本文へジャンプします。

有名温泉地から日帰り温泉、露天風呂、秘湯まで温泉口コミ&クーポンが充実

【共通ヘッダ】年間ランキング2019(PC)

★施設投票

×

エラーが発生しました。 しばらく経ってから再度お試しください。

閉じる

イーダちゃん

イーダちゃん さん

平均54.7点 / 378件

今年8月、北海道を一周旅行を敢行しちゃいました。
北海道、広くて綺麗で素晴らしかったです。(ToT;>
あ。ブログはじめました。よろしかったらお立ち寄り下さい。
    (^o^)/

性別男性 年齢 指定なし 住まい神奈川
HP指定なし
ブログhttp://blog.goo.ne.jp/iidatyann

378件中 21件~30件を表示

前へ  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  次へ

並び順

口コミ最新投稿順 |

口コミ点数の高い順

  • 北海道放浪11.「吹上露天の湯」

    投稿日:2010年9月3日

    北海道放浪11.「吹上露天の湯」吹上露天の湯感想

    イーダちゃんさん [入浴日: 2010年8月10日 / 2時間以内]

    総合評価 55.0点

    お湯

    55.0点

    施設

    55.0点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    2010年8月10日火曜日の7:30---糠平温泉を出立したイーダちゃんはルート273をひたすら北上、大雪湖を行きすぎて層雲峡温泉へと愛車を駆っていたんです。
    天気は極上。しかし、それにしてもなんざんしょ、この景色は?
    凄い。僕はもうなんというか、心ごと存在を丸呑みされているような心境でした。山や野のスケ-ルがあまりにもでかすぎて。あちこちの緑にしても、僕の知らない未知の命の色でキラキラしてるし。はるかな山々の稜線に絡んでるあの夏色の日差しだって、俗界の塵まみれになっている僕の目玉を洗い清めるような、なんかアンビリーバブルな美しさ……。
    「うわーッ…(半分以上茫然として)」
    マジ、唖然もんの風景。何度もクルマをとめて、携帯写真をバチバチ撮って。
    糠平湖から大雪山連峰に至るまでのこの道筋は、いよいよヒグマの本格的な生息地に入るらしく、道のあちこちに「ヒグマ注意!」の看板が見受けられます。
    層雲峡温泉に寄りました。時間が早すぎてどこもやってなかったので、ま、足湯だけ。
    で、次は無料の高速に乗って旭川まで出て、家族連れで賑わう旭山動物園をちょっと見学。そーして午後の3時すぎ、イーダちゃんは花の町・富良野に辿りつきました。
    上富良野の日之出公園オートキャンプ場、いやー 凄い人気でしたねえ。設備も景観も綺麗な、清潔なキャンプ場でした。家族連れ、カップル、ひとり旅の猛者連中がわんさか……。なるたけテント密度の少ない丘陵の上層部分、階段の近くにマイ・テントを張ってから、クルマで20分ほどの、こちら「吹上露天の湯」にいってきました。
    よかったですよー、「吹上露天の湯」!
    残念ながら僕は「北の国から」を見ていなくて、宮沢りえが入浴したと聞いてもいたんですが、その宮沢りえという女優さん自体をよく知らないので、そのへんからは意見がいえませんが、いや~ 良きお湯であることは間違いないですよ、ここは。
    着替処らしい屋根のあるところもあります。でも、ま、ほとんど野湯に近いお風呂だと認識していたほうがいいかも。透明な素直そうなお湯ですが、こちら、案外浴後にがっくりくる、結構強めの酸性湯です。
    僕はこの夕と翌日の早朝、翌々日の早朝と、結局3回もこちらのお風呂に足げく通ってしまいました。
    なにせ、魅力あるお湯ですからねえ。あ。こちらのフォトは入浴中の皆さんに声掛けしてから撮らせていただいた一枚でーす。(^o^)/

  • 北海道放浪10.「糠平温泉 元祖湯元館」

    投稿日:2010年9月3日

    北海道放浪10.「糠平温泉 元祖湯元館」糠平温泉 元祖 湯元館(やすら樹荘)感想

    イーダちゃんさん [入浴日: 2010年8月9日 / 1泊]

