本文へジャンプします。

有名温泉地から日帰り温泉、露天風呂、秘湯まで温泉口コミ&クーポンが充実

ニフティ温泉ユーザー投票実施中!

★投票

×

エラーが発生しました。 しばらく経ってから再度お試しください。

閉じる

ほっとくん

ほっとくん さん

平均32.6点 / 279件

長湯、濃い湯、硫黄泉、濁湯、レトロやカルト、サウナ・水風呂、外気浴大好き。掛流しでなくてもそれを超えるエンタがあるならOK牧場!
★5=超絶! 4=好き! 3=いいよ~普通より上 2=普通 1=酷い、嫌い、再訪なし

性別男性 年齢 指定なし 住まい愛知
HP指定なし
ブログ指定なし

279件中 51件~60件を表示

前へ  2 3 4 5 6 7 8 9 10 11  次へ

並び順

口コミ最新投稿順 |

口コミ点数の高い順

  • このあたりではやや広めの源泉風呂

    投稿日:2008年1月8日

    このあたりではやや広めの源泉風呂曽爾高原温泉 お亀の湯

    ほっとくんさん [入浴日:  -  /  - ]

    総合評価 33.0点

    お湯

    0 - 点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    名張の市役所の前を通り、夏目という交差点を曲がると一気に山の中。香落渓あたりで3匹の鹿の親子?を見ました。市役所からほんの数キロのところなのに野生動物がいるのに、ちょっとびっくり。

    お風呂の前に曽爾高原のススキをまず。訪問時は10月下旬の平日。でもまだ若干若い感じでした。靡く姿は美しいですが、もこもこしたほほけた状態で泡立つような群集を見せるにはまだ少し早かったかも。しかし、夕日を浴びたススキの姿は黄金色に輝き本当に綺麗!風に吹かれてカサカサと鳴る音はまさしく秋そのものだなぁと本当に実感できました。
    この日は平日でしたが、観光コースになっているのかバスに乗ってきた団体ハイカーでいっぱいでした。

    ススキを見た後、温泉へ。「温泉シールラリー」目的で訪問。
    ファームガーデンやパン屋が温泉の前にあってここにも団体バスが寄るようで、ハイカーがいっぱい。駐車場自体すごく混んでいるような感じですが、温泉はそれよりもさらに奥にあります。第二駐車場を過ぎて少し上に上がるとそこが第一駐車場。到着は午後5時半ごろ。人気があって混んでいるという話でしたが、それほどでもなかったかなぁ。(日曜日の入館情報が入口の所に書いてありました。それによると日曜日は11-12、14-15が一番混むようです。あとは15時以降は時間を過ぎていくごとに入館者が減っていくよう。ご参考までに)
    6時過ぎはハイカーや旅行者よりもジモティ向けという雰囲気になるのかもしれないですね。サウナの中では鹿やら猿が畑にいた、そんな話題が挙がっていましたし。それに年齢層も高かったです。
    中は思ったより狭かったかな。

    サウナからまず。6~8人ほどの広さ。温度表示(高さ2m)84~94℃。体感的にはかなり温い。水風呂は2人。やや冷たい方。

    内湯の中は大き目の半循環風呂と、6人ほど浸かれる無加温無加水消毒なしの源泉風呂。やぶっちゃやさるびのなどに比べると源泉風呂が広いので、源泉好きの方にとってストレスは少ないでしょう。
    露天は広めの半循環露天風呂。

    源泉風呂の湯温は気温によって左右される旨の説明書きがあるが、この日はちょうど良い感じ。ナトリウム泉ぽっい匂いと鉱物臭。なめてみると硬水のような味。でも匂いにはあったナトリウム分はあまり感じられない。ヌルヌル度は結構あり。
    しかし、内湯・露天とも半循環のお湯がちょっと・・・。塩素臭がかなり強い。それに源泉風呂で体感したあのヌルヌル感がまったくなく。ここの半循環風呂の温泉は劣化が大きいのか?
    もちろんこの日、本当はたまたまだったのかもしれませんが。

