本文へジャンプします。

有名温泉地から日帰り温泉、露天風呂、秘湯まで温泉口コミ&クーポンが充実

空庭温泉で入館料20%OFFクーポンが使える!

★投票

×

エラーが発生しました。 しばらく経ってから再度お試しください。

閉じる

ほっとくん

ほっとくん さん

平均32.6点 / 279件

長湯、濃い湯、硫黄泉、濁湯、レトロやカルト、サウナ・水風呂、外気浴大好き。掛流しでなくてもそれを超えるエンタがあるならOK牧場!
★5=超絶! 4=好き! 3=いいよ~普通より上 2=普通 1=酷い、嫌い、再訪なし

性別男性 年齢 指定なし 住まい愛知
HP指定なし
ブログ指定なし

279件中 61件~70件を表示

前へ  3 4 5 6 7 8 9 10 11 12  次へ

並び順

口コミ最新投稿順 |

口コミ点数の高い順

  • 時間が気になるかも。

    投稿日:2008年3月3日

    時間が気になるかも。さがら子生れ温泉会館

    ほっとくんさん [入浴日:  -  /  - ]

    総合評価 33.0点

    お湯

    0 - 点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    「温泉シールラリー」で2月上旬の土曜日訪問。
    到着時は午後7時過ぎ。

    こちらは基本料金だと3時間の時間制限があります(2008年1月現在)
    到着時が遅かった事もあり今回はそれほど気になることはなかったのですが、どの施設でも大抵長居してしまう方なので時間制限があるとゆったりし難くかったかもしれないですね。
    でも混雑を軽減させるということならこういう方法もありなのかもしれません。
    ただ、できれば混雑しなさそうなたとえば平日あたりはこの制限は無くもいいかなぁと思います。

    最近よくある円形の建物ですが、午前中に訪問したあらたまの湯に比べるとその形であることを強くは感じないようです。
    またスペースの割にいろいろ多くのものを盛り込んでいるみたいでちょっと小狭な印象を受けます。

    脱衣所のロッカーですが、同じ棚になぜか100円リターン式とお金の要らない鍵だけのものとが並んでいます。あれは一体何?

    浴槽は大きく分けて源泉掛け流し風呂と書かれた<源泉掛け流し浴槽>と源泉風呂と書かれた<循環浴槽>。
    露天は<循環浴槽>。

    サウナは20人ほどの広さ。96℃表示で体感的にやや温め。微弱にオルゴール音のBGM。
    水風呂は余裕で1人、キツメで2人しか入れません。かなり冷たい。

    この日は時間もあまり無く、源泉掛け流し浴槽が浸かれないほど混雑していませんでしたので、源泉掛け流し浴槽のみ浸かっていました。
    源泉掛け流し浴槽は内風呂のみで、広さはせいぜい5人ほど。循環風呂の方に浸かっていないのでわかりませんが、確かに温め。
    加温されていてこの温度なのか、それとも無加温なのかは?

    はっきりとした塩味。ゴム臭。塩素臭は感じませんでしたが、係りの方に聞くと消毒剤は使っているそうです。
    浴後はナトリウム泉らしく、しっかり乾ききるまで若干のべと付き感あり。
    乾くとそれらは感じません。
    湯冷めはしにくく寒い季節の温泉だと思います。

    ナトリウム泉は肌の弱い人には場合によっては肌荒れを起こす場合もありますのでご注意を。
    私も立て続けにナトリウム泉に入ると出来物みたいなものが出来たりします。続く時は肌が弱そうな所だけ軽く洗い流すと良いようです。

    そのほか、分析書を見るとこの温泉はメタホウ酸が多いですね。
    あと、こちらは温泉の利用状況「加水、加温、循環濾過、殺菌剤の使用」を示す表記が見当たりませんでした。


    源泉名 (表記無し)
    ナトリウム-塩化物温泉
    [源泉]pH7.97、泉温 35.2℃、
    Na 3890、K 35.3、Mg 16.6、Ca 37.8、Fe 0.8、
    HCO3 743.1、Cl 5687、Br 5.0、I 9.5、SO4 9.8、
    メタケイ酸 26.3、メタホウ酸 268.4、CO2 14.0、
    成分総計 10.74
    温泉分析年月日(現地試験の日) 平成17年11月22日

     【新規クチコミ:184湯目】

  • 茶黄色濁り有りで強塩味。

    投稿日:2008年3月3日

    茶黄色濁り有りで強塩味。まるは食堂旅館 うめ乃湯

    ほっとくんさん [入浴日:  -  /  - ]

    総合評価 33.0点

    お湯

    0 - 点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    平日の午前11時ごろの訪問。

    愛知では有名なまるは食堂の温泉施設です。でも外から見るとこのうめの湯は別な棟になっているよう。この日到着時
    空にはカモメかと思いましたがよく見るとトンビ。結構な数飛び回っていました。

