本文へジャンプします。

有名温泉地から日帰り温泉、露天風呂、秘湯まで温泉口コミ&クーポンが充実

空庭温泉で入館料20%OFFクーポンが使える!

★投票

×

エラーが発生しました。 しばらく経ってから再度お試しください。

閉じる

ごんごん

ごんごん さん

平均44.5点 / 367件

東日本大震災に被災された皆様にお見舞い申し上げます。
生活基盤が1日も早く安定することを心よりお祈りしています。
微々たる協力ですが、2年間毎月26日(風呂の日)に募金をさせていただきたきます。

性別女性 年齢 51歳 住まい福岡
HP指定なし
ブログ指定なし

367件中 131件~140件を表示

前へ  10 11 12 13 14 15 16 17 18 19  次へ

並び順

口コミ最新投稿順 |

口コミ点数の高い順

  • 2006年改築も共同湯スタイルを守る町湯

    投稿日:2010年11月16日

    2006年改築も共同湯スタイルを守る町湯新穂湯感想

    ごんごんさん [入浴日: 2010年11月5日 / 2時間以内]

    総合評価 55.0点

    お湯

    55.0点

    施設

    55.0点

    サービス

    33.0点

    飲食

    0 - 点

    雲海薬師温泉の西隣にある内牧温泉郷の町湯です。
    1湯分の時間しかなかったので、どちらに入るか迷いましたが、「知らないと通り過ぎてしまいそうな、さり気ない外観」に惹かれたので、新穂湯さんに入ることにしました。

    こちらは個人のお宅の敷地内にあって、料金は家の方に払います。私が訪問した時には、小学校低学年ぐらいの可愛らしいお嬢ちゃんが受付にいらっしゃって、「お風呂ですか?¥200です。」と、ちょっと人見知り気味に案内してくださいました。普段見掛けないおばちゃんだったから、ドキドキさせちゃったかな?

    建物は新しくて清潔感がありますが、内部はいたってシンプル。
    下駄箱横の暖簾をくぐるとすぐに脱衣所になっていて、ステンレス製のラックにプラスチック製の脱衣籠が10ヶぐらい置かれています。お手洗いは建物が新しいだけあって、洋式というのが嬉しいです。

    浴室もシンプルで、入って右手に上がり湯、奧に5人サイズぐらいの扇型の内湯のみの構成です。シャワーやカランはありませんが、湯舟からは贅沢にざーざーとお湯が掛け流れていました。
    8月以来、別府に行けていなかったので、この「昔ながらの正統派共同湯」という風情が嬉しくて嬉しくてたまりませんでした。もしかしたら、ヤバイぐらいニヤニヤしていたかもしれません。

    お湯は無色透明で適温。さらりとした肌触りです。析出物や洗い場の変色もなく、癖がない感じですが、すぐに肌がすべすべになってきて、青森のフラワー温泉浜館本店のお湯を思い出しました。

    湯舟に沿って大きな窓があって、窓の外の緑を眺めながら入浴出来るのですが、何故か植物の横に石臼が転がっていて、「なんでここに石臼?」と心の中でくすっ!と笑いながら、ゆっくりと湯浴みを楽しみました。

    「掛け流れている量が多かったから、特に上がり湯はいいかな?」と思いましたが、一応利用してみると、上がり湯のお湯からは浴槽のお湯には感じられない金気臭がはっきりとしました。
    びっくりして口に含んでみると、えぐい味。
    温度は湯舟のお湯よりかなりぬるめでしたが、身体に浴びるだけでインパクトが感じられる印象に残るお湯でした。
    まさか2種類の源泉が楽しめるとは思っていなかったので、すごく得した気分でした。

    肌スベ・身体ぽかぽかになって、すっかりご満悦で外観写真を撮っていると、熊本市から来られた男性が声を掛けてくださいました。
    男性によると、今の建物は2006年に新しく建てられたもので、元々は現在駐車場のスペースに湯小屋があり入湯料も¥100だったとのことでした。そして、「内牧もいろいろ入ったけど、ここは湯温も高くて湯は1番いい」と仰っていました。