    暗かったので景観は分かりませんが、周りは開けているのか遠くの虫の声が伝わってきます。ススキもあって、満月に近い月も頭上にあり、なかなか雰囲気は良かったです。
    クールダウン用に長椅子が1つありますが、露天の縁石も座りやすそうなものが多く、休むところは結構あります。
    惜しむらくは循環浴槽と源泉浴槽の差がなく塩素臭が押さえ気味になれば。。。。と思いました。

    源泉名 曽爾高原温泉
    ナトリウム-炭酸水素塩温泉(低張性アルカリ性高温泉)
    pH8.6、泉温46.3℃、湧出量180L/m(掘削・動力揚湯)
    Na 498.5、K 4.0、NH4 0.3、Mg 1.2、Ca 1.8、Al 0.2、
    F 2.6、Cl 8.4、HCO3 109.2、CO3 72.0
    メタケイ酸 23.7、メタホウ酸 44.7、
    蒸発残留物 1,192mg/kg、溶存物質 1,749mg/kg、成分総計 1,749mg/kg、
    分析終了年月日 平成15年4月4日

  • 温泉の質はいいですが・・・

    投稿日:2007年12月27日

    温泉の質はいいですが・・・湯の平温泉

    ほっとくんさん [入浴日:  -  /  - ]

    総合評価 33.0点

    お湯

    0 - 点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    「温泉シールラリー」で10月上旬、平日の午後7時ごろ到着。

    入り口の立て看板は閉館21時、受付の後の案内には21:30(受付21時まで)。
    確認すると受付の後の案内が正解らしいんだけど、どうも曖昧な雰囲気。

    入口、脱衣所、浴室と進んで、これはもろ銭湯だなぁ。脱衣場と内湯の間がちょっと臭い。
    お湯はやまとやすらぎ館の方に良く似ている。
    特に似ているなぁと思ったのがその香り。磯っぽいような匂いで。
    薄っすらしょっぱい。でヌルヌルもまぁまぁ有り。しろとりほどではないですが、やまとよりはヌルヌルします。
    湯の平 成分総量4.736g、うちNa 1407.5mg、HCO3 2357.8mg
    そこそこ力がある湯ですね。サウナ、水風呂はなし。
    20時頃で窓の外は真っ暗。体を洗った後、露天へ。内湯がこの程度だから露天もせいぜい6人ほどしか浸かれない様なややしょぼめのものかと思い、扉を開けたら「おぉ」と。そのギャップに驚かされたというか。結構な広さで。露天は15人ほど入れるかな。
    露天へ出る扉はきちんと閉まりません。
    浸かって見るとどうも湯面が低い。低すぎる。肩まで浸かる派の人はこれはちょっと辛い。縁の適当な位置に頭をおいても首が圧迫されます。
    露天風呂の奥が一段高くなっていて、座湯のような感じで浸かるようになっています。暗いときはつま先をその段差の所で打ちますので、気をつけられたほうが良いでしょう。
    また、露天でのスペースはまぁまぁ広いんですけど、座るようなところがない。あれだけのスペースがあるんだから椅子ぐらいほしいところ。

    ここは分析表は一応ありますが、掲示義務の温泉法第14条の追加項目「加温、加水など」についての情報提示がありませんでした。

    源泉名 湯の平温泉
     ナトリウム炭酸水素塩・塩化物温泉
    pH7.43、泉温 31.2℃、湧出量60L/m(動力揚湯 386m)、4.1×10 -10乗 キュリー/kg
    Na 1407.5、K 20.4、Mg 7.9、Ca 14.6、Al 0.1、Fe(II) 2.4、
    F 4.1、Cl 693.8、HS 0.3、SO4 162.8、HCO3 2357.8、
    メタケイ酸 38.3、メタホウ酸 25.9、CO2 26.9、
    成分総量 4,736mg/kg

