本文へジャンプします。

有名温泉地から日帰り温泉、露天風呂、秘湯まで温泉口コミ&クーポンが充実

【PC共通ヘッダー】花湯スパ限定クーポン★アップセル

ごんごん

ごんごん さん

平均44.5点 / 368件

東日本大震災に被災された皆様にお見舞い申し上げます。
生活基盤が1日も早く安定することを心よりお祈りしています。
微々たる協力ですが、2年間毎月26日(風呂の日)に募金をさせていただきたきます。

性別女性 年齢 48歳 住まい福岡
HP指定なし
ブログ指定なし

368件中 1件~10件を表示

前へ  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  次へ

並び順

口コミ最新投稿順 |

口コミ点数の高い順

  • 湯使いの巧みさに感激

    投稿日:2012年6月29日

    湯使いの巧みさに感激灘温泉六甲道店感想

    ごんごんさん [入浴日: 2011年12月5日 / 2時間以内]

    総合評価 55.0点

    お湯

    55.0点

    施設

    44.0点

    サービス

    44.0点

    飲食

    0 - 点

    35.5リットル/分という限られた温泉湧出量なので、「源泉かけ流し浴槽があるといっても大したことないだろう」、とこれまで後回しにしてきた灘温泉六甲道店さん。
    今回は限られた時間での湯巡りのため、駅近という理由で訪問させて頂きました。

    JR六甲道駅で下車するのは、阪神淡路大震災の頃以来。
    この辺りは被害が大きく、ごんごんがいた頃にはまだまだ復旧の最中という感じだったので、すっかりきれいに生まれ変わった光景に胸が一杯になりました。

    灘温泉さんも震災後に出来た建物なのでで、脱衣所や浴室もきれいで使いやすいです。
    けれどこの施設の1番の魅力は、やはり湯使いだと思います。

    限られた湧出量ながら、上がり湯がオーバーフローしたものが流れ込む小さな源泉浴槽がある上に、内風呂と露天風呂も温泉使用です。

    源泉浴槽は鉄臭のする薄い褐色のお湯。しばらく浸かっていると、身体にポツポツと泡が付着して、湯の個性と新鮮さが伝わってきます。

    露天風呂はマイクロバブル発生装置が付いていて、褐色のお湯が白濁して色はミルクティのよう。
    肌触りも独特で、まるで肌の上に膜が出来たような、今まで体験したことのない浴感でした。消毒薬臭も鼻につかず、気持ち良く利用できました。

    源泉浴槽は狭いので、居座っている人がいると嫌だなぁと心配していたのですが、譲り合って利用するよう可愛いイラスト付きの注意書きがあったので、人の入れ替わりはとてもスムーズでした。お陰で、ぬるい源泉浴槽とマイクロバブルの露天風呂&時々打たせ湯の交互入浴を思う存分楽しむことが出来ました。

    上がり湯に源泉をたっぷり浴びると、湯上りは肌がもちもち。
    美肌効果がしっかりと感じられるとてもいいお湯だったです。
    35.5リットル/分の湧出量でも、ここまで出来るんですね!

    三宮駅からJRで10分程度とアクセス抜群なので、これからも機会があれば伺いたいです。

  • 神戸の下町温泉銭湯

    投稿日:2012年6月28日

    神戸の下町温泉銭湯朝日温泉感想

    ごんごんさん [入浴日: 2011年12月5日 / 2時間以内]

    総合評価 44.0点

    お湯

    33.0点

    施設

    44.0点

    サービス

    44.0点

    飲食

    44.0点

    JR神戸駅から高架沿いを歩いてお伺いしました。
    ハーバーランド近くとあって、駅周辺は近代的な建物が立ち並び明るくて賑やかですが、少し外れると高架下には昭和40年代っぽい酒場や食堂が立ち並び、場末な感じに。
    この「えげつないギャップ」を見ると、「神戸に帰ってきた」という実感が湧きます。

