本文へジャンプします。

有名温泉地から日帰り温泉、露天風呂、秘湯まで温泉口コミ&クーポンが充実

人気温泉スタンプラリー

★施設投票

×

エラーが発生しました。 しばらく経ってから再度お試しください。

閉じる

たけぞう

たけぞう さん

平均43.8点 / 752件

最近は、山がメインとなってしまっています。
『たけぞうの温泉ブログ』が主な活動拠点でありますが、
また@nifty温泉に顔を出したいと思いつつ・・
そのためには、温泉の新規開拓あるのみです。

性別男性 年齢 47歳 住まい静岡
HP指定なし
ブログhttp://tatakezou.cocolog-nifty.com/

752件中 21件~30件を表示

前へ  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  次へ

並び順

口コミ最新投稿順 |

口コミ点数の高い順

  • 2源泉。

    投稿日:2010年9月28日

    2源泉。休暇村乳頭温泉郷感想

    たけぞうさん [入浴日: 2010年8月24日 / 2時間以内]

    総合評価 44.0点

    お湯

    55.0点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    乳頭の大型施設 休暇村 乳頭温泉郷
    2つの源泉を有している。休暇村 乳頭温泉郷
    乳頭の湯:重曹泉、田沢の湯:硫黄泉である。
    はしご湯にて硫黄泉の連戦だったためか、
    乳頭の湯が特に輝きを放っていたような気がした。
    アブラ臭チックであり、優しさ感が際立っていた。
    疲れた体にもってこいのいい湯でした。
    浴場の趣は、いたって普通。各源泉が注がれ内湯と露天で形成されている。
    自然系なアウトドア感はありませんが、入湯のしやすさを求める方にはお薦めです。
    それにしても、乳頭の湯良かった。癖になりますよ。
    (2010年8月24日)

  • 熱い。

    投稿日:2010年9月28日

    熱い。孫六温泉感想

    たけぞうさん [入浴日: 2010年8月24日 / 2時間以内]

    総合評価 33.0点

    お湯

    44.0点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    橋を渡って孫六温泉
    駐車場より、徒歩で小道を下ると分岐点があり右が黒湯で左に行けば孫六である。
    橋を渡った先にある。
    早速、浴場に向かった。
    ここの印象は、とにかく熱い湯って感じです。あっさり感ある硫黄泉。
    はじご湯の最中では、かなりこたえる湯でした。
    唐子の湯、シンプル感ある共同湯チックな1辺壁付き3方向入湯型の浴槽。
    掛け湯で十分馴染ませ、根性勝負で入湯しました。
    石の湯は、半地下状態で大きな石の横に浴槽があり、その先に露天風呂がある。
    さらにその先に打たせ湯。唐子の湯で体力消耗したため、ほぼ見学状態でした。
    湯めぐり帖利用の際は、体力のあるうちに訪れた方が良さそうです。
    熱さが際立つ感ありますが、実力派な施設であると思った。
    (2010年8月24日)

  • 一貫。

    投稿日:2010年9月28日

    一貫。黒湯温泉感想

    たけぞうさん [入浴日: 2010年8月24日 / 2時間以内]

    総合評価 55.0点

    お湯

    44.0点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    変わらぬままで黒湯温泉
    ここは、間違いなかった。
    完璧な設備を求める方は不向き。
    駐車場より、徒歩で小道を下ると分岐点があり左に行けば孫六で右に行けば黒湯である。
    硫黄臭と共に湯があふれ出る光景と黒で統一感のある建物が登場する。
    早速、ここでの最大の楽しみ屋根のある混浴露天風呂をめざした。
    いきなり登場と思いきや、
    脱衣場、内湯、打たせ湯、そして突き出た感あるところにあった。
    素朴な作りだけど、重厚感と潜む歴史を感じでの入湯。
    白濁した硫黄泉と共に満足感この上ない。
    他に、男女別浴場(内湯・露天)、打たせ湯、旅館部・自炊部の建物
    が控え、雰囲気が抜群に良い。
    そこには、整備しつつ湯治場の風景を一貫して守る光景が待ち構えている。
    参りました。
    温泉道に、不便さはつきものなり。
    (2010年8月24日)

  • 包まれ。

    投稿日:2010年9月28日

    包まれ。蟹場温泉感想

    たけぞうさん [入浴日: 2010年9月28日 / 2時間以内]