    加水なし、加温あり、循環あり、塩素投入有り(「ゆらんガイドブック」より)

  • 源泉浴槽はひっそりと

    投稿日:2007年12月26日

    源泉浴槽はひっそりとゆったり館

    ほっとくんさん [入浴日:  -  /  - ]

    総合評価 33.0点

    お湯

    0 - 点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    「温泉シールラリー」で10月上旬の日曜日、朝一で訪問。

    靴は履いたままロビーを動き回れます。で、脱衣場の踊り場で脱ぐというスタイル。

    まず、ここのレストランではそば食べ放題が出来ます。
    挑戦してきました。朝飯抜きで。食べ放題だから蕎麦は悪かろうと思っていましたが、それほど悪くはなかったです。というか美味しかったです。ただし、砂肝とサラダの2品が別途つきます。そちらも少々量有り。これらも食べなきゃならないし、また蕎麦を残したりすると罰金取られるよう。ですので、最後の一枚を食べ残しないように頼むのが意外と難しいかも。食事後は軽い休憩入れはしましたが、温泉に浸かるわけですからやや抑え目に食べました。

    分析表を見て気付いたんですが、道向かいの道の温泉駅かれんと同じ源泉だったのですね。かれんに行ってからそれを知らずにここへ寄ったのでちょっとがっかり。
    源泉湧出地はこのゆったり館の裏にある山の上の方にあるそうです。
    湧出地では43℃ぐらいですが、引湯により28℃ぐらいまで下がってしまうようで、それを熱交換器で加温しているとのこと。

    それからここの休憩所は15:00よりカラオケタイムになりますので休憩所をご利用の方はご注意を。

    さて浴室ですが、かなり変な作りになっています。
    露天は開放感全くなし。4人ほどしか入れずしかも変わり湯。ちなみにこの日は「ハーブの湯」。また外気でクールダウンできるスペースはあまりありません。クールダウンしたい場合は、室内となりますが、2階の強クーラー室を使うこととなります(寝椅子3つ、座椅子1つあり)。

    内湯浴室は2階構造になっています。
    (写真上右)階段を上がっていくと2階すぐには強クーラー室(写真下左)があり、それを通過していくとサウナ、冷水浴槽(写真下右)があります。
    この冷水浴槽は塩素なし加温なしの源泉掛け流し浴槽。25℃程度で、広さ4人程度。
    ただ、この源泉掛け流し風呂はサウナの前にあって、壁には「冷水浴」とかかれていますので、多くの方は単にサウナに対しての水風呂として使われているようで、すごく扱い悪いなぁというのが感想。これじゃ、サウナに入らない人は源泉浴槽があること自体知らないで帰る人もいるんじゃないかなと思いました。
    また温められた温泉浴槽と冷えた源泉浴槽との交互入浴なんて楽しむことが出来たらいいのですが、温められた浴槽は2階にはないですし、本当は1階にも冷えたままで良いから源泉浴槽がほしいところかと。
    その源泉ですが、無色透明でさらりとしていて、本当にうっすらですがゴム臭というか硫黄臭というのか、微妙な匂いがします。循環浴槽では感じなかったので、冷水浴槽では温泉の新鮮さがわかりますね。ただし、温泉自体の力は弱い。ヌルヌルもあまり感じないです。
    サウナは10人前後、冷水浴槽4人、サウナの温度表示は84~88度、体感的には熱くもなくぬるくもない。

    あととても気になったのが、浴室内の露天の入口にある直径1mほどの円形に囲まれた場所。受付で聞いたら以前そこに観葉植物を置いて飾ってあったそうで、そのためのスペースだそうです。