    入口には「館内のご利用時間は、入浴・休憩を含め、2時間以内にてご協力ください」と書かれています。でも、それらしいカウントはされていないみたい。まるはさんのご子息でしょうか?フロントで番をされており微笑ましい。

    フロントで受け取った鍵で靴箱・ロッカーを開け閉めしますので、靴を靴箱にしまうのはフロントを過ぎてからになります。
    料理旅館で昼の食事時のお客さんも結構多いので、平日といえど昼間でもまぁまぁの人の入り。

    浴室内は手前左からうたせ湯、白湯、温泉浴槽。

    洗い場の奥にサウナ。水風呂は無し。ウォータークーラーも無し。
    でもここのサウナはとても狭く。サウナ室内はH2mxD3mxW1m程の広さで、横一列。せいぜい3人ほどの広さ。
    温度計表示90~96℃で体感的にはかなり温め。12分計有り。無音。敷き物は無しで板の上にじかに腰掛けます。
    最近新しく作り直したのか壁などピカピカで、室内に木の香りが充満していました。

    温泉浴槽のお湯は茶色がかった黄色。ちらほら茶色い湯の華が舞っています。20cmほど沈めると手のひらが見えなくなる濁り具合。匂いは特に無し。塩素臭も感じません。舐めてみると強い塩味。
    温泉に入っているという実感があり、なかなかいい湯ですね。

    目隠しがガラスに施してあり、温泉浴槽に浸かると海は全く見えず空しか見えないのが残念。

    湯上がり後は乾くまで結構なべとつき有り。ナトリウム泉で湯冷めし難い湯だと思いますが、浴後汗も何故だかよく出ました。

    源泉名 南知多天然温泉 まるはうめ乃湯(#表記では「まるは」は「は」を○で囲む)
    ナトリウム-塩化物強塩泉(高張性弱アルカリ性低温泉)
    [源泉] 泉温 31.9℃
    Li 0.8、Na 8820.0、K 141.0、NH4 32.9、Mg 147.0、Ca 471.0、Sr 2.7、Ba 0.8、Mn 0.6、Fe 7.2、
    F 1.2、Cl 15200.0、Br 70.7、I 31.4、HCO3 178.0、CO3 0.6、
    メタケイ酸 71.0、メタホウ酸 82.0、 CO2 17.5、
    溶存物質 25.26g/kg、 成分総計 25.28g/kg、
    温泉の分析年月日 平成17年7月28日
    加水無し、加温有り、循環ろ過装置使用、塩素系薬剤使用。

     【新規クチコミ:183湯目】

  • (補足)

    投稿日:2008年3月3日

    (補足)大東温泉シートピア

    ほっとくんさん [入浴日:  -  /  - ]

    総合評価 0 - 点

    お湯

    0 - 点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    ※脱衣所前にあったパネルの分析書より
    源泉名 大東温泉 大東1号
    ナトリウム-塩化物泉(高張性弱アルカリ低温泉)
    [湧出地]pH8.1、泉温 33.7℃(気温9.4℃)、湧出量 60.0L/m(動力7.5kw 水中ポンプ)
    Na 3510.0、K 96.3、Mg 120.9、Ca 1.2、
    HCO3 1101.0、Cl 5158.0、Br 12.6、I 12.6、HPO4(リン酸水素イオン) 1.2、
    メタケイ酸 114.3、メタホウ酸 42.3、CO2 12.3、
    蒸発残留物 9.421g/kg(180℃)、溶存物質 10.21g/kg、成分総計 10.23g/kg、
    分析終了年月日 平成19年2月20日

    ※脱衣所前にあった書式の分析書
    (なぜか内容が少し違う。分析年月日も同じなのに。どちらが正しいのだろう。重複する所は略)
    Na 3515、Mg 43.8、Ca 120.9、Fe(II) 1.2、
    Br 8.2、I 12.6、
    メタケイ酸 114.3、メタホウ酸 42.3、CO2 12.3、
    蒸発残留物 9.421g/kg(180℃)、溶存物質 10.21g/kg、成分総計 10.23g/kg、
    分析終了年月日 平成19年2月20日

    ※脱衣所前にあった「浴槽別温泉表示」より
    循環濾過装置 有り
    加水 源泉1対水道水3程度
    加温 加温(41℃前後)
    源泉濃度が高いため、機械の保護および、浴槽内の段差による危険防止のため加水しています。

  • 温泉1に対し水が3

    投稿日:2008年3月3日

    温泉1に対し水が3大東温泉シートピア

    ほっとくんさん [入浴日:  -  /  - ]

    総合評価 22.0点

    お湯

    0 - 点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    「温泉シールラリー」で2月上旬の土曜日訪問。
    建物の外観ですが海沿いという事で、建物前の看板にもありましたが地中海風ということのようですがちょっと過剰すぎるような。
    ごてごてした感じがします。もう少しシンプルな感じである方が美しいと思うのですが。

