本文へジャンプします。

有名温泉地から日帰り温泉、露天風呂、秘湯まで温泉口コミ&クーポンが充実

ニフティ温泉ユーザー投票実施中!

★投票

×

エラーが発生しました。 しばらく経ってから再度お試しください。

閉じる

ヒロ&ドン

ヒロ&ドン さん

平均43.8点 / 261件

相変わらず連休の少ない我が家。
運転を交代しながら日帰り湯巡り続行中。

赤毛の愛犬とともに今年も各地に出没予定です。

最近ブログを始めました。
「温泉はいかがかしら」はいかがかしら。

性別指定なし 年齢 46歳 住まい兵庫
HP指定なし
ブログhttp://ameblo.jp/hiroanddon/

261件中 51件~60件を表示

前へ  2 3 4 5 6 7 8 9 10 11  次へ

並び順

口コミ最新投稿順 |

口コミ点数の高い順

  • 公共の施設としては上々。

    投稿日:2008年11月10日

    公共の施設としては上々。ホテル京都エミナース

    ヒロ&ドンさん [入浴日:  -  /  - ]

    総合評価 33.0点

    お湯

    0 - 点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

     いつ頃お邪魔したのでしょうか・・・温泉博士を使用して入浴しました。
    ホテル京都エミナース。別称は「国民年金京都会館」とのことです。
    ブライダル、各種会合、ボウリングやカルチャースクールまで楽しめます。
    このホテルの温泉施設が「竹の郷温泉」でして、ホテルの駐車場を2時間無料で使用できます。

    駐車場から少し歩きまして、温泉施設に到着。
    ロビーも広いですが浴室も広いです。
    二つの源泉を持っていらっしゃるので、浴槽にはどの温泉を使っているかが明記されています。
    内湯も大きな浴槽とアイテムバス、サウナと水風呂もあり水風呂は第2源泉を使用です。
    数あるシャワーの半分は温泉を使用していました。
    露天風呂は岩を使って趣を出していました。
    浴槽から溢れたお湯は排出され、随時新湯が投入されながらも基本的には循環をしている、
    放流・循環併用式です。
    塩素の臭いはします。特に露天風呂はきつかったと思います。
    どちらの源泉も多少のツルツル感を楽しめました。
    温泉シャワーが一番いいお湯だった印象が残っています。
    若干くたびれてきた感じはしますが、ホテルの大浴場としてはよくできた施設だと思いました。

  • ファームとあわせて愉しむのがお薦め。

    投稿日:2008年11月10日

    ファームとあわせて愉しむのがお薦め。野天もくもくの湯

    ヒロ&ドンさん [入浴日:  -  /  - ]

    総合評価 33.0点

    お湯

    0 - 点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

     もくもくファーム内にあるのが、野天もくもくの湯です。
    平日でとても空いていました。広い駐車場にはバス専用のスペースもあるので、
    休日ともなるとお子様も含めて、大変な賑わいなのだろうと推測します。

    800円でタオルとバスタオル付き。
    こちらの温泉施設は造りがユニークです。ファームの他の施設に比べて、和風で雰囲気がなかなか上品です。

    内風呂に1つ、露天部分には3つの浴槽があり、うち1つが「生源泉」使用です。
    岩の階段を登ると旬を月替わりで楽しむ「四季の湯」。この日は林檎でした。
    そしてもう一つ上が「木の葉隠れの湯」です。こちらは源泉をろ過したお湯を使用しているそうです。

    「生源泉」のお風呂ですが、時間によって加温された源泉が入ってきます。
    36.6度の湯温では、これからの季節肌あたりが冷たいからでしょうね。
    お湯はうぐいす色。ナトリウム塩化物泉(低張性・中性・温泉)の、よく温まる泉質です。
    お肌がしっとりとする感じがありました。
    かけ流しではなく、放流・循環併用式だと思います。
    こちらの施設では色んなことが体験できるので、それらで遊んだあと帰りがけにひとッ風呂!
    という楽しみ方がお薦めです。
    お土産が品数豊富でどれもこだわってみえるので、楽しいお買い物ができますよ。
    ソーセージなどは勿論美味しかったですが、濃い豆腐がとても美味しかった。お薦めです!

