本文へジャンプします。

有名温泉地から日帰り温泉、露天風呂、秘湯まで温泉口コミ&クーポンが充実

お得なクーポン特集はこちら!

★施設投票

×

エラーが発生しました。 しばらく経ってから再度お試しください。

閉じる

牛乳500ml一気飲み

牛乳500ml一気飲み さん

平均44.4点 / 8件

ニフパスのテンプレ投稿に配慮したのかゲスト投稿復活wグランプリをやれば自分の店、ランキングをやれば船井の提携先みたいな、ステマサイト一直線ですな(笑)。

性別男性 年齢 指定なし 住まい大阪
HP指定なし
ブログ指定なし

8件中 1件~8件を表示

前へ  1  次へ

並び順

口コミ最新投稿順 |

口コミ点数の高い順

  • 寧ろ、好印象。

    投稿日:2009年8月14日

    寧ろ、好印象。草山温泉 大谷にしき荘感想

    牛乳500ml一気飲みさん [入浴日: 2009年7月12日 / 2時間以内]

    総合評価 44.0点

    お湯

    44.0点

    施設

    44.0点

    サービス

    33.0点

    飲食

    33.0点

    丹波篠山エリアで人気と言えば、3セク温泉の「ぬくもり○郷」が圧倒的なのかなと思いますけど、求めるものにも寄るでしょうけど、休日なんかは、内容はともかく人気故に「そこらのスー銭の様に」なってるとか、静かにのんびりと温泉を楽しみたいとするならば、ちょっとしんどいのかなと・・。

    同じエリアの中、もう少し京都との県境に近い所に「草山温泉郷」と銘うつ施設に、2ヶ所の立ち寄り温泉があり、ひとつは、「オムライス」が有名なミニ健康ランド「観音湯」と、こちら規模の小さな国民宿舎の様な温泉宿「大谷にしき荘」となります。

    日帰りの入浴も受け入れており、入浴料は「大人500円」です、普通の宿泊以外にも「湯治利用を想定した」コテージなんかも設けられる様です。

    受付を済ませ、奥の浴舎に進むのですけど、途中に「いのしし」の剥製が「ドーン」と飾られておりまして、こちらは「ボタン鍋」が名物なのだそうです。

    さて風呂場の方ですが、聞く所によると、女風呂の方は、多少小振りの様ですが、窓際に大きめに湯船が配されただけで、サウナの類いもない「じっくり浸かって頂戴ね」的なシンプルな構成で、手入れもしっかりとしてあり、気持ちよく楽しむ事が出来ます。

    温泉は「ナトリウム-塩化物泉」強塩泉で、舐めると「塩っぱい」です、浴感にはさほどの特徴は感じられませんでした、掛け流しでは無いのですけど、空いてる事も手伝ってか、湯の状態は良かったと思え、湯の花も舞っております。

    湯加減は「熱くも温くもなく」なんですけど、とても良く暖まる温泉でございまして、「水風呂」があれば、もっと良いのにと感じました。

    日曜の午後の入浴でしたが、一時間以上貸切状態で楽しませて貰いましたが、大きな風呂場を、ひとりでどっぷりと楽しむ何よりの贅沢かと・・、ボタン鍋のシーズンでなければ、ちょっとした「穴場」になってるのかなと感じました。

    休日に、あそこの駐車場が一杯で途方に暮れた時のピンチヒッターとしては、充分すぎる温泉かなと思います「観音湯」は、私的に、微妙ですけど、こちらには、また来たいとおもいました。

  • お手軽な秘湯。

    投稿日:2009年5月31日

    お手軽な秘湯。須賀谷温泉(すがたにおんせん)

    牛乳500ml一気飲みさん [入浴日:  -  /  - ]

    総合評価 44.0点

    お湯

    0 - 点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    琵琶湖周辺の温泉施設で、勿論、私的に「碌な目にあった事がない」それは「凡百のスー銭何某の類」しか行った経験がないだけの話であると思っておりました、名前くらいは、知っていたこちら「今度こそ頼むよ」の願いを込めて訪れて見ました。

    場所は、滋賀県長浜市、北陸道長浜ICからR365を北方向へしばらく進むと、案内看板が出ております、山間にある鄙びたホテルで、日帰り入浴は「大人千円」脱衣所のロッカーを使用するときは「保証金5百円」で、帰るときに鍵を戻せば返して貰えます。

