本文へジャンプします。

有名温泉地から日帰り温泉、露天風呂、秘湯まで温泉口コミ&クーポンが充実

【PC共通ヘッダー】のだ温泉ほのか限定クーポン★アップセル

ぽん太

ぽん太 さん

平均43.8点 / 118件

山→酒→温泉、スキー→酒→温泉。酒と温泉を愛するぽん太です。
和風、秘湯、ひなびた温泉が好きです。
ぽん太のブログも見てね。http://ponta.moe-nifty.com/

性別男性 年齢 指定なし 住まい東京
HPhttp://ponta.moe-nifty.com/
ブログ指定なし

118件中 1件~10件を表示

前へ  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  次へ

並び順

口コミ最新投稿順 |

口コミ点数の高い順

  • 風格と華やかさを合わせもつ木造建築

    投稿日:2007年12月4日

    風格と華やかさを合わせもつ木造建築元湯 環翠楼

    ぽん太さん [入浴日:  -  /  - ]

    総合評価 55.0点

    お湯

    0 - 点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

     ちょうど宿のあたりが紅葉の真っ盛りでした。古い木造建築が好きなぽん太は、登録有形文化財の建物にとにかく魅了されました。歴史と風格を感じさせる一方で、箱根の温泉という華やいだ雰囲気もあります。レトロな雰囲気の内風呂もよかったです。お湯は無色透明でややぬるめの柔らかいお湯ですが、ゆったりできました。従業員の応対は、老舗だからと威張ったところがなく、アットホームでした。お食事もできたてが次々と運ばれてきておいしかったです。宿泊料金も、箱根でこの宿でこの値段なら御の字だと思いました。満点以外ありません。
     ただひとつ欲をいえば、館内見学ツアーを実施して欲しいです。4階の大広間や、宿の名前の由来となった伊藤博文の書などを見たかったです(2007年11月宿泊)。

  • なんと言っても川端康成

    投稿日:2007年12月1日

    なんと言っても川端康成伊豆の踊子の宿 福田家

    ぽん太さん [入浴日:  -  /  - ]

    総合評価 55.0点

    お湯

    0 - 点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

     旅情がただよう美しい木造の宿ですが、川端康成の『伊豆の踊子』の世界と頭の中で混じり合って、すばらしさが2倍にも3倍にも感じられます。川端康成が一高生時代にこの宿に泊まったことがあり、その体験をもとにして『伊豆の踊子』が書かれたのだそうです。その部屋は現在も残っていて、写真の2階のとろこです。この部屋に泊まっているお客さんがいなかったので、なかも見学させていただきました。
     客室は新しく快適な和室です。お風呂は夕方以降は貸切制になっていて、榧のマス風呂も、露天風呂つきの岩風呂も、貸切で入ることができます。料理も伊豆の海の幸をふんだんに。サービスも素朴で暖かくてよかったです。川の向こうで山口百恵が手を振っている夢を見ながら寝ました。久々の満点です(2007年11月宿泊)。
     

  • 朝日岳登山口にある本当の秘湯

    投稿日:2007年10月12日

    朝日岳登山口にある本当の秘湯古寺鉱泉 朝陽館

    ぽん太さん [入浴日:  -  /  - ]

    総合評価 55.0点

    お湯

    0 - 点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

     山形県の朝日岳の登山口にある鄙びの宿です。森を背後に渓流に面し、自然に囲まれています。
     建物が渋いです。風雪に耐え、ペンキもはげ、歪みも出ていますが、時間だけが作り出すことのできるすばらしい味があります。ぽん太の好みです。
     温泉は内湯がひとつだけ。入口に札を下げて、男女交代で入ります。広い浴室に、簡素なコンクリートの浴槽があります。浴槽は二つに分かれていて、写真の奥が源泉、手前は薪で加温してあります。加温してあるほうに入り、暑くなってきたら源泉をバケツでいれてうめるというのが、ここの入浴スタイルです。加温あり、加水なしの源泉掛け流しという分類になりましょうか? 源泉に直接入ってみたい気もしますが、源泉の温度は12.7度とのことで、とても無理です。鉄錆色をした非常に濃厚なお湯で、なめると甘塩っぱくて粉っぽいです。源泉は屋外で雨ざらしになっておりますので、お湯をなめすぎないよう注意しましょう。
     夕食は食堂でいただきます。メインのイワナのお刺身に、さまざまな地元の山菜料理が加わり、素朴ですが新鮮でとってもヘルシーです。
     部屋もいたってシンプル。鍵もなければテレビもありません。掃除が行き届いていて不潔感はなく、とっても気持ちが落ち着きます。フトンは宿の人が敷いてくれますが、浴衣やタオルはありません。
     基本的には高級な山小屋と考えるべきで、電気も夜10時に消灯、朝は登山客が4時頃から出発して行きます。ですから、飲んで騒いでという目的には不向きです。お風呂も一カ所に交代で入りますから、ひとりで何度も入浴するのは困難です。秘湯とは名ばかりの高級旅館も多いなか、本当の秘湯を味わいたい方にはお勧めです(2007年8月宿泊)。

