本文へジャンプします。

有名温泉地から日帰り温泉、露天風呂、秘湯まで温泉口コミ&クーポンが充実

空庭温泉で入館料20%OFFクーポンが使える!

★投票

×

エラーが発生しました。 しばらく経ってから再度お試しください。

閉じる

ほっとくん

ほっとくん さん

平均32.6点 / 279件

長湯、濃い湯、硫黄泉、濁湯、レトロやカルト、サウナ・水風呂、外気浴大好き。掛流しでなくてもそれを超えるエンタがあるならOK牧場!
★5=超絶! 4=好き! 3=いいよ~普通より上 2=普通 1=酷い、嫌い、再訪なし

性別男性 年齢 指定なし 住まい愛知
HP指定なし
ブログ指定なし

279件中 1件~10件を表示

前へ  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  次へ

並び順

口コミ最新投稿順 |

口コミ点数の高い順

  • もう別格です。唯一の★6つ

    投稿日:2007年9月17日

    もう別格です。唯一の★6つひらゆの森

    ほっとくんさん [入浴日:  -  /  - ]

    総合評価 55.0点

    お湯

    0 - 点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    名古屋からだと東海北陸自動車道ができて平湯は昔比べて本当に通いやすくなりました。
    このひらゆの森は9時までやっています。
    午後夕方に出ても0時越えるぐらいには何とか帰って来れます。(強行軍ですが)
    やっぱり自分にとってだと、どれだけ通えるかということは非常に
    大きなポイントですね。
    さらにそうした日帰り温泉
    の中で、大好きな白濁硫黄泉があるひらゆの森は自分の中ではもう別格です。

    源泉掛け流し、塩素投入はまったくなし。
    幾度か行っていますが、湯の花の出具合は日によって違いますね。
    お湯の張り替えるタイミングで湯の花のたまり方が違うのかと思いお話をうかがいましたが、どうも
    湯自体は毎日張り替えるらしいので単純にその日の状況で左右される問題らしいです。湯温・気温な
    どによって変わってくるというお話も聞きました。温泉は生き物だということが
    目に見えてよく分かりますね。

    さて、ここは湯船によってさまざまな表情があります。
    よじった紙のような湯の花が浮いた湯船もあれば、露天の奥の2つは白濁しています。同じくひらゆ
    の森の方にお話しをお聞きしましたが源泉がいくつかあってそのため湯の表情が違うとのことです。
    ですので、単に加水の加減で違いが出ているわけではありません。
    その中でのお気に入りは奥の2つの白濁した露天風呂です。
    火薬臭のインパクトのあるお湯で、入った翌日身体を洗っても残り香がします。硫黄臭がお好きな方
    はたまらないところじゃないでしょうか。自分も数日ほど残り香を再確認するのがまた好きで。ただ
    ここも日によって濁り具合、硫黄臭の度合いが違ってきますが。

    施設も色調を抑えた落ち着いた建物ですが、かといって肩肘張るようなところはどこにもありません。
    値段もリーズナブルですしね。また畳のよさをここではしっかり味わえます。
    内湯、露天とも広いので、浸かりに行くだけなら混んでいても気にならないと思いますが、休憩室は
    たぶんいっぱいになるので、騒がしく落ち着かないと思います。空いている時ですね、このひらゆの
    森は。もう素晴らしさが全然違います。

    ここでの自分の好きなその他のポイントとしては、水風呂にあります。サウナ自体は9人しか入れな
    いので、これだけの施設としては少し狭く、もう少し広くしてほしいところですが、水風呂が実は半
    端じゃない冷たいです。たぶん自分が経験した水風呂の中では一二を争うほど冷たい水風呂かと。自
    分はガツンとサウナ水風呂で過ごしたい方なので、そうした方にはぜひお勧めです。

    後願わくば、露天に横になって過ごす場所を作ってほしい所ですが、かといって塩化ビニール製?と
    いうんでしょうか、あの白いタイプのはだけはやめてもらいたいです。雰囲気に合わないですから。