  • もう少し清潔感を・・・

    投稿日:2008年11月10日

    もう少し清潔感を・・・天然温泉 ロックの湯

    ヒロ&ドンさん [入浴日:  -  /  - ]

    総合評価 33.0点

    お湯

    0 - 点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

     温泉博士を使用しての入浴です。
    子供の頃、近所にあった「健康ランド」のような見た目です。
    ちょいとふるぼけた感じがします。

    内湯にはいくつかのアイテムバス、サウナ、アカスリコーナーもありました。
    そして広い露天風呂。この露天風呂が他の浴槽に比べて少し熱めでした。
    内湯の檜風呂には湯の花を集めるネットが付いていました。
    常連さんによると檜風呂が「上がり湯」であり、そしていつもは「もっと熱い」らしいです。
    アルカリ単純泉でツルツル感もあり、肌あたりは優しくお湯は上々だと思います。
    ただ多くの皆さんがおっしゃるように、老朽化によるものか、清潔感が今ひとつでした。
    浴室の鏡など使い物にならないほど、白い物(おそらくナトリウム成分)が付着していました。カランも同じです。
    これらを見ると、「毎朝湯を抜いて掃除をしている」と明記されていたのですが、
    浴槽の底のヌルヌルは、お湯の成分ですぐそうなってしまうのじゃなくて、
    もしかしたら掃除不足なのかも・・・と疑ってしまいます。
    古い建物でもきちんとお掃除していれば、清潔感を感じることはできるはずです。

    14周年記念で11月30日まで、平日は開店から17時までなんと400円です。
    しかもですね室内着やバスタオルは持参すれば、この400円で30分の岩盤浴もできます。
    とっても利用し易い料金だと思います。

    クチコミを見ますと、競合する施設が近くにあるようですね。
    値段を下げて対抗するのは限界があるかと思います。スタッフ皆さんでお掃除に力を注いだらいかがでしょうか。
    お湯もいいですし、もう少し清潔感があればお客さんが喜ぶと思います。

  • 梅の郷の温泉。

    投稿日:2008年10月28日

    梅の郷の温泉。鶴の湯温泉(つるのゆおんせん)

    ヒロ&ドンさん [入浴日:  -  /  - ]

    総合評価 44.0点

    お湯

    0 - 点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

     みなべのインターを降りて、車はどんどん山の中へと入っていきます。
    周りはさすがに梅畑ばかり。新春の頃はいい香りなのでしょうねぇ。
    鶴の湯さんはまだまだ続く山道の中腹にありました。
    雑誌「自遊人」の温泉パスポートを使用しての入浴です。

    開店直後に伺いましたが、もう既に何人かのお客様がいらっしゃいました。
    内風呂と露天風呂に場所が分かれているので、一旦着替えが必要です。
    加温、塩素消毒あり。でもあまり臭いは感じませんでした。
    内風呂の方が、露天風呂より泡つきがいいように感じました。
    露天風呂から再度内風呂へ移ろうと思い振り返ると、
    「温泉水」と貼られた蛇口が目に入りました。
    「飲用泉は入り口にあります・・・」の但し書きもあったので、塩素が入っているのかもしれませんが、
    蛇口をひねると加温されていない、酸化前の透明で新鮮な源泉が出てきます。
    温度は25度くらいでしょうか。上がり湯はこの蛇口から何度も浴びました。
    できるなら小さくてもいいので加温しない浴槽があれば、交互浴が楽しめて最高だろうなぁと思いましたが、
    それでもとてもよく出来た施設だと思います。

    入浴後は温泉水をいただきました。温泉水の持ち帰りも基本が無料です。
    つぶの大きな梅干を購入させていただいてお暇しました。これが美味しかった^^
    スタッフの方も優しくて、施設も綺麗で、また訪れたい温泉です。

  • 圧倒的な湯量!!

