本文へジャンプします。

有名温泉地から日帰り温泉、露天風呂、秘湯まで温泉口コミ&クーポンが充実

おがわ温泉動画配信中!

ヒマジン

ヒマジン さん

平均43.6点 / 67件

腰痛治療を兼ねて毎週末に主にスーパー銭湯などの温泉巡りをしています。温泉の泉質はもちろんですが、電気風呂にはこだわっています。

性別男性 年齢 68歳 住まい大阪
HP指定なし
ブログ指定なし

67件中 1件~10件を表示

前へ  1 2 3 4 5 6 7  次へ

並び順

口コミ最新投稿順 |

口コミ点数の高い順

  • すばらしい湯の香り

    投稿日:2008年11月10日

    すばらしい湯の香りふくろうの湯

    ヒマジンさん [入浴日:  -  /  - ]

    総合評価 44.0点

    お湯

    0 - 点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    関西空港に家人を送ったついでに和歌山まで足を延ばしてみた。
    残念ながら曜日と時間帯が災いしてリストアップしていた3箇所のうち、ふくろうの湯だけが入湯可能だった。場所は少々わかりにくかったものの、ぶらくり丁という商店街の向かいにあるフォルテワジマというショッピングセンターのビルをなんとか見つけることができた。
    クルマを近くの駐車場に入れ、玄関を入ってすぐのEVで地下1階に降りる。落ち着いた雰囲気のカウンターで料金を払い、タオルセットを受け取って浴室に入った。平日の昼前のせいか客は5人ほど。地下にある施設の為、開放感は無いが一応つぼ湯やシルク風呂、座湯、サウナなども揃えてありスーパー銭湯としては充分の体裁。しかも新しくてきれいな設備である。特に秀逸なのは源泉浴槽である。小さめだが温めの茶系にごり湯、芳香は濃厚、肌触りは極上と私好みの湯で大満足。ここならゆったりと過ごせて2、3時間でも入っていられそうだが、残念なことに「ついで訪問」のため小1時間で切り上げて帰途に着いた。和歌山への日帰りはちょっときついけれども行きそびれた他の2湯を含め、きっと再訪しようと思った。

  • 交通至便だが、ネックは…

    投稿日:2008年10月28日

    交通至便だが、ネックは…ホテルモントレ ラ・スール大阪

    ヒマジンさん [入浴日:  -  /  - ]

    総合評価 33.0点

    お湯

    0 - 点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

     地上16階の天然温泉が京橋OBPのホテル内にあるとのことで出かけてみた。
    京阪京橋駅からOBPに向かって空中歩道を暫し歩くと、寝屋川を挟んで川向こうにホテルモントレ ラ・スール大阪の建物が見えてくる。建物は空中歩道に直結しているので、EVに乗れば16階のスパ・トリニテの受付に直行できる。ここはホテル内にあることやら料金など日帰り入浴客にはやや敷居が高い。私の場合は会員紹介ビジター券をもらっていたので1050円で入れたが、通常は2625円もするらしい。食事付やドリンク付のお得プランもあるらしいが、宿泊するのならまだしも風呂だけの目的で出かけるのはちょっと高過ぎるだろう。なお、大阪府内の市役所に行って国民健康保険課に置いてある、写真の「ツール・ド・大阪 ウォーキングコースと温泉でめざそう健康」という小冊子を手に入れれば、府内の温泉施設紹介とともに各施設の特典チケット(タオルサービスなど)が付いている。その一つにここの割引券があって、これを利用すれば1890円にはなるらしい。(ちなみに私はこのチケットで色んなオリジナル・タオルを数枚ゲットしました。)
    ま、いずれにしてもスーパー銭湯などに比べるとかなり割高である。
    さて、お風呂についてであるが、浴室はさほど広くはなく、室内の主浴槽とジャグジー、それに小さな半露天風呂、サウナがある。露天風呂は余り眺めはよいとは言えないが、格子の隙間から地上16階の眺望がかろうじて楽しめる。
    お湯はやや褐色の鉄分を含む泉質。露天は源泉掛け流しとのことだが、湯口からチョロチョロと流されていることから見ても湯量はさして多くは無さそうだ。この施設、この泉質では千円以下ならまだしも、通常料金で入りに来るのは二の足を踏みそうだ。料金を考慮外にして、施設と泉質で評価すると星3つというところが妥当と思うが、せっかくの高層露天風呂の眺望をもう少し改善してくれれば星4つでもよいだろう。

  • 湯の花について

    投稿日:2008年10月21日

    湯の花について犬鳴山温泉 山乃湯

    ヒマジンさん [入浴日:  -  /  - ]