    書いていたらもうたまらない。。。。またあの硫黄臭に包まれたくなりました。

  • 最高でした

    投稿日:2007年9月16日

    最高でした中巨摩地域広域事務組合 老人福祉センター

    ほっとくんさん [入浴日:  -  /  - ]

    総合評価 55.0点

    お湯

    0 - 点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    こちらの方が時間が午後3時半までだったので、泣く泣く山口温泉を出ることにしました。
    場所が分かりにくかったです。周りは工場地帯で行き止まりなど結構ありましたし、細い川によって阻まれることもありました。結局このあたりを数回ぐるぐる回ってしまいました。
    受付にて簡単な名簿に記入します。が、どちらから聞かれて、愛知からというと苦笑されながらもこころよく入館させていただきました。
    もうこうした施設ですから、若輩者の私のような人間は入館者の中ではたった一人です。
    あくまでもお邪魔しているということになるので、それには気を使いました。
    でも皆さんさらりと過ごされていますので、それほどプレッシャーみたいなものは感じませんでした(単に私が厚顔無恥なのかもしれませんが)。
    気温の暑い時期だったのですが、34度の源泉はこの時期には最高でした。
    山口温泉の方が温かすぎると感じるほどでしたから。
    こちらに入ったのが、1時ごろだったので、2時間程度湯船に浸かっていましたが、アワアワに包まれながら本当にもう最高でした。湯に浸かりながら読める本を持ってきて本当に至福の時間を過ごさせていただきました。
    湯上り後は暑い空気の中、さわやかな気分で過ごすことが出来ました。

  • 最高です!

    投稿日:2007年9月14日

    最高です!湯けむり館

    ほっとくんさん [入浴日:  -  /  - ]

    総合評価 55.0点

    お湯

    0 - 点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    白濁硫黄泉はやっぱり最高ですよ!
    ほんとうならこの近くに引っ越したいくらい大好きです。
    それが適わないので、臭いだけ身体に染み付かせて
    帰ります。翌日、お風呂に入っても若干残りますね。
    で、またそれを嗅いでニンマリ。
    温泉は弱酸性ですが、目に入るとチカチカしますので注意。
    それすらうれしくなってしまいます。

    内湯は木のお風呂。もうこのシンプルさがたまらない。
    大きなガラス窓から明るい光が差している時間も最高!
    真っ白なお湯がきらきらして。
    この内風呂は回りの自然とのマッチングさは本当に絶妙です。
    露天は飾りっけや大げささはまるっきり無いですが、
    清楚で簡素な感じが本当に素晴らしい。
    風を感じることができるし、季節が香るということを
    本当に実感できるようなすばらしい露天だと思います。
    下世話な人間の私には乗鞍という場所は、心を洗い
    清めてくれるすばらしい場所だと思います。

    食事を取る事が出来ないのですが、持込ってOKなんで
    しょうかね。
    できれば食事をはさんで何回か入るとさらにいいのです
    が。

    まだ行った事がないですが、この湯けむり館道向え奥に
    乗鞍高原せせらぎの湯という温泉があります。
    時間があればそちらもぜひ。

  • 濃い温泉、シンプルでおいしい食事

    投稿日:2007年9月9日

    濃い温泉、シンプルでおいしい食事楽養館

    ほっとくんさん [入浴日:  -  /  - ]

    総合評価 55.0点

    お湯

    0 - 点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    山之内北小から東へ行く道がとんでもなく大変でした。
    地図ソフトであらためて調べておいた道(雑魚側林道西側)が実際はとても走れない道で。
    で断念して。あとはもうナビ次第で。やっぱりナビに率直に従えばよかったです。
    カヤの平までナビに従い清水平林道という道で行きました。
    あとは雑魚川林道に従い走りましたが、先の道の断念があったのでカヤの平ら東の雑魚川林道は
    意外とすんなり走ることが出来ました。いや、ちょっとした冒険でしたね。
    ここは和歌山の花山温泉に似たような濃さですね。
    建物の雰囲気といい周りの風景といい、その分ではこちらの方が癒し度高しです。
    (ただし、あちらの方は高温・低温の交互浴ができる強みがありますが。)
    また、たまに団体客が訪れるようです。バスの立ち寄りポイントになっているよう。
    露天はありませんが、クールダウンできるスペースなら少しだけ有ります。また7月頃自分が行った時は
    引き戸など全開に近かったので、ほぼ露天風呂のような形になっていました。
    あと、食事がおいしかったですね。メニューにない張り紙で出ていた品物、漬物の盛り合わせだったか、
    野菜の煮物だったか、それがとてもおいしかったです。
    シンプルにごはんと味噌汁、漬物、煮物がこれほどおいしかったのは久しぶりです。
    とても気に入りました。できればまた行きたいですね。