    投稿日:2008年10月28日

    圧倒的な湯量!!志学薬師鶴の湯

    ヒロ&ドンさん [入浴日:  -  /  - ]

    総合評価 55.0点

    お湯

    0 - 点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点


     以前に三瓶温泉に来たときは「さんべ荘」さんしかいただかなかったのですが、
    今回はどうしても入りたかった鶴の湯さんに入ることができました。
    公民館のようないでたちです。隣は観光案内所。中に入ると券売機があります。

    浴室の扉を開けてビックリしました。湯船からはドンドコドンドコお湯が溢れています。
    正面の蛇口からは、大きなバケツの中へお湯が注がれているのです。
    近づいて触れてみると源泉でした。
    近くに手桶があるので、「これで掛け湯をしなさい」ってことですね。
    湯船のお湯は源泉と加温の温泉のブレンドです。
    鉄茶けた三瓶の温泉が絶えることなく注がれ、溢れ出ています。
    あ~~いいです。本当にいい温泉です。
    上がり湯には、もちろんバケツのお湯を何杯も掛けました。
    バケツのお湯は使っても使っても、すぐに一杯になります。
    三瓶温泉の湯量はものすごいです。山のめぐみ、大地のめぐみに感謝です。

  • 御食事は美味しそうでした。

    投稿日:2008年10月28日

    御食事は美味しそうでした。湯迫温泉旅館

    ヒロ&ドンさん [入浴日:  -  /  - ]

    総合評価 33.0点

    お湯

    0 - 点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

     有福温泉をあとにして温泉津温泉に向かい、元湯泉薬湯さんをいただきました。
    温泉津のあとは三瓶温泉に向けて車を走らせたのですが、
    途中目的外の温泉名が目に入り、なんとなく立ち寄ったのがこちらです。
    湯迫温泉旅館は、湯迫温泉の一軒宿です。
    仁摩サンドミュージアムを越えてすぐのところにあります。

    脱衣場、浴室ともにとても綺麗に清掃されておりました。
    決して悪い温泉ではないのですが、循環の悲しさかあまり力を感じない温泉です。
    湧出量が少ないのでしょうか?新湯の投入はあまりないのではないかと感じました。
    循環しない温泉を触ってみたいものです。きっと湯船のお湯とはまったく違うものと思います。
    お手伝いをしているジャージ姿の少年が2人。とてもさわやかでいい笑顔でした。

  • 有福に福あれ!

    投稿日:2008年10月28日

    有福に福あれ!やよい湯

    ヒロ&ドンさん [入浴日:  -  /  - ]

    総合評価 55.0点

    お湯

    0 - 点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

     御前湯さんのあとは「やよい湯」さんにお邪魔しました。
    番台を通るときに、「こちらはお湯がぬるいですがご存知ですか?大丈夫ですか?」と聞かれました。
    御前湯でぬくもってきたことを伝えると微笑んでくださいました。

    階段を降りきったところが脱衣場所です。脱衣場所も狭いけれど浴室も小さいです。
    カランが3つほどでしょうか。いずれもとても清潔。こちらにも透明なお湯がトコトコ注がれていました。
    先客のおねえさんから
    「ここはぬるいから、肩や首(恐らく盆の窪)に源泉を当てるとよくぬくもるよ。汗が出るまでゆっくり温もりなさいね。」
    と入浴方法を教わりました。
    確かに、御前湯さんよりは湯温が低いですが、ぬる湯好きにはいい頃合の湯温です。
    こちらも無色透明。肌触りもよく、さっぱり感が御前湯さんより上に感じました。

    この日、何度町の方に「おはようございます。」と声をかけたでしょうか。
    そして全ての方に「おはよう」とお返事をいただきました。
    声をかけてもいい「ほのぼのとした雰囲気」がこの温泉街にはありました。
    石畳があって、のんびりしていて、都会の喧騒とは無縁の場所。そして、淫靡な感じが一切ない。
    有福温泉は、その透明な名湯と同じでなんだかほのぼのと明るい温泉地でした。
    いつか泊まりで訪れて、下駄をカランコロン鳴らして歩いてみたいです。
    さつき湯さんを、次に来たときの楽しみに残して有福温泉をあとにしました。

  • やかんまん

    投稿日:2008年10月28日

    やかんまん御前湯(ごぜんゆ)

    ヒロ&ドンさん [入浴日:  -  /  - ]

    総合評価 55.0点

    お湯

    0 - 点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

     深夜1時30分に、尼崎の自宅を出発しました。目指すは島根、有福温泉です。

    共同浴場専用の無料駐車場に到着したのが7時30分頃です。
    この駐車場から3つある共同浴場までは、歩いてわずかな距離です。
    目覚めたばかりの温泉街はとても静かで、それでいて明るくてしっとりとした風情でした。