  • 鄙びててのんびりできるにゃ~

    投稿日:2007年7月28日

    鄙びててのんびりできるにゃ~植木屋旅館

    ぽん太さん [入浴日:  -  /  - ]

    総合評価 55.0点

    お湯

    0 - 点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

     まだ地震がおきる前に泊まってきました。幸いこちらは地震による影響はなかったそうです。被災者の方には心からお見舞い申し上げます。
     山里のなかにある一軒宿で、昭和30年代風の鄙びた雰囲気が漂います。浴槽はさらに時代をさかのぼり、明治39年に造られたものがそのまま守られているそうです。ぬるめのお湯の温泉力も十分。食事も山菜の時期は終わってましたが、裏手の畑で採れたみずみずしい夏野菜。おもてなしもアットホームでとってもくつろげました。裏手の森にはアカショウビンが巣をかけたとのこと。夜になるとホタルが明滅していました。
     レトロで鄙びた温泉が大好きなぽん太の評価は満点です(2007年7月宿泊)。

  • 夕食も手が込んでいて美味しいと思いました

    投稿日:2007年7月23日

    夕食も手が込んでいて美味しいと思いました鯉川温泉(こいかわおんせん)

    ぽん太さん [入浴日:  -  /  - ]

    総合評価 55.0点

    お湯

    0 - 点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    レトロな雰囲気の内湯、茶褐色のお湯の温泉力、ぽん太も皆さんのクチコミ通り、高く評価したいと思います。
     ただ、これまでのクチコミで夕食が物足りないという意見がありましたが、ぽん太は大満足でした。たしかにぽん太も最初に見たときは、なんか質素だな~と思ったのですが、実際にいただいてみたら、魚のウニソースがけなど手が込んでいますし、刺身も新鮮でした。イワナの塩焼きだの揚げ立ての天ぷらだのはありませんが、日本酒好きの中高年のぽん太にとっては、最高のお料理でした。
     鄙びた温泉が好きなぽん太の評価は満点となります(2007年7月宿泊)。

  • 秘湯ファンには見逃せない宿

    投稿日:2007年6月9日

    秘湯ファンには見逃せない宿渡合温泉 ランプの宿

    ぽん太さん [入浴日:  -  /  - ]

    総合評価 55.0点

    お湯

    0 - 点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    林道が一般車通行禁止となっており、道の駅花街道付知に車を停め、送迎車で宿に向かいます。山小屋風のシンプルな木造の建物ですが、細かいところまで気が行き届いており、落ち着く洗練された雰囲気です。源泉の温度が10.5度なので沸かし湯ですが、浴室の窓から見える林がとてもきれいです。自然を愛するご主人と奥さんの暖かいおもてなしがうれしく、食事も山の幸がふんだんに、翌朝は遊歩道の入り口まで車で送っていただいて、裏木曽の杉や檜などの針葉樹の天然林を満喫しました。
     テレビなし、トイレは汲取式で、快適な旅館をご希望の方には不向きですが、不便はいとわず美しい自然と暖かいおもてなしを好む方には、とってもお勧めです。ぽん太の100件目の投稿ですが、それにふさわしい宿に泊まれてよかったです(2007年5月宿泊)。

  • 趣きある露天風呂

    投稿日:2007年4月28日

    趣きある露天風呂角間温泉 大湯

    ぽん太さん [入浴日:  -  /  - ]

    総合評価 55.0点

    お湯

    0 - 点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    越後屋さんに泊まったとき、鍵を借りて入りに行きました。角間温泉には三つの共同浴場がありますが、旅館街の中心の堂々とした風格があるのが「大湯」です。浴槽は新しく、手すりもついていますが、木造の屋根がとても見事です。そのほか、「滝の湯」は鄙びた雰囲気で一方の壁が岩になっています。また「新田の湯」は、古めかしい簡素な造りがアルカイックで美しいです。
     お湯は無色透明のナトリウム・塩化物硫酸温泉。もちろん源泉掛け流しですが、熱いのでホースで加水して入ります。
     観光客でにぎわう湯田中温泉や渋温泉に近く、志賀高原に向かうオリンピック道路のすぐ脇にありますが、静かで雰囲気がある温泉街です。他の共同浴場も含め、ぽん太の評価は満点です。(2007年3月入浴)

  • 静かで鄙びた木造旅館が好きな人にはお勧め

    投稿日:2007年4月20日

    静かで鄙びた木造旅館が好きな人にはお勧め角間温泉 越後屋

    ぽん太さん [入浴日:  -  /  - ]