  • 大阪が好きになりました。

    投稿日:2007年9月9日

    大阪が好きになりました。天然温泉テルメ龍宮

    ほっとくんさん [入浴日:  -  /  - ]

    総合評価 55.0点

    お湯

    0 - 点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    いいです。すごく!
    なんでこんな温泉が愛知にないんだろう。
    大阪の方がとてもうらやましく思えました。
    サウナでちょっと話しかけられただけで、
    話合うということまでなかったけど、
    大阪人のこころよさをはっきり感じました。
    サウナに入ってまたお風呂に入って
    テレビを見て、単にそれだけなんだけど
    なんかこう、大阪の人はいいなぁと。
    体に絵を羽織ったおじさんすら愛らしい。
    それでこんな料金でこんな素晴らしい温泉を
    提供してるなんて。テルマ龍宮の皆さんには
    頭が下がります。
    また、大阪行ったらお邪魔します。
    一緒にテレビ見させてください!

  • いつまでも居たいこの静けさから出たくない

    投稿日:2008年3月6日

    いつまでも居たいこの静けさから出たくない秘湯の宿 神明温泉 湯元 すぎ嶋

    ほっとくんさん [入浴日:  -  /  - ]

    総合評価 44.0点

    お湯

    0 - 点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    「温泉シールラリー」の一環として訪れました。
    ただ、此処はやはり宿泊でないとと思い、今回は奮発して宿泊。貸し切り露天と飛騨牛囲炉裏焼プランの囲炉裏付和室(¥21000)にしました。
    プランとしては普通の和室のプラン(\18000程度。貸切風呂が付いているのかどうかは?)もありますし。また、もう1つ上のランクの土蔵を改装した和洋室に泊まれて、専用の源泉露天風呂が付く和洋室プランもありましたが、まぁ今回真ん中のクラスにしました。

    貸切風呂のことは事前に確認すると1泊あたり2回貸しきる事が出来て、1回あたり50分程度。到着後予定表に早いものから時間を選ぶ事ができるとの事。ゆっくり時間を取って過ごす予定でしたし、この貸切風呂の良い時間も取りたかったので、チェックイン前に到着しました。(チェックインは15:00より)

    本館の前にはちょっとした小屋。建物左手には囲炉裏があり燻す香りが漂い、秘たる場所へ訪れたような気分を盛り上げてくれます。

    小屋を通り過ぎ「すぎ嶋」の玄関へ。
    フロント横にも囲炉裏。ちょっとした休憩スペースにもなっています。館内にはJAZZが流れていてとても気分が落ち着きます。天井の柱は煤によって黒々とし、またステンドグラスの明かりが館内をさらに優しい雰囲気にしています。ここは、本当にゆっくり時間が過ぎていくようです。

    2階へ。部屋は今回2階でした。部屋もとてもシックです。囲炉裏は思ったほど大きくありませんでした。畳敷きの真ん中にあるので、簡易のもので本当に「ちょっとした体験してみよう」的なものかと。でも囲炉裏なんて体験した事がないので、これはこれで面白そう。

    食事の時間の確認が終わり、仲居さんが出て行った後、早速貸切風呂の大体のスケジュールを決め、1階に。ロビーの隅っこに書き込める形で枠が組んである予定表がありました。2つの貸切風呂があり、2回選べますので、夜と朝で別の貸切風呂を予約。まだ訪れている人が少なかったので、好きな時間に書き込む事が出来ました。
    (続く)

