本文へジャンプします。

有名温泉地から日帰り温泉、露天風呂、秘湯まで温泉口コミ&クーポンが充実

【共通ヘッダ】会員登録訴求(PC)

★施設投票

×

エラーが発生しました。 しばらく経ってから再度お試しください。

閉じる

源泉王子

源泉王子 さん

平均43.8点 / 198件

ドライブが高じて日帰り温泉を巡り、某温泉と出会ってからは源泉かけ流しに魅力を感じています。好きな泉質は単純硫黄泉、アルカリ性単純泉、重炭酸土類泉、他に湯の花や析出物、飲泉、共同湯に興味があります。

性別男性 年齢 指定なし 住まい長野
HP指定なし
ブログ指定なし

198件中 1件~10件を表示

前へ  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  次へ

並び順

口コミ最新投稿順 |

口コミ点数の高い順

  • 半身浴でもガツン系

    投稿日:2014年4月28日

    半身浴でもガツン系来馬温泉 風吹荘感想

    源泉王子さん [入浴日: 2014年4月25日 / 1泊]

    総合評価 55.0点

    お湯

    55.0点

    施設

    44.0点

    サービス

    44.0点

    飲食

    55.0点

    浴室の扉を開けた瞬間、鉄と硫黄の何ともいえない匂いを感じ、期待が高まる。浴槽の淵からは湯があふれ続け、茶色の析出物が形成されている。成分も濃いのだろう。湯口からは大量の湯が注がれていた。
     湯はやや熱めだったため、半身浴で体を慣らそうと2,3分浸かったが、この時点で既にかなりの発汗!このまま全身浴で入り続けていたら、のぼせていたかもしれない。
     浴槽から出たり入ったりを繰り返した。久しぶりに「参った!」と思わせる浴感。まともに入っていると相当な疲労感が出るので、入浴後に車の運転をする場合は注意が必要かも。
     湯が生きているというのはこういうことなのか、入浴中もはっきりと体の変化が感じられる。熱すぎず、心臓に負担がかからないのも良い。
     こういう湯は名湯が多い。湯上り後も、ガツンとジーンと浸透してくる。
     また湯口から離れていても、肌には多くの泡がつき、生きている湯を実感した。(これだけの気泡は、長野県内では泡の湯、有乳湯以来である)
     色は小谷村の温泉によく見られる笹濁り、臭いははっきりとした鉄と硫黄の臭い、視覚や嗅覚、浴感でも温泉らしさを感じられる素晴らしい湯である。
     素朴な施設だが、この山奥にあって十分な施設である。食事も一品一品手がこんでおり、満足であった。

  • 温泉はもちろん、肴が絶品

    投稿日:2013年9月15日

    温泉はもちろん、肴が絶品富士乃湯感想

    源泉王子さん [入浴日: 2013年9月15日 / 1泊]

    総合評価 55.0点

    お湯

    55.0点

    施設

    33.0点

    サービス

    44.0点

    飲食

    55.0点

    浅間温泉の小さな和風旅館、個人客が中心の落ち着いた宿である。

     もう何回か泊まっているが、ここの宿の料理は忘れられない。リピーターが多いのも頷ける。夕食のクオリティーは本当に素晴らしい!地元産の素材を使ったものが中心で、何をとっても味わいが深く、また前菜は酒の肴として絶品。日本酒の品揃えが豊富なことから、酒好きには最高のひとときとなるだろう。また朝食も含めて、食器類が美品、コーヒーカップなども一人ひとり全て異なっており驚いた。とにかく食事に関しては相当な自信がうかがえる。
     温泉は源泉かけ流しの貸切風呂「富士」が自慢。畳敷きの浴室とレトロな雰囲気がいい。小さな子がいても、高齢者でも安心して利用できる。少し熱めだが、湯の花が浮いたり、微かに硫黄臭が残ったり、そこは源泉ならでは。他に男女別の内湯もあるが、貸切風呂の方が明らかにパフォーマンスが高い。
     部屋は半露天付きの部屋に当たるとラッキー。ここでも浅間温泉の源泉を思う存分味わえる。