    総合評価 55.0点

    お湯

    55.0点

    施設

    55.0点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    旅立ってから9日目、北海道に上陸してから8日目---2010年8月9日の午後のこと、十勝の山奥の混浴露天「鹿の湯」で野趣たっぷりの湯浴みを堪能したイーダちゃんは、ルート273を再び北上して、大雪山連峰の中央部にむけ愛車を駆っておりました。
    天気は晴れ。ただし、東の空の雲がやや気にかかる、76%ほどの晴れって感じ。
    ひと気のない然別湖を見物して、さらに奥地にある糠平湖へ。
    糠平湖はこんな広大なのに人造湖なんですってねー 全然判りませんでした。湖畔からいくらか離れた緑深い道の一角に、お宿が6、7軒かたまって建っています。これが、糠平(ぬかびら)温泉郷。
    イーダちゃんは温泉郷のいちばん突端にある、こちら「元祖 湯元館」さんに宿をとることにしました。荷物を降ろし、玄関に向かいます。
    「こんにちはーっ」
    しかし、返事はありません。
    僕のあとから旅のライダーさんがやってきて、おなじように宿の奥に呼びかけてみました。
    ……しーん……
    1,2分待っていたんですが、動きなし、ライダーさん、諦めてほかにいっちゃいました。
    それでも気長に待ってたら、ようやく宿の奥からおカミさんらしき方が、あらあらあら、お待たせしちゃいました? と、のんびり笑いながらやってこられました。
    ホッ。交渉はすぐさま成立。素泊まり3800円で二階の一室に一泊することとなりました。
    部屋でしばしのんびりして、それからお風呂へ。こちらのお風呂の売りは、内湯奥の扉を抜けて、石段をちょっと下ったとこにある、沢が間近の石作りの混浴露天! 露天裏にはそう大きくはないものの、ちゃんとした打たせ湯なんか二、三本あってね、それはそれは落ちつけるお風呂となっているのでありました。
    湯質は、うーん、ナトリウム・塩化物泉? でも、なんというか単純泉に近い感触です。透明で適温の素直な湯。舐めても酸っぱくないし、塩辛さもそう感じない、沢音に包まれて、緑のにおいに囲まれながら、いつまでも浸かっているのがグー (^.^;> ええ、そんな風な長湯のきくお風呂でしたねー。
    こちらのお宿はライダーハウスとしても有名らしく、夜になるにつれ次々と新しいライダーさんが到着するんです。で、雰囲気もだんだん賑やかになっていき……
    イーダちゃんはわりとひとなつっこいほうで、知らないひとに声掛けしたりするのも平気なんですが、どうやら旅を続けているとひと嫌いになる周期というのが巡ってくるらしく、ちょうどこの夜がそれにあたるような感じでした。
    なんか、ふいに誰とも会いたくないの。
    話したくなく、視線を交わしたりするのもちょっとイヤ。廊下でひとに会うと、いつもならにこやかに「こんばんは」とやるんですが、この夜に限っては早々と速足で部屋に逃げ帰っちゃう。
    とゆーわけでこの夜のイーダちゃんは巣籠りのリスみたいに部屋のなかで小さくなって、息をひそめてじっとしていたんですが、そうすると今度は東京の会社末期でのネガティヴな記憶の数々が次々と記憶の淵から蘇って、走馬灯のように頭の隅をよぎっていくのです。
    「あ¨ーッ、くそーっ!(声にならない声で)」
    なんか、ひさびさ布団のうえで足をバタバタさせて、悶絶しちゃいました…。(x.x;>
    いや、でも誤解なきよう、こちらのお宿にそーゆーのは関係ないんですよ、こちら「元祖 湯元館」さんはいいお宿、素直なお湯の混浴露天はとってもお薦め。
    一夜明けて朝の光に当てられたら、それらのネガティヴな破片は幻みたいに霧散しちゃいましたけど、あの夜のほろ苦くて切なかったあの独自の感触はいまだにちょっと忘れられない、イーダちゃんの旅の記憶に長く残るふしぎな一夜となったのでありました。

  • 北海道放浪9.「鹿の湯露天風呂」

    投稿日:2010年9月2日

    北海道放浪9.「鹿の湯露天風呂」鹿の湯露天風呂感想

    イーダちゃんさん [入浴日: 2010年8月9日 / 2時間以内]

    総合評価 55.0点

    お湯

    55.0点

    施設

    55.0点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    2010年8月8日(日)---支笏湖を出たイーダちゃんは、この日は襟裳岬までいきました。ひさかたぶりの晴天で風の岬・襟裳岬の景観は素晴らしかった。で、この日は襟裳岬近郊の「百人浜オートキャンプ場」というところで一晩キャンプいたしまして---そのとき宗谷岬を目指すサイクリング兄ちゃんと友達になったりいろいろと楽しい話もあるのですが---その翌日の8月9日、百人浜をあとにしたイーダちゃんはルート336からルート56→ルート38と北上を続けまして、鹿追町というところで十勝街道からルート273にシフトすると、十勝の山奥の秘境にあるというこちら「鹿の湯露天風呂」を目指してひたすら愛車を駆りました。
    ようやく到着したのは、午後の2時ころだったかなあ。
    こちらのお風呂はキャンプ場の奥にあるんですね。キャンプ場の中に入っていって、行き止まりの奥までずっと歩いて、急な下り坂をしずしず降りて、ユーヤンベツ川の流れのすぐ脇にあるのが、こちら「鹿の湯露天風呂」---。
    そんなに大規模な川じゃない、でも、ゴーッって川の流れは結構早めで激しくて、少うし上流のほうには、流されてきた木の幹が川石のところに引っかかっているのが眺められました。
    つまるところ、野趣はもう満点。
    凄いお湯です。先客、あり。黒い帽子をかぶった、身長約180cm、30代くらいの兄ちゃんがひとり、あとは50代くらいの白髪頭のおっちゃんと、20代の若いカップルが一組です。挨拶して、適当な場所で服を脱いでまとめて、前を微妙に隠しつつ、掛け湯してから入ります。
    おっと、熱ッ。それにここ、案外底が深めです。まあるく石組されたお風呂のまんなかには頭を出した岩がひとつあり、そこにもたれかかってじっくりお湯を堪能させていただきました。湯は、やや茶緑がかった感じ。ちょい塩辛めの食塩泉ってとこ。
    川の瀬音を肴にぼーっとしてたら、何気に黒帽子の先客兄ちゃんと会話がはじまりました。お兄ちゃん、札幌からバイクで来られた方でした。結構時間かかるけど、こちらのお湯が好きなんでよく来られるということでした。
    カップルさんも札幌始発。女の子のほうはビキニ着入ってましたね。でも、アブの襲来に恐れをなして早々にあがっちゃいました。この女の子に僕、皆の了解を得て、記念写真を携帯で撮ってもらったんですが、帰りによくよく見てみると、僕のちょっとヤバイ部分まで映りこんじゃってたんで、やむなく別バージョンのフォトをアップしておきました。本当は景色だけのを出したかったのですが、あいにくのことこれしか残ってなかったんでご容赦<(_ _)>