    さて、風呂場の方ですが、所謂「ホテルの大浴場」でございますが、規模はそんなに大きなものではないと感じました、内湯には、多少湯加減の違うらしい、湯船がふたつと露天があります、常連さんと少しお話させて貰いましたが、湯加減に「休日シフト」的なものがあるようで、訪れた時は、どの浴槽も41くらいだったと思います。

    温泉の方は「ヒドロ炭酸鉄泉」という「単純泉」のグループに入る温泉の様ですが、確かに薄い茶色かかった色をしています、露天の湯船には、掃除が大変そうな感じで「湯の華」が舞っております、浴感は、「ややつるぬる」温泉を少し舐めましたが無味、懸案の匂いの方は・・・「おっ!と思わず声が出てしまいました」雰囲気的に「金気臭」かなと思っておりましたが、モールとか硫化水素とか、そっちに近く、薄いですが、良い香りが致します。

    内湯の右側の湯船に「秘湯」という札が掲げてあり「秘湯」の定義とやらは、良く解りませんけど、なんとも「微笑ましい」感じが致しました。

    「県内初」と謳う、一応「かけ流し」、さほどザバザバに湯船に温泉が注がれてる訳でもなく「加温とごみ取りの循環でオーバーフローした湯は、湯船に戻さず流す」と行った具合なのかなと感じましたが、使ってるかもですが、滋賀で初めて「奴」に邪魔されず、温泉を楽しむ事が出来ました、私には充分な質かなと感じました。

    脱衣所、浴室内とも、設備はそっけないものですが、さすが「宿ぶろ」手入れは充分にやってる様で、気持ちよく温泉を楽しむ事が出来たかなと。

    日曜の昼前に着いて、風呂場は「ガラ空き」でございましたが、2時間ほど粘って、上がり際に「団体様」がご到着、もしあれにぶつかってたら、評価は変わったかもしれません。

    この界隈、他にも良い所があるかもしれない、また訪れたいと思います。

  • 温泉好きになって良かった。

    投稿日:2009年5月18日

    温泉好きになって良かった。夏山温泉もみじや

    牛乳500ml一気飲みさん [入浴日:  -  /  - ]

    総合評価 55.0点

    お湯

    0 - 点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    「nifty温泉を頼りに」と言えるほど、入泉数をこなしてきたわけではありませんが、確かに、私レベルでも、勿論、趣向的に、私見的にだが「へっ?何が?どこが?あなた店の人ちゃうか?でも文章的には良く書けてておもろいネ、逆に☆5つ」みたいなのが塩素臭の様に、時折、臭ったりしますけど。

    自分の趣向に合うクチコミをよくよく読ませて頂いて「ここは、鉄板やろぉ」と思って訪れた温泉は、想像を超える凄い温泉であることが多い、こちらも、そんな凄い温泉さんかと感じました「何かとnifty温泉は、使いよう」でございますね。

    場所は、紀伊勝浦より、少し西になりますでしょうか、R42を海側に入っていった所にあります一軒宿です。

    ひっそりと佇む、とても年季の入った感じの旅館でございます、立ち寄り湯は、午後3時から、入浴料は「大人300円」です。

    風呂場に進みますと、ほんと3~4人で一杯になりそうな、可愛らしいサイズの風呂場でございますが、浴槽には、清明な温泉が、ザバザバと掛け流されており、排水口の辺りでは、風呂桶がゆらゆらと泳いでおります、R42を挟んで反対側にある「ゆり山」の温泉と良くにております、私はどちらかというと、まだまだ「温泉修行中」ですが「良い温泉さえあれば、他は別に」と思うタイプですが、とても落ち着く、凄い温泉と感じました。

    紀伊勝浦の温泉、いつか泊まりで来たいと思いますが、どこに泊まるべきか迷う、私的に、未だハズレなしの温泉地だと思います。

  • 浦島丸に乗って。

    投稿日:2009年5月17日

    浦島丸に乗って。ホテル浦島

    牛乳500ml一気飲みさん [入浴日:  -  /  - ]

    総合評価 55.0点

    お湯

    0 - 点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    前回、勝浦を訪れた時は、今思えば、漁港の朝市で「マグロ丼」を食べただけで、通り過ぎてしまっていた、つくづく勿体無い事をしていたもんだと反省、こんなすごい所、寄らなかったなんて・・。

