本文へジャンプします。

有名温泉地から日帰り温泉、露天風呂、秘湯まで温泉口コミ&クーポンが充実

人気温泉スタンプラリー

★施設投票

×

エラーが発生しました。 しばらく経ってから再度お試しください。

閉じる

なっちゃん

なっちゃん さん

平均43.6点 / 307件

クチコミさぼりまくってた…入湯数に対して追いつかなくなってる状況っす。
残り3ヶ月半ほどの分はのんびりUPしよ(あれ?

性別男性 年齢 指定なし 住まい石川
HP指定なし
ブログ指定なし

307件中 81件~90件を表示

前へ  5 6 7 8 9 10 11 12 13 14  次へ

並び順

口コミ最新投稿順 |

口コミ点数の高い順

  • 旅館跡を活用した純重曹泉のヌルヌル湯

    投稿日:2005年12月26日

    旅館跡を活用した純重曹泉のヌルヌル湯憩いの湯 桑島(旧白峰温泉 桑島総湯)

    なっちゃんさん [入浴日:  -  /  - ]

    総合評価 33.0点

    お湯

    0 - 点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    白山市(旧白峰村)桑島地区に新たな総湯(共同湯)ができたという話は聞いてたのですが、
    新たに作ったのではなく廃業した旅館を村が買い取って公民館兼浴場として開放されたものです。
    なので館内は旅館名を含め旅館当時の跡が随所に残っており、駐車場もかなり広いです。
    浴場浴槽ともまあまあの広さで源泉が流されてるものの加温半循環でした。
    お湯は上流の白峰地区の白峰温泉から引湯したものなので白峰総湯と同じ、
    ただ引湯してる間に独特の純重曹泉のヌルヌル感が若干薄まっている印象を受けました。
    休憩所は浴場そばにあとから畳を敷いたこじんまりしたもので一服する程度でした。
    まだあまり知られてないので白峰総湯付近で祭事等が行われてる時の代用、
    またはスキー帰りの穴場として利用できそうな所でした。
    (2005.12.25入湯)

  • 手取川と瀬波川の合流を見ながらの湯

    投稿日:2005年12月26日

    手取川と瀬波川の合流を見ながらの湯大門温泉センター

    なっちゃんさん [入浴日:  -  /  - ]

    総合評価 33.0点

    お湯

    0 - 点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    白山市(旧吉野谷村)のR157沿いにあり、公民館と図書館と植物園「花ゆうゆう」が併設されてます。
    310円だったのがいつのまにか10円値下げされてました。
    浴場浴槽ともそれなりに広めで、やや熱めの湯と適温の湯の浴槽がありそれぞれ加温循環です。
    だいぶ前に行った時は打たせ湯があったはずですが止められてました。
    その打たせ湯があったあたりはかなり浅いので浴槽の隅をうまく使えば寝湯も可能です。
    お湯は含食塩芒硝石膏泉でカランの真ん中で飲泉可能、若干苦味があります。
    広い窓からは手取峡谷とその支流の瀬波川の合流と上流の橋を見ながらと景色はいいですね。
    休憩所はこじんまりしており一服する程度です。
    なお併設の図書館は冊数が少なく児童書の比率が高かったです。

    ここから1km範囲内には「白山里(重曹泉)」・「杉の子温泉(アル単、完全掛け流し)」があり、
    公共機関利用の方でも徒歩で移動可能、それぞれ湯が全く異なるので
    ここを含め手取峡谷散策を兼ねた湯めぐりをされるのもいいでしょう。
    (2005.12.25入湯)

  • 北陸初進出のスパ銭チェーン店

    投稿日:2005年12月15日

    北陸初進出のスパ銭チェーン店極楽湯 金沢野々市店

    なっちゃんさん [入浴日:  -  /  - ]

