本文へジャンプします。

有名温泉地から日帰り温泉、露天風呂、秘湯まで温泉口コミ&クーポンが充実

【共通ヘッダ】会員登録訴求(PC)

★施設投票

×

エラーが発生しました。 しばらく経ってから再度お試しください。

閉じる

ブドリ

ブドリ さん

平均43.6点 / 1005件

今日もいい湯に巡りあいますように。

性別指定なし 年齢 57歳 住まい奈良
HP指定なし
ブログ指定なし

1005件中 21件~30件を表示

前へ  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  次へ

並び順

口コミ最新投稿順 |

口コミ点数の高い順

  • 時代を感じさせる温泉銭湯②

    投稿日:2010年9月23日

    時代を感じさせる温泉銭湯②入来温泉 湯之山館(旧 入来温泉 あぜろ湯)感想

    ブドリさん [入浴日: 2009年12月25日 / 2時間以内]

    総合評価 44.0点

    お湯

    44.0点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    ここあぜろ湯も柴垣湯同様、入来温泉の温泉街にある市営の温泉施設です。外観では柴垣湯の風情にかなり劣りますが、こちらも時代を経た重みを感じさせてくれる温泉銭湯です。
     お湯のほうも柴垣湯とよく似ていますが、源泉は異なります。柴垣湯は、色づいてはいますが透けて見えるお湯で、こちらは黄褐色の濁り湯になっています。源泉の温度がこちらの方が高く、一旦、小さい浴槽で冷まして利用しているため、空気に触れて濁り湯になっているのかもしれません。小さい方の浴槽は激熱で、「入らないように」との注意書きがありました。
     また、あぜろ湯の方は臭いも独特で、その点も柴垣湯と大きく異なります。ちょっと癖のある臭いで、私は好きになりませんでした。どちらか選べと言われたら柴垣湯を選ぶでしょうか。いずれにせよ、一浴の価値はありますので、こちらの地方を訪ねられた際は是非お試しになってください。

  • 時代を感じさせる温泉銭湯

    投稿日:2010年9月23日

    時代を感じさせる温泉銭湯入来温泉 柴垣湯(閉館しました)感想

    ブドリさん [入浴日: 2009年12月25日 / 2時間以内]

    総合評価 44.0点

    お湯

    44.0点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    入来温泉は温泉街ということですが、それにしてはややさびしい感じのする町並みでした。その一角に柴垣湯がありました。破風を載せたような入り口からして時代を感じさせてくれます。
     ところが、さあ入ろうとして、足が止まってしまいました。入り口は二つに分かれていて、男女別になっているように思われるのに、どこにも表示がありません。人の出入りもないので、仕方なく向の散髪屋のおばさんに尋ねたところ、左側が男湯だと教えいただき、勇んで中に入りました。入ってみて納得。入り口は二つあるけれど、中は男女共用スペースになっていて、どちらから入ろうが結局は同じでした。なあんだ。
     番台風の受付を経て中に入ると、浴場の真ん中に四角い湯舟があり、壁の方が洗い場になっていました。湯舟にはうすく緑褐色に濁る湯が満たされていて、奥の石造りの湯口から源泉が注がれています。注ぎ口はお湯の成分で茶褐色に変色しています。お湯は塩味と金気を感じる炭酸味、とても温まります。入られている方は地元の方が多いようでした。施設は古びていますが、良質の湯に入ることができて、幸せでした。

  • 驚愕、熱い湯なのに泡付き

    投稿日:2010年9月23日

    驚愕、熱い湯なのに泡付き諏訪温泉感想

    ブドリさん [入浴日: 2010年9月23日 / 2時間以内]

    総合評価 55.0点

    お湯

    55.0点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    ここも伴侶の下調べのなせる技。国道から少し山の方に入ったところにあるけれど、住宅も並ぶ何気ない郊外の景色の中に諏訪温泉はありました。人気の温泉らしく、昼間から混んでいます。受付を済ませて奥に入ると、殿湯と表示のある男湯の前に飲泉所がありました。飲んでみると、塩気と金気のある炭酸味。そうか、ここの湯は炭酸を含んでいるんだと思いながら中へ。
     湯舟は壁を隔てて2ヶ所に大きく分かれていて、片方には褐色の湯、もう一方には、やや青みがかった濁り湯が入れられていました。褐色の湯はぬるめ、青みのある方はかなり高温です。この青みのある方に入ってほんとうに驚かされました。がつんとくるほど熱い湯でありながら、体を沈めると、なんと気泡がまとわりつくではありませんか。これまでぬるい湯でしか体験したことがなかった泡付きを、こんな高温のお湯で体験できるとは思いもよりませんでした。びっくりです。
     ここは一泊二食、一万円以下で宿泊もできるので、今度は泊まりでこの湯をじっくり味わいたいものだと思いました。いやはや鹿児島、とくにこの入来付近の温泉に脱帽です。

