本文へジャンプします。

有名温泉地から日帰り温泉、露天風呂、秘湯まで温泉口コミ&クーポンが充実

ニフティ温泉ユーザー投票実施中!

★投票

×

エラーが発生しました。 しばらく経ってから再度お試しください。

閉じる

お金はだいじだよ~

お金はだいじだよ~ さん

平均44.0点 / 81件

お金はだいじだよ~

性別男性 年齢 指定なし 住まい指定なし
HP指定なし
ブログ指定なし

81件中 41件~50件を表示

前へ  1 2 3 4 5 6 7 8 9  次へ

並び順

口コミ最新投稿順 |

口コミ点数の高い順

  • 誰にも教えず独り占めしたい湯

    投稿日:2006年8月20日

    誰にも教えず独り占めしたい湯須川高原温泉(すかわこうげんおんせん)

    お金はだいじだよ~さん [入浴日:  -  /  - ]

    総合評価 55.0点

    お湯

    0 - 点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    東北新幹線一ノ関駅から、路線バスで90分。

     ここも松田教授の百名湯(DVD版)です。予約が取りづらいようですが、某旅行社をとおして何とか予約ができました。

     栗駒山の8合目の山腹にへばりつくように木造の建物が何棟も建っていました。あたりはややお香の香りのような硫黄臭が立ちこめていました(鳴子の香りに似ているようです)。高原の空気の良いところで、この温泉の香りにひたっているだけで、健康を取り戻せるような気持ちになりました。

     青白色のにごり湯の写真が有名ですが、登山口にある源泉口では透明なお湯が湧き出しています。毎分6000Lとのことですが、この時期は少し少なめであったようです。

    (露天風呂)木造の湯船は目算で約12mx13mくらいでしょうか。大日岩という神仏が宿っていそうな岩のわきから源泉がドーとそそがれていました。お湯は空色のほぼ均一なにごり湯で湯温はちょうどよい感じでした。酸性泉ですが、刺激は特に強くもなく明礬リョクバン泉の爽やかな感じ。入浴後1時間くらいすると、全身の血行がどんどん良くなるような心地よい感じがありました。

    (大浴場)こちらも木造。小さな洗い場と、奥行きのある青白色のお湯の大きな湯船、それと小さめなぬるめの湯船がありました。湯口にコップがありましたので、飲泉してみると、最初はレモネードのようなおいしい感じ、二口目は昔は酢川と言われただけあってすっぱいーと言う感じでした。

    (プール)本当に温泉プールで、こちらはエメラルドグリーン。レジャープールというよりも、水着ではいる温泉(ヨーロッパにあるような)と考えてもよいかと思いました。

    (足湯)登山口付近で、利用しきれないお湯が小川となって流れていて、まさに自然そのままのかけ流しが、足湯として解放されていました。栗駒登山から戻ってきて、足湯に浸かると、本当に足の疲れが吹っ飛ぶような気がしました。

    (中浴場)湯治棟のお風呂。小さめな湯船に勢いよく掛け流されており、お湯は源泉口と同じような透明湯になっていました。かなり熱めでたぶん44-45℃くらいでしょうか。30回くらいかけ湯・かぶり湯をしてようやく湯船に浸ることができました。入浴後の感じもかなり強く、一度この湯に入ってしまうと、露天も大浴場のお湯も今一つ物足りなくなってしまうような気がしました。

     霊泉の湯。強酸性含硫化泉(強酸性明礬緑礬泉)。50.5℃。pH 2.2。(mg/Kg)Na 239.6、K 44.6、Mg 41.3、Ca 127.9、アルミニウム 58.9、 鉄(Ⅲ)28.1、Cl 587.4、SO4 907.6、HSO4 192.8、メタケイ酸 23.5、遊離CO2 651.0、H2S 10.9。成分総計 3140mg/Kg。

     年に一度以上は、必ず訪れたい温泉です。今以上、予約が取りづらくなっては困るので、すでに有名ですが、誰にも教えたくない独り占めしたい温泉です。

  • 人それぞれかとおもいます

    投稿日:2006年8月20日

    人それぞれかとおもいます秋田温泉 さとみ

    お金はだいじだよ~さん [入浴日:  -  /  - ]

    総合評価 22.0点

    お湯

    0 - 点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    秋田駅から路線バスで約20分(270円)。