    源泉名 飛騨金山温泉
    泉質 アルカリ性単純温泉(低張性アルカリ性低温泉)
    泉温 源泉摂氏 43.3℃ 使用位置 28.6℃、
    Na 221.3、K 1.7、Mg 0.2、Ca 27.2、
    F 8.2、Cl 342.3、HS 0.2、SO4 1.4、HCO3 28.2、CO3 6.2、
    メタけい酸 22.1、メタほう酸 7.8、
    成分総計 667mg/kg
    分析年月日 平成元年5月29日
    加温あり、加水なし、循環あり、塩素投入あり。
    ※2階冷水浴槽のみ循環なしの源泉。塩素投入もなし(フロントにて確認)。
    ※道の温泉駅かれんの方の分析表では「湧出量410L/m(自噴)」となっていました。

  • なかなか魅力的でした。

    投稿日:2007年12月23日

    なかなか魅力的でした。やまと温泉やすらぎ館

    ほっとくんさん [入浴日:  -  /  - ]

    総合評価 33.0点

    お湯

    0 - 点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    「温泉シールラリー」で9月下旬訪問。

    写真で見ると露天に滝のようなものがありましたが、その日行ったところは滝がありませんでした。
    タイミング的にハズレだったかな。外からの概観からすると浴室・露天は少し狭い感がありました。
    やまとははじめていきましたが、しろとりに近いのでヌルヌル系かと思っていたんですが、まったく
    違った感じで少し驚きました。

    溶存物質4.161g、うちNa 1320.3mg、HCO3 1241.2mg
    ややしょっぱく、甘塩をお湯に薄めたような独特なしょっぱさです。磯の香りに近い匂いがうっすら
    と。ヌルっとする感じはしらとりより劣りますが、若干しますね。塩素臭もしますが、それを上回る
    温泉の匂いがしていました。ただ、似ているような匂いなので、これを塩素臭と間違われる方もいる
    かもしれません。
    ちなみに外の寝湯バイブラの場所のみは光消毒とのことで(係員に確認)、まったく塩素を使ってい
    ないらしいので(あとの湯は塩素消毒)、そこで温泉そのものの香りを確認するとよいでしょう。
    (ただし、このバイブラ、作りのせいで非常に居心地が悪い)。

    私は磯のような香りと思ってしまいましたが、薄いゴム臭とも言えなくもないかと。非常に微妙な匂いで。
    湯上り後はナトリウム泉によくあるべとつき感が若干。お湯に力があるというか魅力がある湯に思えまし
    た。
    サウナは6人、水風呂3人。給水は手洗い場と共用。蛇口から。あまり上品ではない感じで、できれば
    専用のウォータークーラーがほしい所。

    係の方とお話をしたんですが、寝湯バイブラに塩素を入れていないのはお役所からの指示があったそう
    です。寝湯バイブラだと湯が口に入りやすく、そういうところには塩素投入は適当でないという指導が
    あったとのこと。
    今後の岐阜県の温泉は寝湯バイブラ等湯が口元にかかる、または垂れてくるものに関しては塩素消毒
    以外の方法をとらないとなかなか許可が難しいかもしれません。そのほか、湯面から湯口が上にあって、
    流れ落ちているタイプのものも許可がおりにくいというお話を聞きました。
    そういえばどこかでそういう湯口があれど投入されていない温泉があったような。

    やまと温泉
    ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩温泉(低張性中性温泉)
    pH7.41、泉温 湧出地 39.7℃、200L/m(掘削震度1492m)
    Na 1320.3、K 30.5、Mg 13.1、Ca 31.3、Al 0.2、Fe(II) 4.6
    F 2.9、Cl 1443.3、SO42 0.3、HCO3 1241.2
    メタけい酸 35.1、メタほう酸 38.2
    溶存物質4.161g
    加水なし、加温あり、循環あり、塩素投入有り(一部光触媒殺菌)

  • 洋風の方は夏がいいです。

    投稿日:2007年12月22日

    洋風の方は夏がいいです。長久手温泉 ござらっせ

    ほっとくんさん [入浴日:  -  /  - ]

