本文へジャンプします。

有名温泉地から日帰り温泉、露天風呂、秘湯まで温泉口コミ&クーポンが充実

おふろdeマスク販売中!

★投票

×

エラーが発生しました。 しばらく経ってから再度お試しください。

閉じる

オンセンホリデー

オンセンホリデー さん

平均44.0点 / 114件

年に数回温泉旅行に行く他、仕事の休みの日も日帰りで近場の温泉巡りを楽しんでます。
温泉に求めるのは“癒し”。
写真は、鹿児島の栗野岳温泉で、戯れに泥湯で泥パックした時のものです。

性別男性 年齢 58歳 住まい大阪
HP指定なし
ブログ指定なし

114件中 31件~40件を表示

前へ  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  次へ

並び順

口コミ最新投稿順 |

口コミ点数の高い順

  • 早朝の至福感

    投稿日:2007年3月24日

    早朝の至福感地獄温泉清風荘

    オンセンホリデーさん [入浴日:  -  /  - ]

    総合評価 55.0点

    お湯

    0 - 点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    新館に泊まりましたが、部屋は一人には十分過ぎるほどの間がありました。
    浴衣に下駄履きで敷地内の色々な風呂を楽しめますが、特筆すべきはやはり“すずめの湯”でしょう。混浴で、着替え室から左手が熱めの湯、右手がぬるめの湯で、それぞれが木の枠でいくつにも区切られています。底の泥は利用者が持ってかえる為か薄く、泥というよりは砂利のような触れ心地なんですが、底からプクプクと音をたてて温泉が湧いてきてます。ただ人気の湯なので人が多く、私はそれを避けて周りがまだ暗い早朝に浸かりに行きました。
    それでも地元の方とおぼしき中年の夫婦が一組、一つの枠の中で小声で何やら話しておられたんですが、目を閉じて、聞き取れないもののどうやら幸せそうなボソボソとした小声と、プクプクと湧いてきている温泉の音を耳にしていると、周囲の清澄な空気とあいまって、こちらもじんわりとした至福感に包まれてきました。
    湯治で長期滞在しておられる方も多いようですが、今まで見たこともない湯治の一大拠点というような風情で、うん、良かったです。

  • 恍惚の温冷交互浴

    投稿日:2007年3月24日

    恍惚の温冷交互浴霧島湯之谷山荘

    オンセンホリデーさん [入浴日:  -  /  - ]

    総合評価 55.0点

    お湯

    0 - 点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    ここを訪ねたのは去年の四月。鹿児島空港でレンタカーを借り、霧島神宮、硫黄谷温泉と廻った後、雨模様の空の下、周りは深く霧が立ち込めてきて視界がきかず、怖さを感じながらも「さすが霧島、霧が濃いわぃ」と独りオヤジギャグをごちながら向かったのが当日の宿であるここ。
    部屋は四畳半ほどで、備品は必要最小限のものしかないものの清潔、食事も簡素なものでしたけど、それらがかえって湯治場の風情を感じさせます。
    肝心の風呂ですが、主浴場は木造の内湯。夕方まではパラパラと地元の方なんかが来ていたんですが、夕食後は独占状態。主浴槽は硫黄泉で熱め。その横には小ぶりな炭酸泉の浴槽があるんですが、入ると白い湯の花が渦巻き、火照った体に心地いい。もう、何遍も交互に浸かり、時に木の枕で体を横たえたりで精神は恍惚状態へ。
    ほんと、堪りませんでした。

  • 豪快!!!

    投稿日:2007年3月24日

    豪快!!!硫黄谷温泉霧島ホテル(いおうだにおんせん)

    オンセンホリデーさん [入浴日:  -  /  - ]

    総合評価 55.0点

    お湯

    0 - 点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    私が血気盛んだった頃に読んだ「龍馬がゆく」のなかで、坂本龍馬が新婚旅行(日本人のハネムーンのはしりでもあったそうです)で滞在した件があった記憶をもとに立ち寄りました。小説の中では山間の鄙びた湯治場というふうに描かれていたと思うのですが、それが今や、豪華なホテルの大浴場に生まれ変わっていました。
    50メートルプールのような大浴場の真ん中からは湯が天井めがけて噴き出しており、また、何本もの筒からも湯が湯船に注がれており、そのさまは豪快の一語。私が行った時には利用者も数名のみだったので、その開放感に思わず潜ったり泳いだり…。大浴場の周りにも違う源泉の湯船が幾つもあって、いやぁ、堪りませんでした。

  • 清張の部屋

    投稿日:2014年1月16日

    清張の部屋ホテルゑびすや感想

    オンセンホリデーさん [入浴日: 2014年1月15日 / 1泊]

    総合評価 44.0点

    お湯

    44.0点

    施設

    55.0点

    サービス

    55.0点

    飲食

    55.0点

    大正レトロ感を味わいたく、大正館に泊まってきました。
    着いてまず向かったのが、貸しきりのごんすけの湯。こちら、加温なしの源泉の湯船でしたが、時期的にぬるくて風呂から上がると寒気も感じたので、後で入った大浴場の方が加温されていてあたたまることが出来、有り難く感じました。
    夕食は生、焼き、鍋、最後が雑炊でのカニづくし。いやぁ~、おいしくて腹一杯になり満足でした。
    この日の大正館の泊まりは我々だけだったのですが、連れ合いは早々と寝てしまったので、残された私は一人清張の部屋で何の気兼ねもなくこころゆくまで読書を楽しむことが出来、これはこれで貴重な時が過ごせました。
    うん、そこかしこにステンドグラスの施された大正館、静謐な時が流れていて良かったです。
    (写真は清張の部屋です)