  • 北海道放浪8.登別温泉「第一滝本館」

    投稿日:2010年9月2日

    北海道放浪8.登別温泉「第一滝本館」第一滝本館感想

    イーダちゃんさん [入浴日: 2010年8月7日 / 2時間以内]

    総合評価 33.0点

    お湯

    55.0点

    施設

    44.0点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    2010年8月7日土曜日---午前7時に二日間お世話になった「ニセコ五色温泉」をあとにして---胸のなかは当然惜別の念できゅんと苦痛くなっています(xox;>---愛車をまたもスタートさせました。これから旅のあいだ何度もこーゆー感情を経験するんだろうな、と思いながら。
    天気は晴れ。でも、完璧な晴れじゃなくて、ちょっと屈託のある、薄い曇りのかかった晴れって感じ。ニセコからルート230に出て、まずは洞爺湖までいってみたんです。が、時間が早すぎてどこもやってないんですよ。それに思っていたより洞爺湖ってかなり大きな町だったんで、あれえ、ちょいイメージちがうかな? みたいな感じで、わりとすぐにすぐに通りすぎちゃいました。昭和新山にちょっと寄り道して、それから有名なあの登別温泉へ---! 
    登別温泉というと、僕らの世代じゃやっぱり「8時だよ全員集合!」の終りの歌の「ここは北国、登別の湯~♪」というアレのイメージですねえ、やっぱ。僕の無意識にもこのフレーズは長きにわたって貼りついておりました。僕はなるほど温泉好きです。しかし、登別にはまだ行ってない。それはなぜだ? 怠慢じゃないのか? 自分を責めるそのような呪縛から、今日こそ解放されるのデス(^o^)/ と、はしゃいで登別の町に意気揚々と乗りこんだのですが、登別、函館近郊の湯の川温泉と一緒であんま駐車場ってないんですヨ。ぐるぐる駐車場であちこち回ってみたんですが、ホント、地獄谷の有料公共駐車場くらいしか駐車場、見つからない。
    うーむ、困ったなあ。
    とりあえず熊牧場にいって熊の生態を研究。それから、こちらの「第一滝本館」にクルマを停め、立寄りしてみることにしました。
    うわー でかいわ豪華だわ、こりゃ凄い…。
    というのが第一印象でしたねえ。だって、ここ、立寄り湯で2000円ですよ、2000円! ま、それだけ取るだけの価値はたしかにあるお湯でしたが---とにかくそこいらじゅうでっかくて、広くて、豪華絢爛で、内湯の湯船が二階にわたって十数ケもあるんです。これはもう普通でいう「温泉」の概念なんて軽く超えちゃった存在ですよ。「温泉のデパート」とは誰が名づけたか知れませんが実にうまい命名だなあ、と感心しちゃいましたねえ。
    70年代の高度経済成長のある意味象徴でもある温泉都市「熱海」や「別府」、アレと共通するおンなじ匂いを、僕はこちら登別から嗅ぎました。会社の社員旅行でわーっと来て、集団で騒いで、飲んで、みんなで風呂入って、部屋帰って歌って……
    それは、ちょっぴりノスタルジックでグロテスクな、我が国のちょい過去に実際にあった風景のひとつです。
    そーゆー温泉があってもいい、うん、でも、イーダちゃんの趣味じゃないなあ。
    お湯自体はよかったですよ。あれだけの数の湯船の湯温を調整する努力も並じゃなかろうとは思います。それに掛け流しの大きな内湯の窓が壁一面サイズの大ガラスになってて超でかくってね、そこから見える地獄の景色の見事なこと! 
    でもでもでも! どーしてもイーダちゃん的にはこちらに5点はあげられない。お風呂の下の階がプールになってて、螺旋階段からプールの水の塩素臭がプーンと立ちのぼってくるから? それもあります。あれは、たしかに不快でした。でも、あげられない理由はそれだけじゃない。イーダちゃんのなかの「温泉」のイメージと余りに隔たった「商売」の濃ゆい香りが、イーダちゃんの高得点投入を妨げている主犯なのではないかと自分なりには思っているのですが。
    さて、身体中から湯あがりの湯けむりをモクモクとたちあげたイーダちゃんは、登別の町をあとにして今度は東方面にクルマを走らせました。目的地は支笏湖、その北のほとりにある「支笏洞爺国立公園ポロピナイキャンプ場」、そこが8月7日のイーダちゃんの新たなお宿なのでありました。(^^)

