本文へジャンプします。

有名温泉地から日帰り温泉、露天風呂、秘湯まで温泉口コミ&クーポンが充実

ニフティ温泉ユーザー投票実施中!

★投票

×

エラーが発生しました。 しばらく経ってから再度お試しください。

閉じる

ほっとくん

ほっとくん さん

平均32.6点 / 279件

長湯、濃い湯、硫黄泉、濁湯、レトロやカルト、サウナ・水風呂、外気浴大好き。掛流しでなくてもそれを超えるエンタがあるならOK牧場!
★5=超絶! 4=好き! 3=いいよ~普通より上 2=普通 1=酷い、嫌い、再訪なし

性別男性 年齢 指定なし 住まい愛知
HP指定なし
ブログ指定なし

279件中 31件~40件を表示

前へ  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  次へ

並び順

口コミ最新投稿順 |

口コミ点数の高い順

  • 国1沿いでAM1までやっています

    投稿日:2008年3月29日

    国1沿いでAM1までやっていますアソビックスあさひ あさひの湯

    ほっとくんさん [入浴日:  -  /  - ]

    総合評価 22.0点

    お湯

    0 - 点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    平日の午後10時頃到着。国道1号線沿いにあります。

    ここは閉店が午前1時という事で、仕事帰りや遊んだ後に寄れるのでありがたい。
    あさひの湯はアソビックスというボーリング場、バッティングやゲームセンターなどがある総合アミューズメント施設の敷地内に建てられています。
    ロビーはやや広め。ただ、HPで休憩所とうたっている場所がありますが実際は待合いにしか使えません。
    またロビーで売っているジュース類ですが、500mlのコーラは200円とあり得ない金額。500mlのミネラルウォーターでなんとか120円。う~む。。。。。。

    内湯浴室内は
    ・サウナ
    ・水風呂
    ・120cmほどの深湯(ジェット部分とウンテイがある部分を含む)
    ・バイブラ寝湯
    ・機械ものなしの浴槽
    ・やや浅めの機械ものなしの浴槽
    という構成。

    サウナは96℃表示で体感的にはかなり熱め。室内にはヒーターが2つあります。35人ほどの広さで座面2段。テレビ付き。12分計あり。
    水風呂は訪れた時、温度計表示13.5℃前後でした。体感的にも冷ため。
    メンズビゲンさんがお話のウンテイですが、お風呂の中にあるのは初めて見ました。ある種すごい発想。

    露天は
    ・入浴剤の変わり湯
    ・壺湯3
    ・やや深めの岩風呂
    ・6畳ほどの広さがある畳敷きのゴロ寝スペース
    があります。
    岩風呂は結構深めで普通に使っていると唇が湯面の位置に来そうで、やや首を上向きにしなくてはならないのが少々辛い。
    あと、ゴロ寝スペースが広いのはいいですね。

    湯の方ですが、うっすら緑ががっておりかなり薄めの塩味。
    露天の岩風呂と壺湯は内湯よりさらに鉱物臭がやや強く、他の浴槽と比べると鮮度は良いかもしれません。
    塩素臭は感じませんでした。
    (続き)

  • ライトなナトリウム泉

    投稿日:2008年3月28日

    ライトなナトリウム泉桑名天然温泉 元気村 (閉館しました)

    ほっとくんさん [入浴日:  -  /  - ]

    総合評価 22.0点

    お湯

    0 - 点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    平日の午後8時過ぎの到着。
    海沿いに建っていますが一段高い防波堤兼道路に遮られていて景観はよくありません。
    また夜訪れたので周辺全ては見通しておりませんが倉庫や工場に囲まれるように建っています。

    玄関を入り靴入れへ。ここは男女別に靴入れが分かれています。入って正面の靴入れに向っていったら男性の方はこちらですよと呼び止められました。本当はちゃんと「男性用」「女性用」と書いてあり、男=青、女=ピンクで彩られているので、ぼぅっとしていなければ見落とさないとは思いますが。