    雑然とした街並みに懐かしさを感じながら10分ほど歩いたところで、朝日温泉さんに到着しました。
    年季が入ったくすんだオレンジ色の鉄筋コンクリート造りの建物。けれど壁面の「湯元 天然温泉」「天然温泉100%」という文字からは、静かな自信がにじみ出ている感じです。

    2Fに受付と脱衣所があり、3Fへの浴室へは脱衣所から階段移動になります。
    造りが古いのでお洒落さとは無縁ですが、随所からオーナーさんのサービス精神が感じられます。

    利用料金は銭湯と同じ410円ですが、広めのスペースを最大限に活かしてジャグジー・電気風呂・打たせ湯・ミストサウナなどアメニティ浴槽が盛りだくさん。それになんといっても源泉浴槽が秀逸です。

    源泉浴槽は4人サイズ程度。緑褐色のお湯が想像以上に大量に投入されていて、心地よいモール臭が漂っています。源泉温度は30.8度なので、他の浴槽で少し身体を温めた後だといくらでも入っていられる感じ。しばらく浸かっているとすご~く細かい泡が身体に付着して、肌に膜が張ったような独特の肌触りになります。

    泡付きに関しては六甲おとめ塚温泉のお湯が近いかもしれません。大分の七里田温泉とか、宮崎の湯之元温泉みたいなプチプチ感のある泡とは質の違う泡だったです。

    温泉を使った浴槽はこの他に加温浴槽と冷水浴槽(冷却装置で源泉の温度を下げたもの)があります。
    加温浴槽のみ利用しましたが、泡付きはなく消毒薬臭が少し感じられたものの、ツルッとした肌触りで良心的な湯使いだと思いました。

    謎だったのが「金の泉」浴槽。
    HPを拝見すると「当店の地下より汲み上げて」いる「鉄分豊富」なお湯との案内だったので期待していたのですが、色が透明度の高い茶色というほかは、これといった特徴の感じられず、ビミョーな感じでした。

    とはいえ、泡付きのある源泉と加温湯の交互入浴だけでもお湯的にものすごく楽しめて、ふと気がつくと90分も滞在していました。
    加えて、スタッフの方々(オーナーさん家族?)の温かみ溢れる接客や、丁寧な整理整頓・おそうじぶりから、古い施設なりに快適な空間を作ろうという気持ちが伝わってきて、すごく好感が持てました。

    そのせいか、利用者の方々も洗面器や椅子を丁寧に扱っていらっしゃいたので、とても気持ち良く利用出来ました。

    画像は入口横にあった手書きのミニポスター。
    オーナーさんの人柄がじんわりと伝わってきます。

  • お湯のコンディションって大事!

    投稿日:2012年6月28日

    お湯のコンディションって大事!庄屋の館感想

    ごんごんさん [入浴日: 2011年10月7日 / 2時間以内]

    総合評価 55.0点

    お湯

    55.0点

    施設

    44.0点

    サービス

    33.0点

    飲食

    0 - 点

    以前訪れた時の印象が良くなくて再訪は考えていなかったのですが、九州温泉道のスタンプを頂くために伺いました。

    曇り空だったのであいにく由布岳は見えなかったのですが、平日の10時過ぎの訪問だったので、幸いしばらく貸切状態で楽しめました。

    お陰でお湯は前回の訪問時(日曜午後)とは別物と思えるほどトロトロとした浴感。
    湯船がだだっ広くても、利用者が少ないとこれだけ強い個性が感じられるお湯なのか!と思いました。
    期待していなかったので、30分程度しか時間配分をしていなかったのが悔やまれました。
    のぼせにくいお湯とのことでしたので、のんびりと湯浴みして、美肌効果を満喫したかったです。

    このお湯なら九州温泉道対象施設に選出されるのも納得です。平日の再訪は正解でした。

    脱衣所に浴場での写真撮影をしないようにとの注意書きがありましたので、画像は飲泉所のものです。
    飲泉所のお湯もきれいなコバルトブルーでした。

  • 湯量が豊富な原鶴温泉の老舗宿

    投稿日:2012年5月21日

    湯量が豊富な原鶴温泉の老舗宿原鶴温泉 旅館 佐藤荘感想

    ごんごんさん [入浴日: 2011年11月23日 / 2時間以内]

