本文へジャンプします。

有名温泉地から日帰り温泉、露天風呂、秘湯まで温泉口コミ&クーポンが充実

お得なクーポン特集はこちら!

★施設投票

×

エラーが発生しました。 しばらく経ってから再度お試しください。

閉じる

アルカリ

アルカリ さん

平均43.9点 / 104件

東北の温泉には打ちのめされます。

性別男性 年齢 指定なし 住まい指定なし
HP指定なし
ブログhttp://arukari.cocolog-nifty.com/ok/2008/11/post-a6a8.html

104件中 21件~30件を表示

前へ  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  次へ

並び順

口コミ最新投稿順 |

口コミ点数の高い順

  • ころがる石が如く

    投稿日:2008年7月13日

    ころがる石が如くかみのやま温泉 下大湯共同浴場(旧 下大湯公衆浴場)

    アルカリさん [入浴日:  -  /  - ]

    総合評価 44.0点

    お湯

    0 - 点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    一昔前の銭湯のような感じ
    大きな浴槽がドデッと一つある、浴槽内のタイルの水色がいい
    熱いお湯がかけ流し
    湯口の上にパイプで水も引かれ加水してあった。
    透明なお湯で浴槽の温度は熱くなく難なく入れました。
    建物自体からは江戸時代より続く歴史は感じられないが
    幼き頃の懐かしさみたいな感情は沸いてくる。
    脱衣所の鏡や椅子の会社広告の電話番号は今の桁数ではない。
    入浴料が100円は安い。洗髪料が100円、販売機で券を買い番台に出だす。
    洗髪料を払ったかどうかの区別は、
    洗髪券と書いた白いプラスチック(塩ビ)の大きい札を渡される。
    これがあれば堂々と髪が洗える。
    蛇口のハンドルは渡されなかった
    手前のカランには装着してあったが、奥のカランには確かにハンドルがなったぞ。
    ごく最近の2007年4月までは入浴料80円だった様です。洗髪料70円
    時の流れは加速してるみたいだ。
    下大湯は二階に休憩場広間がある。休憩料が300円である。
    上の山市街地にはほかにもいくつか地域ごとに共同浴場があるが
    温泉街は大きくなく町の一画と昔からの源泉付近に数軒だけである。
    町並みは城下町のたたずみを辛うじて残している。
    昔からの源泉がある上の湯町には、上の大湯もあった。今は無い。
    下大湯は江戸時代早々にその源泉近くから現在の位置に殿様によって移された。

  • 終着駅

    投稿日:2008年6月26日

    終着駅女川温泉 ゆぽっぽ

    アルカリさん [入浴日:  -  /  - ]

    総合評価 0 - 点

    お湯

    0 - 点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    時間がなく足湯だけの利用でした。
    女川駅はJR石巻線の終着駅
    その先に線路はありません。
    足湯は駅からだと出て直ぐ右にちょっとした広場が在り
    そこに六角屋根でドーナツ型の浴槽があります。
    竹柵で囲ってある。
    入浴施設の入り口もこの広場から。
    ホームに寄り添うような配置で隣接してます。
    駅とは違い新しい建物です。
    外からだとお座敷キハはホームに本当に停車しているかの様に見える。
    お湯は沸かしてある源泉は27.8℃ 使用位置43.7℃
    ナトリウムの多い高張性アルカリ低温泉でPH8.7と記載
    足だけでもすっきりすると気分は上昇する。
    また足湯は意外と温まるのだ。

  • ノスタルジアが甦る

    投稿日:2008年6月24日

    ノスタルジアが甦る追分温泉(おいわけおんせん)

    アルカリさん [入浴日:  -  /  - ]

    総合評価 0 - 点

    お湯

    0 - 点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    北上川河口付近に位置する海は直ぐそこですが、
    旅館は川から山に登り峠近くにある。川は見えないもちろん海もだ。
    建物のかまえは木造校舎を彷彿させる2階建ての木造。
    山奥の分校といった感じだ。
    海の気配はまったくしない
    だがやはり海の幸は低料金でこれでもかと言うほど出てくる。
    魚介類のオンパレードである。
    料理と安さも売りではあるが、物価も時代に取り残された感がある。
    お風呂は内湯のみ総板張りで節が多いため素朴な感じ、
    お湯は沸かしてある。
    床には一部で屋根に使うスレートを敷いていてなかなかにくい。
    カラン四つの洗い場と大きい浴槽と小さい浴槽の二つ浴槽がある。
    大きい方は湯口からお湯が注ぎこんでおり熱いがオーバーフローはない。
    小さいほうは温く半分は底からの泡風呂が付いている。
    内湯だが窓が大きいので開放感はある、男湯は窓越し直ぐに車が止まり
    客人が歩くが目隠しはない、それがいいと感じさせる。
    掃き出し窓があり濡れ縁まであるがさすがに出る人は居ないようだ。
    人目がないなら出て涼みたい濡れ縁ではあるが。
    建物全体もそうだが木造のほのぼのとした懐かしさがあり
    ヨタハチや自販機などの年代物がそれを助長する。
    ロビーの喫煙所にはかなり草臥れてるがギターやキーボードなどの楽器が置かれてある。
    満月の夜にはコンサートが開かれるとのこと。
    蛍光灯ではなく電球を使ったオレンジの光が黄昏時は格別に温もりを放つ。ノスタルジアが甦る。