    全体的に年季入っています。また館内は年配者が多く、建物の経過年数とともに重くゆったりした雰囲気を強めているようです。
    料金は午後8時過ぎが700円→500円となります。午後8時過ぎだと閉館まで約3時間程ありますのでお値打ちな料金で、慌てることなく過ごせるのはありがたい。

    脱衣所に入る前に館内を探索。
    2Fにはエステ・マッサージルームの他、「デラックスルーム」と名が付いた休憩所(利用時間は10:00-22:00となっていた)。リクライニングチェアが多く結構くつろげそう。1Fの位置では景観はあまり良くないが、2F以上は海が見えそう(ただし、夜なので確認はしていないです)。
    3Fには食事処。覗いた時はカラオケが行われていました。時間によってはカラオケを聞きながら食事という事になりそうです(~21:00迄。L.O.は20:30)。

    1Fに戻り脱衣所へ。ロッカーはH180xW30xD50程あり厚着してきた時などはありがたい。
    脱衣所内に郡司さんの記事があり。それによると
    ・源泉かけ流しではない。循環とかけ流しを併用。
    ・湯量は毎分350L
    ・記事の時点の昨年休憩室が改装された
    とのこと。

    着替えて浴室へ。
    温泉の方ですが、露天はなく内湯のみです。
    ・サウナ
    ・水風呂
    ・バイブラ
    ・薬湯
    ・中程度の機械物なしの浴槽
    ・リクライニングチェアが2つと椅子が3つあり。
    という構成。

    サウナは90℃表示で体感的にやや温め。22人ほど入れる広さで座面は2段。室内は乾燥気味。喉がいがらぽっく感じます。テレビ付き。12分計あり。ただ、テレビ前のガラス面と時計前面がかなり曇っていて見づらい。
    水風呂はやや冷ため。16℃を切っていました。3人ほどの広さ。

    サウナと反対側の壁面に「源泉 ゆ」の表記。源泉が出ているところがあり、そこから流れたお湯が洗い場の前に作られた湯の路へ流れて最終的にはバイブラ風呂の方へとオーバーフローで流れ込む仕組みになっています。洗い場前にあるので洗い場よりそこの湯を汲むことも可能。
    バイブラはその源泉投入の湯と循環の併用のようです。
    中程度の機械物なしの浴槽と歩行湯ですが、源泉は流れているのかもしれませんが源泉が流れているという表記もなく、見た目の判断はし難いですね。ただ、浸かった感じだと長島周辺の温泉と同じような鉱物臭があり、鉱物臭ではバイブラ湯が一番強かったのでバイブラ湯の鮮度は他の浴槽に比べて高いのかもしれません。源泉のお湯からは微塩味。一応ナトリウム泉ですが、ナトリウム分は実際はかなり弱めでした。色の方は薄暗めの浴室内であまりはっきりみる事は出来ませんでしたが褐色ぽっい色あい。
    源泉自体に直接浸かることはできませんが、かかり湯なら可能ですので上がり湯として使われるといいでしょう。
    浴後はポカポカ感が比較的長く持続していました。

    源泉名 桑名温泉
    ナトリウム-塩化物温泉(低張性弱アルカリ性高温泉)
    pH 8.4、泉温 48.7℃、
    1.0 X10-10 Ci/kg(0.28M・E/kg)
    Na 328.6、K 19.6、Mg 25.5、Ca 51.3、Sr 0.4、Ba 7.9、Mn 1.4、Fe 1.1、
    F 0.3、Cl 579.1、Br 3.0、HPO4 0.3、HCO3 189.9、CO3 3.6、
    メタケイ酸 62.4、メタホウ酸 0.9、
    溶存物質 1.28g/kg
    温泉の分析年月日
    [湧出地における試験]平成元年5月23日
    [試験室における試験]平成元年7月25日

    なお「温泉の利用状況」の掲示はありませんでした。

     【新規クチコミ:196湯目】

  • クラシックが似合うスパ

    投稿日:2008年3月28日

    クラシックが似合うスパホテルレイクヴィラ 信楽温泉 多羅尾乃湯(しがらきおんせんたらおのゆ)

    ほっとくんさん [入浴日:  -  /  - ]

