本文へジャンプします。

有名温泉地から日帰り温泉、露天風呂、秘湯まで温泉口コミ&クーポンが充実

【共通ヘッダ】会員登録訴求(PC)

★施設投票

×

エラーが発生しました。 しばらく経ってから再度お試しください。

閉じる

源泉王子

源泉王子 さん

平均43.8点 / 198件

ドライブが高じて日帰り温泉を巡り、某温泉と出会ってからは源泉かけ流しに魅力を感じています。好きな泉質は単純硫黄泉、アルカリ性単純泉、重炭酸土類泉、他に湯の花や析出物、飲泉、共同湯に興味があります。

性別男性 年齢 指定なし 住まい長野
HP指定なし
ブログ指定なし

198件中 31件~40件を表示

前へ  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  次へ

並び順

口コミ最新投稿順 |

口コミ点数の高い順

  • 大町のリゾートホテル

    投稿日:2011年11月23日

    大町のリゾートホテルくろよんロイヤルホテル感想

    源泉王子さん [入浴日: 2011年11月23日 / 2時間以内]

    総合評価 44.0点

    お湯

    44.0点

    施設

    44.0点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

     大町温泉郷からしばらく奥に進んだところにある。日向山別荘地という森の中にあって、看板や標識など目立つようなものはない。あまりに静かに立っているリゾートホテルで少し驚く。敷地内に入って左側に日帰り入浴専用の出入り口があるので、初めて行く場合はそちらへ向かったほうが良い。
     温泉は内湯が2つ、露天が1つで、全て掛け流しで利用されている。使用されている源泉は、葛温泉とホテル敷地内の源泉の混合泉で、無色透明、無臭の単純泉。葛温泉に見られるような特徴は消えているが、透き通った湯が常時オーバーフローされており、気持ちよく入浴を楽しめた。
     内湯の大きなガラスから外が眺められるのも気に入った。このホテル独自の源泉も、何らかの形で触れられたらいいのに、と思う。大浴槽と露天は40度くらい、桧風呂は37度くらいのぬる湯に設定されている。
     林の中にあるこじんまりとした露天からは、四季折々の景色が楽しめるだろう。小さいけれども、決して狭くは感じない設計になっている。料金は700円と高いが、リーガホテルグループだけあって、従業員も親切、備品も充実しているし、穴場的存在で静かにくつろげるのが良い。大町温泉郷の中ではおすすめの施設である。

  • 家族風呂で湯を堪能

    投稿日:2011年11月13日

    家族風呂で湯を堪能みやこ旅館感想

    源泉王子さん [入浴日: 2011年11月4日 / 1泊]

    総合評価 44.0点

    お湯

    44.0点

    施設

    44.0点

    サービス

    33.0点

    飲食

    33.0点

     久々に温泉地に泊まりに出かけた。鹿教湯は保養地だけあって街中は静か。客もお年寄りが多く、観光地的な華やかさは無い。
     みやこ旅館は鹿教湯では料金的に高い宿だと思うが、今回は温泉だけ楽しめれば満足、ということで、本館の低料金プランにした。日帰り入浴は受け付けていない。ここに決めた理由はHPで見た家族風呂に入りたかったから。やはり良質の湯には個人でゆっくり浸かりたい。
     「南角」と「熊倉」の2種類があり、いつでも掛け流しで利用できる。畳敷きの「南角」が素晴らしい。中は段差がなく移動しやすく、また畳敷きで足元が冷えず、脱衣所も含め、1つの部屋のように利用できる贅沢さ。湯も新鮮さが残っており、小さな湯の花が浮いていた。湯は少し熱め、手触りが柔らかい。
     外には混浴の露天がある。やはり掛け流しだが、外気のためか少しぬるく感じた。女性でも入りやすいよう、バスタオルが用意されていた。内湯は循環湯ではっきりとした塩素臭がある。掛け流しの家族風呂とは随分落差を感じた。
     館内には読書スペース&飲泉所もあって何度も通った。温泉付きの部屋もあるらしい。
     食事は朝夕とも部屋出し、食事量は料金に見合うもので適量、松茸入りの茶碗蒸しが美味しかった。

  • お年寄りが中心

    投稿日:2011年10月31日

    お年寄りが中心多世代健康交流プラザつるの湯感想

    源泉王子さん [入浴日: 2011年10月30日 / 2時間以内]

    総合評価 44.0点

    お湯

    44.0点

    施設

    33.0点

    サービス

    33.0点

    飲食

    0 - 点

    施設は新しく、保養センターとして高齢者に優しい作りになっている。お年寄りの利用が多いが、親子連れなどもいる。料金は一般250円と安い。その代わりシャンプーなどの備品は何も無く、ドライヤーは使うのに20円かかる。
     館内はバリアフリーで休憩所も充実。浴室は硫黄の臭いが立ちこめており他の外湯と雰囲気が似ている。中は内湯が1つあるだけの簡素なもの。仕切りがあり、湯口に近い方が熱めになっていた。浅い浴槽で浸かりやすい。湯は上山田の混合泉、完全な掛け流しである。
     湯の色はタイルの色と近く、はっきりしないが薄緑っぽい。成分掲示には無色透明とあった。
     上山田の外湯には、地域柄、時々恐そうな人(背中に絵があるとか…)も入っているが、ここはまず来ないだろう。皆安心して入浴している、客の会話も和んでいる。
     ちなみに今回「つるの湯」に入浴できたことで戸倉上山田の外湯を全て制覇できた。旅館の日帰り入浴にも興味があるが、ほとんど受け付けていないのが残念。

