本文へジャンプします。

有名温泉地から日帰り温泉、露天風呂、秘湯まで温泉口コミ&クーポンが充実

ニフティ温泉てぬぐいグランプリ

★施設投票

×

エラーが発生しました。 しばらく経ってから再度お試しください。

閉じる

ブドリ

ブドリ さん

平均43.6点 / 1005件

今日もいい湯に巡りあいますように。

性別指定なし 年齢 57歳 住まい奈良
HP指定なし
ブログ指定なし

1005件中 51件~60件を表示

前へ  2 3 4 5 6 7 8 9 10 11  次へ

並び順

口コミ最新投稿順 |

口コミ点数の高い順

  • 気兼ねなくゆっくりできる宿

    投稿日:2010年8月30日

    気兼ねなくゆっくりできる宿かわら崎 湯元館感想

    ブドリさん [入浴日: 2009年8月5日 / 1泊]

    総合評価 55.0点

    お湯

    55.0点

    施設

    55.0点

    サービス

    44.0点

    飲食

    44.0点

     昨年の夏、新潟を旅することに決めるまで、この宿のことは知りませんでした。放流式の露天風呂付の部屋で、2万円以内に泊まることができ、料理もよいという評判だったので、新潟で何泊かすることにしたとき、真っ先に予約を入れました。地図を見ると、駅から近いので、街中にある宿なのかと思っていました。じっさに行ってみると、駅の片側は賑やかだけれども、反対側はのどかさが漂っているという、田舎の駅によくある光景が広がっていました。駅には近いものの、のんびりした雰囲気にまずほっとしました。
     玄関前は庭になっていて、そこに小さな流がつくってあります。なんと、そこにはグッピーが泳いでいました。宿の方の話だと、他の種類もいて、温泉を利用して飼っておられるのだとか。これには驚かされました。
     玄関を入ると、雑多なものが目に飛び込んできます。古いポスターやらジュークボックスやら、懐かしさを感じさせるものがここかしこに置いてあります。私はこういう雰囲気が嫌いではありませんが、その雑然とした、ある一種の不協和音とでもいうべき館内の様子は、好き嫌いの分かれるところかも知れません。
     この宿は野口悦男さんにゆかりの深い宿で、一昨年急逝された野口さんを「偲ぶ会」が、2009年4月にこの宿で開かれました。私たちが訪ねたのはその後のことで、廊下の壁には野口さんの写真が多数飾られていていました。
     しみじみさんの口コミを見ると、以前はこの宿に対して「色んなコメント」があったようですね。もう削除されてしまったそのコメントには、おそらく接客態度に対するものがあったのだろうとゆずさんの口コミをみて勝手に創造してしまいました。私たちのお気に入り宿、「満山荘」に対しても同様の口コミがありましたから。私たちはこの程度で十分に満足です。最近、よくある方式で、布団はチェックイン前に敷いてあり、食事は食事処でいただく、そうすることで、従業員が部屋を訪れることをなくし、ゆったりと過ごせるようにする、それはこの宿の気配りのあり方ではないでしょうか。もちろん、そこには従業員を減らし、経費を節約する目的も大いに含まれています。しかし、それは結局、宿泊料金として客に還元されるわけですから、客のほうも歓迎すべきことでしょう。水も漏らさぬサービスぶりも心地よいものなのかもしれませんが、私たちは、このような家族的な宿の方が、気兼ねすることなくゆっくり過ごすことができて、好感が持てます。ぜひ、再度訪ねたいと思います。

  • 効能書きが…

    投稿日:2010年8月29日

    効能書きが…中子沢温泉 羽川荘(閉館しました)感想

    ブドリさん [入浴日: 2009年8月5日 / 2時間以内]

    総合評価 33.0点

    お湯

    33.0点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

     R252号、中島交差点に案内看板が出ています。それを見落とさずに県道に入ると、後は道なりに進むと、やがて右手に白い建物が見えてきます。羽川荘です。
     受付を済ませ、浴場に向かう廊下には、この温泉がいかにすばらしいか、効能書きやら何やら様々なものが張り出してあり、やや五月蠅く感じてしまいました。「木ノ葉石の湯」といい、鈴木牧之の「北越雪譜」にも触れられている、由緒のあるお湯らしい。どんなお湯なのか、期待に胸が弾みましたが、いざ入ってみると、残念ながら、無色透明、無味無臭、ほとんど個性を感じることができない湯でした。加熱・循環なのでしかたがないかなと思いましたが、源泉は炭酸を含んでいるらしいので、加熱していない源泉を味えないのが残念でした。