    総合評価 33.0点

    お湯

    0 - 点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    三重寄り奈良の幾つかの温泉に寄った最後、平日こちらの方に訪問しました。
    伊賀経由で三重と滋賀の県境を越える形で道を走りましたが延々と続く上り坂。
    レイクヴィラの入口と思ったらさらにそこから2kmもあるのには笑うしかなかったです。

    到着は午後6時頃で日はほとんど落ちかかっておりました。
    手前にはホテルの入口(暗かったですし、その手前の建物には入っていないため推測ですが)。
    奥の建物、狸の大きな焼き物が入口に立っている建物が日帰り客用の玄関となるようです。

    玄関を入るとシンプルながらハイソな雰囲気が漂ってきます。
    フロントで1000円を支払い、タオル・バスタオルを受け取ります。
    脱衣所は籠とロッカーがあり、ロッカーは有料(\100)。

    内湯浴室内はとてもすっきりしています。
    ・大き目の温泉浴槽
    ・入浴剤の入った浴槽
    ・サウナ
    ・釜風呂(反対側の女性の方は釜風呂はなく塩サウナ。男女の入れ替えあり。)
    ・長椅子が2つありました。
    ・一人用のバスタブX2
    と言う構成。

    サウナは温度計表示で88℃。ですが、体感的にはかなり熱め。12人程度入れる広さで座面は2段。
    敷物は敷かれていなくパーソナルマットが用意されております。ただ、座面の板がかなり熱せられていて足の裏の位置も熱々。パーソナルマットは自由に使えますので、お尻と足の裏で2枚使うようにすると良いでしょう。
    クラシックのBGMが流れています。時計はなく、5分砂時計が2つあり。
    水風呂は3人ほど。やや冷ため。
    熱いサウナと冷ための水風呂のメリハリある組み合わせは好みですね。

    釜風呂ですが、ドーム状でまるでかまくらのよう。中に椅子が4つほどあり。普通のミストサウナと比べても温度は結構低い方。サウナ的な使い方というよりも、仲間内でしばらく風呂場で長居するときなどにゆったり入ったりするような使われ方が一番よさそうです。

    洗い場に用意されているボディソープ・シャンプー・リンスはお茶系とラベルに書いてありましたが、お茶らしきものは感じず、実際はユーカリ系のやや強めのハーブの匂いがしていました。中身が違うかも。

    露天には
    ・下からのライトで光っているジャグジー
    ・温泉
    ・うたせ湯
    ・椅子が1つ
    露天の目の前には池があり周りがライトアップされていて夜でも景観を楽しむ事が出来ます。この時期池には鴨がいっぱい。たぶんライトアップされているあたりに魚が集まるのでそれを目当てにライト周辺に鴨も集まるのでしょうね。池を目の前にたまに鴨の鳴き声が聞こえてきて、風を感じて・・・。
    建物の意匠がシンプルであるからこそ、この自然の雰囲気が非常に引き立つ。
    脱衣所とサウナの中でクラシックが流れていましたが、とても雰囲気とあっていました。まさしくクラシックが似合う温泉です。
    途中2名のおしゃべりさん達がやってきましたが、ここは静けさが醍醐味。おしゃべりさえ環境破壊かと思ってしまうほどです。

    温泉としてはあまり特徴はありません。ごく僅かにヌルっとしますが、状況次第で消えてしまいそうなかすかなもの。あとは、無色透明で匂いもなし。
    温泉の質は期待できませんが、この静けさを味わえたことは山の中を延々と上がって来た甲斐があったと思いました。こちらを訪問される時はぜひ人が少ない時を狙ってきてください。

    源泉名 信楽天然温泉多羅尾の湯
    単純温泉(低張性弱アルカリ性低温泉)
    坑底温度 41℃
    13.0 X10-10Ci/kg
    K 4.1、Na 227.4、Ca 6.0、Mg 1.6、Fe2+ 0.7、Fe3+ 0.2、Al 0.3、
    NO3 0.3、Cl 7.7、F 2.1、CO3 6.6、HCO3 601.0、SO4 3.3、
    メタケイ酸 48.1、メタホウ酸 5.4、CO2 6.4、
    溶存物質 914.8mg/kg、成分総計 921.2mg/kg、
    温泉分析年月日 平成10年9月29日
    加水なし、加温なし、循環ろ過装置使用、塩素系薬剤使用