  • ゆったりできます

    投稿日:2010年9月23日

    ゆったりできます藺牟田温泉 さざらし会館感想

    ブドリさん [入浴日: 2009年12月25日 / 2時間以内]

    総合評価 33.0点

    お湯

    33.0点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    福祉会館の名のとおり、地域に密着した施設で、私たちが訪ねたときにも、お年寄りが大勢来られていました。お邪魔にならないように入浴させていただきました。
     浴場には小判型の湯舟が一つきりで、真ん中が仕切られています。やや深めの湯舟で、中には無色透明のきれいなお湯が満ちています。湯口からは常時源泉が注がれていて、放流式になっています。温度は適温で、その雰囲気もあいまってゆったりとした気持ちで入浴することができました。源泉の投入量がやや少ないのが難点です。
     ここは炬燵も完備した個室の休憩室を安く利用できるので、それを利用して、一日ゆっくり過ごすのもいいかもしれません。それにしても薩摩の温泉はどこも安い!

  • こんな浴感ははじめて

    投稿日:2010年9月23日

    こんな浴感ははじめて紫尾温泉 旅籠 しび荘感想

    ブドリさん [入浴日: 2009年12月25日 / 2時間以内]

    総合評価 55.0点

    お湯

    55.0点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    普段の旅では私が下調べすることが多いのですが、今回の鹿児島の旅は伴侶に任せきり。何の予備知識もなしに旅に出ました。@niftyすら見ていません。旅の2日目、伴侶がどうしてもここに行きたいと言うので、仕方なしに訪ねることにしました。主にまわることになっていた地域とは少し離れているうえ、一旦市街地を抜けないといけないので、なんだか面倒くさかったのです。
     ところが、紫尾荘の湯に浸かってみて、心の底から来てよかったと、伴侶にも感謝しました。放浪人さんやイーダちゃんさんが激賞されるのも納得です。こんな浴感は初めてでした。見た目は透明感があって、さらさらとしている感じです。午前中に訪ねたので、日の光を受けてそれがいっそう増しています。中原中也の詩ではありませんが、「さらさらと さらさらと流れているのでありました」と言いたい雰囲気です。ところが見た目とは違い、浴感はぬめりがあり、肌の上を滑らかに流れていく感触です。イーダちゃんさんがうまく表現されていますが、その通りの浴感でした。よく見ると、黒っぽい湯の華が少しだけ舞っていました。仄かに硫黄のにおいもします。お湯に反射する日の光と硫黄のにおいに包まれて、しばし陶然とした時間を過ごしました。まさに「神の湯」の名にふさわしいお湯です。
     もう一つの湯舟はとってつけたような感じなのですが、こちらもいいお湯で、ぬる湯好きの方には垂涎ものです。やや緑がかった透明のお湯で、こちらも肌にやわらかいお湯でした。
     ああ、でもやっぱり旅に出る前は@niftyをしっかり見ておかないといけないなと、再認識いたしました。^_^;

  • 時間によってお湯の色が変化する?

    投稿日:2010年9月23日

    時間によってお湯の色が変化する?和気湯感想

    ブドリさん [入浴日: 2009年12月25日 / 2時間以内]

    総合評価 55.0点

    お湯

    44.0点

    施設

    0 - 点

    サービス

    55.0点

    飲食

    0 - 点

    一時期、川の氾濫などで温泉が出なくなっていたのを、所有者の方の気の遠くなるような努力で復活したとお聞きしました。無料で開放していただいていること、清掃も含めて管理をしてくださっていることに感謝してもしきれません。以前は囲いもなかったようですが、私たちが訪ねた時には、少しだけ目隠しがほどこされていました。それでもこの湯の野趣は失われません。すばらしい温泉です。
     基本情報に載せられている写真を見ると、それほど濁った湯には見えませんが、私たちが訪ねた時には緑がかった乳白色に濁った湯が満ちていました。ここは時間によってお湯の色が変化するようですね。
     すばらしいお湯を開放してくださっている、所有者の方に敬意を表して、☆☆☆☆☆とさせていただきました。