  • センス良し、湯良し

    投稿日:2008年3月1日

    センス良し、湯良し日帰り天然温泉 あらたまの湯

    ほっとくんさん [入浴日:  -  /  - ]

    総合評価 44.0点

    お湯

    0 - 点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    「温泉シールラリー」で2月の上旬土曜の開店前に到着。
    土曜日は午前8時からの開始。ですが、朝なのに結構な賑わいで人気の施設であることがよく分かります。

    浴室の方の建物は最近多いドーム型で、作りはシンプルでコンクリート打ちぱなしと色使いも控えめ。派手な所も無く豪華さも感じませんが、とても洗練されたセンスを感じます。今回男湯だった方は「石庭の湯」。
    ドーム型の半分が男風呂になっているので、半円状のスペース。天井も高く実際はそれほど広くはない内湯ですがそれでものびのびした感じ。
    内湯浴室内は循環浴槽と源泉掛け流し風呂、あとエアレスジェットバス。
    このエアレスジェットバスが意味不明でした。勢い良く出た湯圧を感じることもありませんし、一体どこがジェット?

    内湯から違った区画にサウナはあります。
    92℃表示で体感的には普通。20人前後の広さ。敷物は敷いてありますが、それとは別にパーソナルマットが使いきりで用意されています。12分計あり。浴室内と同じくサウナ内もオルゴール音が流れています。サウナ内に1つだけ窓がありますが、その窓の反対方向に座って外を眺めると、窓の向こう側には露天のところにある林が見えます。それがまるで絵画のようでとても美しい!
    水風呂は3人。

    露天も作りが素晴らしい。ウッドデッキと松林、シンプルな浴槽配置。リクライニングチェアの位置まで最初から決められて設計されているかのようで、整然としていてきっちり計算されたこのような感じはあまりない感じじゃないかなと思ったりもしました。
    浴槽はシルキー風呂、変わり湯、循環浴槽と源泉掛け流し風呂です。
    ただし、露天前にたぶん目隠しの為なのか土もりがしてあってそのため少々威圧感があったのが残念。囲いというものの無粋さを避けたいということはよく分かるのですが。。。。
    露天にはリクライニングチェアが6つあり。

    時間が無く今回源泉掛け流し浴槽に集中しましたが、源泉湯の方は鉱物臭に鉱物味。まとわりつくヌルヌル感。典型的な炭酸水素塩泉だと思います。ただしヌルヌル度は強いって言うほどではありません。
    露天の源泉掛け流し風呂の投入口すぐ近くで浸かっていましたが体毛にかなりかすかな泡付有り。またこれもかなり目立たないですが黒色の湯の華も浮いており。湯温計表示40℃ですが、体感的にそれより低く感じます。でも長く浸かるにはなかなか適した湯です。

    丁度塩素チェックをしに見えた方がいらっしゃいましたが、源泉掛け流し風呂はスルー。で一応お聞きしましたが、薬剤の投入はないとのこと。あとで分析書の方で見ると源泉掛け流し風呂は銀イオン及び紫外線を使用。素晴らしい!

    炭酸水素塩泉ということで脂分がとらわれやすく、浴後の肌はさらさらした感じになりました。
    脂分が取られすぎると、湯冷めしやすくなるかもしれませんので、寒い時期はお気をつけください。

    売店にはお土産だけでなく、弁当やおにぎり類も豊富でケーキ類も有った事に驚き。聞いてみると土日だけでなく平日も置いているそう。ちょっとしたコンビニより豊富かもしれません。ここの施設全体の運営を任されている会社はパン・和洋菓子などの製造販売などをやっている会社のようで、さすがパン屋さんの会社。これまた素晴らしい。