  • 赤茶色の湯

    投稿日:2013年11月6日

    赤茶色の湯沢牟田温泉感想

    オンセンホリデーさん [入浴日: 2013年10月23日 / 2時間以内]

    総合評価 44.0点

    お湯

    44.0点

    施設

    44.0点

    サービス

    44.0点

    飲食

    0 - 点

    温泉マニアのサイトやブログ等で、赤い湯ともオレンジ色の湯とも形容されている沢牟田(ゾンタ)温泉。そのお湯、いかほどのものかと興味がわき、行ってきました。
    う~ん、私的には、赤茶色に見えましたね。訪れたのは昼過ぎで私の他は誰もいなく、しばらく浸かっていると、地元の方がお見えになりましたが、ここは小林市の町中に位置するので、気楽に銭湯に立ち寄ったって感じでしたね。
    その方が言うには、鉄分が過剰なのでこんな色になっている、とのこと。湯船は熱いのとやや熱いのとがありましたが、やや熱い方でも十分温まりました。
    うん、もちろん、湯上りに使ったタオルは見事に赤茶色に変色しましたよ。

  • 独特な湯の味

    投稿日:2013年11月4日

    独特な湯の味丸新荘感想

    オンセンホリデーさん [入浴日: 2013年10月25日 / 1泊]

    総合評価 44.0点

    お湯

    55.0点

    施設

    44.0点

    サービス

    44.0点

    飲食

    44.0点

    ここの宿泊の予約の際、大漁伊勢海老祭りというのをやっている旨ホームページにあったので頼んだのですが、一人での宿泊では対応できないと言われ、やむなく夕食は普通食に。それでも、夕食は海の幸中心で旨かったです。
    部屋も清潔。風呂は内湯も露天も熱めの湯がかけ流されています。舐めてみると塩味の中にゴムのような臭いが混じった独特なものでした。ただ、浴場の広さはホームページで見た印象とは違って狭いなぁと思いました。

  • テイエム

    投稿日:2013年11月4日

    テイエムテイエム牧場温泉感想

    オンセンホリデーさん [入浴日: 2013年10月25日 / 2時間以内]

    総合評価 44.0点

    お湯

    44.0点

    施設

    33.0点

    サービス

    44.0点

    飲食

    0 - 点

    ここは、競走馬のテイエムの冠名で知られる竹園正継氏の運営する温泉で、私は競馬好きなこともあって前から入浴したいと思っていました。
    この日は浴槽の半分は湯が抜かれ、その分、湯のない方の湯船で析出物の堆積がよくわかりました。まるで鍾乳洞のようでスゴイ。湯はぬるめでしたので、いくらでも長湯が出来ます。海が目の前だから波の音も良く聞こえ、のんびりとできます。
    ただ、施設がちょっとプアーな感じなのがね…。

  • 竹の湯

    投稿日:2013年11月4日

    竹の湯栗野岳温泉 南洲館感想

    オンセンホリデーさん [入浴日: 2013年10月24日 / 2時間以内]

    総合評価 44.0点

    お湯

    44.0点

    施設

    55.0点

    サービス

    44.0点

    飲食

    0 - 点

    7年ぶりの再訪で以前は泊まりましたが、今回は立ち寄りで竹の湯のみにしました。
    昼過ぎの訪問で一人きりでしたので気兼ねなく過ごせましたが、湯船の底の泥が少なく期待はずれの感がありました。泥が少なかったのは」季節的なものなんでしょうかねぇ。
    ここも出た後もなかなか汗が引かず、しばしの休憩の後、ゴボゴボ温泉が噴き出ている裏山の山道を散策しました。
    写真は岩の集まっている所で温泉の湯気が湧き出ているさまですが、岩が真っ黒なのがスゴイ!

  • 吉田温泉のなかでは一番

    投稿日:2013年11月4日

    吉田温泉のなかでは一番亀の湯温泉感想

    オンセンホリデーさん [入浴日: 2013年10月23日 / 2時間以内]

    総合評価 44.0点

    お湯

    55.0点

    施設

    33.0点

    サービス

    33.0点

    飲食

    0 - 点

    旅館伊藤に泊まった翌朝、6時に朝一番で入浴しました。ここも鹿の湯も入浴料は旅館のチェックアウト時に精算できるようになっています。
    湯船の中には湯の花がチラチラとみえ、湯の状態は吉田温泉のなかでは一番いいと感じました。ここも鹿の湯も長方形の湯船は三分の一ほどのところで区切られていて、どちらも狭い方は浅くて寝湯をするようにできていますが、湯船の端に頭をのせて、朝のんびりと気持ちのいい入浴を楽しめました。

  • 竹の筒

    投稿日:2013年11月4日

    竹の筒吉田温泉 鹿の湯感想

    オンセンホリデーさん [入浴日: 2013年10月22日 / 2時間以内]

    総合評価 44.0点

    お湯

    44.0点

    施設

    22.0点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    せっかく三つしか温泉のない吉田温泉に来たんだから、他もみてやろうと、旅館伊藤で夕食を頂いた後、入浴しました。
    ここの湯は熱かったです。湯の投入口にしている半分に切った竹の筒が雰囲気があって気に入りました。飲泉用のコップもありました。
    最初私一人が入っていると、一人二人と地元の方々が入ってこられました。地域に根付いた風呂場なのでしょう。ただ、入り口の番台付近が荒廃しているさまはいただけません。しっかり掃除をしていただかないと、今日日の都会人は寄りつきませんぞぉ~。

114件中 31件~40件を表示

前へ  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  次へ


  • 温泉ソムリエになって温泉を10倍楽しみませんか
  • 船井総合研究所温浴チーム
  • ofr48
  • 浴場市場

TOPへもどる