  • 太鼓判を捺す。

    投稿日:2008年6月7日

    太鼓判を捺す。野沢温泉共同浴場 真湯

    アルカリさん [入浴日:  -  /  - ]

    総合評価 0 - 点

    お湯

    0 - 点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    野沢温泉外湯の中では
    泉質的に個性が一番強い温泉。
    含有成分数が多いようなお湯。
    緑の濁り湯で湯の花が白と黒が無数に混在。
    黒湯花が多く浮遊する。
    湯船から出るとすね毛などなどに纏わり付いている。
    黒湯花が多数くっ付いている。
    ビジュアル的には良いとは言いがたい。笑えるかも。
    湯量は少ないので新しくなっても狭さは変わらず。
    滝乃湯よほどの狭さではないが
    利用客も多いので落ち着けない。
    真湯付近の宿では真湯が野沢では一番と太鼓判を捺す。
    六つある源泉中では温度も高過ぎず
    泉質も確かに特異で真湯onlyの源泉である。

  • ちょいと古い話

    投稿日:2008年5月31日

    ちょいと古い話かやぶきの郷 薬師温泉 旅籠

    アルカリさん [入浴日:  -  /  - ]

    総合評価 0 - 点

    お湯

    0 - 点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    秋に半露天風呂付き部屋に泊まりました。
    部屋の造りは和室がふた間で半露天風呂付き、二階でした。
    勾配天井でしたので高さのある部屋で、
    収納とインテリアと兼ねてか和箪笥が幾つか置いてあり落ち着いた感じです。
    半露天風呂は半でもまだ厳しい表現ですが、天候に左右されずゆっくり浸かれるので
    いいのかも2階は見晴らしも利きました。速めのチェックインで正解でした。
    夕食は茅葺屋根の別棟で茅葺屋根ならではの
    囲炉裏端での食事で料理と共に雰囲気も非日常で良かったです。
    朝食も産みたて卵の馳走など、他にも至る所での心配りを感じました。
    (夕食の後部屋にもどると布団の用意と思わぬ演出が。)
    お湯は薬師温泉と言うのだから、泉質は良いのでしょう、川沿いに浴場があり湯船に
    浸かりながら滝が見えるお風呂がこちらの売りの一つです。TVでも見たことがあります。
    が砂防ダムからの滝なので、昼よりライトアップされた夜が美しい滝になります。
    この他にも立派な風呂々々が出来上がり古民家の趣きを兼ね差備えた宿泊施設と、
    茅葺屋根集落風のちょっとしたテーマパークが併設してるので、それと合わせて
    日帰りでも楽しめそうです。
    また雪積もる季節にでも訪れたいです。

  • お湯の使い方

    投稿日:2008年5月24日

    お湯の使い方湯川温泉 湯治 高繁旅館

    アルカリさん [入浴日:  -  /  - ]

    総合評価 33.0点

    お湯

    0 - 点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    混浴大浴場だけ利用、黄金風呂は見ただけです。
    湯量があり泉質も良いと思う
    しかし泉質がまあ良いと思ったのは飲泉用だけです。
    弱アルカリ泉、ぬるぬるも若干ある。これが源泉掛け流しだと思う。
    混浴大浴場の入り口にあり、熱いので隣に冷たい湧水も流してある。
    だが、お風呂のお湯は明らかに劣る匂いも良くない。
    約80度ある温度を下げる過程で泉質まで下げてしまっている感じだ。
    湯船のお湯はそれほど熱くないのである。
    湯量は捨てるぐらい豊富で熱いから規模は内湯も露天も広い。
    内湯は深さもあり隅には源泉サウナなるものがある。
    露天にはしめ縄がしてある でかい男シンボル岩がある。 
    首だけ出して入る蒸し風呂もある。
    混浴場の上に女性専用浴場あり。こちらも狭くはないと思われる。
    79.6度の毎分960Lも沸くお湯を持て余して
    うまく使えてないもったいない感じがした。

  • 予想外!

