本文へジャンプします。

有名温泉地から日帰り温泉、露天風呂、秘湯まで温泉口コミ&クーポンが充実

年間ランキング 12月18日に結果発表!

★投票

×

エラーが発生しました。 しばらく経ってから再度お試しください。

閉じる

お金はだいじだよ~

お金はだいじだよ~ さん

平均44.0点 / 81件

お金はだいじだよ~

性別男性 年齢 指定なし 住まい指定なし
HP指定なし
ブログ指定なし

81件中 51件~60件を表示

前へ  1 2 3 4 5 6 7 8 9  次へ

並び順

口コミ最新投稿順 |

口コミ点数の高い順

  • くるたびにお湯の感じが違いますね。

    投稿日:2006年7月8日

    くるたびにお湯の感じが違いますね。鳴子ホテル

    お金はだいじだよ~さん [入浴日:  -  /  - ]

    総合評価 0 - 点

    お湯

    0 - 点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    またまた鳴子へ行ってきました。私の知る限りでは、やっぱり独特の香りですね。鳴子の町に入ると、他の土地の硫黄泉とはまた異なる、たまご臭+上質なお線香のような心地よい香りがします。

     夏にくるのは初めてでした。「芭蕉の湯」はガラスがはずれていて換気がされていました。今回の内湯は、青磁色で細長い湯の花がまっていて、あたかも“明礬泉的”な感じを思わせるようなお湯になっていました。逆に露天は、黄緑混濁で濃厚かつぬるぬるするような感じのお湯になっていました。「玉の湯」も似たような感じのお湯でしたが、温度の方は、前回よりも、やや熱くはなかったような気がしました。

     表示にとると、鳴子ホテル源泉1号2号3号混合泉。含硫黄ナトリウム塩化物硫酸塩泉。pH8.0、溶存物質約2.3g/kg(ガス成分を除く)、ナトリウム、カリウム、鉄(Ⅱ)わずか。お湯の印象とは違って、金属イオンはほとんど入っていないようでした。陰イオンでは、硫酸塩、炭酸水素が多いようでした。

     ほか、洗い場には、大好きな炭シャンプーシリーズが各個すべてに置かれています。

     入浴中もとても気持ちのよいお湯ですし、乾き上がるときに皮膚が少し張るような感じも良いと思います。入浴後にもキクーという感じです。
     また行きたいと思います。

  • 訂正

    投稿日:2006年6月26日

    訂正源泉・秘湯の宿 蒸ノ湯(ふけのゆ)

    お金はだいじだよ~さん [入浴日:  -  /  - ]

    総合評価 0 - 点

    お湯

    0 - 点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    乾燥溶存物質は約0.7g/Kg(約700mg/kg)であったかと思います。

  • 馬で来て足駄で帰る、、とありました。

    投稿日:2006年6月26日

    馬で来て足駄で帰る、、とありました。後生掛温泉

    お金はだいじだよ~さん [入浴日:  -  /  - ]

    総合評価 55.0点

    お湯

    0 - 点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    鹿角花輪駅から八幡平頂上行きのバスで約60分くらい(鹿角花輪駅から1,080円)。後生掛温泉バス停から歩いて約5分くらいのところにありました。
     地図でみると、後生掛温泉は焼山という頂きをはさんで、有名な玉川温泉のちょうど反対側にあるようでした。

     日帰りで、たしか500円。

     坂を下って、湯治棟の脇にお風呂があり、木造の建物や湯舟の雰囲気は、鳴子の滝の湯を大きくしたような印象をうけました。お湯は、単純硫黄泉、約pH3、残留溶存物質約0.3g/kgで、番台のところに湧出量150L/分とありました。加水あり、かけ流し、塩素無しと書いてあったと思います。

     内湯は、湯舟が3、サウナ、むし風呂、滝湯。あと小さめな露天がありました。

    1)神恵痛の湯(神恵痛ではありません)。手前に大きめな湯舟は、やや黄色みがかった白濁泉でやや熱め。肌の荒れたところがヒリヒリ。全体的にも、ややひりひり気味で、渇きあがるときに少し肌がつっぱる感じで、まろやかというよりもすこし荒々しい感触をうけました。
    2)火山の湯、いわゆるジャグジー的な湯舟。源泉はたぶん同じ。やや温め。
    3)泥の湯。粘土質の泥とお湯が混じっていて、妙な感じ。泥のせいかかなり濃厚。からだに黒い泥がつきまとって、ぬるぬるしてきます。
    4)打たせの湯、いわゆるうたせ湯。泥を洗い流すのにちょうど良い感じでした。
    5)サウナ、入ってません。
    6)箱蒸し。クビから下を箱に入れるだけですが、けっこう熱いです。5分と持ちませんでした。
    7)露天。白濁泉、やや温め。狭く後ろはすぐ崖のようでした。