  • 濃い食塩泉と眺望に満足

    投稿日:2010年8月29日

    濃い食塩泉と眺望に満足ホテルサンローラ えちご川口温泉(旧 えちご川口 和楽美の湯)感想

    ブドリさん [入浴日: 2009年8月5日 / 2時間以内]

    総合評価 55.0点

    お湯

    55.0点

    施設

    44.0点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

     河岸段丘の丘の上に設けられている「蒼丘の杜公園」という総合施設にある温泉施設で、もとは町営施設だったようです。「蒼丘の杜公園」にはキャンプ場や運動施設があり、温泉施設に隣接してホテルも建設されています。先の中越地震で大きな被害を受けましたが、その後、順調に復旧したとのことです。
     受付で入浴券を渡すと、タオル・浴衣セットと共に、ロッカーのカードが渡されます。渡り廊下の先にプールを挟んで男女の浴室があり、入れ替え制になっているようです。脱衣ロッカーは、入浴のみ、入浴とプール、プールのみの利用形態で色分けされていて、ロッカーカードの色はそれに合わせてあります。ロッカーは指定制ではありません。ロッカーにカードを差すと鍵が使用できるようになり、帰るときにはカードを抜いて受付に返します。
     浴室の施設は充実しています。大浴槽、電気風呂、サウナ、水風呂、寝湯、腰掛け湯、露天風呂があります。ほとんどの湯舟が源泉を薄めて利用していますが、露天風呂には源泉そのものの浴槽があり、他の浴槽と濃さが全く異なります。温度も高めで、温い湯がお好きな方にはつらいかもしれません。この露天風呂からの眺めが申し分なく、眼下に信濃川と魚野川が合流する雄大な景色が広がります。この眺めだけでも値打ちがあります。
     お湯は強烈な食塩泉で、赤褐色に濁り、強い塩味があり、独特のにおいがします。源泉の浴槽だけでなく、他の浴槽でも強い塩味が感じられました。(濁りは源泉浴槽のみ)
     なお、利用料金は大人600円とありますが、値上げがあったらしく、現在は大人700円(夜間600円)、小人550円(夜間450円)になっています。
     地元では人気の施設らしく、平日の昼間だというのに、たいへん混雑していました。

  • 湯舟に溢れる褐色の湯

    投稿日:2010年8月29日

    湯舟に溢れる褐色の湯真人天然温泉 ふれあいメゾン(閉館しました)感想

    ブドリさん [入浴日: 2009年8月5日 / 2時間以内]

    総合評価 44.0点

    お湯

    44.0点

    施設

    33.0点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

     十日町から県道49号を北に車を走らせると、やがて左手にこの施設が見えてきます。便数はあまりないようですが、バスも通っていて、温泉の前にバス停がありました。
     小千谷市のHPによりますと、この温泉は「以前、テラピアを養殖していた業者が掘った井戸から湧き出た温泉を、そのまま放置しておくのはもったいないと、地元・真人地区の住民が出資し、真人ふるさと振興開発株式会社を設立。西暦1993年(平成5年)11月から、地域ぐるみで温泉事業をはじめ」たもので、1日に200人程度の利用があるとか。
     建物は2階建て、地元の人たちが経営するだけに、飾り気のない素朴な建物の印象です。中に入ると、野菜などを販売するコーナーもあり、地元に密着した雰囲気が感じられました。利用料金は600円とありますが、それは貸しバスタオル付きで利用した場合で、タオル付きだけだと500円でした。
     浴室は2階にあります。これも四角い湯舟が一つだけの簡素なものです。十数名は入れる大きさです。その湯舟に惜しげもなく源泉が注がれています。源泉の温度はやや低めであるため、加熱が必要かと思われますが、それにしては注がれるお湯の量が多く、驚かされました。お湯は褐色・透明で、におい、味はあまり感じられませんでした。「弱アルカリ性低張性の単純温泉」で、「神経痛、五十肩、慢性消化器病、冷え性、疲労回復など」に効くそうですが、どうでしょうか。ただ口コミで効能が広がり、利用者は増えていると、小千谷市のHPでは紹介されていました。
     地元の方と肩を並べてのんびりとするにはいい施設だと思います。なお、この施設の斜向に、「えこじの湯」という、入るのに相当勇気の要る施設があります。ここを訪ねた時には、そちらも利用してみてください。

