本文へジャンプします。

有名温泉地から日帰り温泉、露天風呂、秘湯まで温泉口コミ&クーポンが充実

【共通ヘッダー、トップ大小、特集トップ大】バスクリンWフォローCP

★施設投票

×

エラーが発生しました。 しばらく経ってから再度お試しください。

閉じる

アルカリ

アルカリ さん

平均43.9点 / 104件

東北の温泉には打ちのめされます。

性別男性 年齢 指定なし 住まい指定なし
HP指定なし
ブログhttp://arukari.cocolog-nifty.com/ok/2008/11/post-a6a8.html

104件中 61件~70件を表示

前へ  2 3 4 5 6 7 8 9 10 11  次へ

並び順

口コミ最新投稿順 |

口コミ点数の高い順

  • あの硫黄泉

    投稿日:2007年3月10日

    あの硫黄泉万座高原ホテル

    アルカリさん [入浴日:  -  /  - ]

    総合評価 44.0点

    お湯

    0 - 点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    名前が変わりまして、冬も石庭露天風呂に入れるようになりました。
    施設を増やして雪が積もっても行けるようになりました。
    以前は外にある階段を降りなければいけませんでした。
    冬は雪で踏み入ることが不可能でした。
    いまはエレベーターを使って付属の洗い場まで苦無くいけます。
    スノボで万座に行ってもあの硫黄泉に入れない勿体無さが解消です。
    あの硫黄泉、いまさら言う事も無いですが色が濃いです。黄色です。
    硫黄って、もともと字の如く黄色なんですよね。白じゃないのは、
    何かと化合してなくて単体の結晶で存在してるって事?
    ただ単に濃いからですか?あーぁよく解らん!
    硫黄の香りは万座に入ると直ぐ感じます。
    万座は有料道路がバリアーになりスキー場も空いてます。
    冬期は草津から回れませんから。
    草津まわりはドライブにお勧めです。その先、志賀高原までがもっと最高です。
    車は排気量のある方がいいと思います。

  • 御神体みたい

    投稿日:2007年3月9日

    御神体みたい小原温泉 かつらの湯

    アルカリさん [入浴日:  -  /  - ]

    総合評価 33.0点

    お湯

    0 - 点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    白石川岸の遊歩道の行き止まりにひっそり在りました。
    抉られた岩崖を利用した造りでなかなかおもしろいです。
    抉られた岩室と川を遊歩道が隔て、岩室前面を木造で屋根付けて囲ってある感じ
    川に背を向け岩室に降りてく配置、男女対称です。
    入り口は戸が無く暖簾が掛けてあるだけ
    くぐったらすぐ浴場だが浴槽は二メートル半位下に見える。(川面の高さに近い)
    広くない定員6,7人かな、暖簾からすぐ階段で岩盤壁づたいに下りていく
    すぐそこで脱衣、中央に男女一体の湯槽があり真ん中を木製の高い壁で
    間仕切ってある(岩室を二つに分けている)。湯は透明な熱めで長湯できなくていいかも。
    岩室の底で見上げ見渡してると自然崇拝的な祠の中に居るみたい
    川の土砂に埋れていたのを新たに掘り返されたことを思うと
    増して神妙な気分もしてくる。
    また確かにこの高さじゃ川に呑まれるだろうなと思えてきます。
    今は暖簾前までの遊歩道が堤防の役割をしているが(本来は逆が正しいかな堤防と遊歩道)
    それでも排出は難儀そうだ、下手したら川からの逆流食らうかも。
    秋の土曜午前で空いてましたです。

  • 五感への心配り

    投稿日:2007年3月3日

    五感への心配り道後温泉本館

    アルカリさん [入浴日:  -  /  - ]