  • 北海道放浪7.「黄金温泉」

    投稿日:2010年9月1日

    北海道放浪7.「黄金温泉」黄金温泉感想

    イーダちゃんさん [入浴日: 2010年8月6日 / 2時間以内]

    総合評価 55.0点

    お湯

    55.0点

    施設

    55.0点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    いま、クチコミのためにこの「黄金温泉」の施設写真を見て仰天しました。あんまり羊蹄山が綺麗だったから。
    残念ながら、僕がニセコに滞在した8月の5、6日の二日間は薄曇りの日が多く、6日のお午ごろはじゃっかん晴れたものの、肝心の羊蹄山方向には結構雲がぶ厚く重なっていて、輪郭はおろか大体の大きさすら推察するのはむつかしかったのです。
    でも、この正面からの写真を見てやっと納得。「黄金温泉」のお風呂でご一緒したジモティーの常連さんが、
    「いやー 今日みたいにお湯だけに集中して入るのもいいけど、晴れた日に羊蹄山見ながら入るのはもっとサイコーですよ」とおっしゃってたコトバの意味がようやく理解できましたよ。
    なーるほど、彼は僕にコレを見せたかったのだな、と。
    上等のお湯に浸かりながら、これほどの羊蹄山を見れたなら、そりゃあ誰だってサイコーにちがいないでせう。
    この温泉にイーダちゃんが入ったのは、2010年8月6日の13:30ごろのこと。こちらにくるちょい前には、おなじニセコの薬師温泉に立ち寄りしまして、それから近くのラーメン屋さんで味噌ラーメンを一杯、で、そののち、こちらのお風呂にやってきたという次第なのであります。
    あと、こちらのお風呂は、実は温泉チャンピオンのGさんの本でも紹介されてまして、イーダちゃんにとってずーっと気になるお風呂のひとつであり続けていたのであります。せっかくニセコに来たのに、これに入らなかったらそりゃあ損でせう。
    実際、こちらのお風呂のお湯は出色でした。時間がたつと酸化して茶系の色に染まっていくのですが、湧出したてのお湯はあくまで透明な温湯でありまして、その状態を味わうには、こちらの露天に据えつけられている、三つのお窯の五右衛門風呂あたりに入ってみるのがが一番適当かも。お湯が熱いとどーも炭酸は飛んじゃうようなんですが、こちらのお窯湯ではお湯に加温していないため、生のままのしゅわしゅわ炭酸泉を充分に味わうことができまする。
    そりゃあもー 微妙極まりない感触なんですって(^.^;>
    見る間に身体中のウブ毛に細かい気泡が無数にさわさわーって張り付いてくるんですから。
    ああ、気持ち良い……(^o^;>
    ただひとつアクシデントが。この五右衛門風呂から隣りの大露天に移る際、イーダちゃんは左足の脛をアブに刺されちゃったのです。あとで調べたら、どーも犯人は大型のアカウシアブっぽい。ぶすーっと痛い感触があったもんなあ。
    そんなこんなで足は見る間に腫れあがり、風呂の後半はあまり楽しむことはできなかったのですが、そんな些事で評価は変わりゃあしません、名湯ですとも「黄金温泉」!
    そのへんの事情は僕の言葉なんかより、着替処の壁にいっぱいに貼られた無数の感想が証明してました。
    あとこちら、ご主人の打つ手打ちのお蕎麦もなかなかの名物だとか。是非いちど食してみたいモンであります。

  • 北海道放浪6.「ニセコ薬師温泉」

    投稿日:2010年9月1日

    北海道放浪6.「ニセコ薬師温泉」ニセコ薬師温泉旅館(閉館しました)感想

    イーダちゃんさん [入浴日: 2010年8月6日 / 2時間以内]