    経験上、常連の方の「1番いい」が、ごんごんの感じる「1番いい」と必ずしも同じではありませんし、新穂湯さんがごんごんの「内牧温泉デビュー」だったので、ここが1番かどうかは湯巡りをしてみないとなんとも言えません。
    けれど、小さな湯舟から新鮮なお湯がガンガン掛け流れているこの共同湯が素晴らしいことは確かですので、「ええ、わかりますよ!本当にいいお湯ですもんね!お陰様で肌もスベスベになりました!」と笑顔でお応えしました。

    内牧温泉郷のお湯自体、わざわざ遠くから入りに来るほどの個性の際立つお湯とは思いませんでしたが、改築後も共同湯スタイルを守って新鮮なお湯を提供してくださる姿勢は、とても好感度が高かったです。

    画像は外の緑が綺麗に映った湯面と洗い場を掛け流れているお湯(判りにくいけど)です。

  • 大浴場「玖倍理」の露天風呂画像

    投稿日:2010年11月16日

    大浴場「玖倍理」の露天風呂画像おにやまホテル 施設情報

    ごんごんさん [入浴日: 2010年11月11日 / 2時間以内]

    総合評価 0 - 点

    お湯

    0 - 点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    割と広いですが、めちゃくちゃ広いというほどでもありません。
    1Fにあるので眺望はありませんが、雰囲気は悪くはなかったです。
    お湯はほんのり緑に濁っていて、鬼石の湯に似ていると思いました。

  • 鬼山地獄のワニさん気分で入浴

    投稿日:2010年11月16日

    鬼山地獄のワニさん気分で入浴おにやまホテル感想

    ごんごんさん [入浴日: 2010年11月11日 / 2時間以内]

    総合評価 44.0点

    お湯

    55.0点

    施設

    44.0点

    サービス

    44.0点

    飲食

    0 - 点

    九州横断道路に面した鉄輪温泉街の老舗ホテルです。
    比較的規模の大きい一昔前の観光ホテルということもあり、照明やインテリアからは昭和の雰囲気が漂います。

    訪問時は大浴場の「玖倍理」が女湯でした。
    こちらの1F大浴場のお湯は鬼山地獄のお湯と同じで、湯量も豊富です。
    広々とした内湯・露天のほか、ものすごく高いところから落ちてくる打たせ湯(滝湯)がありました。

    お湯はさらりとした弱酸性(ph4.5)の食塩泉で、露天風呂では茶色の析出物(画像)や浴槽の変色が見られ、顔を近づけると鉄輪温泉独特の薬品のような香りもします。「あ~、鉄輪に来た~!」というとても幸せな気持ちになる香りです。
    明礬温泉の酸性のお湯で余分な角質を落とした後の入浴だったこともあり、長く入浴するに連れ、お湯が肌にしっとりと馴染むような気持ちよさがありました。

    残念だったのは、湯舟が大きすぎるせいか、お湯の新鮮さが感じられなかったことです。
    鬼山地獄のお湯ですので、きっと元は肌が目を覚ますような鮮烈な感触だと思うのですが…。宿泊者専用の家族湯が気になるところです。
    大浴場では、露天より内湯の方が少し浴感は上だと感じました。

    明礬湯の里さんのお湯でシャンプーをした後、髪と体から漂う硫黄泉のにおいが気になっていたのですが、こちらで改めて髪と身体を洗ったらにおいは気にならなくなり、帰りのバスも安心して乗車出来ました。

    別府八湯温泉道№48。スタンプは愛嬌たっぷりのワニさんです。鬼山地獄にワニさんをいっぱい飼っていらっしゃるのにちなみます。
    2010年6月現在、別府八湯温泉道高段者優遇入湯無料券の対象施設です。

  • 団体向け観光施設だけどお湯もいい!