     【新規クチコミ:194湯目】

  • 値段はもう少し安いほうが

    投稿日:2008年3月22日

    値段はもう少し安いほうがはり温泉らんど

    ほっとくんさん [入浴日:  -  /  - ]

    総合評価 22.0点

    お湯

    0 - 点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    「温泉シールラリー」で訪問。
    平日の昼前の到着です。
    道の駅併設ですが、ここの針インターの道の駅には他にいちごの農園もありいちご狩りが出来ます。いちご狩りもついでにと考えていたのですが、フィットネスバードへ寄る予定が先に決まっていたにも関わらず、つい予約を入れることを忘れてしまいました。そのベリーファームのHPを見ると「ご来園の際には予約された方が優先入場となりますので、必ずご予約されてからご来園下さい。ご予約なく来園された場合には入園出来ない場合もございます。」となっていて、薄っすら期待をしていたのですが、ベリーファームの前に行くとやっぱり駄目でした。しかたなくお土産を購入(値段相応でしたが美味しかったですよ)。
    お風呂に出たあとで取りに来ると取り置きしてもらいフィットネスバードへ。

    プール・アスレチックルームがありますが、温泉の利用。
    3Fに休憩所があり(2Fが玄関、フロント、温泉。1Fがプールのよう)。休憩所は結構ゆったりしていますが平日の昼では使っている方はいないようでした。休憩所利用時間11:00-19:00(冬季 -18:00)。

    脱衣所はプールの方と兼用で脱衣所内にはプールへ行く入口がありました。ロッカーは縦長で道の駅で買ったお土産が多いときなどには重宝しそうです。

    浴室内は
    ・温泉浴槽 5mx2.5m
    ・水風呂 2mx2.5m
    ・サウナ
    ・洗い場が9つとシャワーが2つ

    とこじんまりしています。
    サウナはサウナ入口に80~90℃という表示がありますが、中の温度表示では92℃前後。体感的にはかなり温めです。アスレチックへ来られるご年配の方やサウナの中で世間話に花を咲かせるにはいいかもしれませんが、ドライバーがさくっと入り来られるには不向きでしょうね。眠気覚ましにと入られていたドライバーの方がいらっしゃいましたがあまりの温さに少々がっかりした感じ。
    座面は3段ですが一番下は上がり段みたいです。上2段で12人ほど、一番下の段も使うと15人ほどの広さです。
    ただ、一番上の段は天井に近く頭を打ちやすいのでご注意を。
    時計類なし。かすかなBGMあり。敷物は普通のバスタオル。

    露天は
    ・3mX2.5mほどの浴槽1つ。
    ウォータークーラーは露天にありました。
    あとクールダウン用に壁に作りつけられた腰掛けがあり。ただ、座面に奥行きがなくまた背面が切り立った壁ですので居心地が悪い。

    お湯の方ですが、感じるか感じないか程度のヌルっとした感じがあり。非常に微妙な浴感ですので、温泉の状況で変わってきそうですね。味匂いともなし。塩素臭は若干あり。

    国道25というと自分の場合比較的よく使う道路ですので、途中にこうした温泉があるのはありがたいのですが、ここはキャパシティ自体それほどでもないので、旅行帰りの方がどっと流れ込んでくる時などはかなりキツそうです。また温泉のみの利用で700円というのは施設内容から考えても皆さんと同意見で高いと思いますね。

    源泉名 針温泉
    単純温泉
    泉温 28.3℃(気温25.0℃)
    Na 158.7、K 2.71、Mg 2.13、Ca 6.58、Fe 0.40、Mn 0.01、Li 0.23、Sr 0.30、NH4 0.12、Al 0.23、
    F 7.3、Cl 1.9、Br 0.1、HCO3 396.0、CO3 14.4、
    メタケイ酸 3.57、メタホウ酸 2.85、
    溶存物質 0.598g/kg、成分総計 0.598g/kg、
    温泉の成分の分析年月日 平成7年9月29日
    加水:無し、加温:あり、循環の利用:あり、入浴剤等の添加:無し、消毒処理の有無:あり(塩素系薬剤。奈良県条例に定める衛生措置の基準を満たすため)。