  • 展望露天から眺める雷光、雪おこし

    投稿日:2011年10月25日

    展望露天から眺める雷光、雪おこし渋温泉 御宿 炭乃湯感想

    源泉王子さん [入浴日: 2010年12月22日 / 1泊]

    総合評価 44.0点

    お湯

    44.0点

    施設

    44.0点

    サービス

    33.0点

    飲食

    55.0点

     渋温泉の上の方にある宿、近くには5番湯「松の湯」、6番湯「目洗の湯」がある。玄関は新しく、明るく雰囲気で安心する。部屋数は12と少ないが、運悪く団体客と鉢合わせてしまった。
    夜は外湯めぐりを楽しむ。
     風呂は最上階に内湯と露天があり、露天からの眺望はなかなか良い。混雑を避けて朝風呂を楽しんだが、遠くに雷が光り、その後、夜更けとともに雪が降り始めた光景は何とも幻想的(「雪おこし」の雷だったらしい)。
     料理は旬のものを取り入れた信濃会席膳、ワンランク上のプランで注文したが、値段以上のもので満足、質、量ともに期待以上だった。
     伝統建築の宿が多い渋温泉だが、ここは比較的新しく鉄筋立てで、値段も程々、万人に勧められる宿である。チェックインが13時と早いのもうれしい。

  • 時代の置きざり感が…

    投稿日:2011年10月2日

    時代の置きざり感が…蓼科グリーンバレー 蓼科パークホテル感想

    源泉王子さん [入浴日: 2011年9月18日 / 2時間以内]

    総合評価 22.0点

    お湯

    33.0点

    施設

    22.0点

    サービス

    33.0点

    飲食

    0 - 点

    温泉は緑と茶色を混ぜたような濁り湯、この地域に見られる色である。源泉は鉱泉で投入も少ないため加温で循環されていた。内湯は少し熱めで長く入っていられない。何でこんなに熱くするのだろう。大きな窓が売りだが、湯気で曇ってしまってあまり見えない。洗い場の排水溝からは不快な臭いがする、掃除は大丈夫だろうか?
     露天は4人くらいが入れる小さな浴槽、「夕映えの湯」と名づけられている。こちらは適温で静かに寛げる。景色はそれほど見えないが木々の間から乾いた風が吹き込んで気持ちがいい。
     バブルを思わせる大きな建物だがその割りに客は少ない。(蓼科のリゾート地全体に言えることだが…)日帰り入浴を歓迎しているのがうれしいが、800円は高い気がする。

  • 温泉らしさはないが

    投稿日:2011年9月27日

    温泉らしさはないが湯川温泉河童の湯感想

    源泉王子さん [入浴日: 2011年9月24日 / 2時間以内]

    総合評価 33.0点

    お湯

    22.0点

    施設

    33.0点

    サービス

    33.0点

    飲食

    0 - 点

    蓼科の温泉がどこも込んでおり、温泉手形が断られたりして、結局入ったのがこの河童の湯。蓼科のリゾート地から少し離れたところにあり、近くに民家や神社があって地元民向け。道が分かりにくく、国道からも遠く感じる。
     内湯と露天があるが、温泉にはこれといって特徴はなく、循環加水の湯。浴室内はそんなに広くないが、西日が入り、明るいのが良い。

  • 山の斜面に4つの露天

    投稿日:2011年9月18日

    山の斜面に4つの露天小斉の湯感想

    源泉王子さん [入浴日: 2011年9月18日 / 2時間以内]

    総合評価 44.0点

    お湯

    44.0点

    施設

    44.0点

    サービス

    33.0点

    飲食

    0 - 点

    着いたところ、日帰り入浴ののぼりが立っておりどんな日でも歓迎してくれる。入口は宿泊用と日帰り用に分かれていて、どちらも古く普通の民家のような入口、でもそれが安心する。庶民派の温泉らしい感じがいい。
     中は内湯と露天に分かれている。山の斜面に沿って露天が4つもあるのがすごい。いずれも小さく4~5人用。屋根の付いた渡り廊下と階段を上っていく階層式になっており、この日は下から混浴露天、男性露天、貸切露天、女性露天となっていた。これだけ見れば人気のある温泉宿のようであるが、気取った演出は何も無い。商売気もないから目立たないのだろう。
     混浴露天と男性露天に入ったが、「見晴らしの湯」と言われる男性露天からの景色は素晴らしい。遠くに蓼科湖のボートが見え、また木々の間から吹く乾いた風が心地よい。湯は全て掛け流されているが、酸性泉らしさはよく分からず…。
     蓼科方面への温泉は初めてだが、こんな面白いところがあるとは知らなかった。リゾート地の異色の存在である。