    総合評価 33.0点

    お湯

    0 - 点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    野々市町のNOA21そばの旧ジャスコ配送センター跡地に直営店で11/9に北陸地方初オープン、
    事前に全国各地の極楽湯のクチコミを見てから入湯してきました。
    オープン直後&週末ということでやはり混雑してましたが、
    パチンコ屋と駐車場が隣りあわせなので混雑具合はやや分かりにくいかもしれません。
    入館料は平日600円休日650円と差があるのは他の直営店と同様、会員(入会時100円)になると50円引き、
    営業時間が9~2時と遅くまで営業しており使い勝手はよさそう、
    リンスインシャンプー・ボディーソープ付きで50~100円差ならってことで、
    近接スパ銭の「しあわせの湯」や「美人の湯」をやや意識したような価格設定と営業時間ですね。
    上記の既存スパ銭の影響からかお風呂セットを持って入館される方が多かったです。
    天然温泉利用ということで近隣のスパ銭と似た黄褐色~茶褐色の食塩泉だと予想してたのだが、
    意外にもほぼ無色透明のよくある食塩泉といったところでした、加温循環です。
    (後日同僚が入りに行ったのですがやはり無色透明に驚いてました。)
    内湯・座湯・寝湯・岩露天・檜露天は温泉、ジャグジー・電気風呂は真湯でした。
    ここの湯の最大の売りは地元酒造の福光屋の原酒を希釈した純米酒桶風呂、
    1000倍に薄めてるとのことだが日本酒の匂いが漂い、若干ほろ酔い?気分で気持ちよく入湯できました。
    広めの食事処に対して男女別仕切りがある寝処は各6席とせまめでした。
    都市型スパ銭としては無難なつくりで可もなく不可もなくってところか、
    仕事帰り等の立寄り湯としては1ヶ所増えたのはうれしいところ、
    一応会員になったことだし気が向いたら平日限定でたまに寄らせてもらおうかな。

    他の全国の極楽湯に入られた方及び、
    酒風呂がある越後湯沢・ぽんしゅ館やなどに入られた方のクチコミも聞いてみたいです。
    (2005.11.18入湯)

  • 徒歩でしか行けない一里野の源泉

    投稿日:2005年12月15日

    徒歩でしか行けない一里野の源泉岩間温泉 元湯

    なっちゃんさん [入浴日:  -  /  - ]

    総合評価 44.0点

    お湯

    0 - 点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    白山市(旧尾口村)にあり、下流の新岩間温泉・一里野温泉の湯はここから引いてきております。
    新岩間温泉山崎旅館(既に冬季閉鎖の為今回未入湯)横のゲートからは歩くことになりますが、
    元湯までは作業車が通れる道なので難なくたどりつけるでしょう。
    V字の谷底からの川の流れを聞きながら約50分で休憩所(既に冬季閉鎖)と源泉の湯けむりが見えてきて、
    左手に混浴露天岩風呂、右手にブルーシートがかかった源泉があります。
    そばに脱衣所などはありませんので露天脇の岩に服を脱ぐことになります。
    お湯は若干塩っけがある匂いがする高温の弱食塩泉で源泉にはとても手を触れられず、
    任意で加水調節できるようになっており、既に水でうめてあったのでちょうどいい湯加減でした。
    紅葉時期ということもあってやや混雑しており、代わる代わる入湯される方が訪れてました。
    なおさらに奥には天然記念物にもなっている岩間の噴泉塔もありますが、
    今回はあらかじめ用意してたビールを早く空けたい欲求が強く未入湯です(笑)。
    帰りはずっと下り道、終わりかけの紅葉を見ながら
    湯上がりの心地よさと合わせて気持ちよく下りて来られました。
    (2005.11.13入湯)

  • 湯煙で満たされた半露天の食塩泉

    投稿日:2005年12月14日

    湯煙で満たされた半露天の食塩泉うみあかり 別館潮の香亭(旧 氷見グランドホテルマイアミ 別館 潮の香亭)

    なっちゃんさん [入浴日:  -  /  - ]

    総合評価 44.0点

    お湯

    0 - 点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    氷見市内には海沿い山あいに多くの温泉が点在してますが日帰りではここが一番有名で、
    ホテルとは別棟の丘の上にあり専用駐車場もあるので独立した日帰り施設として利用できます。
    半露天で晴れた日は窓が開け放たれますが、この日は小雪が舞う日だったので窓が閉められてました。
    寒い日だったせいもありますが浴場内は湯煙で先が見えないほど、足元には注意しなければなりませんが、
    岩が奥の方にも半身浴ができるなどほどよく配置されており、
    湯煙が個々の空間を保たせてくれたのも相まって、ほどよい濃さの食塩泉に気持ちよくつかれました。
    夏のみ加水されるだけで掛け流しですが消毒されてるのが惜しいところ、
    また他の方がおっしゃるとおり景色は山とホテルの間から富山湾が見える程度で意外によくないですね。
    休憩所はそのまま寝ちゃいそうな深いソファーにて、また畳敷きの部屋は別料金です。
    休憩所の壁上には大相撲の番付が張られておりました。
    施設内にも書かれてましたが朝8時から営業してるので次回は朝風呂で利用してみたいですね。
    ちなみにマイアミとは米国の有名保養都市からとったのではなく、
    富山湾の定置網漁法の「前網」をもじったものとのことです。