    総合評価 55.0点

    お湯

    55.0点

    施設

    55.0点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    2010年8月6日金曜日---五色温泉湯治部「ニセコ・アンヌプリ」の間で、どーゆーワケか午前の3:30という早朝に目覚めてしまったイーダちゃんは、腕立て270回を敢行したり、腹筋をやったり、朝湯に浸かったりして夜明けまで漫然と時間を潰しておりました。
    どーも仕事をしてないと力が余っていけませんねー(^.^;> 北海道に上陸してから5日目、旅をはじめてからこれで6日目になるんですが、生活のサイクルがどんどん早くなってきたのを、このころからイーダちゃんは自覚しはじめてきました。
    特にテント泊をしてるとてきめんサイクルは早まりますね。面白いもんです。
    露天のお湯に浸かりながら朝日をむかえたイーダちゃんは、日が昇るのを待ち構えてクルマをだしました。目指すは、ニセコのもっと高所にある神仙沼。早朝すぎて観光客がほかにいないんで、クマがおっかなかったですねえ。人気のない神仙沼はさすがに美しかった。
    で、早くから立寄りをやっている、こちら「ニセコ薬師温泉旅館」にきてみたわけなんです。こちらに関してはずいぶんいろんな噂を聞いていました。曰く「変わりモンしか行かない」とか、昔は金を掘る山師たちのたまり場だったとか……。
    ま、実際にきてみると、こちらは結構大きな、昔の小学校の校舎みたいな木造の建物でしたね。時間は朝の10時すぎ。前日は曇っていましたけど、6日の朝のこのころには雲の切れ間からお日サマが顔を見せまして、ニセコはあっという間に30度越えの超夏日に。
    標高700mの五色温泉よりだいぶ高度が低いせいか、こちら、アブがもの凄かった。大ぶりのスズメバチもぶんぶん飛んでます。宿前にそれに関する警告文も書かれてる。
    宿の対面前の小屋に温泉立寄りの自販機がありまして、それで入湯の券を買わなくっちゃいけないんですが、僕、あいにく小銭をもってきてなくて、販売機脇の宿のベルを何度も鳴らしたんですが、声をだしても戸を叩いても、とにかく宿のひとがでてこない……。
    「まいったなあ」
    仕方なしにクルマに引き返して、ドアのポケットの小銭をなんとかかき集め、入場の券をやっと購入しました。それ持って宿内に入ると無人の玄関に籠が置いてあって、「お風呂の方は券をこのなかに入れてください」みたいな文句が書いてある。で、そうすると、また廊下の少しさきに矢印があって、お風呂はこの先と案内が書いてある。その通り進むと実際お風呂があって、入れるんですけど、とにかく宿のひとが出てこない。なぜ? 特別にシャイなのか? 判んないけど、そのへんは面白かったですね。
    お風呂はサイコーでした。
    僕は最初透明湯のほうのお風呂に入ったんですが、こちら湯船の深さが150cm以上ある、足場がごろごろした岩場のままの、足元湧出の天国風呂なんでありました。
    もー 感涙というコトバ以外言えることがない感じ。白い湯の華が透明なお湯のなかをくるくる舞っているし、足元からぷくぷく昇ってくるあぶくの数もハンパない多さ。さっそく目洗いとお湯の鼻腔吸いを敢行すれば、あら、これはかなりの炭酸味……(^.^;>
    こ、これは……調べてみると、ナトリウム塩化物・炭酸水素泉だということでした。一言でいって超・極上。
    これだけでお湯には大満足だったのですが、もうひとつ内湯があるというのでそっちのほうもいってみました。そしたらそっちもとってもいいの。茶緑系の今度は濁り湯、さっきより湯船の大きい、やはり足元湧出という信じられないような極楽風呂。
    こちらの極楽には84才の旅好きのおじいちゃんが先客で浸かってられました。このおじいちゃんにまず挨拶して、掛け湯して、それから僕もお湯にしずしずと入ります。
    こっちのお風呂もこれは極上でしたねえ……(^0^)/
    ここまでハイクラスのお湯になっちゃうと、これはもう言うことなんてなんもないっスよ。あふれてくる感激を身体の奥にためたまま、目をとじて、ひたすら黙りこむのみ。
    おじいちゃんとかなり旅の話をして、40分ぐらい入っていたかな? 挨拶してさきにあがりました。
    すると、さっき何も置いてなかったテーブルにお菓子が置いてある! そして、湯浴みのお客さまはどうぞ召しあがって下さいと紙が添えられている。いつのまに来たんだ、宿のひと!?
    帰りにもういちど玄関を通るとき、行きに籠に入れた入場券がちゃんと回収されているので、ああ、ここの宿のひとはズボラじゃないんだ、ちゃんと細密に気を使ってお客の応対をしてるんだ、ただシャイなのか方針なのかは分からないけれど、お客のまえに姿を見せるのをよしとしていないだけなんだと判って、なんか非常にそのへんが面白かった、てゆーかこの忍者みたいな黒子的応対にはつい笑っちゃいましたねえ(^0^)

  • 北海道放浪5.「ニセコ五色温泉」

    投稿日:2010年9月1日

    北海道放浪5.「ニセコ五色温泉」五色温泉旅館感想

    イーダちゃんさん [入浴日: 2010年8月5日 / 2泊]