    総合評価 44.0点

    お湯

    44.0点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    自然に包まれた蟹場温泉
    乳頭温泉郷に入るやいなや、宿泊予定の宿を訪れ、
    はしご湯を1,500円で可能にする湯めぐり帖入手。
    早々にワクワク感をもって、宿から100m弱離れた所を訪れました。
    自然に包まれた混浴露天風呂(唐子の湯)です。
    幸運にも貸切状態でした。
    脱衣所をセンターにして広がる浴場。
    周りを取り囲む自然、森。
    ほのかに香る硫黄でやさしさ感ある湯。
    自然と湯のダブルでの包まれ感が最高でした。
    他に内風呂は、木風呂・岩風呂を兼ね備える。
    満足感はかなりのものでした。
    早速、乳頭温泉郷のレベルの高さを垣間見た。
    (2010年8月24日)

  • 超神秘。

    投稿日:2010年9月25日

    超神秘。国見温泉石塚旅館感想

    たけぞうさん [入浴日: 2010年8月24日 / 2時間以内]

    総合評価 55.0点

    お湯

    55.0点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    色に魅せられて石塚旅館
    国見温泉ワールドをついに体感してきました。
    アクセスは、難所なく問題なし。国道からそれて整備済みの山道を進む。
    無難に到着。
    浴場は、長方形な混浴露天風呂・見事に美しい曲線を有す小浴場
    扇形な内風呂薬師湯から成る。
    それぞれの浴槽にて、
    ご対面と同時に楽しさが沸点に達しました。
    待ったなしで、鮮やかなる緑が迎えてくれました。
    色で楽しめ、温感熱め、硫黄泉で若干変な匂い
    これぞ、国見温泉なのですね。
    そこには、温泉の超神秘を感じると共に
    まるで山の一部と化した浴槽・緑の世界が待ち構えている。
    参りました。
    従業員の方に持っているタオル見てごらんと言われ・・、
    灰色に染まっていました。なんで。
    (2010年8月24日)

  • 刺激。

    投稿日:2010年9月25日

    刺激。新玉川温泉感想

    たけぞうさん [入浴日: 2010年8月23日 / 2時間以内]

    総合評価 55.0点

    お湯

    55.0点

    施設

    33.0点

    サービス

    33.0点

    飲食

    33.0点

    大自然の息吹が薫る 新玉川温泉
    玉川温泉を堪能しようとこのエリアで宿泊する計画としました。
    チェックイン後、早々に玉川温泉まで、徒歩にて行きました。
    その後、この施設にてゆっくりと過ごしました。
    サービス及び食事は、ごく普通なような気がしました。
    食事は、バイキングでカロリーを考えてか、あっさりしたものが中心でした。
    部屋が湯治目的の利用が多いためか、ゆったりとスペースが確保されていました。
    お待ちかねの大浴場。100%50%源泉、蒸し浴、歩行浴、蒸気浴、打たせ湯、頭浸浴他
    かなりのバリエーション豊富でした。ほぼ玉川温泉と同じです。
    50%から100%源泉へ、
    とにかく濃い、半端ない酸味、ピリピリ加減は、想定外で規格外。
    そこには、他の追従を許すことのない最強の酸性泉が待ち構えている。
    参りました。
    正直、刺激が強すぎで何回も入湯とはいきませんでした。
    100%源泉では、虫刺され等皮膚にキズがある箇所は、電気が走るごとくビリビリ感がすごく入湯どころではない状況にすぐ陥りました。
    熱さ(温度)のために入湯不能になることはよくありましたが、
    刺激が強すぎで入湯不能、戦意喪失は初めてでした。
    これぞ、玉川温泉なのですね。きっと・・。
    刺激との戦い完敗でした。
    温泉道は険しい。
    (2010年8月23・24日)

  • 本場。

    投稿日:2010年9月25日

    本場。玉川温泉感想

    たけぞうさん [入浴日: 2010年8月23日 / 2時間以内]

    総合評価 55.0点

    お湯

    55.0点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    想定外で規格外 玉川温泉
    新玉川温泉宿泊(割引き券あり)だったのでチェックインを済ませた後、
    アクセス路より徒歩(10分弱)にて向かいました。
    浴場建物前をそのまま通過し、玉川温泉自然研究路を散策し
    北投石岩盤浴を体験させてもらいました。
    テント内にゴザを引き、ジワジワと温まりました。
    効果のほどは、正直よくわかりませんでした。
    16時半近くで雨が一時降ったことや、17時より清掃時間に入るらしく、
    すんなりと位置取りができたようです。通常は、順番待ちがあるようです。
    いろいろとルールがあるようで、テント内の先にいる方に確認することが大切のようです。
    また、テント外でも岩盤一帯・地熱のあるところなら、岩盤浴ができます。
    本場の北投石岩盤浴ができたことは、貴重な体験で満足感満ち溢れました。
    お待ちかねの大浴場。100%50%源泉、蒸し浴、歩行浴、蒸気浴、打たせ湯、頭浸浴他
    かなりのバリエーション豊富でした。
    浴場の作りは、趣は普通でした。
    50%から100%源泉へ、
    とにかく濃い、半端ない酸味、ピリピリ加減は、想定外で規格外。
    そこには、他の追従を許すことのない最強の酸性泉が待ち構えている。
    参りました。
    (2010年8月23日)