     こどもの頃、秋田にいた頃には、旭川温泉という超ローカルな温泉であったような気がするものの、、あまり印象がありませんでした。
     最近、秋田温泉さとみという綺麗なホームページをみて、またいつも予約が一杯であったので、さぞかし良い温泉なのであろうと期待していた(看板には“湯元”とまで書いてある)。
     今回、秋田に泊まる用事があり、運良く予約もとれたので泊まってみましたところ、、、

     標榜はナトリウム、塩化物、炭酸水素塩泉。
     お風呂は、すさまじいばかりの循環・塩素湯で、滝のように湧出したお湯が、一見滝のようにけ流しされていましたが、掛け流し先は回収口のようでした。それでも不足なのか、湯底に回収口と湧出口も何カ所もついていて、さらに循環させているようでした。お風呂中にプールの倍くらいの塩素臭と石鹸水のような匂いが充満していました。
     露天には、人一人がやっと入れるくらいの大きさのカメ湯がありましたが、掛け流しのされていない澱んだ少量のお湯に、次々と入浴者が入ったり出たりしているのには驚かされました。
     入浴感覚は、すごくぬるぬるするお湯で、あまりいい感じはしませんでした。

     風呂の匂いのせいか、塩素のせいか、入浴中に持病の花粉症が急激に発症してしまい、鼻水、咳、くしゃみが止まらなくなったので、早々に退出してしまいました。

     お部屋、仲居さんの応対、お料理などはとても良かったと思います。ので★一つプラスで★★。

     お風呂以外の部分で旅館を考える方には良いかと思います。お湯を第一に考える方には、おすすめしません。
     旅館側も、ホームページに温泉源がいかにすばらしいかということを書きまくるよりも、お風呂自体が循環・塩素風呂であることを明記するべきです。

  • 昭和の原風景、やわらかく包むような乳白湯

    投稿日:2006年8月19日

    昭和の原風景、やわらかく包むような乳白湯日景温泉

    お金はだいじだよ~さん [入浴日:  -  /  - ]

    総合評価 55.0点

    お湯

    0 - 点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    松田教授の日本百名湯(ムック版)で紹介されていた温泉です。
     子供の頃に来たことがあったとのことでしたが、あまり憶えていませんでした。

     秋田県大館駅前からレンタカーで20-30分くらい。国道から脇道へはいり、車1台が通れるような林道をねけると、いかにも昭和30年代にタイムスリップしたような原風景がありました。小川、小さな橋、木造の温泉宿がありました。また、あたりには硫黄臭が立ちこめていました。
     
     立ち寄りで400円。
     廊下をギシギシならせて歩いていくと、ひなびた卓球台があり、、、私の、温泉=卓球というイメージは、ここのあったのだということを思い出しました。

     お風呂は長方形の湯船(3mx4mくらい)と寝湯の内湯と、小さな露天がありました。まるで牛乳のような、ほぼ均一に濁った乳白色のお湯で、やわらかく包まれるような印象でした(幼児が気持ちいいーと言うくらい)。香りもただの硫黄臭というよりも、なごむようなやさしい香りの混じった独特な硫黄臭でした。湯口にコップがあり飲泉もできるようでしたので、、味は、ややレモネードと温泉をまぜたような味がするお湯でした。

     露天はちょっとした庭の池風の湯船で、男女の内湯の間にあり混浴になっていました。お湯はややぬるめ。正面にみえる高い杉林が印象的でした。

     入浴後はお湯が体に張り付くような感じで、いつまでも汗がひかないような印象でした。

     昔は、ひょうたん型の湯船で熱めのお湯であったとの話をきいたことがありますが、現在は湯温が下がったのか?、、加温はしているとのことでした。(加水なし、塩素なし)

     源泉、日景の湯。pH6.2。含硫黄-ナトリウム-塩化物泉(含硫黄・硫化水素泉)。(mg/Kg) Na 2339、Mg 129.4、Ca 477.7、Cl 4777、SO4 30.9、炭酸水素 597.1、メタケイ酸104.8、遊離CO2 368.2、H2S 30.3。溶存物質 8863.0mg/Kg。41.2℃、加温。170L/分(動力)。

     やさしいお湯が好きな方、おすすめします。

  • 玉川温泉とほぼ同じ鮮度のお湯かと思います

    投稿日:2006年8月19日

    玉川温泉とほぼ同じ鮮度のお湯かと思います新玉川温泉

    お金はだいじだよ~さん [入浴日:  -  /  - ]