    その変わった外観の建物を入ってすぐは物産館の建物。ここらも雑然としてコンセプトをまるで否定しているかのごとく。
    物産館を通り、建物外観から見える円柱状の部分が入浴施設の入口前の部分になります。
    さて、ここは各種カードでの割引があるようで、有名な所はJAFカード、イオンカード、UFJカード、ニコスカードなどが割引対象となるようで、それらをお持ちの方はご持参される事をお勧めします。

    到着時は午後3時頃。
    脱衣所の前に分析書と温泉の利用状況。「温泉1に対し水が3」加水らしいです。しかも温泉が3分の1とは。あちゃ~!
    湧出量は毎分60Lでこれではしょうがないところ。

    館内にはプールもあるようで、脱衣所も兼用みたいです。
    ロッカーは小さめ。なぜだか、ロッカーの中に籠。余計に使いにくくなるんじゃないと最初思いましたが、その籠をロッカーの上に上げている人を見て、なるほど。ロッカーに入りきらない貴重品以外のものをその籠に入れてロッカーの上あたりに置けばいいのですね。そうすると総容量は倍になるわけです。

    この日男風呂は洋風の方。
    洗い場は常に満員で何人か待っている人がいるほど混雑していました。たぶん一番混雑していそうな時間帯かな(午後4時頃)。
    休日にも関わらず結構常連比率が高いよう。

    内風呂はジャグジーと大浴槽。
    露天は地中海風というやつでしょうか。白の漆喰風の壁。
    ジャグジーと離れたところに別の建物でサウナと天然ハーブ風呂、水風呂。したがってサウナに入ろうと思ったら一度露天に出なければなりません。
    サウナの中ももうこれ以上入らない、というかよくここまで入ったと思うほど混雑していました。
    サウナは最高に入っていて13人まで入りました。もちろんキツキツ。温度計表示88℃で体感的には温め。12分計有り。
    オルゴール音が微弱に流れる。
    サウナの横にある水風呂は露天で屋根はありません。水風呂すぐ横に給水できるところも有り。
    天然ハーブ風呂は変わっていました。天然ハーブ風呂で1つの建物になっているようで、入るとかなり濃く天然ハーブのにおいが浴室全体に篭っています。この日はレモンユーカリ湯。天然だからでしょうか、凄くいい香りで。温泉の評価をしなければならないので本来的には匂いのきついお湯はパスしなければならない所ですが、ここは避けるのがもったいなくしばらく浸かっていました。
    出てからもほんのりいい香りが。このまま香りを持ち帰りたいほど。

    さて、温泉の方に戻ります。エアロゾルを避けたいのでジャグジー系はパス。露天はジャグジーのみですので、露天では浸からず。
    しかしこの露天風呂、露天のスペースが広めに取っている割にしては小さいすぎです。

    内湯の方に戻りましたが、有機質を含んでいるのでしょうか関東の黒湯みたいな色合いの湯。
    でもあれほど黒くは無く丁度麦茶のような色合い。
    匂いは若干草木が朽ちて時間がたったようなすえた匂いが微弱にあり、でもほとんど強い香りは無しです。
    舐めてみるとはっきりとわかりますが、それほど強くないしょっぱさがあり。
    3分の1の濃度でも色づいていて温泉としてそこそこ満喫できるとは思いますが、でも本当のことを言うとできれば循環でもいいので加水無しの温泉に浸かってみたい所です。

    あと露天にはリクライニングチェアが2つ、長いす2つ、その他腰掛けられそうな場所も結構ありました。

  • 休日は避けたほうがいいかも。

    投稿日:2008年3月3日

    休日は避けたほうがいいかも。大宇陀温泉あきののゆ

    ほっとくんさん [入浴日:  -  /  - ]

    総合評価 22.0点

    お湯

    0 - 点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    「宇陀温泉郷発足記念スタンプラリー」と「温泉シールラリー」で訪問。
    到着時は日曜の午後4時頃。かなり混雑していました。このあたり幾つか温泉は有りますが、その中でも人気ある温泉の1つのようですね。

    受付のすぐ横には広い畳めスペースがありましたが結構な人が横たわっています。
    脱衣所はまた狭めなので場所を取る事すら困難。ただし、ロッカーは指定制ではないので(100円リターンタイプ)、なんとかいい場所で着替える事は可能。
    浴室、浴槽は広く、入室時カランは全滅でしたが、芋洗いという雰囲気にはならないかと思います。

    この日男湯だった方はドライサウナのみ。もう片方はドライサウナと塩サウナがあるらしいです(よって塩サウナが確認できませんでした)。
    ドライサウナは7人ほど。90℃表示。5分の砂時計が2つあるのみで時計などは無し。小さめですがオルゴール音のBGMがなっています。サウナの扉がわずかに閉じにくくなっているようで、人が入ってくるたびに常連さんが軽く押して閉め直していました。
    体感的には普通。
    水風呂は2人ほど。