  • レパートリー。

    投稿日:2010年9月25日

    レパートリー。後生掛温泉感想

    たけぞうさん [入浴日: 2010年8月23日 / 2時間以内]

    総合評価 44.0点

    お湯

    44.0点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    馬で来て足駄で帰る 後生掛温泉
    到着後、流れにまかせ後生掛自然研究路を散策しました。
    大湯沼、泥火山を一通り楽しみました。
    温泉気分を高めたまま、施設へと行きました。
    レパートリーが豊富でした。
    泥湯、箱蒸し風呂、打たせ湯、内湯、微妙な露天。
    浴場の作りは、ごく普通でした。
    湯的には、こってり硫黄泉で満足いくものでした。
    大型バス他たくさんの方が訪れ、人気の高さが伺えました。
    (2010年8月23日)

  • 名物。

    投稿日:2010年9月15日

    名物。蔦温泉(つたおんせん)感想

    たけぞうさん [入浴日: 2010年8月22日 / 2時間以内]

    総合評価 44.0点

    お湯

    33.0点

    施設

    33.0点

    サービス

    33.0点

    飲食

    33.0点

    木のぬくもり 蔦温泉旅館
    今回宿泊でお世話になりました。なにげに日本秘湯会初宿泊でした。
    食事、サービス特に問題ありませんでした。
    料金の安い別棟を予約しましたので、館内を結ぶ名物階段(若干急な約70段)を体感でき思い出の1つになりました。予約時には、この階段の説明があり、足腰に不安のある方には不向きであると・・。
    到着後、ぐったり状態でしたが時間制入れ替え制の(男9時~20時)
    久安の湯へ名物階段を通って、入湯しに行きました。
    扉を開けると夕食前であること、立ち寄りの方とが入り混じり、浴場がかなりの混雑感でした。足元湧出ももちろんわからなかった。
    夕食後、前日からの疲れから爆睡してしまい気づいたら朝になっていました。
    意を決し、名物階段を通り次なる浴場<泉響の湯>へ向かいました。
    天井の高さが半端なかったです。
    貸切状態での入湯で湯面が落ち着いていたため、足元湧出状況がわかりました。
    各浴場の雰囲気はかなり満足のいくものでした。
    湯的には、ナトリウム―硫酸塩・炭酸水素塩・塩化物泉と表記がありましたが
    単純泉に感じ、やさしさ感があり疲れた体にもってこいの湯でした。
    疲れからか、浴場含め周辺観察がほとんどできていなかったというのが、本音であります。
    (2010年8月22・23日)

  • 一新。

    投稿日:2010年9月15日

    一新。谷地温泉感想

    たけぞうさん [入浴日: 2010年8月22日 / 2時間以内]

    総合評価 44.0点

    お湯

    44.0点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    日本三秘湯 谷地温泉。
    酸ヶ湯温泉から猿倉温泉を目で追い羨ましげに通過し、
    谷地温泉立ち寄ることにしました。
    再生に定評がある経営者に一新されたのですね。
    いろいろな事情があるとは思いますが、湯にありつけたことに感謝します。

    扉を開けると、浴場が縦長に形成されていました。
    見渡すと、手前に掛け湯エリアがあり、賑わいのある浴槽、だれも入湯していない浴槽が続き一番奥に洗い場があるといった感じでした。

    はじめての方は・・、を読みそれにならって
    ①賑わいのある浴槽=下の湯30分
    ②だれも入湯していない浴槽=上の湯5~10分
    この形が、谷地式らしい。

    ①は、2.5m角くらいの浴槽に7人でイモ洗い寸前の中、お邪魔させてもらいました。
    温感は、ぬるめで硫黄泉、やさしさ感漂い、夏にはもってこいの湯でした。
    年配の方で埋め尽くされ、会話でかなり盛り上がっていました。
    イモ洗い状態ということで、足元湧出はよくわからなかったです。
    20分くらい経ち、ポカポカ感ほどよくなったころ②へ移動しました。
    ②は、貸切状態で入湯可能でした。入湯と同時にピリッとしたような気がしました。
    熱めの白濁したこってり硫黄泉が待ち構えていました。表示42度より体感温度は、
    かなり熱く感じ、とても長湯できませんでした。3分くらいででもういいやって気持ちになりました。
    そんなこんなんで、谷地式を十分堪能することができました。
    満足感はかなりのものでした。
    (2010年8月22日)

752件中 21件~30件を表示

前へ  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  次へ


  • 温泉ソムリエになって温泉を10倍楽しみませんか
  • 船井総合研究所温浴チーム
  • ofr48
  • 浴場市場

TOPへもどる