    その他温泉スタンド有り。

    源泉名 浜北温泉 浜北2号
    ナトリウム-炭酸水素塩温泉(低張性・アルカリ性・温泉)
    [湧出地]pH9.0、泉温35.5℃(気温12.3℃)、湧出量 109L/m(動力15kw 水中ポンプ)、
    Na 304.1、K 5.0、Mg 0.6、Ca 1.4、Al 0.5、Fe 1.4、
    HCO3 642.0、CO3 44.8、OH 0.2、Cl 51.1、HS 0.2、SO4 0.6、
    メタケイ酸 24.8、メタホウ酸 64.0、
    蒸発残留物 0.829g/kg、溶存物質 1.141g/kg、成分総計 1.141g/kg、
    分析終了年月日 平成18年12月26日

    加水無し、加温有り、源泉掛け流し風呂以外循環ろ過装置使用、源泉風呂(循環風呂)は塩素系薬剤使用・源泉掛け流し風呂は銀イオン及び紫外線を使用。

    ※「あらたまの湯の特徴」より
    あらたまの湯の「ナトリウム-炭酸水素塩泉」は低張性・アルカリ性温泉に分類され、入浴後の清涼感があり、肌がなめらかになり、すべすべすることから以前より「冷の湯」「美人の湯」といわれています。・・・(途中省略)・・・「あらたまの湯」は泉源からの距離が非常に近く、さらに109L/分という豊富な湧出量があるため、塩素を添加せず、加水も行わない「源泉掛け流し」の浴槽もあり、温泉自体の老化が少ない「新鮮な温泉水」に入浴できます。あらための湯の温泉水が新鮮である事は、汲みたての温泉水に炭酸水素による泡がたくさん見られ、時間が経つとともに泡が減ってくることからもわかります。(以下略)

     【新規クチコミ:180湯目】

  • 休業してしまいました

    投稿日:2008年3月1日

    休業してしまいましたテルメウツミ白砂の湯(閉館しました)

    ほっとくんさん [入浴日:  -  /  - ]

    総合評価 44.0点

    お湯

    0 - 点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    3月1日より休業となってしまいました。
    原油高の高騰、温泉が周りに増えたなどの影響によるらしく。
    今後の再開に関しては現時点では未定らしいですが、
    是非再開されることを願っています。

    再開を期待し、1月第1土曜日に訪問した時のことを書き残したいと思います。幾度か訪れていますが、その時は「温泉シールラリー」目的で訪問しました。
    午前11時の開店すぐを目指していきましたが、土日は午前10時30分から開始となっておりました。

    入口には唐人のお吉の像。この地の出身とのこと。説明はありましたが、あまりこちらに知識がなかったのでスルー状態。

    中はなかなかの賑わい。入館料1000円というと結構なお値段ですが、観光地ゆえなのかこの値段でも賑わっているよう。
    (こちらにもクーポンがありますが、JAFの方、イオンカードをお持ちの方はクーポンと同額の割引になるようです。あと夜間割引は700円。)
    料金内でレンタルタオル付。バスタオルは要りますかと聞かれますが、バスタオルは有料のよう。
    鍵は小さなメッシュ状の袋に収まっていて、それを腕などにマジックテープで止めるタイプ。珍しいかと思いますが、実感としてはごつ目で少々邪魔な感じ。
    入館料の中には4階の水着着用の混浴ゾーンも使えますのでカップルや大勢で来られたような場合はそちらも一緒に楽しむ事も考えてもいいかもしれません。

    浴室の中の説明に「平成元年3月、最新の掘削技術を駆使して地下千三百米より内海・山海温泉一号井の湧出に成功しました。太古より地下深く眠っていた温泉水は”化石水”とも言われ、多量の薬効成分を含み、神経痛、筋肉痛、冷え症等への効果は特に、いちじるしいものがあります。前般、内海地区住民の総意で”ふるさと創生資金”を基として、共同浴場「白砂の湯」を完成することができました。・・・・」とありましたように、ふるさと創生資金を使って作られました。ただ、当時ふるさと創生資金を5つほどに分けてさまざまなものに使った様で、その分けた1つ分を温泉建設に当てたとのこと。今の施設ではなく立て替える前の旧の施設となります。

