでいる事を示しておいて、そのすぐ前の白湯に浸かるといいようで。
    で、列が動くとその白湯から桶などだけ動かせば白湯から出ることなく並ぶ事も可能
    みたい。凄いシステマチックです。
    そんなことで今回は以前より混んでいたわりには整然としていました。

    温泉の方は濁り具合など以前と同じ。塩素臭も相変わらずキツメです。
    普通はそのまま上がる事が多いですが、さすがにココは洗い流さざるを得ません。

    この日は、ここ三田洞から引き湯されている「十八楼」へ移動。

  • JR岐阜駅にある温泉

    投稿日:2008年2月14日

    JR岐阜駅にある温泉コナミスポーツクラブ 岐阜

    ほっとくんさん [入浴日:  -  /  - ]

    総合評価 22.0点

    お湯

    0 - 点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    JR岐阜駅2Fよりしばらくそのまま歩くとアクティブGという駅内商業スペースに移動しますが、そこに「コナミスポーツクラブ岐阜」があり、あまり表立っていないですが温泉がある入浴設備が併設されています。
    この入浴施設ですが、プールやジムとは別に単独での利用も可能。ということで訪問してきました。
    現在の営業時間は月~土10:00~24:00、日祝10:00~21:00となっております。第1・3火曜日休。


    まず券売機でSPAの利用券(\1,050)を購入。最初訪れた時には会員の登録が必要となります。年会費・入会金不要。
    登録会員以外にはSPA会員というのがあります。その場合月会費\1,050を払いその都度の利用料が\630となり、月3回以上の場合はSPA会員の方がお得とのこと。

    脱衣所はプールやジムと共通のようで大変賑わっておりました。
    お風呂へ向うには脱衣所より階段を下ります。するとそこには入浴施設利用者用のW30cmxH30cmxD40cmほどの棚があり。
    慣れた方は脱衣所でまず脱いで、小物などを持ってバスタオル巻きで階下へ移動されているよう。
    もしくは下着姿で移動。すっぽんぽんでも移動している方もいらっしゃいますがどうも少数派みたいです。
    ですので、バスタオルを持っていくといいかもしれません。

    内湯浴室内はミストサウナ・塩サウナ・ドライサウナの3つのサウナ。浴槽は水風呂、バイブラ・寝湯を含む大きめの浴槽、ジェットバス、歩行湯(内湯は歩行湯のみ温泉)の4つ。
    露天は温泉浴槽が2つと打たせ湯。

    ミストサウナは温度計表示52℃前後。中には3つ椅子があります。
    塩サウナは今回試しておりません。
    ドライサウナ内は敷物無し。入口前にはパーソナルマットが用意されていてそれを持って入室するスタイル。なお、使いきりではないので使う前後は軽く洗う必要がありそうです。消毒剤の用意もあり。一応洗い流さなくてもよいと書いてありますが、肌荒れの元にもなりかねないので噴霧した後軽く洗い流した方がよさそう。2.5mの位置で温度計表示90℃前後、1mの位置で56℃前後。体感的には温め。
    30人ほどは入れそう。テレビ付き。中は少々汗の匂い?
    水風呂は3人ほど。温度計表示19.6℃で体感的にも温め。

    洗い場はボディソープ、リンスインシャンプーと石鹸があり。ボディソープ、リンスインシャンプーは資生堂製で、匂いは強め。
    またナイロンタオルは自由に使えます。

    露天ですが、囲まれていて空は見えないですが、外気が流入していましたので言ってみれば半露天。
    打たせ湯は試さず。
    温泉浴槽の1つは半円形で直径4m程の大きさ。浸かっている時の表示で41.5℃。
    もう1つは長方形で3mx6m程。39.7℃でした。

    お湯は薄め塩味。カルシウム泉でもあるということですが味覚の方からそれを感じることはできません。無色透明。
    はっきりとした塩素臭。それとは別に塩っぽい温泉らしい匂いもしていました。
    浴後は若干のポカポカ感あり。