    場所は、いわずもがな「紀伊勝浦」車で訪れた時の段取りは、まず、有料の町営駐車場もあるが、一番ホテルに近い場所に位置する、桟橋にある無料駐車場の止めて、ホテルの案内所の前にある桟橋からホテルへの玄関まで運んでくれるボート「浦島丸」に乗って行きます。

    館内に進むと、日帰り専用のフロントがあり、受付を済ますと、簡単な説明と手ぬぐいを貸してくれます。日帰り入浴「大人 千円」です。

    岬のひとつに、本館やら山上館やらが点在しており、とても大きな規模のホテルの様、館内には、様々な趣向をこらした、浴場が、何箇所だろ?、全部をじっくり楽しむには、1日の日帰りでは、巡りきれないのではと感じました。

    日曜の昼前からの入浴でしたが、風呂場の整備や諸々で、利用できる、浴室を確認しながら、館内を巡って行きます、まずはって、いきなり「帰るのを忘れるほど」と言われる名物ひとつ「忘帰洞」から、浸かって行きましたが、私でも名前は聞いたことあるのですが、どんなもんだろうと、期待半分でしたが・・・。

    「出来る事なら、帰る事を忘れてしまいたい」と感じた、すばらしい浴室でございました、洞穴を利用した、なんとも豪快な風呂場、温泉もいい状態で湯船に張ってくれております、湯は白く濁っており、硫化水素?硫黄?とても良い匂いが致します。

    一番海に近い浴槽に浸かりますと、眼前には、岩に打ち付ける波、その波音が、洞穴の岩に反射するのでしょうか、頭の後ろから「ドドーン!」て、もう動けません、気持ち良すぎて・・。

    今日は、久々の紀伊勝浦、ほかにも、何軒か行きたい温泉もあったですが、すっかりここで、粘りこんで仕舞いました、今回、館内のほかの浴室は、2つしか浸かりませんでしたが、この「忘帰洞」だけでも、入浴料の元が取れた気が致しました。

    今度来る時は、多少帰るのを忘れても大丈夫なくらいの時間をかけて、じっくり楽しめたら良いなと思います。

  • 幕湯の券で、普通湯へ。

    投稿日:2009年4月6日

    幕湯の券で、普通湯へ。真賀温泉館

    牛乳500ml一気飲みさん [入浴日:  -  /  - ]

    総合評価 0 - 点

    お湯

    0 - 点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    郷録温泉から、R313を南下、こちらにも立ち寄りました、この辺りの温泉は「温泉が湧き出しているところに湯処が存在している事」が多いそうです、道中の「足温泉(たるおんせん)」も「旭川」沿いにありましたが、最近出来たのかな、温泉館がとても新しかったので、経験上パス、違う違う!次の機会の楽しみに取っておこうと思っております。

    湯原の辺りからでも、そんなに時間は掛からなかったと思います、場所は、同じ「真庭市仲間」という所にあります、国道沿いの駐車スペースは、一杯でしたので、河原に設けられた駐車場を利用しました。

    なんやえらいど派手でハイセンスな「歓迎」のゲートをくぐり、石段を上がって行くと、温泉館があります、ここも、なんとも趣きの良い雰囲気でございます、中に進みますと、直ぐ券売機があります、私は、何の気なしに「幕湯」の券を買ってしまっておりました「大人250円」、結果的に、何の気なしに、浸かっていたのは「普通湯」だったよう、こちらは「大人150円」です。

    よく見れば良い物をって「温泉道の鍛錬」のひとつとして「混浴」を経験するのも、不可欠な修行かと思いますが、良い機会だったのに惜しい事をしたと思います。

    さて「普通湯」の風呂場の方ですが、そんなに広い施設ではありませんが、浴室郡が、2階立ての構造になっており、受付のある2階部分は、それぞれの浴室が、仕切りを挟んで下でつながっており、大きい湯船を幾つかに仕切った構造になっているとの事、その中にあって「幕湯」は、湧出している所に近いか、何か、真賀温泉館で一番良い湯を楽しめるとか、