     某サイトでプレミアムな宿として紹介されていたが、評判通りの佳宿である。地元の学生と思われる仲井さんの対応も自然体で和んだ。

     唯一、館内やや階段が多いのが難、足腰に不安がある方は一階の部屋をリクエストすると良いでしょう。

  • 初夏の晴れた日に

    投稿日:2013年6月22日

    初夏の晴れた日に小梨の湯 笹屋感想

    源泉王子さん [入浴日: 2013年6月16日 / 2時間以内]

    総合評価 55.0点

    お湯

    55.0点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    ここを訪れるなら初夏の晴れた日がいい。
     何といっても半露天の内湯を包む清涼感のある空気、新緑の白樺林から通り抜ける爽やかな風、そして白い析出物に覆われた湯船に静かに身を沈めれば、この上ない最高の癒し。初めて訪れた時、浴室の佇まいの美しさに思わず感嘆の声を挙げたが、何年か経って訪れた今回も同じだった。(浴室に入ったときだろうか、隣の女湯から歓声が聞こえてきた。やっぱりみんな同じ気持ちなのだろう)
     ロケーション、泉質、接客、どれをとっても素晴らしい。疲れたらまたここに来たい。

  • 観光客と…

    投稿日:2012年11月2日

    観光客と…野沢温泉共同浴場 河原湯感想

    源泉王子さん [入浴日: 2012年10月8日 / 2時間以内]

    総合評価 55.0点

    お湯

    55.0点

    施設

    55.0点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

     大湯から少し下ったところにある。メイン通りから外れるため人気は少ない。
     朝風呂に訪れたが、誰もおらず、こんこんと湯が注がれている。湯口の「熱湯注意」の通り、激熱。水で埋めるのは最終手段として何回もかけ湯をして入浴を試みていたが…しばらくすると、1人の観光客が来て、「暑くて入れないから、もう水で埋めましょう~」となり、あっけなく水注入。
     おかげで入浴と会話ができたが、後で地元民が訪れ、やはりぬるかったようで湯口に体をつけて、早々に出て行った。ちょっと申し訳ない気がした。湯は河原湯源泉、深い緑色で細かい湯の花が見られた。浴室内の造りは湯小屋の佇まいで落ち着きがあるが、その湯の熱さから、まるで修行、道場のような雰囲気さえ感じた。

  • 野沢温泉・再訪

    投稿日:2012年10月21日

    野沢温泉・再訪野沢温泉共同浴場 新田の湯感想

    源泉王子さん [入浴日: 2012年10月7日 / 2時間以内]

    総合評価 55.0点

    お湯

    55.0点

    施設

    55.0点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    5年ぶりの野沢温泉。ぶらぶら歩いて気ままに外湯探し。地図を見て歩いたが、見つけるまでに結構時間がかかった…それだけ周囲にとけ込んでいる外観。中は4,5人が入れる湯船があり、また大きな窓から日が差し込み、浴室内を明るくさせている。
     湯は初め熱く感じたが、何人も入っていたせいか、かけ湯を入念にすれば入れる程度だった。
     野沢温泉の外湯にしては、珍しく浴室と脱衣所が分かれており、スペースにも余裕があった。浴槽に腰掛けできる段差があるのもうれしい。外湯の中では比較的新しく感じた。

  • 白馬の野趣あふれる湯

    投稿日:2012年10月14日

    白馬の野趣あふれる湯おびなたの湯感想

    源泉王子さん [入浴日: 2012年10月6日 / 2時間以内]

    総合評価 55.0点

    お湯

    55.0点

    施設

    55.0点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

     白馬岳へ向かう麓にあるが、容易にたどり着ける。
     午前中で客も少なかったせいか、ph11.2の強アルカリ性の新鮮な湯を感じることができた。 ヌルヌル感が強く、また硫化水素臭も弱く残っていた。カランの湯も温泉だったことに感動。森の中の冷涼な空気を感じながら、野天湯のような雰囲気。夏を過ぎればアブも消え、蚊帳無しで快適に入浴できる。(蚊帳つきだったら4点だったと思う。) 春、秋がおすすめ。簡素だが、シャンプー、ドライヤーなどの備品が揃っているのもありがたい。
     八方温泉の中では一番アルカリ泉らしい感触で気に入った。
     外に飲泉所があり、よく見ると、水で5倍に希釈せよ、との注意書きが…びっくり。

  • ノボりの先には…!