    投稿日:2010年11月15日

    団体向け観光施設だけどお湯もいい!明礬湯の里(みょうばんゆのさと)感想

    ごんごんさん [入浴日: 2010年11月11日 / 2時間以内]

    総合評価 55.0点

    お湯

    55.0点

    施設

    44.0点

    サービス

    33.0点

    飲食

    44.0点

    同じ敷地に、湯の花採取小屋やお土産物屋さんなどの観光向け施設が充実しているので、国内外の団体ツアー客御用達の施設です。
    訪問時も、ごんごんと入れ替わりに、韓国人ツアー客を載せた大型観光バスが次から次にやって来ていました。

    露天風呂は、土産物店や家族湯小屋などを通り過ぎ、奧の階段を登ったところにあります。
    訪問時は階段沿いに植えられた木々が丁度紅葉していて綺麗でした。

    団体を受け付けているということで大きな施設を期待していたのですが、脱衣所もお風呂スペースもそんなに広くはありません。混雑が心配でしたが、幸いごんごんが入っている間は10名程度の利用者で推移していました。

    岡本屋旅館で極上硫黄泉に入った後に訪問したので、お湯には感動しないだろうと高を括っていたのですが、同じ硫黄泉とはいえ、湯の里さんのお湯には岡本屋さんのお湯とはまた違った個性が感じられ、すっかり気に入ってしまいました。

    露天風呂のお湯の色はこの日は乳白色。さっぱりとした肌触りで硫化水素のかおりが強く、王道の硫黄泉という感じでした。岩に背中をもたれさせて、大の字になってぷかぷか浮いているおばちゃんもいらっしゃいました。よっぽど気持ち良かったんでしょうね(^^)
    確かにお湯は良かったのですが、ガイドブックの写真から、広くて開放感のある雰囲気だと思っていたので、割とこぢんまりとした規模と眺望が塀で遮られているのが個人的には拍子抜けでした。

    その分、あるとは知らなかった内湯(←どれだけ事前チェックしてないんだか^^;)にテンションが上がりました。
    「観光施設」といったルックスの露天風呂とは違い、「共同湯」のような渋い雰囲気にまずはにんまり。
    使い込まれた木製の湯舟。温泉成分で黒く変色したカラン。
    共同湯好きの心を掴むアイテムが揃っています。

    そして掛かり湯をして、露天風呂とは比較にならないぐらい新鮮さが感じられるお湯に完全にノックアウトされました。
    この鮮烈な肌触りはなんなのでしょう?
    湯舟が小さくてお湯の入れ替わりが早いから?
    この日は利用者が少なかったから?
    露天風呂とは違う泉質だから?(掲示されていた温泉分析書は1種類のみでしたが)

    理由はともかく、肌触りがとにかく気に入ったので、無性にこのお湯でシャンプーしたくなりました。酸性度がかなり高いようで、泡はすぐに消えてしまうし、目に入ると滲みましたが、髪には合っているようで、リンスしなくてもさらっと仕上がりました。
    ここでは身体は洗いませんでしたが、入浴するだけで余分な角質が取れたようで、肌もサラサラの感触になりました。

    その時はすごくご満悦だったのですが、次に訪問した施設で入浴している時に、なんだか変なにおいがしていることに気が付きました。施設内に生乾きのぞうきんでもあるのかな?と思ったら、まぎれもなく自分から漂っているにおいでした(^^;
    こちらで入浴した後は、硫黄泉以外の施設で、改めて髪と体を洗うことをお勧めします(^^;。

    「別府八湯温泉本」では、湯の里さんのようなphが低くて「ケミカルピーリング効果」のある温泉の後に、鉄輪温泉街で保湿性のあるお湯に入る「機能浴」を提唱していますので、試してみるのもいいと思います。

    別府八湯温泉道№59。スタンプは湯の花小屋です。
    2010年6月現在、別府八湯温泉道高段者優遇無料券対象施設です。
    受付より奧はカメラ禁止になっています。

  • にごり湯と透明の硫黄泉

    投稿日:2010年11月14日

    にごり湯と透明の硫黄泉岡本屋旅館感想

    ごんごんさん [入浴日: 2010年11月11日 / 2時間以内]