     名前の由来も、むかし後生を掛けて地獄谷に身を投じた話などもあって、物語性もあってグッド。
     湯治客も多いようで、「馬で来て足駄で帰る」、今風にいえば車椅子できて歩いて帰るというところでしょうか。入浴してみて、本当にそのような効果がありそうなお湯でした。

  • 野天は“ミニ地獄谷”の中に、、

    投稿日:2006年6月26日

    野天は“ミニ地獄谷”の中に、、源泉・秘湯の宿 蒸ノ湯(ふけのゆ)

    お金はだいじだよ~さん [入浴日:  -  /  - ]

    総合評価 55.0点

    お湯

    0 - 点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    新幹線で盛岡へ、盛岡から高速バスで鹿角花輪駅。そこから八幡平頂上行きのバスで約70分くらい(鹿角花輪駅から1,160円)。バスがアスピーテラインという道路から脇道へそれて、山道をぐるぐると下り鍋底の下のような所に、ふけの湯のバス停がありました。宿は、登別の地獄谷を小さくしたような風景の中にあり、大昔の木造小学校校舎のような建物でした。(写真上の建物は、おそらくアスピーテライン沿いの休み屋だと思います)

     日帰り入浴、たしか500円。

     内湯は、約2mx3mの湯舟で、お湯は、やや青白色で光沢のある細かいパウダー状の湯の花が舞っていました。たしか含鉄含アルミニウム単純酸性泉でpH2.4、乾燥溶存物質は0.3g/Kgとなっていました。印象は、いわゆる明礬泉的な感じを受けました。廊下をはさんで露天があり(男湯は着替え移動必要)、露天のお湯も内湯と同じようでした(内湯やや温め、露天やや熱め)。酸性泉といっても、荒れた肌には多少ヒリヒリしますが、総じて肌触りは柔らかい印象でした。内湯では洗い場に蛇口もシャワーもなく、丸太に溜めたぬるま湯を自分で桶に汲んで使用するようになっていて、“逆”カルチャーショックを受けてしまいました。

     野天は宿から出て、“ミニ地獄谷”へ坂を下って行くと(約50m~100m)、順番に女湯、男湯、混浴と、むき出しになった岩場に木で囲った6畳くらいの湯舟がこしらえてあります。木枠を通ってお湯がそそがれており、加水無しでしょうか、こちらは内湯よりずっと濃厚な白濁泉で熱め、大きめな湯の花が浮いていて、湯の成分が底からもわーと沸き上がってくる感じです。そんなに長湯はできない感じですが、湯上がりにどよーんと効いてきて、宿にもどる登り坂で脱力感という感じでした。

     古くても小綺麗な感じで、好きな人には宿泊、湯治も良いかもしれません。おすすめです。

  • 空港から10分、どよ~んとなるお湯でした

    投稿日:2006年6月12日

    空港から10分、どよ~んとなるお湯でした伏尾温泉 不死王閣(ふしおうかく)

    お金はだいじだよ~さん [入浴日:  -  /  - ]

    総合評価 33.0点

    お湯

    0 - 点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    今回はトランジットのため夜から夕食無しで宿泊しました。伊丹空港からタクシーで約10分(高速代300円+3,000円弱)で、高速をおりると大阪の近くなのに急に山の中。山あいに不死王閣がありました。

     お部屋もお風呂も全体にひなびた感じがよくでています。

     お風呂は、やや広めの内湯と露天が各ひとつずつ。事前情報では約10L/分程度と少ない湧き出し量とのことだったので、循環・加水が多いかと思っていましたが、それほど塩素臭もなく悪くはありませんでした。
     お湯はやや温めで透明無色。温泉分析表はごく簡単なもので、ナトリウムーラジウム炭酸水素泉塩化物泉とあったようですが、pHや溶存物質とその量など全く記載されておりませんでした。
     印象は、お湯はすこし重い感じで、また入浴後にどよ~んとした重い感じもありますので、炭酸水素泉というよりも、中張か高張性の塩化物泉のような感じがしました。

     露天は良く手入れされた庭が印象的でした。

     お風呂は24時までで、就寝前にもう1回入ろうとしたら時計をみながらあと何分とカウントしながらの入浴になってしましました。朝は6時からで、けっこう混んでました。

     まあ大阪府での天然温泉としては、悪くないと思います。

  • 黄金色(茶色)のにごり湯、すごくいいです

    投稿日:2006年6月12日

    黄金色(茶色)のにごり湯、すごくいいですホテルオークラJRハウステンボス

    お金はだいじだよ~さん [入浴日:  -  /  - ]