    総合評価 44.0点

    お湯

    0 - 点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    湯の花が見られる温泉は数あれど、ここの湯の花はほんとに水垢と紛らわしいものでしたね。私が訪問したときは白濁した湯に白く細かい湯の花がいっぱい舞っていました。黒い湯の花という人もいるし、白と黒の湯の花が舞っているという口コミも拝見しますので、やはり、温泉は天然のものだから季節や時間によって違うのかなと思います。おばさんの話によると温泉は常に変化しているので、たまに来ている客がこの泉質はどうだこうだと薀蓄を傾けているのは、常日頃からこの湯を見ている彼女からすれば全く分かっていないらしいです。次に訪ねるときはどんなお湯か楽しみです。湯上りに友人とここの名物釜飯を食していたときに、どんなお湯か見せてほしいという客とおばさんのやり取りが聞こえてきたんですが、お湯の良さは見て分かるものではないですよね。まして着衣の他人が覗くなんて入湯客に失礼な話です。もちろんおばさんはお客さんが入っているのでと断りましたが…。
    (写真は本来の玄関ですが、皆さん裏口から入って来るようです。)

  • タイムスリップ

    投稿日:2008年10月21日

    タイムスリップ源泉湧出元 北白川天然ラジウム温泉

    ヒマジンさん [入浴日:  -  /  - ]

    総合評価 44.0点

    お湯

    0 - 点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    ラジウム温泉と言うこの辺ではめずらしい温泉が京都にあると言うので、今年の夏にその北白川天然ラジウム温泉をめざして、三条京阪から比叡山行きのバスに乗りました。バスから車窓を眺めていますと、百万遍のあたりから銀閣寺道を抜ける昔懐かしい市電のコースを思い出します。しばらくして狭いクネクネの山道に差し掛かると、よくこんな道をバスが走れるものだと感心しますけれども、市街地からあっという間に山深い風景に変り、地蔵谷というバス停で下車したら、すぐ目の前に目指す温泉がありました。
    何とも不思議な一帯で、タイムスリップして40年前に戻ったような雰囲気でした。日帰り温泉と言っても、最近のスーパー銭湯風ではなくて、昔の商人宿のような印象で狭い玄関で靴を脱いで料金を番頭さんに支払い、タオル2枚、これも綺麗に洗ってはいるが新品ではないタオルを受け取って、2階の休憩室と浴室を案内してもらいました。客はほんの数人だけ、浴室ではたった1人、休憩室ではいびきをかいて寝ている人など3、4人がいるだけでした。放射能泉は初めてだったのですが、無色透明、無臭で余り印象の少ない温泉でしたが温泉成分の堆積物は確認できます。露天はないもののガラス越しに山の緑が見えるのが救いで田舎の温泉宿に来ているような雰囲気はありました。
    張り紙類も手書き、しかも余り達筆とは言えない苦笑を誘うようなもので、いかにも効能がありますよといった内容でしたが、真偽のほどはわかりません。ただその夜はいつになくぐっすり眠れたので、なにか体に影響というか効果があったのかも知れません。
    温泉もいいが、一度昭和にタイムスリップしてみたい方は是非行ってみてください。

  • 企業努力

    投稿日:2008年10月5日

    企業努力極楽湯 枚方店

    ヒマジンさん [入浴日:  -  /  - ]

    総合評価 44.0点

    お湯

    0 - 点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    ほぼ3年ぶりの入湯です。ここは前に書いたように、いつも混んでいる、特徴の無い泉質、しかも塩素臭がきついなど余りいいことが少ないのですが、最近特に泉質重視に傾いている私にとっては魅力の薄いところです。
    とは言うものの、6年前に温泉めぐりをスタートした地元の温泉であり、懐かしさもあってぶらっと訪れてみました。ひょっとしたら源泉浴槽が出来ているかな?それとも寂れて閑散としているかななどと想像しながらやって来てみるとどちらもハズレでした。
    人が多いのは相変わらずでしたが、露天の温泉浴槽3つ(岩風呂、檜風呂、石造りの地蔵の湯)のうち檜風呂が白濁のマイクロ・バブル・バスに、地蔵の湯が赤っぽい色の温泉+薬湯になっていました。恐らくは温泉に特徴が無いのを店でも自覚していて、色々と工夫したんだなと独断と偏見で頷いてしまいました。こういう企業努力で、しかもスーパー銭湯としては平均以上の多彩な風呂の種類を持ちながら、たった410円の銭湯料金を堅持しているからこそ人気があるんでしょう。その企業努力に再評価で星4つかな。

  • 総湯?