  • 星野リゾートで温泉を楽しむ

    投稿日:2011年9月17日

    星野リゾートで温泉を楽しむ星野温泉 トンボの湯感想

    源泉王子さん [入浴日: 2011年9月9日 / 2時間以内]

    総合評価 44.0点

    お湯

    44.0点

    施設

    55.0点

    サービス

    44.0点

    飲食

    0 - 点

     星野リゾートの奥に立つトンボの湯。いきなりモダンなエントランスにびっくり。料金は1200円と高いが、あたりの自然環境とホスピタリティの高い施設で快適さを味わえる。
     湯の使い方にもこだわっており、源泉掛け流しで満足。この地域に多い泉質で、ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物泉、湧出量は毎分400リットルと豊富。露天には茶色の細かな浮遊物が多数浮いていたが、これは湯の花だろう。内湯露天ともに湯があふれている。露天は岩と森に囲まれて開放的な庭のよう、脇に湯が流れて池のようになっているのも面白い。浴槽に段が作られており半身浴でゆっくり楽しめる。
     多少混雑していたがこの広さなら問題ない。浸かるのもよし、上がって涼むのもよし、隣にはサウナもある、皆思い思いに過ごしていた。いろいろな過ごし方ができるよう設計も工夫されている。
     自然とゆっくり時間を過ごしたくなる施設。今度はクーポンを持って訪れたい。

  • 合掌村の中にある

    投稿日:2011年8月21日

    合掌村の中にある合掌の足湯感想

    源泉王子さん [入浴日: 2011年3月7日 / 2時間以内]

    総合評価 33.0点

    お湯

    33.0点

    施設

    33.0点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    合掌村の散策の途中に丁度良い。
     下呂温泉には足湯がかなり多く、観光スポットと足湯というようにセットになっておりいい試みだと思う。合掌村そのものは地味なスポット、入場料800円はちょっと高いような…。

  • 下呂温泉を代表する温泉宿

    投稿日:2011年8月21日

    下呂温泉を代表する温泉宿湯之島館感想

    源泉王子さん [入浴日: 2011年3月6日 / 1泊]

    総合評価 55.0点

    お湯

    55.0点

    施設

    55.0点

    サービス

    55.0点

    飲食

    55.0点

     下呂温泉は日本三名泉でありながら、掛け流しの湯を楽しめる宿が少ない。その中でも湯之島館は掛け流しを楽しめる貴重な宿である。
     歴史情緒漂う木造3階建ての重厚なつくりは、高台に位置する下呂温泉のシンボル的存在。2010年に国登録有形文化財に登録されている。少し値が張るが、下呂温泉に泊まるなら、まずは湯之島館と決めていた。
     日帰り入浴も受け入れているが、大浴場と露天風呂しか利用できず(しかも短時間)、肝心の源泉掛け流しの「家族風呂」は利用できない。この宿の良さは宿泊利用にあり、日帰り利用で評価できるのはほんの一部である。

     本館、別館、景山荘と棟が分かれているが、今回は景山荘に泊まった。景山荘の全客室には半露天の浴室がついており、いつでも温泉を楽しむことができる。
     浴場は大浴場、露天風呂、4つの家族風呂、足湯があり、これだけでも温泉のテーマパークのようであるが、特筆すべきは4つの家族風呂。ステンドグラス、アールデコ装飾を取り入れた洋館に用意されており、4部屋それぞれデザインが異なっておりわくわくする。「玉之井泉」「銀嶺泉」「不老泉」「七宝泉」と名付けられており、空いていれば自由に利用できる。脱衣所には調度品やアメニティーが備えられており快適。いずれも小さな浴槽で源泉掛け流しの極上の湯が楽しめる。やや熱めだが加工されていない下呂温泉の湯を満喫。やはり大浴場の湯とは湯の鮮度が明らかに違い、かなりつるつるしている。湯之島館の中で一番気に入った。
     
     この宿は敷地が五万坪と広く純和風、洋館、現代的な景山荘と棟ごとつながっているが、昭和初期の「和と洋」、「モダンとクラシカル」が味わえる洗練された内装を持っている。特に家族風呂を含むクラシカルな洋館の造りは、レトロで全てが美しくこの宿の魅力に彩を添えている。「山の足湯」、卓球室、クラブ、サンルームもこの洋館にある。
     本館の魅力などまだまだ語りつくせないが、その他、料理、接客も申し分ない。広い館内を巡るスタンプラリーも面白かった。 下呂温泉を代表する正統派の温泉宿、温泉ファンに自信を持っておすすめできる宿である。(写真は家族風呂「不老泉」)

198件中 31件~40件を表示

前へ  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  次へ


  • 温泉ソムリエになって温泉を10倍楽しみませんか
  • 船井総合研究所温浴チーム
  • ofr48
  • 浴場市場

TOPへもどる