    総合評価 33.0点

    お湯

    0 - 点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    「温泉シールラリー」で9月上旬訪問。
    JAF会員証でタオルとバスタオルのセット(210円相当)をレンタルできました。
    この日は2階の天の湯、洋風露天風呂があるほう。館内、全部白ってのもまた珍しいですね。すごい夏向きの温泉って感じで。
    このすっきりした雰囲気を味わうなら断然明るい内に限ります!
    ござらっせは初めてなんですが、1階のお風呂と2階とじゃかなり雰囲気違うみたいですね。

    サウナは広め。2階の場合源泉は天の湯のみ、あとは循環。ただ、源泉も塩素臭かったです。分析表を見たらナトリウム分以外の成分はほとんどない。ナトリウム分も多くは無いですから、湯上り後もべとつかないライト感覚のナトリウム泉と感じました。しっかり温泉に浸かるというよりさらりと温泉に入りに行くそんな感じが当てはまりそうです。

    ただ、唯一理解に苦しんだのが、36度ぐらいの1.5人しか入れない上がり湯。あれはどんな使い方を想定して作られたんでしょうか?

    2回ロビーには奥の方に畳の休憩室、リラックスチェアの部屋、ロビーにも休憩する場所があり豊富ですが、人気がある温泉ですから土日祝はあっという間に埋まりそうですね。

  • 愛知県東部では今のところ一番好きな温泉。

    投稿日:2007年12月22日

    愛知県東部では今のところ一番好きな温泉。とうえい温泉 花まつりの湯

    ほっとくんさん [入浴日:  -  /  - ]

    総合評価 33.0点

    お湯

    0 - 点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    「温泉シールラリー」で9月上旬訪問しました。
    ナトリウム-カルシウム-塩化物温泉でそれほど濃くないがしょっぱめ。
    しょっぱさプラスだしのような化学調味料のような味がほんの少し。
    ちょっと変わった感じだなぁ。
    露天は源泉浴槽があり、その他は「白湯(源泉から鉄分・マンガンを除いたもの)」と
    書いてある浴槽があります。なめてみるとナトリウム分が残っており。
    愛知県東部のこのあたりの温泉では一番好き。温泉としてはよいほうだと思いますよ。

    サウナは18人。水風呂は5人ほど。

    露天の景観はあまりよくありません。
    レストランもぱっとしません。

    あと成分表がここは見つけられなかったです。
    出るときに気付いたんですが、JAF会員割引の表示。
    JAFの会員証か割引券をもっていくとよいようです。気付いた時にはすでに遅し。

  • 景色がいい!

    投稿日:2007年12月21日

    景色がいい!南濃温泉 水晶の湯(閉館しました)

    ほっとくんさん [入浴日:  -  /  - ]

    総合評価 33.0点

    お湯

    0 - 点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    「温泉シールラリー」で8月下旬に訪問。
    ここは建物が山の中腹辺りにあります。そこまで車では上がれないので注意。
    車で来た人は下の駐車場に車をとめて送迎バスで上がる事になります。(送迎バスの始発 9:55)
    @nifty温泉の方にも現在クーポンはありますが、その他JAF会員も同じく100円割引になります。

    サウナはあるが、45度前後のミストサウナで、水風呂は小さくぬるめ。
    サウナ好きにはその辺りに関してはちょっと物足りない。

    山の中腹にあるようにここからの眺めはなかなか。
    ふもとには家々が少ないので、道や車の流れを楽しむ夜景もいいが、お勧めは明るいうちかな。空気がすんでいる午前中がいい。
    ツインタワー探してみて。

  • 夏は辛いかも。

    投稿日:2007年12月21日

    夏は辛いかも。アクアイグニス 片岡温泉

    ほっとくんさん [入浴日:  -  /  - ]