  • 半端でない量のお湯が溢れ出ています。

    投稿日:2010年8月24日

    半端でない量のお湯が溢れ出ています。下条温泉 みよしの湯(閉館しました)感想

    ブドリさん [入浴日: 2009年8月5日 / 2時間以内]

    総合評価 44.0点

    お湯

    44.0点

    施設

    33.0点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

     R117を下条郵便局のとろこで西に入り、しばらく進むと右手に見えてきます。
     温泉情報誌に載っている施設でしたので、あまり期待せずに訪ねました。施設が見えてきたところで、期待しなかったのは正しかったなとまた思いました。ところがです。浴室の扉を開けたとたんに、それが間違いだったことに気づかされました。まったく嬉しい誤算でした。こんなところでこれほどすばらしい放流式の温泉施設にめぐりあえるとは。
     さほど大きくない四角い石造りの湯舟には薄い茶褐色の湯が満たされています。奥の角が湯口になっているのですが、そこから湯が吹き上げる感じで常時注がれていて、手前の湯舟の縁から惜しげもなく溢れ出ていました。半端な量ではありません。源泉の温度が33℃しかなく、加熱してあるはずなのですが、それにしてはよくあれだけの量を注ぎ続けられるものだと思いました。
     お湯はこの近隣の温泉に比較すると、薄く感じられますが、その分、入りやすいという印象です。においもほとんど感じられず、これといった味もありません。モール系の温泉を期待していくとがっかりすることになるでしょう。スーパー銭湯系の施設の良さや清潔さを求める人には向きません。近隣の方の普段づかいの温泉施設という印象です。非常に庶民的です。
     なお、入浴料500円という紹介ですが、なぜか私たちが訪ねた時は400で入ることができました。
     

  • 混んでいました。

    投稿日:2010年8月24日

    混んでいました。千手温泉 千年の湯感想

    ブドリさん [入浴日: 2009年8月4日 / 2時間以内]

    総合評価 44.0点

    お湯

    44.0点

    施設

    44.0点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

     平日のお昼に訪ねたにもかかわらず、大勢の人で賑わっていました。だいたい地元の高齢の方が多いのですが、中には若い人や子連れの男性などもちらほらおられ、やや驚かされました。
     お湯については他の方々が口コミなさっているとおり、個性的なお湯が放流式で用いられていて、泉質を重視される方でも満足することができるのではないでしょうか。特に桧風呂は、温泉のにおいと桧の香りが合わさって独特のにおいになっていて、新鮮な印象を受けました。
     いい温泉のあと、私たちも「へぎ蕎麦」を賞味し、充実した旅の一日となりました。

  • いつまでも守っていってほしい温泉宿

    投稿日:2010年8月23日

    いつまでも守っていってほしい温泉宿松之山温泉 凌雲閣感想

    ブドリさん [入浴日: 2009年8月4日 / 1泊]

    総合評価 55.0点

    お湯

    44.0点

    施設

    44.0点

    サービス

    55.0点

    飲食

    44.0点

     古風な木造3階建て、関西には少ないアブラ臭の温泉、日本秘湯を守る会の温泉、日本有数の棚田などに惹かれて泊まってきました。やや古い情報で申しわけありません。
     「守る会」のサイトで、本館3階に泊まるプランがあったので、それを利用して予約しました。古い建物ゆえ、それなりに不自由なところもありますが、手入れは行き届いていましたし、水周りは新しくしてありましたので、快適に過ごすことができました。
     お湯については、他の方々が多く語られていますので重複する部分はできるだけ避けたいと思います。特筆すべきは、大浴場と家族風呂では泉質がやや異なるということです。家族風呂の方は完全な放流式になっていますし、湯舟が小さい分、お湯が新鮮に感じられました。伴侶はこちらが断然よいと申しておりました。
     料理は鯉が主役のようでしたが、鯉の苦手な私は事前に連絡しておいたので、山菜主役の料理になっておりました。どれもよく工夫された料理でたいへんおいしくいただくことができ、幸せな気持ちでした。
     建物、料理、お湯、どれをとっても個性的かつ上質で、いつまでもそれをまもっていってほしい温泉宿だと強く感じました。また、訪ねたいと思います。

