本文へジャンプします。

有名温泉地から日帰り温泉、露天風呂、秘湯まで温泉口コミ&クーポンが充実

ニフティ温泉ユーザー投票実施中!

★投票

×

エラーが発生しました。 しばらく経ってから再度お試しください。

閉じる

ほっとくん

ほっとくん さん

平均32.6点 / 279件

長湯、濃い湯、硫黄泉、濁湯、レトロやカルト、サウナ・水風呂、外気浴大好き。掛流しでなくてもそれを超えるエンタがあるならOK牧場!
★5=超絶! 4=好き! 3=いいよ~普通より上 2=普通 1=酷い、嫌い、再訪なし

性別男性 年齢 指定なし 住まい愛知
HP指定なし
ブログ指定なし

279件中 41件~50件を表示

前へ  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  次へ

並び順

口コミ最新投稿順 |

口コミ点数の高い順

  • 露天岩風呂では泡付。鮮度が高いのかも(1)

    投稿日:2008年3月8日

    露天岩風呂では泡付。鮮度が高いのかも(1)水晶山温泉 満願成就の湯(閉館しました)

    ほっとくんさん [入浴日:  -  /  - ]

    総合評価 22.0点

    お湯

    0 - 点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    「湯~らり~南信州2007」と「温泉シールラリー」で訪問。
    平日の午後到着。伊那谷道中の方は行かず温泉施設のみです。

    この日は男性サービスデーで300円。
    ですが、温泉シールラリーのシールをもらおうとするとサービスデーの料金ではだめということで、温泉シールラリーのサービス券を使い400円ということになりました。
    湯素人さんのお話のようにHPには割引券がありますね。それも同じようにサービス券とサービスデーは併用できないようなのでご注意を。
    なお、サービスデーは「女性:火曜日」「男性:木曜日」となっております。

    入口の看板には「ロビーには館主所蔵のフランス/ルノーの1953年型初期モデルを展示。美しい女性スタッフとともに懐かしい雰囲気の中で皆様をお迎えします。」となっておりましたが、ロビーにはそれらしいものは無かったです。入り口の看板の写真に写っていた車が置かれている位置には現在お土産が置かれていました。

    そのロビーを通りすぎ、長い廊下を通って行くと途中に休憩室。
    それを過ぎると軽食コーナー。
    脱衣所の手前にも待合い程度のスペースが用意されております。

    脱衣所内のロッカー(無料)は大きいサイズのものと普通のサイズのものがあります。
    大きいロッカーの方はW40cmxH1mxD50cm程度の大きさがありますからかなりの量入ります。
    手荷物が多い時などにはありがたい。

    訪問日は偶数日であったため、男性の方は龍神風呂。洞窟風呂がある方です。
    (反対の天狗風呂はサウナがあります)
    龍神風呂の方は内湯内には外へ出る扉が2つあり。
    その2つの扉の真ん中に池があり内風呂正面に広がっています。
    内風呂の真ん中には大きな巨石が置かれ上から湯が流れ落ちています。

    扉手前の方は露天岩風呂へ向かう方。
    奥の方が洞窟風呂への扉。

    手前の扉を開けると池の上に作られた板敷きのテラスがあり椅子が3つ置かれています。その奥に露天岩風呂。
    内風呂へ戻り奥の扉を出るとやや広めのスペース。椅子が5つほどおかれ、その奥に打たせ湯と洞窟風呂の入り口。暗めのトンネルを10mほど進むと洞窟風呂があります。広さは5mx4mほど。湯面から天井まで2mほどあり、奥行き、横ともそれほど広くはないですが、天井が高いために床面積以上に広さを感じます。
    (続く)

  • 料金訂正です。

    投稿日:2008年3月7日

    料金訂正です。清流苑

    ほっとくんさん [入浴日:  -  /  - ]

    総合評価 0 - 点

    お湯

    0 - 点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    日帰り入浴料金は大人1人400円でした。
    (おまけは無かった・・・かぁ)

    でも本当に安いですね!