    総合評価 55.0点

    お湯

    55.0点

    施設

    44.0点

    サービス

    44.0点

    飲食

    0 - 点

    老舗らしい格式と落ち着きが感じられる旅館です。
    日帰り利用時間が13:00-14:00最終受付、制限時間60分ということで、なんだか敷居が高いような気がしていたのですが、事前のお電話でも、実際の訪問時も、気持ちの良い対応をして頂けて安心しました。

    温泉分析書は1種類でしたが、名物の庭園露天風呂は青白いにごり湯、内湯はいずれも透明のお湯と2つの個性のお湯が楽しめました。

    庭園露天風呂は眺望はないものの、美しく手入れされたお庭が露天風呂を囲んでいます。その素晴らしいロケーションで、上品な硫化水素のかおりがするとろりとしたお湯に入れるのは何とも贅沢な心地でした。訪問時は朝に降った小雨のせいか、小さな羽虫が飛んでいて少し煩わしかったのですが、それでもついつい長湯を楽しんでしまいました。
    一方の内湯は庭園露天風呂のような派手さはありませんが、さっぱりとした肌触りの硫黄泉らしいかおりが漂うお湯はまた違う魅力がありました。特に、使い込まれた感じがなんともいい風合いを出している木製の湯舟は、深さも丁度良くこれまた長湯を楽しんでしまい、余裕だと思っていた60分の制限時間も短く感じるほどでした。
    浴後の肌はサラサラとしながらもしっとり感があって、登別温泉を思い出しました。

    別府八湯温泉道№62。スタンプは「丸に三つ矢」の家紋です。

  • 力強く復活した神和ブルー

    投稿日:2010年11月13日

    力強く復活した神和ブルー神和苑(かんなわえん)感想

    ごんごんさん [入浴日: 2010年11月11日 / 2時間以内]

    総合評価 55.0点

    お湯

    55.0点

    施設

    55.0点

    サービス

    22.0点

    飲食

    0 - 点

    masumi∝温泉ソムリエさんの記事と写真で「神和ブルー」の復活を知り、再訪しました。

    経営者が変わったということで、アプローチや玄関はがらりと変わっていました。以前は庭園を通って玄関まで行ったと記憶していますが、今回は白い舗装道になって、現代的な雰囲気もあります。
    白い舗装路の先で門をくぐり、更に奥に行くとやはり落ち着いた雰囲気に改装された玄関があります。途中、左手に貸切湯、右手には宿泊者用と思われる地獄釜、そして温泉棟が点在しています。

    日帰り利用の際は、まず本館で利用料をお支払いしてから温泉棟に向かいます。
    温泉棟は玄関が綺麗になり、湯上がりにちょっと休憩出来る場所が整備されていましたが、それ以外はほぼ昔のままで懐かしかったです。
    そして1番気になるお湯の色は、この日内湯の岩風呂が角度によってはちょっと青みがかって見える透明、露天風呂は透明なコバルトブルーでした(写真:以前よりかなり浅くなったかも?)。
    きっと週末に向かってもっと濃厚なブルーになるよう調整していたのでしょう。

    けど、色が未成熟な分、湯の鮮度は高い感じがしました。2004年の訪問ではくたびれたような浴感にがっかりしましたが、今回は肌にまとわりつくような独特で心地よい浴感が楽しめました。特にほぼ無色の内湯の岩風呂のお湯は、ちょっと熱めで「まとわりつき感」が強く、さすが別府のお湯という力強さを感じました。浴後の肌もしっとりスベスベになったので、今後も何回も訪れる場所になりそうです。

    私は平日の正午直前に訪れたので幸い無人でゆったり入れましたが、入れ替わりで何組かご夫婦が訪れていました。やはり「神和ブルー復活」のインパクトは大きいのだと思います。

    日帰り利用は復活しましたが、2010年11月現在、別府八湯温泉道対象施設ではありません。

  • 温泉銭湯併設のビジネスホテル

    投稿日:2010年9月22日

    温泉銭湯併設のビジネスホテルシティホテルイン国分感想

    ごんごんさん [入浴日: 2010年7月12日 / 1泊]