  • やや冷たい源泉が気持ちいい

    投稿日:2010年8月22日

    やや冷たい源泉が気持ちいい渋海リバーサイド ゆのしま感想

    ブドリさん [入浴日: 2009年8月4日 / 2時間以内]

    総合評価 33.0点

    お湯

    33.0点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

     県道243号、渋海川沿いにある宿です。旅館というより山小屋か民宿といった雰囲気です。県道を走っていると大きな三角屋根が目に付くのですぐにわかると思います。
     内風呂の浴室は全て木で作ってあり、あたたかみがあります。小さな石造りの露天風呂もありました。内風呂の窓は大きくとってあり開放的なのですが、隣家から丸見えの状態です。まあ、旅先ですからあまり気にはなりませんでしたが。露天風呂からの景色も裏の畑と畑を挟んだ民家(その向うに山は見えますが)なので、こちらも入るのに若干の勇気が要りました。
     源泉の温度が25℃と低いので、加熱しており、加熱目的の循環もなされています。けれども源泉も常時蛇口から注がれているうえ、湯舟の大きさがさほど大きくないので、お湯は悪くありません。若干の硫黄臭があり、白い糸状の湯の華が舞う、ほんのり黄褐色に染まった透明のお湯です。窓の外の景色には目をつぶり、お湯だけ楽しむことに絞ればまずまずの施設ではないでしょうか。

  • 途中でお湯の色が変化してびっくり

    投稿日:2010年8月22日

    途中でお湯の色が変化してびっくり兎口露天風呂 翠の湯(閉館しました)感想

    ブドリさん [入浴日: 2009年8月4日 / 2時間以内]

    総合評価 55.0点

    お湯

    55.0点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

     施設のディープさについては他の方が書かれている通りです。お湯についても、ほぼ同様なのですが、一つ驚かされたことがありました。
     私たちが入った時には、お湯の色は暗緑褐色とでもいいましょうか、緑がかった灰色に近い色でした。でか丸さんの写真のお湯の色とは全く違っていました。
     お湯を十分楽しんで、さあ上がろうとした時です。注ぎ口の蛇口が振動し、ごごごごごっという音が鳴り始めたかたと思うと、蛇口から全く色の異なるお湯が出てくるではありませんか。それはあっという間に全体に広がっていって、湯舟のお湯は抹茶を点てたような色に変わっていきました。ほんの1分ほどのできごとでしたが、自然の力に本当に驚かされました。

  • 地元の方が大切にされているようです

    投稿日:2010年8月22日

    地元の方が大切にされているようですゆくら妻有感想

    ブドリさん [入浴日: 2009年8月4日 / 2時間以内]

    総合評価 44.0点

    お湯

    44.0点

    施設

    44.0点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

     平日のお昼に訪ねたわりには入浴しておられる方が多いという印象でした。ほとんどが地元の方でした。私たちがこの辺りで訪ねたところは、鄙びたところが多く、このような新しい日帰り入浴施設が新鮮に感じられました。
     お湯はみなさんご指摘の通り、アブラ臭のある、ほんのり褐色に染まったお湯です。加熱、循環はしていないそうで、日によって温度が異なるようです。
     お風呂上りには無料の休憩所でゆっくり休むことができ、その点も好評のようです。地元の方が大切にしておられる施設なのもうなずけます。

1005件中 51件~60件を表示

前へ  2 3 4 5 6 7 8 9 10 11  次へ


  • 温泉ソムリエになって温泉を10倍楽しみませんか
  • 船井総合研究所温浴チーム
  • ofr48
  • 浴場市場

TOPへもどる