    投稿日:2012年10月13日

    ノボりの先には…!湯原温泉 猫鼻の湯感想

    源泉王子さん [入浴日: 2012年10月6日 / 2時間以内]

    総合評価 55.0点

    お湯

    55.0点

    施設

    55.0点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

     国道沿いのノボリにつられ、坂を下りて行くと現れる、仮設風の温泉小屋、猫鼻の湯。近づいていくと、話好きなおじさんがあれこれ紹介してくれて楽しい。
     風呂は姫川を望む広めの露天と、温泉小屋の反対側にある小さめの露天の2ヶ所。500円で両方入れる。
     広めの露天(屋根付き)は前に遮るものが何もなく、姫川沿いの素晴らしい景色を望むことができる。源泉と冷水が自由に出せるようになっており、適温で入浴できるのがいい。湯は茶色に濁り、手ですくうとはっきりとした金気臭。飲泉すると炭酸も含まれており、鉄分と混ざって不味いのだが、これも楽しい体験。泉質はナトリウム・マグネシウム・カルシウム-炭酸水素塩・塩化物泉、源泉は54度。
     他に樽風呂、一人用のポリバスもある。前に訪れた時よりも施設が増えていた。
     温泉小屋の反対には片側を森で覆われた簡素な露天がある。浴槽にテントの屋根がかぶせてある手作り感がいい(写真)。湯温は高く、十分にかけ湯をしないと入れない。たぶん源泉そのまま。今回は夫婦で貸切にさせてもらった。
     姫川沿いの自然の中で、全てが手作り感にあふれ、人もあったかい猫鼻の湯。温泉ファンに愛される新しいスポットになるだろう。冬季は閉鎖される。
     

  • 白馬大仏を見上げて

    投稿日:2012年7月8日

    白馬大仏を見上げてホテル國富 翠泉閣(くにとみ すいせんかく)感想

    源泉王子さん [入浴日: 2012年6月10日 / 2時間以内]

    総合評価 55.0点

    お湯

    55.0点

    施設

    44.0点

    サービス

    55.0点

    飲食

    0 - 点

     姫川温泉は温泉の質は高いものの、寂れた宿や廃業宿が多く(ちょっとゴースト)、入っていくのに躊躇してしまうが、このホテル國富は誰にでもおすすめできる宿である。立地も他の宿と離れている。
     今回は日帰り入浴で利用したが、どんな客にでも愛想よく対応してくれた。
     温泉は湯量豊富、内湯は比較的大きな浴槽だが、きれいにかけ流されている。色は透明な深緑、平湯温泉の「神の湯」を思い出した。匂いは鉄臭、手触りはやわらかく、新鮮な浴感がした。
     あがり湯が用意されているが、これがまた年季が入っており、趣がある。
     宿泊だと3つの貸切露天風呂も利用できるらしく興味がわく。
     長野と新潟の県境に位置し、交通の便も良いほうではないが、こんな温泉であれば、「来た甲斐があった」と感じる。ぜひ宿泊してみたい宿である。

  • 鹿教湯の路地裏にひっそり

    投稿日:2011年12月30日

    鹿教湯の路地裏にひっそり鹿教湯温泉 高梨共同浴場感想

    源泉王子さん [入浴日: 2011年11月5日 / 2時間以内]