    内湯は入浴剤の入った小さ目の浴槽と温泉の大浴槽の2つ。

    露天は白湯のジャグジーと温泉の浴槽。弱めながら目隠しがありますので、開放的とは言えないかも。湯舟に浸かるとあまり海を眺める事は出来ないかな。

    サウナは露天側にあり、窓から露天を通して外の景色が見えます。
    サウナ90℃~94℃表示で体感的には普通。10人ほど入れます。冷水の掛け水できる甕がありますが水風呂は無しです。甕の水は自動的に追加されるわけではなく、プッシュ式のシャワーが壁にあり、丁度シャワーの水が甕の中に入るように設置されていましたので、シャワーのプッシュのボタンを押して水を追加しておかないと後の人が困りそう。
    (続く)

  • 愛知で消毒無しの掛け流し!(1)

    投稿日:2008年2月27日

    愛知で消毒無しの掛け流し!(1)THE BEACH KUROTAKE(旧 観光ホテル魚友)

    ほっとくんさん [入浴日:  -  /  - ]

    総合評価 44.0点

    お湯

    0 - 点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    HPの「源泉かけ流し100%」に魅かれての訪問。
    HPでみると現在は「魚友 幸泉閣」と名がついていますが、名称変更でもあったのでしょうか?

    ここは入浴のみ不可。食事付きとなります。夕方以降しか時間が取れなく、まず電話で確認。
    すると「午後6時頃まで来ていただければ」とのこと。特に予約も必要ないようで。
    時間に間に合いそうでしたので、魚友さんへ向かいました。

    この日は日曜日。夕方頃の到着で、日帰りの方や宴会などの団体さんがちょうどお帰りの頃。
    玄関前はややにぎやかでした。でも、その後のお客さんは少ないようで、時間的にはかえって良かったかな。
    建物を下った所に湧出塔があり。塔の上から今も湯を噴き出しています。
    (自噴なのかなと思いましたが、分析書は動力となっていて。後でフロントで聞くと動力で揚げているとのこと)

    フロントでまず食事のコースを選びます。ですが、すべてのコースの写真がないので少々わかりずらい。
    写真はなかったのですが、一番安いコース(\2625)にしました。

    先に風呂かどうかを聞かれ、「風呂にします」と言うと黄色のタオルを渡され。タオル付です。
    それを持って1Fの浴室へ。(フロントは2F)

    1Fに下りてすぐに分析書。
    それを確認すると確かに循環ろ過無し。そして何と消毒無し!です。
    かけ流しの温泉はいくつかあるものの、愛知の場合は消毒しないとお役所から許可が下りない場合がほとんどで、
    実際消毒無しでやっている入浴施設はかなり少ないんじゃないでしょうか。

    脱衣所を覗くとロッカーは無く。棚と籠のみ。脱衣所前にロッカーはありました。ですが、100円返金無しの有料ロッカー。
    家族で行かれる方などは一処にまとめて使われると良いです。

    脱衣所・浴室とも少々くたびれ感がありますね。浴室にある植物もあまりきれいな状態でないような。全体的に清潔感には欠けますね。

    内湯には浴槽1、露天に浴槽1という構成(サウナなどは無し)。
    分析書の方では内湯は白湯となっていましたが、明らかに温泉のよう。変更でもされたのでしょうか。
    底面湧出口などはありましたが、現在それらは稼働していないようで、循環している雰囲気はなくそれらは変更前の残存かも。(訪問時だけかもしれませんがとりあえず循環はされておりませんでした)
    内湯の方で色などは確認できましたが、出過ぎた緑茶のような茶色がかった緑色。澄んでいました。
    舐めてみると金属味、それほど強くはない塩味に、かなり薄めの硫黄味。このあたりの温泉にしてはしょっぱさは薄いかも。
    匂いは金気臭に、はっきりとした磯の匂い。
    「この温泉はかけ流しでございます。湯の中に浮いている物は温泉の花で青の付着物はクロレラです。体に害はありません。清掃は毎日行っております。」と壁に掲示有り。クロレラ?
    クロレラって淡水性単細胞緑藻類の総称らしいですが、そんなもの温泉の中に出てくるのかなぁ。
    (続く)

  • 愛知県の中で最も濃い温泉(かな?)