    温泉シールガイドブックより
    pH 8.3、源泉 28.3℃、湧出量 61.5L/m

    「レジオネラ菌対策について」より
    <管理体制ついて>
    レジオネラ菌は塩素消毒により殺菌できます(塩素濃度0.2~0.4を2時間保つこと) 当施設では、毎日塩素濃度を測定し、適正に保ち管理しております。(塩素濃度 0.4以上)・また最低1週間に一度、お湯を完全に入れ替え、浴槽内も清掃しております。(#以下略)
    <ろ過装置について>
    当施設では、自動循環ろ過装置を使用し、自動的に塩素を注入し、浴槽水を殺菌しております。営業終了後(営業開始前)には、自動的に浴槽水の入れ替え(4分の3程度)・ろ過装置の洗浄を行っております。
    上記は基本的な管理体制です。お客様が多い繁忙期や、浴槽が汚れた時などはその都度、お湯の入れ替え・塩素濃度の強制的注入を行い、清潔に保っています。(#以下略)

     【新規クチコミ:193湯目】

  • (イメージ追加)

    投稿日:2008年3月22日

    (イメージ追加)あいち健康プラザ 天然温泉「もりの湯」

    ほっとくんさん [入浴日:  -  /  - ]

    総合評価 0 - 点

    お湯

    0 - 点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    4階の館内図です

  • 目がシバシバ

    投稿日:2008年3月22日

    目がシバシバあいち健康プラザ 天然温泉「もりの湯」

    ほっとくんさん [入浴日:  -  /  - ]

    総合評価 0 - 点

    お湯

    0 - 点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    再訪です。
    「あいち健康プラザ」という施設の中にあり、一応一番高い建物(健康宿泊館)の中となっていますが、正確な位置的にはその一番高い建物と上が半円の形をしたエントランス部分との中間あたりの4階部分に「もりの湯」はあります。
    健康宿泊館では宿泊もできますが、しかしながら、このあいち健康プラザ・・・愛知県健康づくり振興事業団ということでほぼ県が運営ということかと思いますが・・・これほどでかい箱物が本当に必要なのか。う~む。。。。

    それはさておき、「もりの湯」さんは一時、湯の劣化があり自主的に3ヶ月ほど休業なさっていらっしゃいました。再開後と言う事でどのように変化しているのか。今回お話を聞くと、どうも源泉はいじらず配管の変更など小規模の工事に留まったようです。
    エレベーターの中に案内によるとボディソープ、リンス、シャンプーは温泉内にありますが、剃刀は1階の売店で販売となっていました。お気をつけください。あと、宿泊でない場合の入浴時間も日曜日に関しては17:00までとのこと。

    ちょっとした休憩室もあります。ただ、休憩室へ行くのに階下に下りて、無機質な廊下を少々歩かなければなりません。実際ほとんど使われていないような。(写真上右)
    休憩室利用時間は平常営業の日11-21、休館日の前日11-17。

    再入浴ですが、平日に限り午後2時30分までにもりの湯を出られる場合申し出る事によって腕輪を渡され、午後3時30分までなら再入浴できるとの事。

    さて、ここはロッカー(無料)の場所の指定制ではないですが、源泉命さんのお話のように下駄箱の鍵選びが重要となってきます。上のロッカーの方が使いやすいかと思いますが、上のロッカーを選択するには奇数の靴箱を選ぶ必要があります。

    平日の午後6時半頃到着。空いていました。この時間でピークで10人未満。あいち健康プラザにはアスレチックルームやプールもあり、そこを終えてくる方が多いようでサウナ内ではそうした話が出ていました。

    浴室内は無音。空いているのと合わせて非常に寂しい雰囲気。弱めのBGMぐらい入れたほうがまだいいような。
    浴室内はL字型の温泉浴槽と水風呂、サウナのみ。露天なしの内湯のみで外にも出られません。