    入り口右手には薬草湯があり、独特な匂いを発しています。薬草系も嫌いではないですが、この日は純粋に温泉の評価をしようと思っていたのでパス。ただ、薬草湯が嫌いって方にとっては温泉浴槽が薬草湯と同じスペースにあることはきっと問題にされるでしょうね。
    内湯はサウナ水風呂、薬草湯、温泉浴槽、電気湯とジェット系の浴槽があります。
    露天は2つの温泉浴槽。ボイラーのせいなのか、それとも意図的か2つの浴槽では若干温度が違っていました。

    さて、お湯の方ですが、アルカリ度が高いことから起きると思われるさらっとしたヌルヌル。ただ、弱めです。
    無味無臭無色透明ですが、露天の方の2つの浴槽はかなり強めの塩素臭がしていました。堪らず浸かるのは内湯のみに。
    湯上がり後は脂分が落ちるためか、さっぱりした感じです。

    日曜日だから塩素の投入量が多いのかと自分も思いましたが、ここは自動投入方式で日曜日も平日も設定は同じだそう。(ちなみに日曜日の入館者は800人程あり平日は400人程とのこと)

    ※脱衣所の説明より
    源泉名 大宇陀温泉 あきののゆ
    泉温 34.11℃
    湧出量 日量230m3
    泉質 アルカリ性単純泉
    加水無し、加温有り、循環ろ過装置使用、塩素殺菌・銀イオン殺菌、

    ※フロントの受付すぐ後ろに掛かっていた分析書より
    源泉名 大宇陀温泉 あきののゆ
    [湧出地]泉温34.1℃、湧出量156.9L/m(動力揚湯)
    [試験室]pH9.5、蒸発残留物 0.376g/kg(105℃)
    Na 119.5、K 0.4、Ca 1.0、
    F 5.1、Cl 5.2、HS 0.2、SO4 0.9、HCO3 128.9、CO3 81.8、
    メタケイ酸 16.0、メタホウ酸 32.6、
     # 0.1未満は省略
    溶存物質 0.391g、成分総計 0.391g
    本水質は温泉法第2条別表の基準に泉温、フッ素イオン、メタホウ酸が適合する。

  • センス良し、湯良し

    投稿日:2008年3月1日

    センス良し、湯良し日帰り天然温泉 あらたまの湯

    ほっとくんさん [入浴日:  -  /  - ]

    総合評価 44.0点

    お湯

    0 - 点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    「温泉シールラリー」で2月の上旬土曜の開店前に到着。
    土曜日は午前8時からの開始。ですが、朝なのに結構な賑わいで人気の施設であることがよく分かります。

    浴室の方の建物は最近多いドーム型で、作りはシンプルでコンクリート打ちぱなしと色使いも控えめ。派手な所も無く豪華さも感じませんが、とても洗練されたセンスを感じます。今回男湯だった方は「石庭の湯」。
    ドーム型の半分が男風呂になっているので、半円状のスペース。天井も高く実際はそれほど広くはない内湯ですがそれでものびのびした感じ。
    内湯浴室内は循環浴槽と源泉掛け流し風呂、あとエアレスジェットバス。
    このエアレスジェットバスが意味不明でした。勢い良く出た湯圧を感じることもありませんし、一体どこがジェット?

    内湯から違った区画にサウナはあります。
    92℃表示で体感的には普通。20人前後の広さ。敷物は敷いてありますが、それとは別にパーソナルマットが使いきりで用意されています。12分計あり。浴室内と同じくサウナ内もオルゴール音が流れています。サウナ内に1つだけ窓がありますが、その窓の反対方向に座って外を眺めると、窓の向こう側には露天のところにある林が見えます。それがまるで絵画のようでとても美しい!
    水風呂は3人。

    露天も作りが素晴らしい。ウッドデッキと松林、シンプルな浴槽配置。リクライニングチェアの位置まで最初から決められて設計されているかのようで、整然としていてきっちり計算されたこのような感じはあまりない感じじゃないかなと思ったりもしました。
    浴槽はシルキー風呂、変わり湯、循環浴槽と源泉掛け流し風呂です。
    ただし、露天前にたぶん目隠しの為なのか土もりがしてあってそのため少々威圧感があったのが残念。囲いというものの無粋さを避けたいということはよく分かるのですが。。。。
    露天にはリクライニングチェアが6つあり。

    時間が無く今回源泉掛け流し浴槽に集中しましたが、源泉湯の方は鉱物臭に鉱物味。まとわりつくヌルヌル感。典型的な炭酸水素塩泉だと思います。ただしヌルヌル度は強いって言うほどではありません。
    露天の源泉掛け流し風呂の投入口すぐ近くで浸かっていましたが体毛にかなりかすかな泡付有り。またこれもかなり目立たないですが黒色の湯の華も浮いており。湯温計表示40℃ですが、体感的にそれより低く感じます。でも長く浸かるにはなかなか適した湯です。

    丁度塩素チェックをしに見えた方がいらっしゃいましたが、源泉掛け流し風呂はスルー。で一応お聞きしましたが、薬剤の投入はないとのこと。あとで分析書の方で見ると源泉掛け流し風呂は銀イオン及び紫外線を使用。素晴らしい!