    総合評価 33.0点

    お湯

    0 - 点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    何度か行っている片岡温泉。最も一番新しいのは「温泉シールラリー」目的で8月下旬に訪れました。

    掛け流しをアピールしているように湯の新鮮度はなかなか。
    いつもは日が落ちてから行っているので、気が付かなかったのですが、綺麗なグリーンで、湯の花も結構浮いていました。
    でも天気がよすぎました。すごくぴーかん。 日差しを避けて湯冷ましできる所がなく、少々辛かった。
    湯舟は浅めで、秋冬では湯温低めに感じる露天風呂もこの日は熱かった。行くならここは夏より秋冬でしょうね。

  • ほぼ源泉掛け流しとのこと(1)

    投稿日:2007年12月19日

    ほぼ源泉掛け流しとのこと(1)遠山温泉郷 かぐらの湯

    ほっとくんさん [入浴日:  -  /  - ]

    総合評価 33.0点

    お湯

    0 - 点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    「湯~らり~南信州2007」で訪れました。道の駅遠山郷に併設、というよりかぐらの湯のすぐ近くにトイレと小さめの土産物屋が併設していると言った方がいいかも。遠山郷へは始めて来ましたが、愛知県から来るとかなり奥まった所にあるので少々辛いものがあります(道は走りやすいですが結構時間が)。
    平日午前10時前に到着。

    玄関前には大きな像が2体。国の重要無形文化財に指定されている「遠山の霜月祭り」を模したものらしい。「遠山の霜月祭り」とは旧暦の霜月に、時期を少しずつずらし村内の9つの神社で夕方から夜半にかけて行われるお祭りで湯立ての神楽の奉納が行われ、祭りのクライマックスには天狗などの神々が登場し、煮えたぎる湯を素手ではねかける。ふりかけられた禊の湯によって一年の邪悪を払い新しい魂をもらい新たな年を迎えるというお祭りだそうで。かぐらの前の像は太鼓を叩く人のとなりには、水の王である「しずめ様」と呼ばれるその天狗の像がどんと立っています。
    実は以前このかぐらの湯を訪れたことがあったのですが、本来木曜日定休なのに訪れた水曜がお休みだったことがあります。なんでもお祭りがあってそのため水曜休み木曜営業になったと、訪れてから電話で聞かされました。それほど、この地域では一大イベントのようで。
    12月にはこのお祭りが数日ありますので、もし12月に予定されている方は念のためやっているかどうかの確認をされてから行ったほうがいいと思います。

    先ほどの像の下あたりには飲泉所があります。飲んでみるとしょっぱさにたまごぽっい硫黄の風味。なかなかいい温泉ぽっいようで期待感が高まります。
    受付内にはこのあたり?のおばちゃんがいっぱい。開館時間を過ぎてものんびりムードで、まったりとした雰囲気の中で、スタート。受付の壁には昨年の「「湯~らり~南信州」で最多人気投票施設賞の額があり。できてからそれほど経っていないのか綺麗で、またとても広ろびろと感じ、なかなか心地よい空間。人気が施設であることが頷けます。

    開館しばらく20分ぐらいは男湯は自分ひとり。掛け湯も温泉。湯量が豊富なのかな。
    内湯には幾つかの浴槽。全体的にやや温めです。低温浴槽と札が立っている浴槽がありますが、低温浴槽と他の浴槽とではそれほど温度の差を感じず。さっと浴びるよりじっくり浸かるという入り方が適しているかと思います。
    しょっぱさをまず感じ、飲泉の時よりはずっと弱めで硫黄ぽっい味。舌の奥の方でやや苦味を薄っすら。
    匂いの方は鉱物臭が強く、硫黄はほんのり。塩素は感じませんでした。
    内湯浴槽の中にも飲泉するところがあり。

  • 海水は温泉以上に肌になじみました。

    投稿日:2007年12月10日

    海水は温泉以上に肌になじみました。汐湯・おかげ風呂舘 旭湯

    ほっとくんさん [入浴日:  -  /  - ]