  • 南アルプス連峰の大パノラマ(3)

    投稿日:2008年3月7日

    南アルプス連峰の大パノラマ(3)清流苑

    ほっとくんさん [入浴日:  -  /  - ]

    総合評価 0 - 点

    お湯

    0 - 点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    (続き)
    湯上がり後フロントで確認した所、露天風呂は白湯だそうです。
    普通天然温泉施設の露天に白湯を持ってくることはあまり無いかと思います。後で調べると湧出量22.2L/m。
    これでは致し方ないでしょう。
    温泉の湯浴みとしての楽しみはあまりないかもしれません。
    ただ、この南アルプスの絶景はなかなかのもの。それをいろいろなお風呂とともに楽しむ、ゆったりくつろぐということなら、かなり楽しめる入浴施設だと思いました。ぜひ、訪れるなら天気の良い時に。

    レストランで松川町の名物「ごぼとん丼」をいただきました。シンプルな美味しさ。

    温泉としては評価は低くせいぜい総合評価2点止まりなのですが、景観と施設の良さ、ゆったりくつろげるタイミングならとても気持ち良さそうと言う部分で高ポイントで総合評価にプラス1点足して3点とさせていただきました。

    源泉名 信州まつかわ温泉
    [湧出地]pH8.9、泉温 18.1℃(気温15℃)、湧出量 22.2L/m(掘削による動力揚湯)
    21.79 x10-10Ci/kg (5.99M・E)
    Li 0.01、Na 174.1、K 0.9、Mg 0.2、Ca 3.1、Sr 0.03、Ba 痕跡、Mn 0.04、Fe(II) 0.4、Zn 0.07、
    F 14.6、Cl 13.4、I 痕跡、HS 0.06、SO4 37.2、HPO4 0.1、HCO3 308.3、CO3 37.2、
    メタケイ酸 21.4、メタホウ酸 12.2、H2S 痕跡、
    蒸発残留物 462mg/kg、溶存物質 621.3mg/kg、成分総計 621.3mg/kg、
    温泉の成分の分析年月日 平成16年11月22日
    以上の結果、本検水は温泉法第2条に規定する温泉の資格を有す。(ラドン・フッ素イオン・炭酸水素ナトリウムによる)

    加水なし
    加温あり
    循環ろ過装置使用
    塩素系薬剤及びオゾン滅菌使用

     【新規クチコミ:190湯目】

  • 南アルプス連峰の大パノラマ(2)

    投稿日:2008年3月7日

    南アルプス連峰の大パノラマ(2)清流苑

    ほっとくんさん [入浴日:  -  /  - ]

    総合評価 0 - 点

    お湯

    0 - 点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    (続き)
    内湯浴室に戻ると入浴剤の入った浴槽以外は天然温泉とラジウムイオン鉱物泉。
    ラジウムイオン鉱物泉? たしか放射能的な要素は天然温泉の方にはあったはず。別に用意されていると言う事はこの浴槽は人工ラドン風呂かなぁ。脱衣所に戻ると浴用鉱物剤を使ってあるとの事。どうもラジウムイオン鉱物泉と書かれた浴槽は人工のようです。

    浴槽図をよく見ると「源泉を利用しているのは天然温泉のみです。」と書いてあります。
    図には天然温泉と表記してある浴槽は確かに1つあります。この文章からすると露天風呂は白湯?
    とりあえず天然温泉と書いてある浴槽へ。
    香り、味、浴感とも特になしです。

    露天に入ってみましたが、内湯の天然温泉との差はあまり変わりなく。温度は温め。
    (続く)

  • 南アルプス連峰の大パノラマ(1)

    投稿日:2008年3月7日

    南アルプス連峰の大パノラマ(1)清流苑

    ほっとくんさん [入浴日:  -  /  - ]

    総合評価 33.0点

    お湯

    0 - 点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    「湯~らり~南信州2007」で訪問。りんご畑を走り平日の午前の到着。
    幾つか建物が建っています。手前には室内温水プールの建物があり、温泉はそちらではなくさらに奥の建物となります(自分もうろうろしてしまいました)。

    清流苑の駐車所に車を停めて振り返れば南アルプスが大パノラマとなって広がっています。
    南信州の本当に美しい風景がここにはあります。

    入館料500円、これだけの設備でこの景色。安すぎます!
    (しかも「湯~らり~南信州2007」のスタンプ台紙を出すとさらに100円引きになってしまいました)

    脱衣所前には長いテーブルが10ほどある広い休憩所があり、休憩所の奥の方にはウッドデッキ。そのウッドデッキにはテーブルセットが2つほど有り、目の前にはパターゴルフ場があります。この日は雲1つ無いぴーかん日和でそんな日にここでくつろぐのはとても気持ち良さそうです。