    総合評価 55.0点

    お湯

    0 - 点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    玉川温泉は約半年前からも予約がとれないとのことですが、新玉川温泉は、比較的予約が取りすいこと(ヤフートラベルでも可能)、宿もまだ新しく快適で、また遊歩道で約10-15分で玉川温泉へも歩いていけるので利用しました。

     お湯は、玉川温泉から引き湯とのことですが、同じ日に玉川と新玉川のお風呂に入ったところ、私にはお湯の鮮度は、ほぼ変わらないように思えました。

     お風呂は玉川温泉よりはやや小さめですが、木造のお風呂は、玉川温泉の湯屋と同じような雰囲気のお風呂になっておりました。湯船も玉川温泉と同じように、50%源泉、100%源泉、ぬるめ、あつめ、頭浸湯、飲泉場が揃っており、また他に、小さいながらも歩行浴湯、露天湯、露天のわきに岩盤浴場が付加されてありました。

     50%源泉の湯の花の程度もほぼ玉川と同じで、100%源泉の透明さや入浴感覚も玉川温泉と同じように感じました。

     またやはり玉川という方には、路線バスは一旦幹線道路まで出まて遠回りになりますが路線バスで150円、または遊歩道では最短距離で玉川温泉へいくこともできますので、玉川温泉で駐車場探しをする面倒もありませんでした。(ただ遊歩道は、暗くなってからはおすすめしません)

     旅行で玉川温泉へという方には、おすすめかと思います。

  • ぴりぴりピリピリ

    投稿日:2006年8月19日

    ぴりぴりピリピリ玉川温泉

    お金はだいじだよ~さん [入浴日:  -  /  - ]

    総合評価 55.0点

    お湯

    0 - 点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    言わずと知れた有名な温泉です。
     秋田新幹線こまちで田沢湖駅へ。レンタカーで約60分くらいだったかと思います。幹線道路から谷底に降りていく感じになっています。

     立ち寄りで、たしか600円くらい。

     思ったよりも大きめな木造のお風呂で、手前にかけ湯コーナーとシャワー付洗い場があり、そこから源泉50%と100%、ぬるめと熱めの湯船が左右にならんでいます。奥に、浸頭湯(頭浸湯)とジャグジー風の湯、露天の湯という湯船と飲泉場がありました。

    (かけ湯)透明なすんだお湯。水道の沸かし湯でもないように思いました。湧き水かなにかでしょうか。入浴前後に、本当にかならず充分以上にかけ湯をした方がいいかとおもいます。

    (50%ぬるめ湯)多少ピリピリな透明湯(やや緑?)。体を慣らすのにちょうど良いかと思います。酸性泉といっても、塩酸を主体とした酸ということなので、多少のぬめり感がありました。また多少、短く白い湯の花がみられました。 

    (100%湯)湯温はややぬるめ。より生の源泉に近いためか、透明で湯の花はほとんどありません。お湯はどよーんとした感じで、より塩酸のぬめりのような感じが強い感じです。皮膚のあれたところや、股間、髭剃りあとなどにピリピリ以上の刺激を感じます。ぬるめなので長湯できそうにも思えますが、こんなに強いお湯に、本当にこのまま入っていていいのだろうかとも思えたので、時計をみながら出たり入ったりしてみました。

    (50%あつめ湯)熱いお湯と酸のためか、かなり肌から刺すような刺激をかんじました。

    (浸頭湯)50%ぬるめのお湯で、仰向けに寝て、頭皮と髪をお湯に浸せるようになっています。これは本当に気持ちいいです。

    (露天の湯)1mx1mくらいの湯船が、ぬるめのにごり湯になっています。刺激はやわらかめで、他の湯船と違ってやさしい感じになっていました。

    (ジャグジーの湯)玉川にジャグジーが必要なのかな?と思いましたが、気持ちは良かったです。

    (飲泉湯)充分にうすめてもかなり酸っぱく、歯も溶けるような感じでした。お腹の調子もよくなりました。

     酸性・含二酸化炭素・鉄(Ⅱ)・アルミニウム-塩化物泉。湧出温度98.1℃。遊離CO2 3666mg/Kg、Cl- 2497mg/Kg、HSO4- 609.1mg/Kg、メタケイ酸 376.5mg/Kg、硫酸イオン 307.1mg/Kg、pH 1.2。