    サウナの方は92~98℃で体感的にやや温め。腰掛ける所は2段で15人ほどの広さ。60分計ありですが、目盛りがはっきりせず見難い。サウナ内も無音。
    水風呂は3人ほど。やや温め。
    浴室内には介護用に使われる椅子が4つほどあり。

    湯は塩味。それほど強くないですがはっきりとしたヌルヌル感あり。
    塩素臭はかなりキツメ。しかも浴室内がそれほど広くなく換気もあまりないようで、通常来られた方は長い時間あまり居ないと思いますが、今回長居して目がシバシバしてきました。やはり温泉を楽しむ場所とは言いがたいかな。

    源泉名 あいち健康の森温泉
    ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉(高張性弱アルカリ性温泉)
    泉温 41.7℃
    Na 5260、K 126、Mg 24.7、Ca 19.8、Sr 2.7、
    F 2.6、Cl 6300、Br 15、I 0.2、HCO3 3870、CO3 9.7、
    メタケイ酸 27.5、メタホウ酸 304、CO2 75.0、
    溶存物質 15.95g/kg、成分総計 16.03g/kg
    温泉の分析年月日 平成10年3月2日
    加水あり、加温あり、循環ろ過装置使用、塩素系薬剤使用

    フロントの横にあった掲示
    掘削深度 870m
    泉温 43.3℃(源泉温度)/41.7℃(除鉄後)
    泉量 110L/m(158t/日)

    「温泉シールラリー湯めぐりガイドブック」より
    湧出量 190L/m、pH8、源泉温度 43.3℃

  • (補足)

    投稿日:2008年3月20日

    (補足)梅の郷 月ヶ瀬温泉

    ほっとくんさん [入浴日:  -  /  - ]

    総合評価 0 - 点

    お湯

    0 - 点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    源泉名 梅の郷 月ヶ瀬温泉
    単純温泉
    [湧出地]泉温 28.8℃(気温5.0℃)、湧出量 測定不能、
    [試験室]分析終了年月日 平成20年2月22日、pH 7.82、蒸発残留物 0.401g/kg
    Na 86.3、K 16.9、Mg 3.8、Ca 16.1、Fe 0.2、Mn 0.1未満、Li 0.1未満、
    Sr 0.2、Ba 0.1、NH4 0.7、Al 0.1未満、
    F 0.6、Cl 5.1、Br 0.1未満、I 0.1、HS 0.5、SO4 0.6、HCO3 339.7、CO3 0.1未満、
    S2O3(チオ硫酸イオン) 0.1未満、PO4(リン酸イオン) 0.1未満、NO3(硝酸イオン) 0.1未満、
    NO2(亜硝酸イオン) 0.1未満、
    メタケイ酸 110.3、メタホウ酸 1.3、CO2 0.1未満、H2S 0.1、
    溶存物質 0.583g、成分総計 0.583g
    #分析書は脱衣所(H8.3.5)と玄関券売機上(H20.2.22)の2つがあったが、上記のものは券売機上にあった新しいもの。湧出量はH8.3.5のものによると22.8KL/h(動力)。・・・ということは380L/mぐらいか。

    「成分に影響を与える項目」より
    男女(大浴場・露天風呂)・・・加水なし、加温あり、循環ろ過装置使用、塩素消毒
    白梅水風呂・・・加水なし、加温なし、循環ろ過装置使用、塩素消毒
    打たせ湯・・・加水なし、加温あり、循環ろ過装置使用、塩素消毒

    「当温泉の稼動システムについて」より
    <温度管理>
    温泉源泉は、30.5度ですので、ボイラの熱を利用したプレート式熱交換器で加温し、39度から42度前後を自動管理。水風呂(温泉源泉)については、冷却機を利用したプレート式熱交換器で低温に。
    <循環ろ過方式>
    約30分で浴槽全体の温泉水を循環ろ過。浴槽の温泉は自動的に補給水(源泉源水)で賄い露天風呂については、約5分補給、30分停止のパターンで温泉源水を補給。閉館後、毎日、自動でろ過機を逆栓洗浄。週1回完全換水。平均100KL/日の源泉水が浴槽内に補給されている。
    <殺菌>
    塩素系薬剤(12%次亜塩素酸ソーダ)を使用し、ろ過機前注入。浴槽内残留塩素は自動塩素監視装置により公衆浴場法に基づく0.2~0.4mg/L程度の濃度に保つ。水風呂(源泉使用)については、補給水と共に塩素を補給。0.2mg/L以上の濃度で保つよう1日3回計測。