    投稿日:2008年5月18日

    予想外!天神岬温泉 しおかぜ荘

    アルカリさん [入浴日:  -  /  - ]

    総合評価 0 - 点

    お湯

    0 - 点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    泉質が良いと言うことで宿泊で行ってみました。 
    茶色のお湯でヌルヌルがこれ程とはびっくりです。
    こんなと所にもこんなお湯が沸くのか、意外な感想です。
    造りはコンクリート造のまあ近代的です。
    露天は小さいが海岸が近い。
    太平洋の水平線を大型船が行くのを眺めるもよし、
    旅客機の路線も頭の上で飛行機も頻繁に通過します。
    夕方前はのんびりできました。
    やはり人気があるらしく夕方は込み合い
    露天はいっぱいいっぱいでした。
    朝は日の出を拝むのもよし。
    日変わりで男女入れ替えになってます。
    刺身盛も安くて多くて新鮮でした。

  • 真秘湯

    投稿日:2008年5月9日

    真秘湯元湯夏油

    アルカリさん [入浴日:  -  /  - ]

    総合評価 55.0点

    お湯

    0 - 点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    内湯は白猿の湯と小天狗の湯
    野天は大湯 真湯 女の湯 滝の湯 疝気の湯
    滝の湯は野天といっても丸太の建物の中にある。
    どの源泉も自然湧出で露天は湯舟に源泉口がある
    昔から変わることがないその位置に存在する風呂達である。
    一番奥の大湯はちょっと熱め大湯だけに一番大きく深さもある。
    疝気の湯は直ぐ川の脇で温め、大型台風などの増水の時は川に飲まれるそうです。
    滝の湯は主に女性専用で造りは室内湯です。男性専用の時間帯あり。
    真湯は大湯と疝気の湯の中間の温度と大きさです。
    唯一川向こうにある女の湯は湧出量が少なくは入れる状態ではなかったです。
    真湯の脇から手すりのない木製の橋を渡っていきます。
    泉質はやや酸性で含硫黄ナトリウムカルシウム硫化物温泉。
    大湯 真湯 疝気の湯がほぼ同一で温度が違う。
    滝の湯はカルシウム含量が少なめの分、この中ではさらっとした方。
    内湯の小天狗の湯は黒い石灰の付着が凄い。
    元湯から徒歩20分の奥に国指定特別天然記念物 天狗の岩がある
    日本一の高さ大きさの石灰華で色が石灰なのに黒いときている。
    成長時は天辺の温泉に入浴できたそうです。
    小天狗の湯はこの石灰華と同質の石灰を含む、そのためにこのネーミングなのか。
    ここだけが24時間入浴可能である。
    こちらも内湯で白猿の湯は一番熱くラジウムも含有するらしい。
    どの源泉もラドンまでも含むすばらしい温泉である。

  • 円柱ポストと赤い屋根

    投稿日:2008年5月8日

    円柱ポストと赤い屋根稲住温泉

    アルカリさん [入浴日:  -  /  - ]

    総合評価 0 - 点

    お湯

    0 - 点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    なかなか見事な赤松林を抜けると赤い屋根が見えてきます。
    大浴場、ひょうたん風呂、石造り露天風呂と桶・釜の露天があるみたい。
    ひょうたん風呂は覗いただけで桶・釜露天風呂だけ頂きました。
    半露天の三畳ぐらいの湯舟の外に木製のデッキがあり
    デッキの端に樽がひとつと手前に釜がふたつ計三つの露天があります
    お湯はほぼ透明で若干白い細かい浮遊物がありました。
    湯口の石組みはお湯の流れるところが紫に輝いており目を惹いた。
    周りには鉄さびと思われる着色が在る。
    深めの樽風呂からは清流が見えます。
    清流沿いに桜が数本あり丁度良く満開で満足。
    意外と規模が在り建物の手入れは大変だと思います。
    日帰りでは全容がわからない迷宮的な造りでした。
    離れに泊まりたくなりました。

  • 一味違う南伊豆

    投稿日:2008年4月9日

    一味違う南伊豆花のおもてなし 南楽

    アルカリさん [入浴日:  -  /  - ]

    総合評価 44.0点

    お湯

    0 - 点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    大浴場は時間帯で男女入れ替えの宮の湯と甚兵衛の湯とそれぞれ違った感じ。
    造りや広さの差が凄いです。
    甚兵衛の湯は良いです、女性のほうが楽しめる時間設定です。
    お湯は癖がないシンプル湯。南伊豆に似合うお湯なのか。
    浴場はそのほかに下賀茂の温泉村と名の付く貸切風呂群がある。
    十ヶ所ほどである。
    入浴した所はどこも眺望はよくないがゆったりしている。
    貸切といってもデカイ所は内湯と露天があったりとかなりの広さです。
    子供がいても他人に迷惑をかけずに家族で賑やかに楽しんで入れると思う。
    狭いのが好きな人は広くない所もあるので御心配なく。
    建物全体が重厚な伝統和風でもちろん風呂もそれに沿った造りでどこもいい感じです。

104件中 21件~30件を表示

前へ  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  次へ


  • 温泉ソムリエになって温泉を10倍楽しみませんか
  • 船井総合研究所温浴チーム
  • ofr48
  • 浴場市場

TOPへもどる