  • 至福の時が味わえます

    投稿日:2010年9月23日

    至福の時が味わえますおりはし旅館感想

    ブドリさん [入浴日: 2009年12月25日 / 1泊]

    総合評価 55.0点

    お湯

    55.0点

    施設

    55.0点

    サービス

    44.0点

    飲食

    44.0点

    昨年末、鹿児島の旅の一泊目は、ここ「おりはし旅館」でした。さんざんあちこち回った挙句、宿にたどり着いたのはやや遅めの時間でした。最も日の短い時季のことゆえ、辺りはすでに闇に包まれ始めていましたが、宿の玄関周りの小粋な雰囲気は暗い中でも伝わってきて、これからここに泊まるかと思うと、期待で胸が膨らみました。
     予約する際、本館にするか離れにするか迷ったのですが、時代を経た木造建築にひかれて、本館にすることにしました。宿の方の話では本館では、間の部屋には客を入れず、四隅にある部屋しか使わないとのことで、これならお隣に気兼ねすることなく、安心して本館に泊まることができます。
     部屋に入ると、宿の掛け物にしては珍しく、拓本の軸がかけられていることに気が付きました。何の拓本かと見ると、常建の「題破山寺後禅院」という詩で、「米ふつ書」(「ふつ」は文字化けしますので、ひらがな表記しています)とあります。伴侶は「米ふつらしくない。」と申しておりましたが、浅学の私には分からず、ただ、時代を経た部屋の雰囲気にあっていると思ったにすぎません。軸のかけられた床の間の横の板戸には、色はところどころ剥げてはいますが、中国風の仙人と子どもの絵が描かれていて、長い時代、この宿が大切にされてきたことを物語っていました。
     部屋で一息いれた後、夕食前に時間制限のある「きず湯」に入ることにしました。風情のある庭を抜けて浴場にたどり着くと、なんと貸切状態。みなさん、そろそろ夕食にかかられる時間帯だったと見えて幸運でした。すばらしいお湯をゆっくりと満喫することができました。お湯のよさについては他の方々が書かれていますので、繰り返しません。ここをお訪ねになるなら、ぜひ泊まりで、この湯を味わってみてください。
     食事は賛否が分かれているようですが、私たちはおいしくいただきました。自家製のこんにゃくの刺身、きのこの和え物など、素朴ではありますが、ていねいにつくられていて、熱いものは熱いうちに運んでくださって、満足することができました。やや意外だったのは、岩魚のホイル焼が白味噌による味付けだったことです。翌朝の味噌汁も白味噌仕立てでした。鹿児島でも白味噌は一般的なのでしょうか。食事で一つだけ残念だったのは、にらまるさんは「甘すぎる」とおっしゃっていた鰻が、私たちには辛すぎたことです。鰻本来の味が活かせてないように感じられました。
     夕食後、内湯に、翌朝、露天風呂にそれぞれ入り、またまた感激しました。ほんとうにこの宿のお風呂はどこも秀逸です。はるばる関西から訪ねた値打ちがありました。
     宿の方に見送られながら、ここを発つとき、再び満足感がじんわりとひろがり、ぜひ再訪したいと思いました。料金との釣り合いもよく、たいへん満足できる、お勧めの宿です。

  • バラエティーに富む湯舟といいお湯

    投稿日:2010年9月21日

    バラエティーに富む湯舟といいお湯さかいだ温泉感想

    ブドリさん [入浴日: 2009年12月25日 / 2時間以内]