    投稿日:2008年2月6日

    愛知県の中で最も濃い温泉(かな?)ごんぎつねの湯

    ほっとくんさん [入浴日:  -  /  - ]

    総合評価 44.0点

    お湯

    0 - 点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    ここへは幾度か来ていますが、今回の訪問は平日の午後6時少し前の到着。
    車の扉を開けるとふわっと。例の匂い。この匂いをかぐとごんぎつねの湯に来たなぁと思います。

    愛知県では名の通った温泉ですが、館内はここのクチコミにあるようにかなり狭いです。
    ただ、平日でしたので混雑感はなかったです。

    サウナから。定員5名となっていますが、実際は4人でもかなりきつめ。
    温度計表示88~92℃で体感的には温め。テレビ付きですが座る位置に対して90度の位置に有りまた上の方に有るので座るとかなり見難い。12分計あり。
    水風呂は2人程度。冷ため。

    内湯内は浴槽は1つだけ。温泉ではなく白湯です。
    洗い場はカランが10。シャワーも2つありますが、洗い場より離れていてサウナの目の前にあるのでどちらかというとサウナの汗流しかかけ湯の代用みたいなものか。

    露天は温泉。打たせ湯、歩行湯、寝湯含む大きな風呂、洞窟風呂(ただし大きい風呂と続いていますが)の4つ(それらは循環浴槽)
    その他、岩の上から温泉が滝のように流れ落ちている源泉かけ流し風呂が1つ。
    合計5つの浴槽があります。

    さて滝壺のようになっているその源泉かけ流し浴槽ですが、この浴槽に関しては再使用無しの源泉掛け流しです。ただし、県の規制で殺菌剤は入れているそうです。(係の方にもはっきりと確認しました。)

    源泉が60℃近くあり、加水無し、無加温で浴槽に流れていて、経過をおくことで冷ますやり方をとっているので源泉かけ流し浴槽はやはり高温です。一般的な感覚からすると激熱と言ってもいいかも。
    露天にいた人が係りの方に熱すぎて入ることができないと文句を言っていましたが、その時点で係りの方が計ったら44.3℃。加水はないので、あとは流れ出てくる湯量を絞るしかないのですが、絞ってしばらく計った時点では43.8℃。(女性の方は男性の方より源泉かけ流し浴槽は温度低くくなっているようで、通常43.5℃程度だそうです。)
    夏場では湯温もさらに高かったりするかもしれません。それ以上に、夏場のごんぎつねの湯は火照った体をうまく冷ませることが出来なかったりする方のが辛い。
    でも、冬では火照りは露天で休んでいるとさっと引きますしね。
    自分はガツンと熱い湯に入るのも好きなので全然問題ないですし、冬はこの程度の温度の湯もまたいいなぁと思っています。1回当たり5分以上浸かって、寒風で冷まし、また湯に浸かり。トロトロになりますよ。
    冬場ではこの熱めの湯が私には最高でした。

    湯はもう塩味そのもの。相当しょっぱい。匂いははっきりとしたゴム臭、強め。
    愛知県では高張性の温泉が少ないですが、ここが愛知の中では最も濃い温泉だと思います(たぶん)。
    通いやすい所の中ではトップクラスの高張性ということで自分の中では高得点となりました。

    ナトリウム泉はポカポカ感の持続という点でも夏より冬の方がいいですし、汗をかきやすい夏より冬の方がナトリウム泉独特のべたつき感もあまり感じにくく。
    高温の湯につかるということで夏場は茹だり易いので、ここのお勧めは冬です。冬での高温湯の湯浴みの気持ちよさを率直に評価し、星の数は冬の訪問を対象にさせていただきました。(たぶん夏の季節だと星2~3つぐらい。)

    露天には丸太のイスが6つと長椅子が1つ有り。
    (続く)

279件中 1件~10件を表示

前へ  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  次へ


  • 温泉ソムリエになって温泉を10倍楽しみませんか
  • 船井総合研究所温浴チーム
  • ofr48
  • 浴場市場

TOPへもどる