    「温泉シールラリー湯めぐりガイドブック」より
    湧出量 250L/m、pH7.9、源泉温度 30.5℃

     【新規クチコミ:192湯目】

  • 梅の時期は平日でもごったがえし

    投稿日:2008年3月20日

    梅の時期は平日でもごったがえし梅の郷 月ヶ瀬温泉

    ほっとくんさん [入浴日:  -  /  - ]

    総合評価 0 - 点

    お湯

    0 - 点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    3月の第2週の平日、月ヶ瀬梅林見物と「温泉シールラリー」を兼ねて訪問。
    まず月ヶ瀬梅林の方によりましたが、今年は遅れているようでした。3月の第2週でも五部咲き程度。咲いていないとやっぱり見ごたえなかったです(訪問時聞いた話では今年は20日頃が見頃だとか)。

    その後、温泉の方へ。到着時は午後4時頃。
    別館になりますが近くで取れた地の物を売っている物産店があります。月ヶ瀬梅林の方で梅干しなどのお土産を買ってしまいましたが、こちらの物産展の方でも梅などは売っています。農家の方の出品だからお値打ちかと思いましたが、値段は同じようなものですね。

    温泉の方ですが、平日なのにかなり混雑していました。自分もそうですがこの時期梅林の方に合わせて訪れる方が多いみたい。係りの方にもいろいろお話しましたが、月ヶ瀬へのバスツアーの立ち寄り場になっているそうで。これじゃ平日でもごった返しているわけです。

    脱衣所はフローリング。湯上がり後の雫などが気になりそうですが、床暖房が入っているので垂れた水なども案外気にかからないかも。
    フロントでもらった鍵のナンバーが指定ロッカー。ロッカーは大きいですね。H1m50xW30cmxD50cmほどあります。ロッカーの下に鍵のかからない小ロッカーがあり。何の為だろうと思い、係りの方にお聞きすると鍵はかからないが自分の下の所は自由に使ってくださいとのこと。

    内湯浴室内は
    ・サウナ
    ・バイブラ部分を含む7mX3mの浴槽が1つ。
    ・洗い場は10とシャワーが2つ。

    サウナは88℃表示ですが、体感的に普通でした。以前のクチコミより熱くなった?
    14人ほどの広さで腰掛ける所は2段。テレビ付き。12分計あり。

    露天には
    ・打たせ湯を含む広い岩風呂
    ・源泉冷水風呂(訪問時気温15℃程度でしたが、その時で源泉冷水風呂は表示19.5℃)。

    源泉冷水風呂ですが最初水の流れがなく貯めているだけ?と思いましたが、よく調べてみると入り口反対側の奥の方の浴槽底面の岩組みの間から少量流れていました。ただ、あまり水の動きが少なかったので木の屑やらゴミ等が湯の中に留まっていて、これも人の出入りの少ないかけ流しの温泉ならしょうがないのですが、こう人がごった返していると人が入ったことによる劣化もかなりあるようです。

    うたせ湯や岩風呂上部から投入される湯ですが、間隔を開けて自動で流れてくるようで、特にうたせ湯ですが、座っている場所とその時のタイミングが悪いと頭から湯を浴びる事となりますので要注意を。

    温泉の方ですが、浴感・味・匂いとも特に無しです。塩素臭はしていましたが、人が多い割にしては強いというほどではなかったです。

  • 別館は閉鎖

    投稿日:2008年3月11日

    別館は閉鎖長良川温泉 十八楼

    ほっとくんさん [入浴日:  -  /  - ]