    総合評価 44.0点

    お湯

    0 - 点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    自分も7,8年前にいきました。記憶違いも有ると思いますが。
    夕方からと朝早く行きましたどちらも神の湯のみ。
    夕方は混でましたね。ゆっくりできる状態ではなかった。
    入浴だけでさっさと上がり道後ビールで乾杯でした。直ぐそばです。
    「せんざんき」が品切れで食えなかったのが無念です。
    明治からの建物に加え迎えてくれる人たちの心配りも含めて確かに文化がありました。
    ただ単に時が流れただけの歴史ではなく、公人が訪れた時で無くとも、
    毎日毎日幾つかのドラマがありそれが刻まれて、それにより磨かれてきた温泉。 
    朝はこれが道後かと思い知らされた気がします。
    二階席利用です、浴室までの記憶がはっきりしないのですが、まず二階に上がって浴衣を持って
    一階浴室だったと思います。ここまでは印象が薄かったのかな。
    でここからです。浴室神の湯は石造りで外開部の無い為かのんびり感はあまり持てないが
    少し神聖な感じがする。神武より億人に親しまれて来たアルカリ単純泉の湯に
    “地震で湧出が止まったんや“などと思いながらゆっくりと浸かり、気分上々で湯から上がる。
    貸浴衣を着て腰で帯び締め、微かに軋む音をたてる木製階段を昇ってゆき
    二階休憩広間に戻った時が“これが道後か”と気分は最高潮に達す。
    広間には誰もおらず、奥から幾つか人数分、歴然と座布団が敷かれその前に浴衣入れ、お菓子とお茶が用意してあった。
    簾に囲まれた広間の朝の澄んだ空気と純和風の雰囲気と持て成しのすばらしさの独占、
    五感満足、この和みにこれまで何万の人々が魅了されたのか。
    サービス面としてはそっけないが無駄なくスマートに満足感を与えてくれた。
    あまりに多い人を捌く為にこうなったのか、いつからこのスタイルになったのかわからないが、昔からずっと変わらぬ感じがした。
    座布団の置き方、お茶お菓子の選定に至るまで道後の名に恥じないような心配りが感じられた。 
    一服し窓際に寄り簾を分け開けると燕が飛び交う空がありました。
    なんか凡人にも一句出来そうな気分にさせてくれました、がやはり無理でした。
    でもこの和みの中でのこの様な場面は、落成以来延々と繰り返されてきているのだと心相に耽させられました。
    皇族方の専用玄関が現在正面の裏側にあったりレトロなガス灯に囲まれたり
    外観もどこから見てもすばらしい。時代時代で良い方向に進化してきたと思う。
    が、ここ近年は色分け階段になったり塩素が入ったりお菓子が煎餅になったりしてるんですか?残念です。
    道後の源泉口は28あるそうで、そのうち17を現在使用みたいだけど、温度が違うみたいで
    それを4箇所に集め調整して分配してあるそうです。近年塩素が入るまでは昔より安定した良いお湯が流されてたのでは。
    古い順に1~28号泉で神の湯に在る源泉口跡は一番古いことになる、二号泉は昭和15年なのでだんとつに古い。
    この源泉口が古来道後の湯になるのですかね。
    使用してない枯れたのかな?いくつかの大地震のため何回か湧出が止まっている。

  • 十六夜

    投稿日:2007年2月27日

    十六夜ゆこたんの森

    アルカリさん [入浴日:  -  /  - ]

    総合評価 44.0点

    お湯

    0 - 点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    森の湯は日帰りでも十分満喫できるお湯と造りでもちろん良かったですが。
    自分は展望風呂の方にかなり長く入ってました。泉質は森の湯と同じナトリウム含低張性弱アルカリ性高温泉、
    高温を覗けば長湯にぴったりのいいお湯でした、景色を見たり浸かったり
    広くないですがほとんど貸切でしたのでリラックスできました。
    北東向きかな、岩手山(南部片富士)の片側だけ綺麗でなめらかな稜線が間近に見えます。
    裾野越しに、なだらかなに重なり続く山並や手前は広い牧草地で地形的に険しくないのに人工物がない雄大な景色が広がります。
    特に部屋の一畳半の出窓に座り込み灯りを消して見た月夜の夜景は神秘的で
    高原?が広がるのに人工光が無い北海道とは違う、なんか大陸ぽく見える、そんな感じだった。
    高い山が無い、岩手山で2038mが一番高い、ほかに見える山は1000m前後で
    低い山々が幾重に見える、平らではないのだが広大さを感じる。
    建物が緩やかにカーブしてるので部屋によって少しづつ視界は変わってきます。
    大きい施設なのでコンクリート造、展望風呂は天井が高く、そこまで東と北はガラス張りで開放感があり高いので馬鹿には最高でした。
    角の外にある太い柱が視野を切ってしまうが構造上しょうがない、ただ北側の外から見えないようフィルムは高く張りすぎですね。
    浴槽と床壁は御影石です床はユーロ風石畳のブロック敷きで気に入りました。
    意匠的にもかなりいけてる優れた建築物です。

  • 渡良瀬渓谷鉄道

    投稿日:2007年2月26日

    渡良瀬渓谷鉄道水沼駅温泉センター

    アルカリさん [入浴日:  -  /  - ]

    総合評価 33.0点

    お湯

    0 - 点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    最初に行った時は奥の露天は赤錆色が濃く浴槽の底が見えなかったはずです。
    そのあと何年かして行くと現在の湯ですね。あのお湯は何だったんだ。
    痕跡らしき染みが確認できたので記憶違いではないと思うのですが。
    たしかに現在のお湯のほうが湯上りさっぱりでいいのかも、
    そのためですかね?変わったと思うのですがどうなんだろう、
    猿川温泉の源泉って一種なのか?聞けゃーよかったですが。
    国道脇なので車で寄りやすいですが。かりんと色の列車で来たいと思う車の方
    結構いると思う自分もその一人でした。
    手前か奥のどこかの駅に車を止めて列車で行けば。駐車場確保とダイヤ確認してだけど。
    写真の駅なんかどうです、映画かドラマでここで撮ったのかなと思うシーンを見ました。

  • 近年はわかりません

    投稿日:2007年2月25日

    近年はわかりません富士眺望の湯 ゆらり

    アルカリさん [入浴日:  -  /  - ]

    総合評価 33.0点

    お湯

    0 - 点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    駐車場から階段を上がっていくアプローチいいですね。
    別のクチコミしながら思い出したもので、役立つクチコミじゃなくすみません。
    いつかの正月です、樽の振る舞い酒がありました。
    新年の爽快な富士山を見ながらのただ酒は美味かったです。
    銘柄は覚えてません。
    良い新年ありがとうございました。