    「普通湯の男湯は、その隣になる様、しかしながら、もちろん「普通湯」でも、こんな良い湯で「普通」かいなと思えるほど、良い温泉が、ちゃんと掛け流されております、駆け足で、ここまで浸かってきましたので、ここで、じっくりと温泉を楽しませて頂きました。

    館内図を見ますと、階下には、数箇所、家族風呂がある様です。

    150円では、ジュースしか飲めない、どこぞの街中とかにある「理屈の帳尻だけを合わせた、掛け流し」とは、まったくもって「別物」である事ぐらいは、私ごときでも「解るつもり」でございます。

    「☆5つ」を入れる所ですが、またの機会に、一押しの「幕湯」を体験してからにしようと思います。

  • 至極の30分

    投稿日:2009年4月5日

    至極の30分郷緑温泉 郷緑館(ごうろくおんせん ごうろくかん)

    牛乳500ml一気飲みさん [入浴日:  -  /  - ]

    総合評価 55.0点

    お湯

    0 - 点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    初めての「湯原温泉郷」に挑戦となりますが「西の横綱」と称される「ダムの下の開放露天」から攻めるのが常套と思われますが、色々と調べて、迷った挙句あえてパス、こちらから、巡らせて頂こうと思います。

    場所は、岡山県真庭市湯原町、米子道湯原ICから、県道55号を西へ、長閑な山間を、しばらく進むと見えて参ります「鉄山川」沿いの近くに佇む一軒宿です。

    施設下の駐車場に停めて、石段を上がると玄関です、中に進みますと、宿の玄関周りは、最近改修されたのでしょうか、とても、感じの良い雰囲気でございます。

    「こんにちは」と入って行きますと、奥から「女将さん」でしょうか、出てこられまして「初めての旨」を伝えますと、温泉の入り方なりの説明をしてくださいます、入浴料は「30分貸切で大人一人500円」です。

    さて、風呂場の方ですが「貸切風呂」と言う事で「可愛い家族風呂」のような、広さを想像しておりましたが、そそくさ脱衣を済ませ浴場に入りますと、なかなか広い、カランは2ヶ所ですが、7・8人は、楽に入れそうな立派なものです、そこを貸切で堪能できるのは、夢の様な話やなと思いましたが、以前は「混浴」だったとの事、今は、諸般の事情で、貸切のスタイルを取っている様です。

    入浴時間が、一組30分という事で、急いで身体を流して、たっぷりとした、湯量の源泉浴槽に浸かろうとしてる最中に、女将さんの注意を思い出しまして「うぉっ!」とバランスを崩して溺れそうになりました、

    浴槽の床面が、岩の割れ目の様になっており、そこから「極上の温泉」が滾々と湧き出しているのでございます。36度前後の源泉と隣の加温浴槽で「至極の交互浴」塗れる事が「貸切」で出来るのでございます、時間が経つのが一際はやく感じる事となりました。

    温泉の方は「アル単」ですが、僅かに硫黄の様な、とても良い温泉の芳香が致します、以前にとある方から「ここらあたりの、単純泉、虜になるよ」とご指導を頂戴しておりましたが、「やさしく包み込まれる様な浴感も相まって、所詮「俄かレベルの温泉好き」の私ごときに、この気持ち良さの虜になりえない術は、あるわけもなく、ただひたすら「足元湧出の極上温泉」に魅了されておりました。

    初めての「湯原温泉卿」は、ここで良かったと思いました、私の「温泉好き」のレベルは、間違いなく上がったと感じました。

    私的に「泊まって、この温泉を堪能したなら、☆はいくつあっても足りない」と感じました。

  • ひとにやさしく。

    投稿日:2009年2月1日

    ひとにやさしく。ハイジの家(旧 あすかの郷)

    牛乳500ml一気飲みさん [入浴日:  -  /  - ]

    総合評価 44.0点

    お湯

    0 - 点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    大阪北部で、私の趣向的に、いい湯を張ってくれている温泉施設は、言わずもがな「山空海温泉」かと思いますが「ブログ」のネタ用にと訪れた帰り「近所に確か・・」と思い、あまり期待せずに立ち寄って見ました。

    場所は、大阪府能勢町「アートレイクゴルフ倶楽部」の少し南側「山空海」からは、ほぼ一本道で10分も掛からない距離にあります、施設は「高齢者住宅」という「マンションと病院」の合いの子の様な立派な外観です「お爺ちゃん、お婆ちゃんに、元気な顔を見せて上げてぇ~」的な乗りかな?老人ホームの大浴場を一般客にも、開放してくれている施設です、入浴料は「大人600円」です、完全予約制の「岩盤浴」もあります、別料金です。