    投稿日:2008年9月14日

    総湯?和倉温泉 総湯

    ヒマジンさん [入浴日:  -  /  - ]

    総合評価 33.0点

    お湯

    0 - 点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    加賀屋の広大なお風呂に飽き足らず、近くの総湯に足を運んでみた。
    500円で入れる地元の共同湯なのだが、鄙びた共同湯というイメージとは全く異なっていて、近代的な小振りのスーパー銭湯のような建物だった。泉質はというと、当然と言えば当然なのだが、同じ塩辛い温泉。ただ少し熱めの43~44度ぐらいか。もともと湧出温度が89度と高いので熱めなのはしょうがない。豪華さでは加賀屋の比ではないが、個人的にはこちらの方が落ち着いて温泉を楽しめた。ところで、総湯とは聞きなれないなと思い、ニフティ温泉で検索すると9件ヒットした。すべて石川県だ。共同湯を総湯と呼ぶのは石川だけなのか。詳しい方がおられたらご教授下さい。

  • バス・ツアー

    投稿日:2008年9月14日

    バス・ツアー加賀屋

    ヒマジンさん [入浴日:  -  /  - ]

    総合評価 33.0点

    お湯

    0 - 点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    団体利用で宿泊した。超有名、大規模な施設を誇る旅館なのだが、温泉そのものは決して期待していなかった。案の定、浴室は中にエレベーターがあったりするほど広大なのだが、人が多くて雑踏の中にいるような気がして、寛ぐという気分にはなれなかった。もっとも、お風呂の癒し度は評価できないけれども、泉質、湯量は合格点。色は無色透明で、舐めなくても塩味が感じられるほど、塩分の濃い温泉だった。この塩分の濃さが和倉温泉の特徴らしい。塩素臭もさほど匂わなかったし、純粋に温泉の評価で星3つ半というところか。

  • さすが、ホンモノの湯ですね

    投稿日:2008年8月7日

    さすが、ホンモノの湯ですねきよもん湯

    ヒマジンさん [入浴日:  -  /  - ]

    総合評価 55.0点

    お湯

    0 - 点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    玄関をくぐった印象は銭湯とは違う瀟洒な建物だ。とは言うものの都会のスーパー銭湯のような造りとも違う。あっさりした内湯ひとつの日帰り温泉施設である。ほかには何も無いが泉質は申し分ない。浴室に入ったとたん芳しい硫黄の香りがホンモノの温泉を実感させてくれる。透明で少しつるっとした源泉が湯口からどばどばと掛け流されていて、7、8人は入れる浴槽にたっぷり張られている。熱くなく温くもない40度くらいの適温だ。体を思い切り伸ばして思い切り上質の温泉を楽しむことが出来た。ただのお風呂好き人間にはぴったりなんだなあ、こんなお風呂こそが。

  • 大当たり

    投稿日:2008年7月8日

    大当たり名湯 宝乃湯

    ヒマジンさん [入浴日:  -  /  - ]

    総合評価 44.0点

    お湯

    0 - 点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    大阪での所用の帰りに少し足を延ばして灘方面の日帰り温泉に行こうと思ったのだが、神戸行きのつもりがうっかり間違えて新三田行きに乗ってしまった。途中で降りて引き返すのも癪なので、この先にいい温泉は無かったかなと頭の中の引き出しを探ってみた。そうそう、宝塚に名湯宝の湯っていうのがあったっけ。前からクチコミでの評判を覚えていたので、そこに決めて中山寺駅で降りて歩くこと10分。玄関はなかなかの雰囲気である。中に入ってみると普通のスーパー銭湯であるが、内湯はともかく岩風呂の奥にある源泉浴槽がすばらしい。濃厚な黄土色のまさに金泉である。湯船は上下2つに分かれていてどちらも3,4人しか入れない大きさであるが、長時間粘る輩もおらず、好きなときに入ることが出来た。塩サウナもあるし、この施設この泉質で休日も700円は安いと思った。

  • 温泉に罪は無いが

    投稿日:2008年7月1日

    温泉に罪は無いが東香里湯元 水春

    ヒマジンさん [入浴日:  -  /  - ]

    総合評価 0 - 点

    お湯

    0 - 点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    久しぶりの入湯ですが、客のマナーの悪さに辟易しました。
    露天の源泉浴槽にゆっくり浸かっていると、なんと下の塩サウナの方から背中に塩をたっぷりと乗せた爺が入って来ようとするではありませんか。あいや待たれい、その塩は何事ぞ(こんな風に言った訳ではないが)。件の爺、塩サウナのほうへ戻り、塩を落としてきたのはいいが、ブツブツと言い訳をしながら、今度はタオルをジャブジャブと浸けて入るので、「マナー悪い」と一喝、「わかってんねんけどな」と言いながら、別の浴槽へ行ってしまいました。いやはや近頃の年寄は躾がなってないと思うのであるが、いい年をした人間に対して親の顔が見たいものだなんていうのも情けないねえ。

67件中 1件~10件を表示

前へ  1 2 3 4 5 6 7  次へ


  • 温泉ソムリエになって温泉を10倍楽しみませんか
  • 船井総合研究所温浴チーム
  • ofr48
  • 浴場市場

TOPへもどる