    総合評価 44.0点

    お湯

    55.0点

    施設

    22.0点

    サービス

    55.0点

    飲食

    0 - 点

    温泉銭湯「城山温泉センター」を併設している年季の入った庶民的なビジネスホテルです。
    従業員の方も高齢の方が多く、応対は親切で暖かみがあり、自宅にいるようなリラックスした気分になれました。

    宿泊棟と温泉棟は別々の建物になっていますが、渡り廊下で繋がっており、宿泊者は6:00-23:00の間、何度でも温泉を利用することが出来ます。
    日帰り入浴者にはアメニティはありませんが、宿泊者はチェックインの際に「お風呂セット」(バッグの中にバスタオル・フェイスタオル・浴衣が1枚ずつ)を貸して頂けます。

    温泉棟も年季が入っていて、ビジネスホテルの温泉というより普通に銭湯という庶民的な雰囲気です。
    大浴場の構成は、内湯(あつ湯・ぬる湯・ジャグジー)・露天・水風呂・サウナと「正統派銭湯」。内湯と露天には黄金色の塩化物泉が、そして水風呂(画像)には「筒之口名水」という敷地内から湧き出ている名水が贅沢に掛け流しになっていました。

    日当山温泉郷(無色透明の重曹泉が多い)に近いということで透明でヌルヌルしたお湯を想像していたので、中性に近いにごり湯というのは意外でした。
    温泉は浴槽の縁には土類っぽい析出物も見られるのですが、金気臭や土類臭が感じられるわけでなく、肌触りにも大きな特徴はありませんでしたが、ガンガン身体があたたまるいいお湯でした。名水の水風呂があるので交互入浴を繰り返していると肌がスベスベになってよかったです。

    宿泊棟も温泉棟も「温泉情緒」がある施設ではありませんが、温泉銭湯としては気軽に利用出来る良い施設だと思いました。

  • 別府駅近くの貸切湯もある公共の宿

    投稿日:2010年8月31日

    別府駅近くの貸切湯もある公共の宿地方職員共済組合別府保養所 つるみ荘(閉館しました)感想

    ごんごんさん [入浴日: 2010年8月4日 / 2時間以内]

    総合評価 44.0点

    お湯

    44.0点

    施設

    33.0点

    サービス

    44.0点

    飲食

    0 - 点

    別府駅から西に徒歩5分程度のところにあるとても立地の良い宿です。
    繁華街のある駅東とは反対側にあり、大きな道路から1本入ったところに位置しているので、駅近でも静かな環境でした。

    入口付近やフロントの雰囲気はすごく「昭和懐かしい」感じです(^^;。灯りも蛍光灯の直接照明で、公共の宿だなぁって感じです。
    温泉は地下1F。眺望の良い高層階にある温泉もいいですが、温泉好きのごんごんとしては泉源に近い地下に浴室があるのは嬉しいことです。

    つるみ荘さんは大浴場と中浴場を時間によって男湯・女湯で入れ替えていて、ごんごんが訪問した時は大浴場(ガイドブック等で写真掲載されているところ)が女湯でした。

    大浴場は、その名のとおりすっごく広いです。30人ぐらい利用者がいても大丈夫な感じ。庭園に面して窓が大きく取られていて、庭園の緑がメイン浴槽に映り込んでいて清々しい雰囲気でした。
    湯舟はメイン浴槽・超音波風呂・樽風呂に加え、サウナ・水風呂もあって充実しています。
    メイン浴槽は中で仕切られて、源泉が注ぐ狭い方があつ湯、そしてあつ湯からオーバーフローした湯が注がれる広い方がぬる湯になっています。
    少し熱めのお湯は、無色透明で弱いつるつる感のある癖のないもの。よく温まりますが、やさしい入り心地です。それでも湯口には土類系の析出物が付着していて、温泉らしさ・別府らしさが感じられます(画像)。

    アメニティは肌や髪に優しい馬油シリーズや炭シリーズが置いているので、女性には嬉しいと思います。
    脱衣所も新しい感じではありませんが、大分県産の杉がふんだんに使われていて暖かみがあり、広くて快適です。無料ロッカー・ドライヤー・基礎化粧品なども備えられているので、少々準備不足で立ち寄り湯利用しても大丈夫だと思います。

    宿泊者は大・中浴場に加え、貸切内湯(1室)もフロントに予約の上、無料で出来ます。

    別府八湯温泉道№19。スタンプは鶴見岳です。

  • 足湯を楽しみながらのスイーツも可!