     入浴中の刺激が強いことの印象が強すぎて、入浴後はどんな感覚であったのか、あまり覚えていません。

  • あたたかい炭酸水のような飲泉湯

    投稿日:2006年8月19日

    あたたかい炭酸水のような飲泉湯有馬本温泉 金の湯

    お金はだいじだよ~さん [入浴日:  -  /  - ]

    総合評価 0 - 点

    お湯

    0 - 点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    先日、他の宿によった際に有馬温泉街を散策していたところ、金の湯の屋外に飲泉場がありました。

     飲泉湯は、見た目は透明でややぬるめ。たぶん源泉を薄めてはいるかとは思いますが、あたためたポカリスエットに塩けと鉄分をくわえたような不思議な味で、口に含むと炭酸の感覚がありました。周りの人は、まずいまずいと言っていましたが、私はそんなことはないと思いました

     お風呂の方は、どうも気乗りがしなかったので、入浴はしませんでした。

  • 微小な湯の粒がジャンピングしています

    投稿日:2006年8月19日

    微小な湯の粒がジャンピングしています陶泉 御所坊(とうせん ごしょぼう)

    お金はだいじだよ~さん [入浴日:  -  /  - ]

    総合評価 44.0点

    お湯

    0 - 点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    松田教授の日本百名湯(DVD版)で紹介されていたお宿です。奈良時代の十二坊舎以来の伝統あるお宿でもあり、ぜひ一度行ってみたいと思っていました。

     日帰りで1500円、平日のみ。
     伊丹空港から阪急バスで宝塚(約30分)。宝塚のりかえで有馬温泉バスターミナルまで約40-50分。有馬温泉バスターミナルからほんのすぐのところにありました。

     これほどの高級旅館にもかかわらず、日帰り客でも快く応対してくれました。本当に上品で静かな雰囲気を醸しだしているハイカラな木造の内装でした。

     お風呂は、手前が洗い場と透明なお湯の湯船。お湯の小道を通っていくと茶色のお湯で満たされた半露天風呂につながっていました。その半露天は間が竹垣でしきられて半混浴になっていました。

     源泉は、有馬の御所泉源と妬泉源を用いているとのことでしたので、半露天の茶色のお湯が、いわゆる金泉の含鉄-ナトリウム-塩化物泉にあたるかと思います。濃い海水のような(魚屋さんのような)香りで、体にまとわりつくような感覚のお湯でした。湯底の岩にさわると指先が茶色の成分がつくようでした。このお湯にも有馬名物の炭酸が多いためか、湯面近くを光をとおしてみてみると、サイダーのように、微小な湯の粒が約10-15cmくらいジャンピングしているのがみることができ感動しました。(たぶん朝か日中の明るいときでないと見えないかとおもいます)
     
    (透明なお湯の方は、よくわかりませんが、すこし塩素のような匂いがするようにおもわれました)

     入浴後は血液のめぐりが良くなるような、非常に良い感覚がのこりました。

     有馬に泊まる際には、ぜひまた来たいと思いました。

  • それにしても森の香りが強い感じ

    投稿日:2006年7月31日

    それにしても森の香りが強い感じ共同浴場 神の湯

    お金はだいじだよ~さん [入浴日:  -  /  - ]

    総合評価 33.0点

    お湯

    0 - 点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    遠刈田行きバスで、湯の町バス停か、バスターミナルで降りてすぐ。ひなびた遠刈田の町では、ひときわ目立つ総木造組みの建物です。日曜のせいか、人、人、人。立ち寄りで300円。

     お風呂には、目算でだいたい2mx5mくらいの大きさのぬるめの湯と、2mx3mくらいの熱めの湯からなる2つの湯舟がありました。建物は木造ですが、湯舟と床は石造り。おゆは黄緑微濁で、お湯の香りか?、建物のヒバ(?)の香りか?、あおあおしい森の香りが非常に強く、入浴後もしばらく鼻につくような感じが残りました。(香りはかなり強く、某社のバスクリンの香りのような感じ)。時期的に、観光客や子供づれが多いので、お湯はすこしぬるめにしているとのことで、熱めのお湯に入るとようやく、皮膚からお湯がしみてくるような感じがしました。入浴直後には清涼感があり、それでいて体がいつまでもあたたまっているよな感じがしました。