    総合評価 55.0点

    お湯

    55.0点

    施設

    55.0点

    サービス

    55.0点

    飲食

    0 - 点

    2010年8月5日木曜日の14時ころ---「国民宿舎 雪秩父」のお湯に立寄りを済ませたイーダちゃんは、今度はこちらの「ニセコ五色温泉」へとやってきました。
    ずーっと長いこと憧れつづけていた「五色温泉」。半月にいちどはガイドブックの写真を広げてぼーっと眺めていた「五色温泉」、いきたいけど遠くていけないんで遂には憧れることを自らに禁じていた、あの「五色温泉」……道向かいには結構大規模な五色温泉の山小屋があって、宿前には広大な地獄が荒涼と広がっていて、あたりに漂う濃ゆい硫黄の香り、曇り空の霧のむこうにかすかにニセコアンヌプリの山影が見えて……イーダちゃんは宿前の駐車場にクルマを停めただけで、早くも陶然としてきちゃったことをいまここに告白しておきます。
    ホントは節約のためにこちらでもテント泊する予定だったのですが---ちょいと下には、ニセコ・サヒナキャンプ場という素晴らしいキャンプ場があるんです---ダメだ、ここまできたらとてもダメ、是が非でも泊まりたくてしようがなくて、すぐさまフロントで2泊素泊まりの滞在を決めちゃいました。
    素泊まりだとこちら超オンボロの、二階建ての木製の山小屋みたいな建物に通されるんです。僕の部屋はその赤い屋根の二階の端のほうの部屋「ニセコアンヌプリ」の部屋でした。畳八畳の部屋。窓の造りは北海道の宿らしく二重になってるけど、窓にカーテンはなく、虫よけの網戸の存在もない。で、閉めきってた建物に特有のすえたような匂いが、部屋のなかにまだ漂ってる……。
    清潔好きの若奥さんなんかだったら思わず裸足で逃げだしちゃうような部屋かもしんない。でも、イーダちゃん的には、こちら、ツボでしたねえ。ええ、なんか、乳頭温泉の黒湯なんかの部屋を連想したりもしちゃいました。
    お湯はもう……今さら僕なんかがいうことはなんもない……PH3.5の酸性の白濁湯はもー 極楽浄土モン。露天のさきからは荒涼とした地獄と、地獄見物用の展望台とが眺められて、ああ、気分はもう仙境でしたねえ。温泉エクスタシー、ここに極まれりって感じデス(^.^;>
    お客さんは、でもそんなに多くなかったな。
    特に自炊棟は少なかったかも。僕、一階の炊事場で例によって飯盒でご飯を炊いてたんですが、ほかのお客さんと挨拶することはあんまなかったもんな。
    この炊事場は自炊客用の洗濯場も兼ねていて、従業員の方がシーツや枕カバー、タオルなんかの洗濯を終えた夕の5時すぎには、泊まりこみのお客も洗濯することが可能です。絞った洗濯物は地下にある、温泉の煙を利用した天然の乾燥室(ここ、無茶苦茶広かです!)に干しておけば、一晩でもうからっからに乾いちゃう。
    洗濯機を回しているあいだ、炊事場の外につづく階段によいしょと腰をおろして、ビール片手に、怪談系の本を斜め読みしたあの宙ぶらりんチックな時間は、いま考えれば、あれは至福でしたねえ。
    素晴らしい。お風呂も部屋も炊事場も景色も、土地に立ち込めている独自のオーラも。何もかもがイーダちゃん仕様になっている「ニセコ五色温泉」、なんともふしぎなお宿でありました。もう、こーなると、感謝してお礼をいうよりほかないですね。ではでは、「ニセコ五色温泉」、有難うm(_ _)m

    あ。ひとつ追加。二日目の朝、熊鈴を腰につけて地獄の道を散歩してたイーダちゃんは、草蔭の神社っぽい建物を見て足をとめました。僕、神社はとても好きでね、ただ通りすぎるなんてできないんです、必ず寄って、しばらくそこに佇むことにしてるんですが、僕の寄ったそこはただの神社じゃなくて山で遭難した方々の慰霊のための神社なのでありました。実名がずらーっ。女性もいる。慰霊碑が建ってて、「好きで山に入って山に帰っていくのは本望」みたいな文句が掘られてる。最近行われたらしい法要のあともちゃんとある。ドキッとして、思わず逃げちゃいましたね、このときは。(xox;>

  • 北海道放浪4.国民宿舎「雪秩父」

    投稿日:2010年9月1日

    北海道放浪4.国民宿舎「雪秩父」蘭越町交流促進センター 雪秩父(旧 国民宿舎雪秩父)感想

    イーダちゃんさん [入浴日: 2010年8月5日 / 2時間以内]