    総合評価 44.0点

    お湯

    0 - 点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    立ち寄りで利用しました、1,575円。

     お風呂は内湯だけで、約3mx18mくらいの横長の湯舟ひとつで、ちょっと物足りない感じはしますが、、、、お湯はすんごく良い感じです。

     テーマパークのおまけというよりも、温泉だけでも十分に満足できるほどのお湯かと思います。

     ナトリウムーカリウム中性塩化物泉とのことですが、ただものではありません。溶存物質量約11.5g/kgと高張性で口につくと塩っぱい味がします(加水無し、塩素無しのようです)。ひたひたとかけ流しされています(約100L/分だったかと思います)。マンガンや鉄分のせいでしょうか、湧き出し口では透明なお湯が、空気にふれると茶色のにごり湯になっています。約30℃くらいの冷泉とのことなので、加温はしているかと思いますが、大陸系の観光客が多いせいでしょうか、お湯はややぬるめなので、日本人にはゆっくり長時間つかることができそうです。
     茶色のリ湯はにごり湯は、あまり経験が無かったので、とっても感動しました。からだがあたたまり、疲れがとれるような感じ。高張性といっても、湯上がりは肌がべたつくことも無く、さっぱりした感じでした。

     強いていえば、湯舟をいくつかに仕切るなりして、お湯に温度差をつけるとか。やっぱり檜なりの木製の湯舟や、また無理をいえば露天があれば充分に五つ星なんですけど。(今月、改装するとのことですが、、)

     ハウステンボスそのものは、どうしても退屈な印象があるかもしれませんが、温泉に興味のある方は、ここも訪問されてはいかがでしょうか。パーク内のホテルに宿泊しても、再入場券を宿泊ホテルから発行してもらえば、夜でも園内ホテル受付(ハウステンボスジェイアール全日空ホテルのすぐ近く)からバンで園内のホテルまで送ってもらえますよ。

  • 黄色の硫黄泉は照明によるのかも?

    投稿日:2006年5月27日

    黄色の硫黄泉は照明によるのかも?登別万世閣

    お金はだいじだよ~さん [入浴日:  -  /  - ]

    総合評価 44.0点

    お湯

    0 - 点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    登別温泉バスセンターの真ん前。新千歳空港から高速バスでも電車+バスでも約70分。玄関前のドアマンの人が、日帰り客にも「こんにちは」と挨拶してくれます。

     フロントで、日帰り1,000円かと思ったら、タオル無しであれば500円とのこと。登別の日帰りでは、もっともお得です。

     ここの評価や写真でみた黄緑色のお風呂はどんなものかなーと、ずっと疑問に思っていたので、、、楽しみにしていました。黄緑色はお湯のいろというよりも、真ん中に柱がある正方形の浴槽で柱に金メッキをともなった照明があり、どうやらこの金メッキの色が、硫黄泉に反射して黄緑色に見えるようでした。

     温泉そのものは1号乙泉(やや青みがかった白濁泉)で、湯船につかると足の趾がまだみえる程度なので、他の施設より加水・希釈が大のようでした。
     露天は、やや広めの岩風呂で、表記では循環しているとのことでした。
     洗い場はやや密集している印象ですが、2-3ヶ所だけですが、だいすきな炭シャンプーシリーズが置いてありました。
     全体的には、わるくはないけど、ちょっと物足りないかな~。

     帰り、ドアマンの人が、宿泊者と間違えたのか、「行ってらっしゃいませ」と挨拶してくれました。それでも、登別の日帰りの帰りに挨拶してくれたのは、ここだけかも(他は完全無視なかんじだったので)。で、★一つ追加して、4つ星。

  • 男湯は円形ではなかった

    投稿日:2006年5月26日

    男湯は円形ではなかったホテルゆもと登別

    お金はだいじだよ~さん [入浴日:  -  /  - ]

    総合評価 44.0点

    お湯

    0 - 点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    新千歳空港から電車とバスで約70分。温泉バスセンターのすぐ前で、さぎり湯の斜め向かい。日中は、玄関前は少し暗い印象で日帰りの看板も無く、入っていいのかな~、という感じでした。でもせっかくと思い、ずんずん入ってフロントで、日帰り1,000円(タオル無し)とのこと。

     お風呂は2階。写真でみたような円形のお風呂かと思っていましたが、男湯は台形や四角などで円形ではありませんでした。
     3種の源泉、浴槽4+1で、全体としてはわるくないと思います。