    総合評価 0 - 点

    お湯

    0 - 点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    この日別館の方へ寄ろうと
    十八楼に訪れましたが別館の玄関には工事用の柵。
    仕方なく、本館へ行きました。
    ホテルの方にお聞きすると今年に入ってからですが、別館は閉館されたそうです。

    残念。

  • 露天岩風呂では泡付。鮮度が高いのかも(2)

    投稿日:2008年3月8日

    露天岩風呂では泡付。鮮度が高いのかも(2)水晶山温泉 満願成就の湯(閉館しました)

    ほっとくんさん [入浴日:  -  /  - ]

    総合評価 0 - 点

    お湯

    0 - 点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    (続き)
    それぞれの湯につかりましたが、一番特徴があるのが露天岩風呂。
    他の浴槽ではさほど感じないヌルヌルさをしっかり感じます。ななまるさんと同意見ですね。アルカリ度は高い温泉ですが、重曹系のヌルヌルに似たややまとわりつくような感じさえありました。
    それに4分ほど浸かっていると体に泡付がはっきり見られます。一度出て分析書を確認しましたが、遊離二酸化炭素は計測されていません。なのに何故だか泡付があるのがとても不思議。それだけ、この露天の鮮度は高いのかもしれません。龍神風呂の場合、内風呂・洞窟風呂よりはぜひ露天岩風呂にじっくり浸かってみてください。

    脱衣所にはいくつかの分析書があり、源泉名「満願成就の湯」となっているものと「伊那谷温泉」となっているものがありましたが、表記ミスのようで源泉は1つとのこと。

    「温泉分析書」より
    源泉名 満願成就の湯
    アルカリ性単純温泉(低張性アルカリ性低温泉)
    [湧出地]pH10、泉温 27.6℃、湧出量 210L/m(掘削により動力揚湯)
    Na 50.6、K 0.3、Ca 1.0、Al 0.1、
    F 0.6、Cl 0.4、OH 1.6、HS 0.7、SO4 5.0、HCO3 13.4、CO3 47.4、HSiO3 24.0、
    蒸発残留物 169mg/kg、溶存物質 145.1mg/kg、成分総計 溶存物質 145.1mg/kg、
    分析終了年月日 平成19年6月27日

    「利用源泉に関する情報」
    源泉名… 満願成就の湯
    湧出形態・掘削深度…動力浮揚1,300m
    泉質名…アルカリ性単純温泉
    掲示用泉質名…低張性アルカリ性低温泉(水素イオン濃度pH9.98)
    引湯(引湯方法・距離)…保温パイプにより1,300m引湯

    「浴槽の温泉利用に関する情報」
    給排湯(循環装置)…あり。衛生管理のため循環ろ過装置を通年使用。
    給排湯(給排湯方式)…放流循環併用方式。新しい温泉を常時補給しながら循環ろ過装置を使用。
    加水…なし
    加温…あり。入浴に適した温度に保つため通年加温しています
    浴槽(浴槽温度)…42℃。状況により週1~2以上換水し清掃実施。
    浴槽(入替頻度)…7日以内。塩素系薬剤を使用しています。
    添加・飲用(入浴剤)…なし。入浴剤は一切加えていません。
    添加・飲用(消毒)…あり。衛生管理のため塩素系薬剤を通年使用しております。
    添加・飲用(飲用)…不適。当温泉は飲用できません。

    「温泉の成分・禁忌症・適応症等」より
    源泉名 伊那谷温泉
    泉質 アルカリ性単純温泉
    泉温 源泉 27.6℃、使用位置 42.0℃
    温泉の成分 別紙分析書のとおり。
    温泉の分析年月日 平成19年6月27日
    ・加水していません
    ・入浴に適した温度を保つため加温しています
    ・衛生管理のため循環ろ過装置を使用しています
    ・入浴剤は使用していません。衛生管理のため塩素系消毒剤を使用しています。


     【新規クチコミ:191湯目】

279件中 31件~40件を表示

前へ  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  次へ


  • 温泉ソムリエになって温泉を10倍楽しみませんか
  • 船井総合研究所温浴チーム
  • ofr48
  • 浴場市場

TOPへもどる