    総合評価 55.0点

    お湯

    55.0点

    施設

    55.0点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    積丹半島の神恵内青少年旅行村で午前5時起床。
    飯盒で飯炊いて食って、洗って、テントたたんで、のーんびりと愛車でニセコを目指します。今度の目標はニセコの「国民宿舎 雪秩父」。3日に宿泊した「二股らじうむ温泉」の従業員さんお薦めのお風呂。「二股」のお風呂で従業員さんにこちら「雪秩父」のお話を聞いたときから、これはもう行くっきゃない、と心に決めていたのです。
    R229から共和町でR5に折れ、さらに南下。すると、風景や看板がどんどんスキー場っぽくなっていって……ええ、そうなるとニセコはすぐそこです。
    こちらに到着したのは、午前の11時すぎでした。
    天気はやや薄曇り。大湯沼は入口が工事してて、残念ながら降りてはいけなかったです。
    まあ、クチコミの多くの方がいってられるように、こちら、建物は古いし、隅から隅まで掃除が行き届いてるってわけじゃあない。でも、こちら、お湯はサイコーでしたヨ。特に露天。鉄泉に硫黄線、それにそれほど濃くはないもののマイ・フェバリエット・泥湯まであるんですから。テント泊して寝汗や虫さされが気になっているイーダちゃんに、これほどの御馳走はありません。野性味あふれる木々の緑の濃ゆいオーラを全身で感じながら、見上げるニセコの鈍色の空もこれはこれでなかなか乙なもの。いやー 「雪秩父」、いいお湯っした<(_ _)>
    お湯が疲れをほぐしてくれた感触があんまり気持ちよかったんで、休憩室の畳のうえで小一時間ばかりウトウトしちゃいました。実は前日、隣りのバンガローで若者軍団が我が物顔に花火やらなんやらで大騒ぎしてて、あんまり眠れてなかったんですよ。昔の旅人が温泉を有難がった気持がよーく判りました。
    2010年8月5日の、お午すぎのことでありました---。

  • 北海道放浪3.「神恵内温泉 998」

    投稿日:2010年8月31日

    北海道放浪3.「神恵内温泉 998」神恵内温泉 リフレッシュプラザ・温泉998感想

    イーダちゃんさん [入浴日: 2010年8月4日 / 2時間以内]

    総合評価 33.0点

    お湯

    44.0点

    施設

    33.0点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    2010年8月4日---さすらい温泉の旅4日目、北海道上陸3日目のイーダちゃんは一晩お世話になった「二股らじうむ温泉」を後にして、積丹半島方面にクルマを走らせはじめました。
    ルート52から日本海沿いのルート229に出て、進路は北東へ。
    寿都町から岩内に出て、柏村から神恵内(カモエナイ、と読みます。僕も全然読めんかった)村へ。
    二股に泊まった昨夜はかなりの上天気だったのですが、今日は一転しての薄曇り。国道のガードレール下の日本海の鏡がその曇った鈍色を映していて、気温自体は結構むしむしと暑いのに、どことなくうすら寒いような気配が海沿いの風景全体にたちこめています。
    「うわー やっぱ、ここは北海道なんだな。怖いや」なんて真冬の情景をふっと空想して、一瞬首をすくめたりしながらのながら運転をほぼ2時間あまり。
    ルート229沿いの風景は、なんかアイルランドの田舎を走ってるみたいに、もー 閑散。ひとはどこにいるの? 家はどこにあるのって世界です。こーゆー光景を見てると、都心の朝のラッシュって一体なんなのって分かんなくなります。
    岩内からようやく都市の香りがしはじめて、泊村からは漁師町のエリア。潮の香りががぜんきつくなってきて、岩々の質感も硬質になってくると、さあ、目的地の神恵内村にいよいよの到着です。市役所をこえて、目立たない十字路の急斜面の高台を上れば、そこに「神恵内青少年旅行村」がありました。
    ええ、キャンプ地なんです、ここは。旅行の全日を旅館ですごしたら高くてたまんないんで、イーダちゃんは愛車のなかにテントを積んできているのでありました。
    で、こちらの「旅行村」で使用料を払って、場所を選んで、マイ・テントを張るわけなんです。イーダちゃんは日本海の見下ろせる崖のそばにマイ・テントを張らしていただきました。で、やや暗褐色の日本海を眺めてぼーっとしてたんですが、ふいに受付で割引券をもらった近場の温泉「神恵内温泉リフレッシュプラザ・温泉998」へ行ってみる気になりました。
    こちら、ええ、なかなかいいお湯でしたよ。茶系の濃ゆいお湯なのに、塩辛さが半端じゃないのにはいささかたじろがされるモノがありましたね。ただ、ごんごんさんもクチコミされているように、内湯の塩素臭がハンパなく強く、僕の減点はあくまでそのためですんであしからず。
    露天のお湯はよかったです。汗が引かないのが困るほどのあったまりぶりがなんともイカしてましたねえ……(^.^;>
    ただ、真夏の北海道の露天はみんなそうだと思うんですが、アブがここも凄かったです。(前日の二股らじうむでもそうでした。頭とまったアブを追い落とすために、何度全潜りしたことか!)家族連れの子供さんなんて全力疾走して逃げ回ってましたもんねえ。あれには、ちょっと笑ってしまった。
    お風呂からあがるとたそがれは前より濃くなっていて、イーダちゃんは、ああ、いかん、早くキャンプ場に帰って飯を炊かなければ、とやや急ぎ足で駐車場の端のほうにとめた愛車に乗り込んでいくのでありました。

  • 北海道放浪2.「二股らじうむ温泉」

    投稿日:2010年8月31日

    北海道放浪2.「二股らじうむ温泉」二股らぢうむ温泉感想

    イーダちゃんさん [入浴日: 2010年8月3日 / 1泊]