    ※露天にあった説明書き
    フライツァイト岐阜温泉飛天の湯
    泉質 カルシウム・ナトリウム塩化物温泉
    地下1300mの深度より湧出し岐阜県下で有数の有効成分に富む泉質です。

    ※地下の脱衣所にあった「温泉分析書別表」より
    カルシウム、ナトリウム-塩化物泉

    #なお、温泉成分に関する情報がありません。それと温泉の利用状況の情報提示もされておりませんでした。

     【新規クチコミ:170湯目】

  • (イメージ追加)

    投稿日:2008年2月12日

    (イメージ追加)関観光ホテル 西の屋別館 武芸川温泉

    ほっとくんさん [入浴日:  -  /  - ]

    総合評価 0 - 点

    お湯

    0 - 点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    館内図です。

  • 休日はごった返し

    投稿日:2008年2月12日

    休日はごった返し関観光ホテル 西の屋別館 武芸川温泉

    ほっとくんさん [入浴日:  -  /  - ]

    総合評価 0 - 点

    お湯

    0 - 点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    クチコミとしては2度目。
    2月上旬連休の最後の日、到着は午後6時半頃。
    大変な混雑。もはや賑わいというレベルを超えていました。
    ここへは何度か訪れていますが、休日はやっぱり避けた方が良かったか。

    サウナですが、温度計表示96℃前後ですが体感的には温め。10人ほどの広さ。
    入場者数にタオルの交換が追いついていないのか室内がちょっと汗臭かったです。
    12分計あり。やや大きめのBGM。

    お湯の方はかなり薄い白っぽい濁りとややうっすら緑に色づき。
    まとわりつく系のヌルヌルが弱くあり。炭酸水素塩泉の特徴は感じられますね。
    舐めてみるとかなり弱く塩味。内湯の方は若干の塩素臭あり。
    だが、露天の方はかなりきつめの塩素臭。浸かってむせかえるほどでしたが、湯から2m離れた位置でもつ~んと。
    内湯ほどのヌルヌル度は感じず。湯の扱い方が内湯と露天では違うのかな。
    この日の露天は自分には全く駄目で、たまらず内湯に避難しました。
    人の出と比例して塩素量を増やしているとしたら・・・確かに混雑していましたから。
    改めて平日の空いている時にきてこのあたりの評価をしないといけないかな。

    露天にはイス3つと長椅子2つ。その他、露天岩風呂の縁等も腰かけられそうで、露天で休むところには困らないかと。

    休憩室はフロント前に簡単なものがありますが、建物奥のレストラン横にさらに広い畳敷きのスペースがあります。
    (見に行った時は閉館まじかで休憩室の使用も終わっていました。)

    源泉名 武芸川温泉
    ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物泉(低張性弱アルカリ性低温泉)
    [源泉]30.4℃(気温34.5℃)
    Na 517.2、K 7.7、Mg 1.5、Ca 4.9、Fe 0.3、
    F 6.8、Cl 331.3、SO4 7.4、HCO3 743.8、
    メタケイ酸 25.6、メタホウ酸 17.1、
    温泉の分析年月日 平成19年9月4日 #分析年月日が新しいです!
    加温あり、循環ろ過装置使用、次亜塩素酸ナトリウム利用。

    ※温泉シールラリーのガイドブックより
    pH8.25、源泉温度29℃、湧出量30L/m、溶存物質1503mg/kg

  • (イメージ追加)

    投稿日:2008年2月10日

    (イメージ追加)神の湯

    ほっとくんさん [入浴日:  -  /  - ]

    総合評価 0 - 点

    お湯

    0 - 点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    9月訪問時のものです。

279件中 81件~90件を表示

前へ  5 6 7 8 9 10 11 12 13 14  次へ


  • 温泉ソムリエになって温泉を10倍楽しみませんか
  • 船井総合研究所温浴チーム
  • ofr48
  • 浴場市場

TOPへもどる