    炭酸水素塩泉ということで脂分がとらわれやすく、浴後の肌はさらさらした感じになりました。
    脂分が取られすぎると、湯冷めしやすくなるかもしれませんので、寒い時期はお気をつけください。

    売店にはお土産だけでなく、弁当やおにぎり類も豊富でケーキ類も有った事に驚き。聞いてみると土日だけでなく平日も置いているそう。ちょっとしたコンビニより豊富かもしれません。ここの施設全体の運営を任されている会社はパン・和洋菓子などの製造販売などをやっている会社のようで、さすがパン屋さんの会社。これまた素晴らしい。

    その他温泉スタンド有り。

    源泉名 浜北温泉 浜北2号
    ナトリウム-炭酸水素塩温泉(低張性・アルカリ性・温泉)
    [湧出地]pH9.0、泉温35.5℃(気温12.3℃)、湧出量 109L/m(動力15kw 水中ポンプ)、
    Na 304.1、K 5.0、Mg 0.6、Ca 1.4、Al 0.5、Fe 1.4、
    HCO3 642.0、CO3 44.8、OH 0.2、Cl 51.1、HS 0.2、SO4 0.6、
    メタケイ酸 24.8、メタホウ酸 64.0、
    蒸発残留物 0.829g/kg、溶存物質 1.141g/kg、成分総計 1.141g/kg、
    分析終了年月日 平成18年12月26日

    加水無し、加温有り、源泉掛け流し風呂以外循環ろ過装置使用、源泉風呂(循環風呂)は塩素系薬剤使用・源泉掛け流し風呂は銀イオン及び紫外線を使用。

    ※「あらたまの湯の特徴」より
    あらたまの湯の「ナトリウム-炭酸水素塩泉」は低張性・アルカリ性温泉に分類され、入浴後の清涼感があり、肌がなめらかになり、すべすべすることから以前より「冷の湯」「美人の湯」といわれています。・・・(途中省略)・・・「あらたまの湯」は泉源からの距離が非常に近く、さらに109L/分という豊富な湧出量があるため、塩素を添加せず、加水も行わない「源泉掛け流し」の浴槽もあり、温泉自体の老化が少ない「新鮮な温泉水」に入浴できます。あらための湯の温泉水が新鮮である事は、汲みたての温泉水に炭酸水素による泡がたくさん見られ、時間が経つとともに泡が減ってくることからもわかります。(以下略)

     【新規クチコミ:180湯目】

  • 年季入っています

    投稿日:2008年3月1日

    年季入っています平針東海健康センター(ひらばりとうかいけんこうせんたー)

    ほっとくんさん [入浴日:  -  /  - ]

    総合評価 22.0点

    お湯

    0 - 点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    名古屋市内には一般の方が利用できる天然温泉の入浴施設(ローリー、足湯を除く)が9つあります。ちなみにその9つとは
    ・大名古屋温泉
    ・中川コロナワールド
    ・太平温泉 天風の湯
    ・名古屋クラウンホテル
    ・アーバンクアキャッスル
    ・天然温泉 白鳥の湯
    ・天然温泉みどり楽の湯
    ・かけ流し天然温泉 竜泉寺の湯

    そして市内最も東にあるのがここ平針東海健康センターです。

    久しぶりの訪問。前訪れた頃はもうはっきりしないほど前の話。
    ここ自体出来て20年以上は経っているかと思いますが、館内はそれ相応の年季が入っています。
    水曜日の午後6時前到着。HPの方にクーポンがありましたので、それをプリントアウトしてきました。
    館内はもうご年配ばかりで、それでいて結構空いています。またご年配の香りが立ち込めております。
    どうも木曜日が期間限定で800円になるようで、訪れたのが水曜日。その影響がもしかしたらあったのかもしれ
    ません。
    受付にて浴衣(館内着ではなく浴衣!)とバスタオル、タオルが入った一式を受取り、脱衣所へ。
    脱衣場内はやや湿度がありモワっとしています。ロッカーは幅は狭いですが高さがあり、スーツなどがあっても皺になりにくそう。

    浴室に入ると薬草湯の匂いがかなりしています。この臭いが苦手の人はちょっと辛そう。
    まずはサウナへ。温度計表示85~90℃。ですが、体感的にかなり熱く感じます。25人ほど腰掛けられるそうで、床面が広くそこに8人ほど横たわれそうで、合計33人ほどの広さになるかと。テレビ付き。時間を知るのとして目盛りが見難いタイプの60分計あり。天井の照明が一部壊れていて、また敷物の交換も頻度少なそうです。
    水風呂は3人ほど。

    髭剃り、歯ブラシは無料。

    露天は目隠しが少なく池(荒池)がどんと目の前に広がっています。池の方からガーガーと鴨の鳴き声がしていました。夏場はやぶ蚊などが多そう。

    壺湯を除いて全体的に温度低め(ただし、壺湯の左右に木製の桶湯がありましたがそこには湯が張られておらず。うたせ湯も休止中)。特に露天岩風呂はボイラーの性能?なのかかなり低めでした。でも15分近く浸かることができ長湯好きにはかえって良かったです。