    総合評価 33.0点

    お湯

    0 - 点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    大阪の「磯の香り 湊潮湯」に継いで2度目の海水風呂体験。

    平日の午後9時ごろ到着。
    駐車場は数台という所、運良くすんなりと入庫できました。館内はにぎわっていたので、たぶん歩行圏内の方が多そう。地元の方に愛されている街の銭湯。温泉ではないですが、ここは普通の白湯だけでなく海水を沸かしたお風呂があります。その海水はご主人が毎朝二見浦まで汲みに出掛けられるとのこと。

    ロビーや受付は普段着というよりどてらやパジャマが似合いそうなまでの居心地のよさ。受付にいたご主人、おばちゃんとも屈託のない人のよさそうな方でとても心優しいひと時を過ごせました。

    銭湯としては標準的な脱衣場。賑わっておりました。禁煙禁煙というご時世ながら、街の銭湯ですから喫煙も当然有りです。浴室は、狭くも無くものすごく広いわけでもない適度な広さ。

    サウナは別料金。今回は温泉の梯子で他のところで入っていましたのでサウナは無しに。それぞれ3~4人程度のいろいろな浴槽があり。高温湯(といってもやや熱めの普通のお風呂)、電気風呂、ジャグジーみたいなところなど。
    洗い場には赤色の温と青色の冷のプッシュし続けた時のみ出る関西風のカラン、あと手動式で出し続けることができるシャワーがあります。
    浴室と脱衣所の扉はご主人のお手製なのか、ゴムが付けられており簡易自動扉になっていたのがナイス。
    浴室天井には二見の夫婦岩のオブジェが飾られています。
    あと、浴槽の間に生け花が飾られていて(水盤に剣山の本当の生け花!)、ナイトスクープ風に言えばパラダイスな雰囲気も漂い。でも、こう書くと古ぼったい感じや薄汚れた感じの浴室を想像してしまいそうですが、いえいえ浴室内はリニューアルしたばかりのように綺麗ですし、結構カラフルでもあります。

    今回は時間も無かったので、高温湯に浸かってさくっと体を洗い、海水風呂へ。

    天然海水療養泉とも清め湯ともそうした札が付いた海水風呂は露天にあります。
    蔵の雰囲気を再現したというその露天には椅子が2客、もし海水風呂に人が入っていても待つことが出来るようになっています。屋根近くにはカラフルな提灯が並んでおり、演歌が口ずさみやすい音量で流れています。BGMでもなく、聞き入るってわけでもなく口ずさみやすいってところが味噌。(まぁ演歌は本当は知りませんが)
    居酒屋空間というか、昭和を味わえる演出。今じゃこんな雰囲気なかなか無いですから存分に味わっておきましょう。

    さて、海水風呂の方は2名ほど。温度は適度というか温くは無いので、長湯されることはあまりなく今回の入浴では混雑するタイミングはそうなかったですが、比較的スムーズに入れ替わりは上手くいっていたように思えます。このあたりは皆さん要領よくタイミングを見計らっているようで。

    入って見ると海水であることを肌からは感じません。舐めてみると当然ながらしょっぱい。そのしょっぱさは20日ほど前に入った湊潮湯より強く感じます。(その間20日ありますので、記憶がいささか怪しくなっている可能性はありますが。)あちらがややかしこまった海水風呂という感じなのに対し、こちらは海水を沸かしただけのような。(微妙な表現でスミマセン。)ただ、こちらは余り香りはしませんでしたが、湊潮湯の方は独特な香りはありました。
    (続く)

279件中 51件~60件を表示

前へ  2 3 4 5 6 7 8 9 10 11  次へ


  • 温泉ソムリエになって温泉を10倍楽しみませんか
  • 船井総合研究所温浴チーム
  • ofr48
  • 浴場市場

TOPへもどる