  • 歩いて行くしかない

    投稿日:2007年2月25日

    歩いて行くしかない三斗小屋温泉 大黒屋

    アルカリさん [入浴日:  -  /  - ]

    総合評価 44.0点

    お湯

    0 - 点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    秋に行きました。那須の紅葉はロープウェイで楽に山頂や尾根から見れるわりには
    なかなかのもんです。皇室御用達でしたっけ。
    三斗小屋温泉へは下って行きます紅葉前線の下でした。
    煙草屋が取れなくてで期待してませんでしたが
    雰囲気がありよかったです。山小屋はここしか泊まったことが無いんですが、
    ここは旅館ですと言っても、むりなく言い張れる規模です。
    風呂は二ヶ所、ぬるくて狭い岩風呂ともう一つはで12畳位で無垢の板で壁と床まで張ってあり
    6畳位の浴槽が抜いてある、開口部が東と南の2面全部で木製窓なので感じも採光もいいです。
    熱めのすっきりした透明なお湯と無垢板の温もり感でしっかり暖まります、
    年季は入ってますので板の色は鮮やかではないですが。
    山歩きのほど良い疲れが入浴の気持ち良さを増してるかも。
    1時間で男女入れ替わりです。食事はやはり山小屋なんですね。
    酒はふなぐち菊水のコップサイズのアルミ缶があり何でこんなとこにと思いました。
    ふなぐちと何かもう一銘柄の二銘柄だけなのに。誰の趣味だ。
    購入しようとしてるとそばで昔お姉さんが、“この酒、甘くて口に合わないのよ”とか言って
    大人ぶってか酒好きぶってましたが、だいたいこうゆう人は子供のころ美味いもの食べてないか、しょっぱいものしか食べてないかで
    合成酒でも飲ましたら“好きだわ”何て言いそうなので腹は立ちませんでしたが失礼だなと思いながら、
    自分は迷わずふなぐち、残二缶でしたが買い占めました。得した気分。
    ほんとはもっとあったかも。すいません余計な事までクチコンでしまいました。
    今度は煙草屋もと思ってますがなかなか行けそうにありません。簡単に車でいけないところがいいですね。

  • 施設が余裕の

    投稿日:2007年2月24日

    施設が余裕の大子温泉保養センター 森林の温泉

    アルカリさん [入浴日:  -  /  - ]

    総合評価 33.0点

    お湯

    0 - 点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    露天から雲を眺め、たまに通過する飛行機を待つだけ、
    それだけです。 それだけでいいんです。
    男湯露天は余裕のある広い配置でそんなに混んでなかったのでそんな気分になるのかも。
    女湯露天のうなぎの寝床みたいな細長い所も入ってみたかったです。
    内湯はりんごが浮んでました。
    休憩大広間は百畳前後が一階と二階にあるので収容人数は
    テーマパークほどではないが日帰り施設としては多い部類
    大広間はほぼ埋ってました、バスもあるのかも。
    大人数に対応できるシステムとメニューで飲んで食って歌って騒いで風呂入って
    が常連スタイルみたいです。コンセプトは大宴会可能な日帰り温泉施設ですかね。
    地域のニーズに合っていて良いのではないですか。

  • 湯量に

    投稿日:2007年2月23日

    湯量に白根温泉大露天風呂薬師之湯

    アルカリさん [入浴日:  -  /  - ]

    総合評価 44.0点

    お湯

    0 - 点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    湯量はとにかく豊富です。
    内湯は特にお湯の流れと新鮮さが感じられました。
    露天の広さも大といえば大です。
    お湯の溢れる量は、眺めてると“いいのかなー”て気持になります。
    沼田街道のめぼしい入浴施設では一番奥で冬季金精峠閉鎖になると
    先は丸沼高原スキー場が一つあるだけなので、この辺では空いてる方では。
    最近は行って無いですが、だいぶ前から割引看板出してますよね。(看板二代目ですか?)

  • 鳴子での存在感は

    投稿日:2007年2月23日

    鳴子での存在感は湯の謌 吟の庄(旧:湯の宿 吟の庄)

    アルカリさん [入浴日:  -  /  - ]

    総合評価 33.0点

    お湯

    0 - 点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    大浴場と言うほど広くないが、源泉は性質の異なる二種
    アルカリ泉と硫黄泉、内湯アルカリ泉はぬるぬる感あり、
    露天の硫黄泉もしっかりした色と香りと酸性度、
    両者とも悪くない温泉で
    異なる泉質を掃き出し窓を挟んで楽しめるのは珍しいのでは。
    どちらの泉質も近くに強烈なのが並んで在るので評価に困る。
    鳴子でのインパクトには欠けるけど、綺麗でいい感じです。

104件中 61件~70件を表示

前へ  2 3 4 5 6 7 8 9 10 11  次へ


  • 温泉ソムリエになって温泉を10倍楽しみませんか
  • 船井総合研究所温浴チーム
  • ofr48
  • 浴場市場

TOPへもどる