    まずは有福の顔とも言うべき御前湯へ向かいました。
    脱衣所は明るく清潔です。お湯が注がれている音が脱衣所まで聞こえてきました。
    内湯が一つだけ。無色透明のお湯が、浴槽中央の湯口から注がれています。

    このお湯なんだか凄いのです。
    アルカリ性単純温泉。どの地方にもあるごくありふれた泉質だと思うのですが、
    でも・・・肌触り、柔らかさ、極僅かなぬめり、そして湯上りのさらさら感・・・。
    温泉成分が奇跡的な頃合で溶け合っているのでしょうか?
    もしかしたら、まだ解っていない成分があったりして・・・。
    そんなことを考えてしまうほど極上なお湯なのです。

    伺った日は朝方が冷え込んでいて、冷え性の二人は運転疲れもあり、足の指先がとても冷えていました。
    御前湯さんにゆっくりと浸かっていると、とろとろその冷たいものが溶け出して、
    ほかほかに変ってしまったのです。
    羽織っていたカーディガンでは少し肌寒いと思っていた入浴前。
    「いいお湯でした」と声をかけた時には着ていませんでした。

    え~ちなみにくだらない余談・・・
    湯船の中央にある石で出来たま~るい湯口ですが、「アンパンマン」のキャラクター「やかんまん」に似ています。
    取っ手が無い「やかんまん」。
    このやかんまんというキャラは、お湯を注ぐことに情熱を捧げるいい奴なのです。
    湯口にぴったりです(*´ー`*)

  • 浮遊物が・・・

    投稿日:2008年10月12日

    浮遊物が・・・鏡野温泉

    ヒロ&ドンさん [入浴日:  -  /  - ]

    総合評価 22.0点

    お湯

    0 - 点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

     たまわりの湯の後、奥津河鹿園さんに入って、その後こちらにお邪魔しました。
    プレス工場のすぐとなり。広めの駐車場もあります。
    開店時間は昼の3時からです。
    3:30頃到着しましたら、数人のお客さんがもうすでに帰り支度をしてみえました。
    浴室には広めの内湯。最近できたらしい露天風呂もありました。
    アルカリ性の温泉はその特性であるツルツル感を楽しめます・・・。
    が、しかし!循環併用の温泉のはずなのに、お湯が汚い!
    湯の花ではないものが多数。髪の毛も一杯湯船に浮いておりました。
    開店してそんなに時間が経っていないのに・・・機械の故障か・・・?10分程であがりました。
    どれほど「ツルツル」や「ぬるぬる」感を味わえても、汚いお湯には入りたくありません。

  • たまわりの湯。

    投稿日:2008年10月12日

    たまわりの湯。たまわりの湯(旧菩薩の湯)

    ヒロ&ドンさん [入浴日:  -  /  - ]

    総合評価 44.0点

    お湯

    0 - 点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

     こちらの共同浴場は三朝温泉バス亭の目の前にあります。元菩薩の湯さんです。
    フードコーナーもありまして、近くのOLさんがお昼を召し上がってみえました。
    NPOが経営するお土産屋さんもありました。

    とても綺麗な脱衣所です。ただ、鍵のかかるロッカーは100円で、しかもリターン式ではありません。
    扉のない棚は無料ですが、貴重品は各自で管理が必要です。

    湯船は丸い形のが一つだけです。お湯の注ぎ口は湯船の中にあります。
    常時注がれているのではなく、何分かおきにゴボゴボっと湧いてくる方式です。
    私達が入った時は「笹にごり」と言いますか、少し緑かかった色をしておりました。
    かなり熱いお湯で、いくつかの源泉をブレンドしているそうです。
    よくぬくもり、お肌がつるつるするとてもいいお湯でした。

    以下リニューアル後の情報です。
    大人300円小人200円。利用時間/10:30~22:00(最終入館受付21:30まで)

    お得情報を少し・・・
    万翠楼さんの隣にある「ぷちSHOP」さんで、入浴券を250円で購入できます。
    こちらのお店は掘り出し物の宝庫です。美味しいお野菜もお安く、お薦めのお店です。

261件中 51件~60件を表示

前へ  2 3 4 5 6 7 8 9 10 11  次へ


  • 温泉ソムリエになって温泉を10倍楽しみませんか
  • 船井総合研究所温浴チーム
  • ofr48
  • 浴場市場

TOPへもどる