    *有名な富山湾越しの立山連峰の景色ですが、経験上冬の晴れた日が一番きれいに見えます。
    もっともこの時期に晴れる日はあまりないのですが‥
    夏などはここより近い富山市街からですらたとえ晴れててもあまり見えないことがあります。
    ただ季節問わず3000m級の連峰から昇ってくる朝焼けは見るたびに圧巻されます、
    この付近の旅館での宿泊時は日の出の頃にいったん起きて眺めておいて損はないです。
    (2005.12.11入湯)

  • 黄色い湯の華が舞う七尾の隠し湯

    投稿日:2005年12月14日

    黄色い湯の華が舞う七尾の隠し湯龍王閣

    なっちゃんさん [入浴日:  -  /  - ]

    総合評価 44.0点

    お湯

    0 - 点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    七尾市街からR160の最初のトンネルをくぐって左(氷見からだと2つ目のトンネルの先を右)、
    ひたすら田舎道を走らせると左手に看板が見えてきて一段上の丘の上に接骨院と併設の鄙びた建物があります。
    紹介された新聞の切抜きや温泉遺産の記事が玄関の壁に貼られており、湯にはかなり自信を持ってる印象。
    内湯のみで3,4人入れば一杯の浴槽ですが黄土色の湯の華が舞っておりました。
    加温循環ですが循環は湯の華を除去するのが目的で消毒なし、
    獅子の口から塩っぱい源泉が流れ出て浴槽からあふれ出ていたので加温掛け流しと言っていいでしょう。
    総計20000mgの若干濁った濃い食塩泉で北陸随一のラドンが多く含まれている湯とのことです。
    地元客が出て行った後は独占状態、湯の華をすくいながらじっくりつかってたせいか、
    小雪が舞う寒い日にもかかわらず体はずっとポカポカでした。
    七尾市内には和倉をはじめあちこちに公共民間の温泉がありますが、
    湯のみなら位置的にも忘れ去られたようなここの湯を求めて損はないでしょう。
    (2005.12.11入湯)

  • 木造旅館の雰囲気はいいが日帰り入浴では‥

    投稿日:2005年12月14日

    木造旅館の雰囲気はいいが日帰り入浴では‥大正浪漫の宿 渡月庵(宝仙閣別館 渡月庵)

    なっちゃんさん [入浴日:  -  /  - ]

    総合評価 33.0点

    お湯

    0 - 点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    寒くなると和倉の湯を求めたくなるということで入浴割引券があったこともあり訪ねてきました。
    海沿いを中心に大旅館のビルが立ち並ぶ和倉にあって、
    入り江沿いにある木造2階建てのこじんまりかつ時に取り残されたような建物が
    かえってかつての温泉街の光景が目に浮かぶようです。
    入口手前には掛け流しの足湯があり、変わらぬ和倉の濃い湯が流れてました。
    お風呂ですがぽん太さんの御指摘どおり温泉利用は内湯のみで六角形の狭い露天は沸かし湯でした。
    湯上がり後従業員の方に露天の件について尋ねたところ、
    和倉の湯は濃い強塩泉のため皮膚が弱い方には不向きで、
    肌が真っ赤になるなど大変な思いをされた方が今までに何人もいたとのことで、
    宿泊の場合の本館との相互利用可能なのを生かしてこちらの露天のみ沸かし湯にしたとのことです。
    なるほど考えようによってはいい配慮かもしれないが、
    ここのみの日帰り入浴1000円(割引券利用で900円)はやはり高すぎと我ながら少し後悔。
    あとは掛け流しの貸切風呂があるのですが別料金のためパスしました。
    基本的に日帰り入浴で行くような旅館ではないので風呂のみでは‥というとこですが、
    評価は建物の雰囲気と親切な説明などを考慮して‥ということです。
    (2005.12.11入湯)

  • 地元の御老人の語らいの場

    投稿日:2005年12月7日

    地元の御老人の語らいの場伊自良温泉

    なっちゃんさん [入浴日:  -  /  - ]