    総合評価 44.0点

    お湯

    44.0点

    施設

    44.0点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    妙見温泉の上流、天降川に面した安楽温泉。その中のひとつがさかいだ温泉です。川沿いにあるので駐車場が狭いのが難点です。探せば他の場所に駐車場があるのかもしれませんが、2階建ての建物の1階の一部が駐車場になっていて、交通量のけっこう多い道路から車を入れるのは一苦労です。
     けれどもお湯に浸かるとそんな苦労も吹き飛びます。ここはこの日入った温泉の中では最も入湯料が高く、一人300円でしたが、その料金にも見合う内容です。まず、湯舟がバラエティーに富んでいます。主浴槽の他に、砂ね湯、石ね湯、水風呂、打たせ湯のほか、温泉の蒸気を利用した蒸し風呂まであります。砂ね湯はその名のとおり、底に黒い砂が敷いてあって、ちょっと変わった感触を楽しめます。石ね湯は別名足踏み湯で、底に埋め込まれた石で足裏を刺激する仕組み、蒸し風呂は二人ほどしか入れませんが、蒸気がもうもうとしていて、体中で温泉を満喫できます。
     また、お湯も上々です。やや白く濁った湯で、炭酸味、金気臭があります。析出物で床が褐色に変色しています。このお湯がどばどば注がれていて、見ているだけも豪快でいい気持ちになれます。主浴槽はやや熱めの湯なので、ぬる目が好きな方は石ね湯に入られるといいでしょう。1日に閉め括りにこの温泉を訪ねることができてとてもよっかったと思いました。到着が遅い時間だったため、いい写真がないのが残念です。

  • 金気臭のする濁り湯

    投稿日:2010年9月20日

    金気臭のする濁り湯横瀬温泉感想

    ブドリさん [入浴日: 2009年12月25日 / 2時間以内]

    総合評価 44.0点

    お湯

    44.0点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    中津川温泉に入るべく訪ねてみると、土日しかやってないとの掲示があり、がっかり。かわりにこちらを訪ねました。最初、場所が分からなくて、どなたかに尋ねようとしたところ、洗面器を持った地元の方が歩いていかれるのが目に留まり、そちらに向かうとたどり着くことができました。
     建物は最近建て直したのか、公民館風の小ぎれいな建物です。入り口を入り脱衣場へ。受付などはありません。地元の方は無料のようです。よそ者は脱衣場にある筒に料金を入れるようになっています。服を脱いでいると「何かのHPを見て来たのか」と聞かれました。私のような手合いが最近増えているようで、ちょっと迷惑かなと思いながらお湯をいただくことにしました。
     お湯は緑がかった褐色に濁っており、金気臭があります。湯舟が二つあるのに、片方は空でした。伴侶が地元の方に聞いた話では、地震の影響で自噴の温泉が出なくなり、今は動力で汲み上げている、以前はもっと湯量が豊富だったが湯量が減ったので片方しか入れていないとのことでした。(おばちゃんの薩摩弁はほとんど理解できず、もう一人の若い方が通訳してくださったそうです。)それでも循環なしの放流式で、良質のお湯でした。

  • 泡付きのある良質の湯

    投稿日:2010年9月20日

    泡付きのある良質の湯美肌の湯 こしかの温泉(旧 小鹿野温泉 幸荘)感想

    ブドリさん [入浴日: 2009年12月25日 / 2時間以内]

    総合評価 44.0点

    お湯

    55.0点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    今回の鹿児島旅行は下調べを伴侶任せにしていましたので、私はただただ言われるとおりにハンドルをきるのみ。たまには人任せもいいかもと思いながら小鹿野温泉幸荘に到着しました。どこから探してきたのか、よくまあ見つけたものだと感心した次第。昨今流行りの日帰り入浴施設とは異なり、湯治場の雰囲気が色濃く感じられる小鹿野温泉幸荘。どんな温泉か期待に胸が高まります。
     施設はとても年季が入っています。脱衣場、浴場も同様です。けれども浴場の扉を開けた瞬間、幸せな気分に浸れました。目に入ったのは緑褐色濁ったお湯と、褐色に変色した湯舟の縁や床、鼻をくすぐったのは金気臭。これはいいぞと思いました。湯に浸かると、ややぬる目の湯で、しばらくすると肌にうっすらと泡がついてきました。申すまでもなく放流式で、新しいお湯がパイプの湯口から常に注がれています。小ぶりで何の変哲もない四角い湯舟が一つきりの温泉ですが、泉質は抜群です。アトピーに効能があるとかで、そのことを書いた張り紙があちこちに張ってありました。
     自炊可能な宿泊施設を兼ねているほか、別棟に5つ家族風呂もあります。お客さんは地元の方が多いようです。やや古びた施設が気にならない方は是非訪ねてみてください。

1005件中 21件~30件を表示

前へ  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  次へ


  • 温泉ソムリエになって温泉を10倍楽しみませんか
  • 船井総合研究所温浴チーム
  • ofr48
  • 浴場市場

TOPへもどる