    温泉の方は成分少なめのアルカリ単純泉ですので、そう目立った特徴はないですが、HCO3が若干多いせいかヌルとまではいきませんが、やや少しトロミがかったような湯のあたりの優しさを弱めながら感じました。じっくり時間をかけて浸かると浴後肌のすべすべ感が得られるようです。

    内湯浴槽内に椅子3つとリクライニングチェアが2つ。
    露天には椅子2つとリクライニングチェアが2つ。畳敷きのスペースもあり。

    温泉以外に薬湯がありますが、実はこのタイプの薬湯結構好きです。肌の薄い所などにビリビリ来るタイプのもので、かなり頑張って入ってみると湯上り後、温泉に入ったとはまた違った肌のポカポカ感が持続します。

    浴後、浴衣に着替えて館内散策しましたが、1Fの食事処ではカラオケ付。ここで時間が決まっているようですが歌謡ショーや芝居も行われるよう。2Fには仮眠室とマルチビジョンルームあり。マルチビジョンルームってなんだろうと思いましたが、部屋前の方に10台近くのテレビがあり、リクライニングチェアの横にチャンネルスイッチ。それを回すとリクライニングチェアの枕の部分から選択したチャンネルの番組の音が流れるというもの。ただここも建物と人間の年季の入った香りがしておりました。

    営業は一応24時間営業ですが、実際多くの浴槽で午前0時より午前10時まで入浴できない浴槽も多そうで深夜訪れる方や朝風呂に来られる方は注意が必要。休止期間は以下。
    ・檜風呂 23-0:30
    ・水風呂 23-0:00
    ・バイブラバス 0:00-1:00
    ・岩風呂 0:00-10:00
    ・樽風呂 0:00-10:00
    ・漢方薬湯 1:00-10:00
    ・美肌の湯 1:00-10:00

    男性デー(月)・女性デー(火)1400円、感謝デー(木)800円
    朝風呂 5:00-9:00(受付5:00-8:00) 1000円

    源泉名 長寿美肌の湯
    アルカリ性単純温泉(低張性アルカリ性温泉)
    [源泉]34.4℃
    Na 247.8、K 3.6、NH4 0.6、Mg 1.5、Ca 2.0、Al 0.4、Fe 1.9、Mn <0.05、
    F 4.6、Cl 70.1、HS <0.1、SO4 2.0、HCO3 470.4、CO3 38.4、
    メタケイ酸 27.3、メタホウ酸 18.3、メタ亜ヒ酸 <0.01、
    溶存物質 0.889g/kg、成分総計 0.889g/kg、
    温泉の分析年月日 平成16年4月13日
    加水あり(急激な外気温の低下、湯量が不足したときのみ加水)
    加温あり、循環ろ過装置使用、塩素系薬剤を使用

  • 天候に左右(2)

    投稿日:2008年3月1日

    天候に左右(2)アクティブハウス越前 露天風呂漁火

    ほっとくんさん [入浴日:  -  /  - ]

    総合評価 0 - 点

    お湯

    0 - 点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    (続き)
    露天の景色ですが、写真のように雲が厚くかかっていました。かなり前から計画して時間を作ってきましたが、ここの良し悪しはやはり天候に左右されますね。ですので、評価は改めて。次回天気の良い時に再訪して評価をしたいと思います。
    お湯の方ですが、舐めてみると薄っすら塩味。嗅いでみると塩素臭は結構あるかなと思ったんですが、どうも塩素臭に似た温泉そのものの香りも若干します。さらによく嗅いでみると薄~い玉ねぎ臭のようなつんとする匂いを鼻の奥の方で感じるような。その合わさった匂いによって、強めの塩素臭と感じるかも。(硫酸イオンとタマネギぽっい臭いと何か関係あるのかな?)。
    成分表を見ると硫酸塩泉。量的にはやや多い程度でしょうが、平成17年の分析書でようやく溶存物質総量が1000㎎以上、それで硫酸イオンが主成分20パーセントミリモル以上でということで硫酸塩に入ってくるということかも。
    ナトリウム分も少なめですので、さっぱりした湯上がりです。

    あと、河野海岸道路ですが、普通に通るとかなりの料金取られます(普通車は890円 )。
    この日、朝早く越前町入りで、無料で通れました。19時~AM8時は無料になっているようです(H20.1月の時点)。

    パネル状の分析表より。
    源泉名 越前2号
    ナトリウム-炭酸水素塩・硫酸塩泉(弱アルカリ性低張性温泉)
    [湧出地]pH8.23、泉温 40.3℃(気温3.3℃)、湧出量 318L/m
    蒸発残留物 0.938g/L、
    Na 330.0、K 1.4、Ca 3.0、Sr 0.0、Fe(II)(III) 0.1、
    F 16.0、Cl 30.8、SO4 220.0、HCO3 549.2、CO3 18.0、HS 0.1、
    メタケイ酸 27、メタホウ酸 8.5、CO2 11、
    分析終了年月日 平成5年3月31日