    総合評価 55.0点

    お湯

    55.0点

    施設

    44.0点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

     ジモ専系共同湯に興味がある人におすすめ。地図を見ながら探して行くと、奥のほうにひっそりとたたずんでいる。何の看板もないので、ここの写真をよく覚えて行った。探すのも面白い。
     鍵などはなく、利用時間内であればいつでも利用できる。無人であることが多いが、旅行客は料金200円を料金箱に入れて入浴させてもらう。素朴な共同湯なので、シャンプーなどの備品類はない。
     湯は清廉透明で、やや熱め。5、6人が入れる浴槽に静かに湯が掛け流されている。水色のタイルの浴室が美しい。他の施設の湯より熱く、長湯はできない。
     しばらく浸かっていると、体に気泡が付いていく。劣化していない湯であろう、鹿教湯温泉の質の高さを体験できた。県内では気泡が付く温泉は数少なく、自分の体験では白骨温泉の泡の湯と田沢温泉の有乳湯に次いで3回目。
     地元の人が「熱いけどいい湯だよ」と声をかけてくれた。いつまでも残ってほしい共同湯である。

  • 下呂温泉を代表する温泉宿

    投稿日:2011年8月21日

    下呂温泉を代表する温泉宿湯之島館感想

    源泉王子さん [入浴日: 2011年3月6日 / 1泊]

    総合評価 55.0点

    お湯

    55.0点

    施設

    55.0点

    サービス

    55.0点

    飲食

    55.0点

     下呂温泉は日本三名泉でありながら、掛け流しの湯を楽しめる宿が少ない。その中でも湯之島館は掛け流しを楽しめる貴重な宿である。
     歴史情緒漂う木造3階建ての重厚なつくりは、高台に位置する下呂温泉のシンボル的存在。2010年に国登録有形文化財に登録されている。少し値が張るが、下呂温泉に泊まるなら、まずは湯之島館と決めていた。
     日帰り入浴も受け入れているが、大浴場と露天風呂しか利用できず(しかも短時間)、肝心の源泉掛け流しの「家族風呂」は利用できない。この宿の良さは宿泊利用にあり、日帰り利用で評価できるのはほんの一部である。

     本館、別館、景山荘と棟が分かれているが、今回は景山荘に泊まった。景山荘の全客室には半露天の浴室がついており、いつでも温泉を楽しむことができる。
     浴場は大浴場、露天風呂、4つの家族風呂、足湯があり、これだけでも温泉のテーマパークのようであるが、特筆すべきは4つの家族風呂。ステンドグラス、アールデコ装飾を取り入れた洋館に用意されており、4部屋それぞれデザインが異なっておりわくわくする。「玉之井泉」「銀嶺泉」「不老泉」「七宝泉」と名付けられており、空いていれば自由に利用できる。脱衣所には調度品やアメニティーが備えられており快適。いずれも小さな浴槽で源泉掛け流しの極上の湯が楽しめる。やや熱めだが加工されていない下呂温泉の湯を満喫。やはり大浴場の湯とは湯の鮮度が明らかに違い、かなりつるつるしている。湯之島館の中で一番気に入った。
     
     この宿は敷地が五万坪と広く純和風、洋館、現代的な景山荘と棟ごとつながっているが、昭和初期の「和と洋」、「モダンとクラシカル」が味わえる洗練された内装を持っている。特に家族風呂を含むクラシカルな洋館の造りは、レトロで全てが美しくこの宿の魅力に彩を添えている。「山の足湯」、卓球室、クラブ、サンルームもこの洋館にある。
     本館の魅力などまだまだ語りつくせないが、その他、料理、接客も申し分ない。広い館内を巡るスタンプラリーも面白かった。 下呂温泉を代表する正統派の温泉宿、温泉ファンに自信を持っておすすめできる宿である。(写真は家族風呂「不老泉」)

198件中 1件~10件を表示

前へ  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  次へ


  • 温泉ソムリエになって温泉を10倍楽しみませんか
  • 船井総合研究所温浴チーム
  • ofr48
  • 浴場市場

TOPへもどる