    脱衣所内は籠と無料ロッカーがあります。
    浴室内はいろいろな浴槽が並んでおり、プチスーパー銭湯という感じもしなくも無く。

    サウナは内湯内を出て、露天に。水風呂も外。

    サウナはハーブサウナと言う事でそれほど強くないですが室内に良い香りがしていました。湿式。刺激が少ないようにあえて中温にしているそうですが、その通り室温は温度計表示で81℃前後。体感的にもかなり温めです。
    ただ、屋外にあるので気温の影響を受けて室温は変わるかもしれません。12人前後の広さ(腰掛けるところは2段)。12分計と砂時計1つ。かすかに聞こえるBGMあり。窓からは南アルプス連峰の山々がはっきり見えます。また窓の外のすぐ下あたりにその山々の名前が説明してあり、それを見比べながら南アルプスの景観をじっくり観賞できます。

    水風呂も屋外にあるため気温のせいか、かなり冷ため(というかいままで経験した中で一番冷たかった!)。
    この日上がり段のところが凍結していたぐらいで、たぶん水温は一桁台か。結構温度には強い方かと思いますが、それでも10秒も浸かれませんでした。
    (続く)

  • 水風呂あります

    投稿日:2008年3月7日

    水風呂あります保養センター 尾張あさひ苑

    ほっとくんさん [入浴日:  -  /  - ]

    総合評価 22.0点

    お湯

    0 - 点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    「湯~らり~南信州2007」で訪問。平日の夕方遅めの到着。
    愛知県尾張旭市の保養センターです。尾張旭の方はもちろん一般の方の利用も可能。
    今回は入浴のみで利用させてもらいました。

    レストランもありますが、日帰りの場合は時間が限られているよう(午後12:00-13:00)。

    脱衣所は籠と無料ロッカーの両方があります。

    ここも他の昼神の温泉と同じように、いくつかの源泉を集めてそれを集中管理をし混合して各旅館・入浴施設へ配湯しています。
    昨年11月に「国民年金健康保養センターひるがみ」に行った時に新しい源泉の配湯開始のことを述べましたが、今回尾張あさひ苑にはその5号井が加わった新しい分析書が掲示されておりました。
    それによると

    旧)分析終了年月日 平成15年5月23日  → 新)平成19年11月26日

     [湧出地]泉温 42.7℃(気温18℃) → 47.1℃(気温6℃)
     蒸発残留物 361mg/kg → 439mg/kg

    多少濃さは上がっているもののそれほど大きな変化はなさそう。
    ただ、昨年「国民年金健康保養センターひるがみ」での話では5号井は湧出量が結構あるという話だったような。

    さてお風呂ですが、内湯のみ。
    2つの浴槽が並んでおり、奥がジャグジー、手前が機械ものなしの温泉浴槽。真ん中には飲泉できる所があります。
    その他、入り口近くにもう1つ浴槽らしきもの。最初かけ湯用かと思いましたが、温度が低い。でもサウナは無いし。で、丁度ここの方が見えたのでお聞きしましたが、サウナに対する水風呂として計画されたようですが、いろいろな事情でサウナが無くなり、この水風呂のみ残ったそうで。「水風呂として使って頂いて結構ですよ」とのこと。内湯だけですが、水風呂があると長く浸かることも出来ますし、いろいろな浸かり方が出来るのでありがたい。ただし、貯めタイプで循環していないので、蛇口がありましたし自分で多少入れ替えしなくてはならない場合があるかもしれません。

    浴槽の湯の方はかなり弱めの鉱物臭。まぁまぁのヌルヌルで昼神らしい湯(共同の湯ですから当たり前ですが)。
    無味無色透明。

    飲泉が出来るところから流れてくる湯からは弱く硫黄の味がしますが、うっすら甘く感じ非常に飲みやすくごくごく飲んじゃいました。

    源泉名 昼神温泉新混合泉(昼神温泉2~5号井の混合泉)
    単純硫黄温泉(アルカリ性低張性高温泉)
    [湧出地]pH9.7、泉温 47.1℃(気温6℃)、湧出量 未測定、
    Li 0.1、Na 140.9、K 1.4、Ca 3.6、Sr 0.05、
    F 16.7、Cl 63.7、OH 0.9、HS 2.3、SO4 105.0、HPO4 0.06、
    A30(メタ亜ヒ酸イオン) 0.1、HCO3 30.0、CO3 35.5、HSiO3 50.4、BO2 13.3、
    蒸発残留物 439mg/kg、溶存物質 464.0mg/kg、成分総計 464.0mg/kg
    分析終了年月日 平成19年11月26日