    総合評価 33.0点

    お湯

    0 - 点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    美山町(来年から福井市)の山あいにある日帰り施設です。
    いかにも地元の共同湯といった雰囲気、そのはず町民の70歳以上は200円で利用できるとのことです。
    お湯は加温循環された含食塩芒硝重曹泉で若干濁っており独特のヌルヌル感があります。
    脳卒中に効く湯とのことですが疲労回復などにも充分効きそうな湯でした。
    内湯一つのみで30分以上入ってましたが御老人の方がひっきりなしに出入りしておりました。
    「雪囲いの準備は?」「体の具合は?」などと語らいの場と化しており、
    それだけ地元では集会所を兼ねた愛されている印象を受けました。
    浴場の混雑具合同様こじんまりした休憩所も御老人の方で一杯、
    寝られるかどうかは御老人の皆様のおしゃべり次第でしょうね。
    なお日曜のみ蕎麦を出しております。
    (2005.12.4入湯)

  • 微炭酸の飲泉をお試しあれ

    投稿日:2005年12月7日

    微炭酸の飲泉をお試しあれ渓流温泉 冠荘(かんむりそう)

    なっちゃんさん [入浴日:  -  /  - ]

    総合評価 33.0点

    お湯

    0 - 点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    池田町のR417沿いの「酷道」で知られる冠山林道入口にあり、
    池田つながりで大阪・池田市の方は宿泊補助を若干受けられるとのことです。
    重曹冷鉱泉で浴場手前で飲泉可能、これが微炭酸が含まれ酸味がかった甘い味で何杯も飲みたくなります。
    浴槽は広めのものとジャグジーが止められた狭く浅めのものがあり、
    湯は中性だからか重曹泉っぽくなくややツルツルした感じでした。
    ただ加温循環されてるからか飲泉した時の微炭酸が全く見受けられず、
    源泉風呂があればなあと思ったのは湯めぐりを重ねてきた悲しい性でしょうか。
    また脱衣所が湯上がり後でもかなり寒かったのがやや不満でした。
    休憩所は山奥だからかガラガラでゆっくり寝られそうな雰囲気、
    食事どころもあるので日帰りで一日過ごすには良さそうなところでした。
    ツーリングや酷道好きな方なら林道(もちろん冬季閉鎖)を抜けた後に入るにはいいかと思います。
    (2005.12.4入湯)

  • 泉質の紹介が紛らわしいが湯使いは納得

    投稿日:2005年12月7日

    泉質の紹介が紛らわしいが湯使いは納得ラポーゼかわだ

    なっちゃんさん [入浴日:  -  /  - ]

    総合評価 33.0点

    お湯

    0 - 点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    鯖江市の東の山あいにある公共の宿で、鯖江駅からの市民バスでもアクセス可能です。
    洋風・和風風呂が日替わりで利用でき、男湯は洋風風呂の方でした。
    まず泉質の紹介の件でいきなり苦言っぽくなりますが、
    一部ガイド等では「長寿の湯(芒硝泉)」と「美人の湯(重曹泉)」の異なる湯を楽しめると紹介されており、
    また公式HPや内湯の説明文にも重曹泉と芒硝泉の特徴を各々記載してたりしてたので、
    それぞれの源泉が異なる湯を別々に利用または混合泉として利用してるのかと思いこんでいました。
    しかし浴場内の分析表を見たら1本の源泉からの「含硫黄-芒硝重曹泉」と記載されており、
    思い違いがあったのかもしれませんが泉質の紹介がやや紛らわしく感じました。
    お湯は硫黄臭はなく鉄分が含まれているからか若干赤褐色で芒硝泉の特徴の方が強く感じました。
    内湯は加温循環の温泉利用のものと白湯の気泡浴がありやや塩素臭が強く即退散しましたが、
    露天は加温掛け流しで適温だったのがなにより、
    掛け流しで利用されている温泉が少ないと言われる福井ではありがたいところです。
    森林を背景にして岩と人工滝を配した庭園を見ながらの湯でした。
    休憩所は畳敷きの2部屋用意されておりやや混雑ぎみでしたが一眠りする程度なら使えそうでした。
    (2005.12.4入湯)

307件中 81件~90件を表示

前へ  5 6 7 8 9 10 11 12 13 14  次へ


  • 温泉ソムリエになって温泉を10倍楽しみませんか
  • 船井総合研究所温浴チーム
  • ofr48
  • 浴場市場

TOPへもどる