    「越前2号温泉の成分、禁忌症、適応症および入浴上の注意」より
    源泉名 越前2号温泉
    ナトリウム-炭酸水素塩・硫酸塩泉(低張性弱アルカリ性温泉)
    源泉 泉温 39.3℃、
    Li 0.3、Na 402.2、K 1.3、Mg 0.5、Ca 3.6、Sr 0.3、
    F 22.6、Cl 47.3、SO4 240.0、HCO3 605.0、CO3 7.3、
    メタケイ酸 33.9、メタホウ酸 4.2、
    溶存物質 1.369g/kg、成分総計 1.369g/kg、
    温泉の分析年月日 平成17年1月27日
    加温有り、循環ろ過有り、塩素系薬剤使用。

     【新規クチコミ:178湯目】

  • 天候に左右

    投稿日:2008年3月1日

    天候に左右アクティブハウス越前 露天風呂漁火

    ほっとくんさん [入浴日: 2010年1月1日 / 2時間以内]

    総合評価 0 - 点

    お湯

    0 - 点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    「温泉シールラリー」で訪問。
    先に越前かにミュージアムによってからでこちらへは共通入場券を使用。それにJAF割引が利きました。
    漁火には平日午後4時ごろ入館。
    混雑しているというクチコミをみてここはやはり平日だなと。男湯にいた人はピークで10人程度だったと思います。
    ただし、この日はどんより曇り空。

    建物の外観どおり、館内も味わいという点で欠けますね。ただ無機質的で、誰にも感じられる使いやすさと清潔感を与えるような部分ではありなのかも。

    ロビーには円柱形の水槽があり、その奥がプールの入口になっています(後で知ったのですが、建物の右側(入口側からみて)は体育館なんですね。それにフリークライミング用の壁面もあるそう)。
    2階に上がるとそこが温泉の入口。温泉の入口とは反対側、有料個室の奥に無料の休憩室がありました(畳敷きと絨毯スペースの2つあり。この日は絨毯スペースには電気がついていませんでした。畳敷きの方はテレビ有り。20時まで使用できるとのこと)。
    なお、有料個室の方は3時間までで、平日1600円、土日祝および夏休み期間(7/21~8/31)2200円。延長料金一時間毎に700円だそうです。

    浴室内は意外とこじんまりしています。
    サウナから。砂時計のみで、時計はありません。しょうがなく自分の腕時計を持参。
    96℃前後ですが、かなり温め。8人程度の広さ(1人分だけのスペースですが2段目のあり)。
    敷物は自分で変えてくれということでしょうか、サウナ内に積み上げておいてありました。あと無音。
    水風呂は2人程度。やや温め。
    その他、内湯は3x6mほどの浴槽1つ。
    露天は8人ほどの普通の岩風呂とたぶん子供用の浅めの岩風呂の2つ。ただし、普通の岩風呂の方にプッシュ式で一定時間出るうたせ湯が2箇所あります。この日うたせ湯を使っている人はいませんでしたが、ゆったり岩風呂に浸かっているのにうたせ湯の飛び散る湯がかかるこの設計はいただけませんね。
    このニフティ温泉にある露天岩風呂の写真にはないですが、浅めの岩風呂の方には今は柵が設置されてありました。どうも誰かが露天の外に落ちたのでしょうか。露天の入口の所には露天の外の縁に立たないでくださいというような断りがありました。
    露天の景色ですが、写真のように雲が厚くかかっていました。かなり前から計画して時間を作ってきましたが、ここの良し悪しはやはり天候に左右されますね。ですので、評価は改めて。次回天気の良い時に再訪して評価をしたいと思います。
    お湯の方ですが、舐めてみると薄っすら塩味。嗅いでみると塩素臭は結構あるかなと思ったんですが、どうも塩素臭に似た温泉そのものの香りも若干します。さらによく嗅いでみると薄~い玉ねぎ臭のようなつんとする匂いを鼻の奥の方で感じるような。その合わさった匂いによって、強めの塩素臭と感じるかも。(硫酸イオンとタマネギぽっい臭いと何か関係あるのかな?)。
    成分表を見ると硫酸塩泉。量的にはやや多い程度でしょうが、平成17年の分析書でようやく溶存物質総量が1000㎎以上、それで硫酸イオンが主成分20パーセントミリモル以上でということで硫酸塩に入ってくるということかも。
    ナトリウム分も少なめですので、さっぱりした湯上がりです。

    あと、河野海岸道路ですが、普通に通るとかなりの料金取られます(普通車は890円 )。
    この日、朝早く越前町入りで、無料で通れました。19時~AM8時は無料になっているようです(H20.1月の時点)。