    「温泉成分表示と使用の状況」
    名称 昼神温泉(2,3,4,5号井源泉の混合泉)
    泉質 単純硫黄泉(アルカリ性低張性高温泉)
    昼神温泉の状況(毎分700L動力揚湯、源泉温度47.1℃)
    あさひ苑の状況(500m西方の阿智村管理の源泉タンクより全体で、毎時2100Lを温泉管にて引湯。飲用・補充・交換に使用)
    加水なし
    入浴に適した温度に保つため加温しています。
    衛生管理のため循環濾過装置使用(かけ流しと循環濾過装置の併用)
    衛生管理のため塩素系薬剤使用(イソシアヌル酸系塩素剤)

     【新規クチコミ:189湯目】

  • いつまでも居たい...(5)

    投稿日:2008年3月6日

    いつまでも居たい...(5)秘湯の宿 神明温泉 湯元 すぎ嶋

    ほっとくんさん [入浴日:  -  /  - ]

    総合評価 0 - 点

    お湯

    0 - 点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    (続き)
    夜の露天もなかなかの雰囲気です。ただし、一人ではちょっぴり寂しいですが。

    食事もおいしかったです。最初ボリューム感に欠けるかなと思いましたが少しずつ持ってこられて、最後には満腹。後半に猪鍋。猪って甘いんですね。美味しかったです。
    晩御飯の時に翌日渡しになるお土産のあまごのお寿司が用意出来るとのことでしたが、次の日の予定も入っていたためパス。
    少々おしつけぽくも感じましたが、でも頼んだ方が良かったかな。後になってやや後悔。

    今回囲炉裏の部屋でしたが、囲炉裏の火を見ていると安心感というかほっとするというか、プチサイズではありましたがこれはこれでよかったです。

    秘湯という概念はいろいろなものがあると思いますが、苦労して行って朽ち果てた部分があるような宿でもないですし、非常に過ごしやすい点では秘湯という概念からは少し外れる部分もあろうかと思います。
    でも小汚さや使い勝手の悪さなどから来る要らないストレスを全く感じないこの宿に私自身とても気に入りました。こうした山奥の宿に来た事がない人間でも静かに、深い山奥の地でひっそり過ごすにはとても適した宿であると思いますね。それにこの12部屋しかないキャパシティだからこそ感じれるものがここにははっきりとあると思います。
    自噴という部分の温泉の力強さ(まぁ想像の域ですが)と温泉という生き物をうまく生かそうとする努力には温泉好きなら見逃せない部分じゃないかと思います。
    ただ、欲を言えば貸切風呂で囲炉裏付きであっても18000円ぐらいであってもらえるとありがたいかなと。
    それと私自身高張性の温泉の方が好きなので、この部分辛くなってしまいます(これはすぎ嶋さんのほうにはどうしようもない問題ですけど)。
    その部分以外ではもう5点の宿だと思いますが、最後の部分を加味して4.5点。でも4.5はないので4点とさせてもらいました。

    源泉名 神明温泉
    アルカリ性単純温泉(アルカリ性低張性温泉)
    [湧出地]pH8.9、泉温 34.3℃(気温20℃)、117L/m(掘削による自墳)
    Li 0.2、Na 115.7、K 1.3、Mg 0.3、Ca 2.8、Sr 0.2、Ba 0.08、Fe(II) 0.05、
    F 21.2、Cl 5.2、HS 0.5、SO4 痕跡、HCO3 221.5、CO3 15.0、
    メタケイ酸 22.3、メタホウ酸 2.4、H2S 痕跡、
    蒸発残留物 291mg/kg、 溶存物質 408.7mg/kg、成分総計 408.7mg/kg
    分析終了年月日 平成17年5月12日

    ・加水なし
    ・加温あり(浴槽より循環にて熱交換による加温)
    ・循環、かけ流しの状況及び循環の場合はその理由(各浴槽へ源泉を湯船に毎分20~30L(自墳源泉のため湧出量が変化いたします)入れながら循環熱交換にて加温しております。)
    ・殺菌処理なし(新湯注入率を高めて掛け流しの量を増やし源泉の醍醐味を味わっていただくために殺菌処理は行っておりません)
    ・換水(3日に1度。完全換水)
    ・浴槽の清掃 (3日に1度。塩素系薬剤を使用せず、ブラシにて衛生保持に留意し行っております。また、年に2度全ての配管を洗浄しております。)
    ・成分分析の状況(10年ごとの更新を行っております)

     【新規クチコミ:188湯目】

  • いつまでも居たい...(4)

    投稿日:2008年3月6日

    いつまでも居たい...(4)秘湯の宿 神明温泉 湯元 すぎ嶋

    ほっとくんさん [入浴日:  -  /  - ]