     温泉分析表は、遠刈田7号泉。ナトリウム・カルシウム-硫酸塩・塩化物泉。掛け流し。塩素無し。加水あり。

     残念なのは、かけ湯コーナーが無く、またはかけ湯などを促す表示が明示されていないこと。次から次へと多くの人が(服をきていれば思慮分別のありそうな人たちまでもが)、脱衣場から湯舟にドボンと直行してしまうのには、唖然としてしまいました。これでは、いくらかけ流しでも、せっかくのお湯がダメになってしまうような気がしました。

  • 金色のお湯の内湯が上品でした

    投稿日:2006年7月31日

    金色のお湯の内湯が上品でした心づくしの宿 源兵衛

    お金はだいじだよ~さん [入浴日:  -  /  - ]

    総合評価 44.0点

    お湯

    0 - 点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    仙台から蔵王町行きのバスで約60分。蔵王町役場前でバス乗り換えで約10分で遠刈田温泉バスターミナルへ。バスターミナルのすぐ隣りにあります。

     ここも、松田教授の100名湯(DVD版)で紹介されていた宿で、一度来てみたいと思っていました。宿泊はずっと予約一杯のようなので、日帰りで1,000円。平屋造りで落ち着いた感じです。

     お風呂は、目算で約2mx4mくらいの大きさの湯舟からなる内湯と露天がありました(露天は掃除中)。お湯は金色で微濁しており、湯舟の縁は鉄さび色の付着物がみられました。やや熱めで、入浴感覚はやさしい感じでした。体はよくあたたまる一方、入浴直後には、さっぱりとした感じがありました。源泉分析表は神の湯と同じようでしたので、同じ遠刈田7号泉かもしれません。お値段は高めですが、日曜でも入浴者は多くなく、お湯も鮮度が保たれているように思えました。

     ナトリウム・カルシウム-硫酸塩・塩化物泉(含塩化土類芒硝泉)、65.7℃、溶存物質2391.3g/Kg(Na 441mg/Kg、Ca 290mg/Kg、Cl 261mg/Kg、SO4 897mg/Kg、HCO3 356mg/Kg)、pH 7.0。ただし加水ありとのことでした。掛け流し。塩素無し。

  • 露天が有名ですが、掃除中で入れず、、、

    投稿日:2006年7月22日

    露天が有名ですが、掃除中で入れず、、、仙庄館

    お金はだいじだよ~さん [入浴日:  -  /  - ]

    総合評価 33.0点

    お湯

    0 - 点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    雪見露天の写真を見て以来、ずっと行ってみたいと思っていました。

     鳴子温泉駅からタクシーで1,500円くらいだったとおもいます。鳴子峡を過ぎてすこし行ったところから脇道をおりていくと、植物園、琢秀、蛇の湯を通りすぎて奥まったところ。この辺りにしては比較的あたらしい鉄筋の宿でした。一部のネットの写真では、レトロな電話機など出ていますが、レトロというよりも、ひなびた鉄筋という感じ。

     土曜の日帰りですが、残念ながら期待していた露天は掃除のため入れず(男湯も女湯も)。タクシーでせっかくきたのでせめて内湯だけでもとということで、、、内湯だけでも値段は同じ大人800円。

     内湯は、単純硫黄泉。微濁白濁湯で、目算で約2mx5mくらいの湯船が一つ。pH8.4くらい、乾燥残留物は約2g/kg(?)と書いてあったかと思います。泉温が約90℃前後と熱いため、加水してあると書いてあったかと思います。塩素無しと思います。
     お湯は、濁りはやや薄め、香りは硫黄で、鳴子とはまたちょっとちがった感じ。入浴感覚と入浴後の感覚は、こってりとした感じではなく、硫黄泉でもすこし楽な感じ。露天に入って雰囲気を感じられれば、もっと良い評価だったかもしれません。

     帰りは、山に入って行くような道を20分くらい歩いて中山平駅へ。地図で見るより遠い感じで、何にもない熊でも出てきそうな道なので、ちょっと不安でした。やはり中山平駅まででも、タクシーを使った方がよいと思います。

81件中 41件~50件を表示

前へ  1 2 3 4 5 6 7 8 9  次へ


  • 温泉ソムリエになって温泉を10倍楽しみませんか
  • 船井総合研究所温浴チーム
  • ofr48
  • 浴場市場

TOPへもどる