    パネル状の分析表より。
    源泉名 越前2号
    ナトリウム-炭酸水素塩・硫酸塩泉(弱アルカリ性低張性温泉)
    [湧出地]pH8.23、泉温 40.3℃(気温3.3℃)、湧出量 318L/m
    蒸発残留物 0.938g/L、
    Na 330.0、K 1.4、Ca 3.0、Sr 0.0、Fe(II)(III) 0.1、
    F 16.0、Cl 30.8、SO4 220.0、HCO3 549.2、CO3 18.0、HS 0.1、
    メタケイ酸 27、メタホウ酸 8.5、CO2 11、
    分析終了年月日 平成5年3月31日

    「越前2号温泉の成分、禁忌症、適応症および入浴上の注意」より
    源泉名 越前2号温泉
    ナトリウム-炭酸水素塩・硫酸塩泉(低張性弱アルカリ性温泉)
    源泉 泉温 39.3℃、
    Li 0.3、Na 402.2、K 1.3、Mg 0.5、Ca 3.6、Sr 0.3、
    F 22.6、Cl 47.3、SO4 240.0、HCO3 605.0、CO3 7.3、
    メタケイ酸 33.9、メタホウ酸 4.2、
    溶存物質 1.369g/kg、成分総計 1.369g/kg、
    温泉の分析年月日 平成17年1月27日
    加温有り、循環ろ過有り、塩素系薬剤使用。

     【新規クチコミ:178湯目】

  • あまり特徴がなく

    投稿日:2008年3月1日

    あまり特徴がなく泰澄の杜

    ほっとくんさん [入浴日:  -  /  - ]

    総合評価 22.0点

    お湯

    0 - 点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    「温泉シールラリー」で1月の平日、午前10時過ぎに訪問しました。
    JAF割引が利きましたのでそちらを使って入館。
    中はご年配の方でいっぱいでした。時間的に普通は少ないとは思いますが、それでもこの時3,40代以下のお客さんは皆無。
    ロビーには「泰澄の杜の天然温泉はPH8.5 源泉温度33.8℃の アルカリ性単純温泉です。常時源泉かけ流し+循環ろ過加温方式 ※混雑時の汚濁防止等の状況によって加水する場合があります。」という掲示があり、所謂半循環という感じでしょうか。

    天井が高く浴室内はとても広く感じます。
    サウナと水風呂あり。
    サウナは8人程度の広さ、温度計表示93℃前後ですが、体感的にはかなり温め。12分計と10分の砂時計あり。たまに館内放送が流れますが、基本的に無音。水風呂は2人程度で、温め。ご年配層に合わせているのかな。
    その他、内湯はバイブラ部分を含む大浴槽が1つ。
    お湯はこの日はヌルヌル感はなかったです。たまたまかな。あとの特徴もそれほど感じませんでした。塩素臭はやや強い。
    露天は浴槽1つ。椅子が2つあり、その他植え込みの縁あたりも腰掛けられました。ただし、露天では時計を見つけられなったです。
    内湯にはありましたが、露天からは見えなかったので少々時間がわからない不便さを感じました。

    浴後、畳敷きの大広間へ行きましたが、ご年配の方で満員状態。
    それにカラオケもやっていましたので、ゆったりするようなところはなさそう。
    あと、食事する所もありますが、中休みがあるようです(11時~14時まで、16時~19時まで)。

    脱衣所にあった「泰澄の杜」と書かれた分析表より
    源泉名 泰澄の杜
    アルカリ性単純温泉(アルカリ性低張性低温泉)
    泉温 33.8℃
    Li 0.3、Na 217.2、K 1.6、Mg 0.3、Ca 5.2、Fe(II) 3.2、Sr 0.6、
    F 6.8、Cl 35.2、SO4 135.0、HCO3 330.7、CO3 12.3、
    メタケイ酸 7.7、メタホウ酸 21.5、CO2 11.0、
    温泉の分析年月日 平成2年6月29日、

    「温泉法施行第6条各号に掲げる事項を記載した書面」より
    源泉名 糸生温泉(1号源泉)
    源泉の泉質 アルカリ性単純温泉(低張性アルカリ性低温泉)
    源泉の温度 31.7℃
    公共の浴用または飲用に供する場所における温泉の温度 42.0℃
    温泉の成分 別表記載
    温泉の成分分析年月日 平成19年7月26日
     (加水の有無)有
     (加水の理由)混雑時に汚濁防止のため加水しています
     (加温の有無)有
     (加温の理由)入浴に適した温度に保つため加温しています
     (循環利用の有無)有
     (循環ろ過の有無)有
     (循環(ろ過)の理由)温泉資源の保護と衛生管理のため循環ろ過装置を使用しています。
     (消毒の有無)有
     (消毒の方法)塩素系薬剤
     (消毒の理由)衛生管理のため消毒しています。

     【新規クチコミ:177湯目】

279件中 61件~70件を表示

前へ  3 4 5 6 7 8 9 10 11 12  次へ


  • 温泉ソムリエになって温泉を10倍楽しみませんか
  • 船井総合研究所温浴チーム
  • ofr48
  • 浴場市場

TOPへもどる