    総合評価 55.0点

    お湯

    55.0点

    施設

    55.0点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    2010年8月3日火曜日---函館近郊の湯の川温泉で朝湯したイーダちゃんは愛車でルート5をひたすら北上しておりました。
    空は願ってもない晴天。
    気分は上々---しかし、これはまたなんという土地なんでせうか。クルマを駆るごとにイーダちゃんのなかで驚愕の気持ちが広がっていきます。
    でかい、とにかくでかいんです、土地が。で、道周りの木々が異様に生き生きとしてるんです。あと、東北でも夏なんかはそうだったけど、クルマを走らせてて、フロントガラスに次々と虫がブチ当たってくるんですが、その頻度が並じゃない。5秒に一回は虫がブチ当たっていく感じです。
    家族連れで賑わう大沼を見物してさらにクルマを北に駆れば、さあ、緑の地平線がどこまでも続く広大な長万部の出現です。以前に一度旅行したカリフォルニアのオークランドをちょっと思い出したりもします。
    「うわー、凄え……」
    ええ、感覚ももう完璧に外国旅行の感じです。
    ルート5からルート9へ。そうして1ようやく5:30にたどり着いた山の奥の秘境が、こちら、二股らじうむ温泉でありました。清潔でシンプルな建物。最初は立寄りのみのつもりだったのですが、時刻のことを考えて素泊まりの一泊を申請してみます。すると、すんなりOKがでるじゃないですか。やったー! (^o^)/
    ほかのお客さんはそれほどいらっしゃいません。廊下もほかの部屋もとーっても静か。蝉の声だけが賑やかにしててね。
    で、イーダちゃんは噂のラジウム湯にいってみたですヨ。
    するとね、もー 露天、超々素晴らしいんデス。内湯で掛け湯して、露天へのガラス戸をあけたイーダちゃんは思わず息を飲んじゃいました。
    なんて見事な折出物のドームでせう。石灰華の茶褐色のドームが山を築いてる。そして、その山のうえにちょこんと露天が乗ってる感じなんです。露天からはるかな崖下を覗くと、森と、その下を流れている沢がほの見えています。
    「こんにちは」と先客の男性にまず挨拶をば。
    お湯の温度は、あとで分かったんですが、36.5度。とっても温い。でも、どーゆー訳かあんまり温いとは感じない。色は茶系のお湯ですね。人肌程度の温い茶系のお湯のなか、白い結晶みたいな石灰の無数の湯華がくるくると艶やかに舞ってます。
    お湯入りしたときにした挨拶がきっかけになって、先客の男性と何気に会話がはじまりました。僕とほぼ同年輩に見えるスキンヘッドの先客の男性は、都内で商船の保険の仕事をしてると教えてくれました。温泉が趣味で休みが取れるとあちこちの温泉を巡るんだけど、そのなかでも特にお気に入りなのが、ここの二股らじうむ温泉なんだとか。
    「ほかの季節にここのお湯にくると、ここはもう湯治客のお年寄りでいっぱいなんですよ。もう皆さん、病人ばっかりで……僕みたいに健康でここにきてるのが、なんか道楽みたいで、悪いなあ、みたいな気持ちになっちゃうんですよ」と、この方はおっしゃってました。
    明治のころは、こちら、結核の療養所だったとも聞きました。
    ああ、ここの独特の静かさは、そんなところにも由来してたのか、なんて妙に納得してりして。
    ふたりで話しながらぽーっとしてたら、あっという間が1時間半あまりが立っちゃってて超びっくり。
    名湯、ここはもう超絶の名湯というしかないでせう。
    夜にまたお風呂で会おうと約束して別れたんですが、僕、部屋に帰るやいなや、運転の疲れのせいか、失業の時間差ショックのせいか、夜中の3時半までぶっ続けで爆睡しちゃって……
    ああ、商船保険のお兄さん、ごめんなさい! <(_ _)>
    夜明けのころにもう一度こちらの露天にお邪魔したら、お湯一面に白い湯華がびっしりと張り詰めててね、も・美しいことこの上ないの。身体を入れて、この薄い石灰湯華の層を壊すのが、なんかもったいない気がしちゃってね。
    いや、もー 素晴らしすぎ。しかも、この無数の湯華がみんなラジウムを放射してて、お湯からあがるときに身体のあちこちに張り付いてきたりするんですから。効能はあらためて言うまでもないでせう。最上級の湯ッこですよ、こちらのお湯は。
    二股らじうむ温泉。再訪できるなら是非したいお湯です。素泊まり一泊七千円。テレビもなーんもない部屋ですが、真の温泉好きならこちらのお湯の虜になることはまんず間違いないとイーダちゃんは思うておりまする(^.^;>

378件中 21件~30件を表示

前へ  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  次へ


  • 温泉ソムリエになって温泉を10倍楽しみませんか
  • 船井総合研究所温浴チーム
  • ofr48
  • 浴場市場

TOPへもどる