    投稿日:2010年8月31日

    足湯を楽しみながらのスイーツも可!ホテル三泉閣(閉館しました)感想

    ごんごんさん [入浴日: 2010年8月4日 / 2時間以内]

    総合評価 55.0点

    お湯

    55.0点

    施設

    44.0点

    サービス

    33.0点

    飲食

    0 - 点

    JR別府駅から徒歩10分程度、高速バス北浜バス停から徒歩3分程度ととてもアクセスの良いお宿です。建物を見る限り巨大な感じはしませんが、室数68、宴会場14ヶ所というスペックを見ると「昭和」の香りを感じます。

    「三泉閣」というホテル名は、昔ホテルのあった場所に3つのいで湯が湧き出していたことにちなんでいるということで、湯量の豊富さが自慢のようです。

    お伺いした日は6Fの露天風呂のある大浴場「豊の湯」が女湯でした。豊の湯は内湯1つ、露天風呂2つ(あつ湯・ぬる湯)という構成で、どの浴槽にも緑がかった褐色のお湯が掛け流しとなっています。
    どの湯舟にも入ってみましたが、内湯と露天ぬる湯は露天あつ湯より若干ツルツル感が強いように感じました。いずれにせよ、ホテル湯としては充分満足な美人湯でした。
    眺望については、周囲に高いビルが多いので露天は目隠しがされていて開放感はありません。内湯は窓が大きくて別府市街を見渡せるので、特に夜景が綺麗だと思います。
    脱衣所には別府で評判の高い朝見八幡神社の湧き水、「萬太郎清水」がウォーターサーバーに用意されていたのが嬉しかったです。
    建物は新しくはありませんが、浴室も脱衣所も適宜手が入っているようで、清潔感があり快適だったです。

    あと、1Fには宿泊者でなくても利用出来る足湯Bar(画像・繁忙時休止)があったり、ふぐのコラーゲンを使った「ぷるぷる・ぷるりんちゃん」というオリジナルのプリンを販売している売店があったりと、立ち寄りでもスイーツやアルコールが楽しめるのも嬉しいポイントです。
    ただ、駐車場は有料(¥500)ですのでお気を付けください。

    別府八湯温泉道№96。スタンプは旅館のマーク(だと思う)です。別府八湯温泉道高段者優遇入湯無料券対象施設です(2010年6月現在)。

  • 【画像】洗い場と上がり湯

    投稿日:2010年8月29日

    【画像】洗い場と上がり湯花農家 和みの湯 施設情報

    ごんごんさん [入浴日: 2010年8月29日 / 2時間以内]

    総合評価 0 - 点

    お湯

    0 - 点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    別の方のクチコミにあった洗い場は次のとおりでした。
    カランのみ:2基
    シャワーのみ:5基ぐらい ※立ったまま利用(画像)

    立ったまま利用する洗い場というのは初めてで面食らいました。
    洗髪の時はシャワーが使いたかったので立ったまま利用する洗い場を使いましたが、周囲にシャンプーの泡が飛び散るのが気になりました。
    あと、湯舟にはいくつも段差があるのですが、にごり湯のため段差のある箇所が判らないので、足腰が強い人間でも何度も転びそうになっていました。湯舟の中では足元に注意が必要です。

367件中 131件~140件を表示

前へ  10 11 12 13 14 15 16 17 18 19  次へ


  • 温泉ソムリエになって温泉を10倍楽しみませんか
  • 船井総合研究所温浴チーム
  • ofr48
  • 浴場市場

TOPへもどる