    総合評価 55.0点

    お湯

    0 - 点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    湯田中温泉や渋温泉は超有名で、宿泊客でにぎわっていますが、その近くにある角間温泉は一般にはあまり知られていません。しかし、こじんまりとした温泉街は湯治場の雰囲気が残っており、林芙美子、吉川英治、横山大観など多くの文化人が滞在したことでも有名で、一度は訪れる価値はあります。
     越後屋は、木造三階建ての美しい建物が特徴です。明治後期に作られたものだそうで、1階より2階、2階より3階が手前にせり出す、独特の造りです。泊めていただいた部屋は、吉川英治が約1年半滞在して初期の作品を執筆した部屋だそうです。宿の一番奥の、急な階段を登ったところにあり、細かいところまで作り込まれた美しい和室でした。
     浴室は三つあり、ローマ風呂、明治後期のイタリア製タイルが美しい風呂、肌触りのいい木造の風呂と、それぞれ特色があります。露天風呂はありませんが、十分満足できます。お湯は無色透明のやわらかいお湯で、泉質はナトリウム・塩化物硫酸温泉。スキーで冷えたからだがぽかぽかに暖まりました。もちろん源泉掛け流しです。
     料理は地元の食材を使った素朴な郷土料理です。もう少し凝っているとうれしいのですが、宿の雰囲気にはこれくらいが合っているかもしれません。おいしゅうございました。
     鄙びた温泉街、美しい木造建築、源泉掛け流しのお湯がぽん太の好みで高得点となり、総合評価は5点満点です(2007年3月宿泊)。

  • 格式を感じさせる茅葺きの建物が見事

    投稿日:2007年4月20日

    格式を感じさせる茅葺きの建物が見事源泉亭 湯口屋

    ぽん太さん [入浴日:  -  /  - ]

    総合評価 55.0点

    お湯

    0 - 点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    岩瀬湯本温泉は、国道とは名ばかりの峠越えの山道の傍らにあるちっちゃな集落で、旅館も3~4軒しかありません。茅葺き屋根がいまでも残っていて、隠れ里のような雰囲気が漂います。つげ義春が4度も訪れたところとしても有名です。
     源泉亭湯口屋は、茅葺き屋根の堂々として品格のある建物です。立派な太い梁があり、床も黒光りしています。客室は、建物が古いので快適さには欠けますが、素朴で落ち着く部屋でした。
     お風呂は男女別の内湯のみで、石造りでこじんまりしています。薄緑にかすかに濁ったお湯で、もちろん源泉掛け流し。湯量はそれほど多くありません。泉質は塩化物泉で、泉温は48度だそうです。
     夕食は囲炉裏のある部屋でいただきます。地元の新鮮な素材を使った郷土料理で、豪華ではありませんが、都会を逃れてきたぽん太には何よりのごちそうでした。
     立派な茅葺きの建物、素朴で落ち着く雰囲気、おいしい郷土料理。温泉はちょっと迫力に欠けますが、値段も考えると5点満点以外ありません(2006年11月宿泊)。

  • 新たな試みにもチャレンジしてます

    投稿日:2006年12月8日

    新たな試みにもチャレンジしてます湯滝の宿 西屋

    ぽん太さん [入浴日:  -  /  - ]

    総合評価 55.0点

    お湯

    0 - 点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    ぽん太は10年ほど前に東屋さんに泊まったことがあるのですが、当時は、東屋・中屋・西屋と三軒並んだ茅葺き屋根がとても美しかった記憶があります。今回は、火事で唯一焼け残った西屋さんにお世話になりました。
     この旅館が古さを守り続けていることのすばらしさは、これまでのクチコミの通りですが、ぽん太がお伝えしたいのは、新しい試みも行っているという点です。
     夕食で、てっきりよくある会席料理が出てくるのかとおもったら、さにあらず。白い洋風の皿に盛られた、地元の野菜を使った海鮮サラダが、真ん中に置かれていました。そのほかにも野菜をふんだんに使った創作料理系のメニューが多く、とってもヘルシーでおいしかったです。もちろん岩魚の塩焼きや米沢牛の陶板焼きなどの定番は外していません。
     これをどう評価するかは最終的にはお客さんが決めることで、やっぱり普通の会席料理がいいという意見もあるでしょうが、ぽん太は「伝統にあぐらをかかず、新しい試みも行っている」という西屋さんの姿勢に拍手を送りたいと思います。文句なしの5点満点です(2006年11月宿泊)。

118件中 1件~10件を表示

前へ  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  次へ


  • 温泉ソムリエになって温泉を10倍楽しみませんか
  • 船井総合研究所温浴チーム
  • ofr48
  • 浴場市場

TOPへもどる