    総合評価 0 - 点

    お湯

    0 - 点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    (続き)
    途中にある貸切風呂の建物を過ぎて、一番奥にあるのが野天風呂です≪写真上の段、中段の左≫。
    山小屋のような素朴感あふれる建物。中には籠だけですので、野天風呂には貴重品などは持ってこられないようなさった方が良いでしょう。浴槽は2.5mX2.5mほど。4人も入ればいっぱい。浴槽からは板取川と釣り堀の為の貯め池を温泉に浸かりながら見下ろすことが出来ます。木製ベンチ1つあり。
    源泉の量がさらに多いのか、ヌルヌル度もアップ。
    (館外野天風呂の利用時間は午後3:00より午前1:00まで、午前6:00より午前10:00まで)

    このあと貸切風呂へ。≪写真中段真ん中、右と下の段≫
    入った中では貸切風呂が一番ヌルヌルしていましたし、浸かる湯からも硫黄臭が漂っていましたので鮮度的には

    貸切風呂>野天風呂>内湯の露天>内湯

    かなぁと思いました。
    貸切風呂の方は、本当にかわいらしいサイズの小屋。中には一人分の洗い場もあります。
    浴槽は2人も入れば一杯。木製ベンチ1つあり。向きは野天風呂と同じ方向なので景観は変わらないですが左右が遮られていますので視界は野天より限られています。2つの貸切風呂に入りましたが、それぞれそれほど差は感じませんでした。(館外貸切風呂は午後3:00より午前1:00まで、午前6:00より午前10:00まで)

    なお、こちらのお湯はすべて温め。ゆっくり浸かってもらうために敢えてそうしているとのことです。
    (続く)

  • いつまでも居たい...(3)

    投稿日:2008年3月6日

    いつまでも居たい...(3)秘湯の宿 神明温泉 湯元 すぎ嶋

    ほっとくんさん [入浴日:  -  /  - ]

    総合評価 0 - 点

    お湯

    0 - 点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    (続き)
    さて、内風呂大浴場の方ですが、ロッカーは無く籠。ですが貴重品ロッカーが用意されていますのでこちらを使われるとよいでしょう。
    分析書と温泉の利用状況を示す掲示があり。
    ここは掘ってはいますが湧出に関しては自噴なのですね。
    しかも消毒に関しては塩素を使わないという徹底した心構えみたいなものが文書内容からつたわってきます。
    これは凄いです!

    内湯洗い場は4人ほど。大きな浴槽が1つ。湯はややヌルヌル感有り、薄く鉱物臭。無色透明。
    循環湯と思われる湯がかなりの量流れ込んでいる横で竹口から源泉らしき湯がちょろちょろ流れています。手にとって見るとかなり温め。源泉らしき湯を舐めてみると玉子系の硫黄味をそれほど強くは無いですがはっきり感じます。匂いは薄い硫黄臭。

    ここの内湯大浴場ですが、露天も併設されておりました。ですので、日帰り入浴者の方も露天には浸かる事は出来るようです。
    露天スペースには長椅子が2つあり。桧のお風呂。どうも源泉らしき湯の投入量が内湯よりも多いようで、内湯よりヌルヌル度が高いように感じました。
    (宿泊者の館内の内風呂大浴場利用時間は午前11:00より午前12:30まで、午前6時より午前10:00まで)

    浴衣を一旦着直して今度は宿泊者専用の野天風呂という露天へ。
    サンダルと長靴が用意されおりますが、野天風呂までは竹林の中を少々歩く事になります。
    (続く)

  • いつまでも居たい...(2)

    投稿日:2008年3月6日

    いつまでも居たい...(2)秘湯の宿 神明温泉 湯元 すぎ嶋

    ほっとくんさん [入浴日:  -  /  - ]

    総合評価 0 - 点

    お湯

    0 - 点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    (続き)
    夕食前にまだ時間がありましたので、まずは日帰り入浴者も利用できる内風呂大浴場へ。

    内風呂の大浴場は館内図で言うと建物の左側にあるほう。日帰り入浴の場合は通常此処のみの利用となります。
    貸切風呂(貸切露天風呂)、露天(野天風呂)は内風呂脱衣所前の扉を開けてしばらく歩く離れにあります。(館内図左下)
    なお、こちらの貸切風呂と露天は日帰り入浴の方は使えません。

    脱衣所前にはこちらの温泉の掘削の時の話が掲示されておりましたが、平成7年と比較的新しい温泉らしいです。
    (続く)

279件中 41件~50件を表示

前へ  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  次へ


  • 温泉ソムリエになって温泉を10倍楽しみませんか
  • 船井総合研究所温浴チーム
  • ofr48
  • 浴場市場

TOPへもどる