    受付を済ませ、風呂場のある、2階へ進みます「脱衣所」には、「小振り」の棚と籠しかございませんので「貴重品」は、手前の整骨院の所に、小さい鍵つきロッカーが、用意されております。

    施設の性格上かな?「男湯の脱衣所の入り口の扉は、暖簾が掛けてありますが、開けたままで固定されております」。

    さて、風呂場の方ですが、昼1時過ぎに到着しましたが、私が「一番乗り」だった様で、誰も居ませんでした、そんなに大きい浴室ではないと感じましたが、さすがにきっちりと手入れされており、大変、清清しい感じが致しました。

    温泉の方は「止々呂美温泉」という、箕面の山の中の町の名前が付いた、温泉が循環ですが張られており「源泉100%ぉ」と壁に明示されております。

    私が入った時も、毎日張り替えるのかな?「温泉の状態が良かった」様で「山空海」の後なのに「奴」の臭いに、テンションを下げられる事もなく、かといって、肌触りはそれっぽい「特徴の薄いタイプのアル単温泉」で、テンションが上がる程でもありませんでしたが、小一時間、貸切状態でございましたので、そこそこ楽しませて貰いました、湯加減は41~2位だったと思います。

    風呂上りに、湯冷ましがてら「無料の豪華マッサージチェアー」を体験致しました、私は、どちらかと言うと「人の肩を凝らす、ちょっと困った人」かと思うので、あれですけど、気持ち良かったです。

    風呂場への通路の途中に、ここにお住まいの方の「娯楽室」が、ございまして、中の様子が見えるのですが、皆様、良い顔をしていらっしゃて、逆に元気を頂戴して帰る事になりました。

    温泉施設としては、運び湯の循環温泉故、湯の状態は「あたり・はずれ」があると思われますが、基本的に「爺ちゃん・婆ちゃん」がのんびり過ごす為の施設ですので、利用するには、その辺を認識して訪れる必要があるかなと思います。

  • 北陸旅行の頼れる味方。

    投稿日:2009年1月20日

    北陸旅行の頼れる味方。みんなのサウナ サンパリオ【閉館しました】

    牛乳500ml一気飲みさん [入浴日:  -  /  - ]

    総合評価 44.0点

    お湯

    0 - 点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    昨年の秋に敢行した、北陸旅行の際、2晩も夜露を凌がせてもらった、思い出深いと言うより、金沢に行く度にお世話になるであろう「小規模な健康ランド的なサウナ」さんです。私の中では「影のMVP」の様な存在です。

    場所は、金沢市東力、北陸道金沢西から「西インター通り」を金沢市内方向へ、10分も掛からなかったと思います。24時間営業のため、利用する時間帯に寄って、料金が変わりますが、1晩ここで過ごした場合は「大人2,100円」HPに割引クーポンがありますので、活用すると、さらにお得かと。

    さて、風呂場の方ですが、「サウナ」とい施設を、私あんまり知らないのですが、風呂場は、結構広々しており、サウナも奥に2ヶ所あったと思います、湯船のお湯は、全て「白湯」のようですが、湯量がたっぷりしており、「奴」の臭いもあまりせず、快適に入浴が出来ます。

    気をつけて頂きたい所は、館内移動でございましょうか、2階が男湯、3階に食堂の類いで、それより上が「女性専用スペース」になっており、女性の方が、1階から、階段で移動致しますと2階を通る時に「余計なモノ」を見てしまうかもしれませんので、エレベータでの移動をお薦め致します。

    お子様連れや、やはり人気がある施設の方がとなると、「テ○メ」方がそれっぽくて、良いのかなと感じますが、おとなだけで、夜露が凌げればというなら、また、私の様な「貧乏旅行」のベースキャンプとしては、もちろん「仮眠室」も用意されており「必要にして充分過ぎる」施設かと、頼れる味方でございます。

8件中 1件~8件を表示

前へ  1  次へ


  • 温泉ソムリエになって温泉を10倍楽しみませんか
  • 船井総合研究所温浴チーム
  • ofr48
  • 浴場市場

TOPへもどる