    (1号乙泉)他の旅館と同様も硫黄泉で、大きめな浴槽に高い位置から3段くらいの段々で落ちてきています。さすがに、さぎり湯よりは薄い印象ですが登別の平均的な感じではないでしょうか。
    (16号泉)塩化物泉で、16号泉は男湯では38℃のジャグジーだけでした。泡のマッサージ効果のせいかお湯の効果か、38℃でもけっこう汗が出てきました。
    (24号泉)鉄泉の透明なお湯で、湯船とかに茶色の鉄さび色がついていました。少し熱めで、金属臭+カルキ(?)のような匂いがしました。
    (混合泉) 16号泉+24号泉らしいのですが、よく分かりませんでした。浴槽のところには、“目の湯”との混合泉とありましたが、さぎり湯の“目の湯”(明礬泉)をどう混合したら、このような透明なお湯になるのか、?に思いました。
    (露天) 硫黄泉。内湯の脇に、4-6畳程度の露天がありましたが、変な泡やゴミが多く、見るだけにしました。

  • 表示は強塩泉だが、印象は低張性か、、、

    投稿日:2006年5月22日

    表示は強塩泉だが、印象は低張性か、、、松泉宮

    お金はだいじだよ~さん [入浴日:  -  /  - ]

    総合評価 44.0点

    お湯

    0 - 点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    やっとの思いで宮崎へ。宮崎空港から路線バスで約30分でシェラトンオーシャンへ。ホテルに泊まっても入浴料1,500円と高めですが、このサイトで評判のよい「月読」へ。
     ホテル3階の温泉レセプションで受付をすますと、読書コーナー(壺や書も展示している上品なコーナー)を通りぬけてエレベーターで1階へ。1階エレベータ脇に源泉の規格表示があり、なんと!溶存物質約32g/kgの強塩泉とあり、期待が高まります。
     木の渡り廊下をしばらくぶらりぶらり歩いていくと突き当たりが「月読」となります。
     「月読」は、ひとつは脱衣所、ひとつは内湯からなる木造2棟の小屋からなり、また外に広めの露天があります。
     内湯は約5-6畳程度の湯船で、お湯は、透明で入浴感覚としてはどちらかというと強塩泉的ではなく、低張性の塩化物泉的な感じでした。加温、加水、循環とありましたが、かなり加水しているのかもしれません。
     露天も、お湯は似たような感じで、かけ流しといる様子はなく、あふれない程度で水面を保つように循環しているようでした。露天は松林に囲まれており、とっても良い雰囲気です。ただ内湯棟の空調の音がうるさく、残念ながら静寂を楽しむようにはなっていませんでした。
     入浴後も体についた温泉成分がひたひたと析出してくるような感じや、体が熱くなる感じはなく、このお湯の特徴なのか、もしくは加水が多いのかなと思いました。

  • 空港のすぐ近くで便利

    投稿日:2006年5月22日

    空港のすぐ近くで便利博多 由布院・武雄温泉 万葉の湯

    お金はだいじだよ~さん [入浴日:  -  /  - ]

    総合評価 44.0点

    お湯

    0 - 点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    トランジットのため福岡空港で一泊する必要があったので、ここに泊まりました。ちょうど滑走路の端のあたりでタクシーで750円くらい、思ったよりすぐ近くでした。

     本物の由布院温泉に行ったことがないので比較できませんが、循環濾過、加温で、加水なし、でしょうか、全体的にお湯はとっても良かったと思います。

    (大浴場)
     内湯は武雄温泉のお湯で、ジャグジーをふくめて3つか4つの湯船があったかと思います。武雄の湯は単純泉ということですが、薄いということはなく、驚くほどさっぱりして気持ちの良いお湯でした。
     露天は2つの湯船とも由布院のお湯でした。樽の方は、ややぬるめでゆっくり入れました。塩化物泉ということで、体があたたまるお湯でした。(本物の温泉らしくない点は、濾過のためか、もともとがそうなのかわかりませんが、湯の花の成分・結晶がないようでした)

    (貸し切り湯)直径約1.4mくらいかと思いますが、家族4人で満員といった大きさの円形の樽湯で、樽が大浴場の樽より小さいためか、こちらのお湯は少し熱めでした。お湯は由布院のお湯で、体があたたまって入浴後に汗がたくさん出るお湯でした。

    お部屋)まずオーケーです。トイレ別で少し不便。でもお風呂、貸し切り風呂、朝食付のプランだったので、リーズナブルかと思います。
    朝食)おいしいです。特に焼き鮭がベスト。
    送迎)朝、空港まで送ってもらいました。

81件中 51件~60件を表示

前へ  1 2 3 4 5 6 7 8 9  次へ


  • 温泉ソムリエになって温泉を10倍楽しみませんか
  • 船井総合研究所温浴チーム
  • ofr48
  • 浴場市場

TOPへもどる