    総合評価 44.0点

    お湯

    44.0点

    施設

    44.0点

    サービス

    44.0点

    飲食

    0 - 点

    原鶴温泉街の中でも東の方に位置する旅館ですが、立ち寄り入浴客を積極的に受け入れていて、20時まで受付して頂けます。宿の方の対応も愛想よく、気兼ねなく利用できて嬉しかったです。

    建物は古めで増築されており、女湯の脱衣所から浴室へは「次の間」みたいな不自然なスペースがあって戸惑いましたが、浴室はかなり立派にリニューアルされていました。

    女湯は酒樽露天風呂、内湯、打たせ湯という構成。内湯と打たせ湯は重厚な檜の湯船です。
    いずれも掛け流しで、特に内湯にはふんだんに源泉(46.9度なので非加熱・非加水と思われます)が投入されていて、かなり贅沢な感じでした。

    お湯は成分総計0.73g/kgの弱アルカリ性の単純温泉。
    細かい湯の花が舞っていて、内湯のお湯が少し黄色っぽく見えましたが、それ以外には見た目や浴感に大きな特徴のあるお湯ではありません。

    けれど、源泉の投入量が多く、混み合ってもいないので、湯に新鮮さが感じられたのが、温泉好きとしては嬉しかったです。
    浴後は汗がなかなか引かず、肌もすべすべになりました。

    リニューアルの際に奇を衒うことをせず、シンプルに湯の良さが伝わる作りにされたオーナーさんのご決断が素晴らしいと思います。

    旦那さんによると、男湯には露天風呂はなく、その代わり打たせ湯の浴槽に浸かっていると細かな泡付きがあったそうです。

    ・・・「打たせ湯の浴槽に浸かる」!?

    そんな発想、全然湧かなかった・・・orz
    まだまだ温泉修行が足りんなぁ・・・。

  • 家族湯がお勧め

    投稿日:2012年5月20日

    家族湯がお勧め亀の甲温泉感想

    ごんごんさん [入浴日: 2011年11月6日 / 2時間以内]

    総合評価 55.0点

    お湯

    44.0点

    施設

    55.0点

    サービス

    33.0点

    飲食

    0 - 点

    九州温泉道のスタンプを頂きたくて再訪しました。

    前回の大浴場利用の際に、この地域の温泉としてはお湯の個性が乏しいように感じたので、今回は貸切湯を利用したところ大正解でした。

    利用したのは、訪問時たまたま空いていたバリアフリーの「さくら」のお部屋。
    脱衣所(ドライヤーあり)・洗い場・湯船とも広くてゆったりした作りとなっています。

    タイル貼りの湯船には黄緑掛かったお湯が常時投入されていて、贅沢な掛け流しとなっています。
    湯温はすこしぬるめの適温で、ツルツル感の強い肌触り。独特のかおりが感じられて、細かい湯の花も舞っており、大浴場のお湯よりも好感触でした。

    この内容で900円/50分は相当お値打ちだと思います。

  • 由布岳を望む貸切露天

    投稿日:2012年5月19日

    由布岳を望む貸切露天旅館 上の湯感想

    ごんごんさん [入浴日: 2011年10月6日 / 1泊]

    総合評価 44.0点

    お湯

    44.0点

    施設

    44.0点

    サービス

    44.0点

    飲食

    55.0点

    クーポンサイトで半額チケット(1泊朝食付き)を見つけたので利用してみました。

    由布院駅から徒歩約5分という好立地。湯の坪街道の散策や湯巡りに便利ですし、コンビニ・スーパー・居酒屋も周囲にあって、「地元の方たちが普通に暮らしている由布院の街」を垣間見することも出来ます。

    建物は2棟構成。
    本館は一般客用の3階建ての鉄筋コンクリート造り。別館は2F建てで、グループでの貸切が可能となっています。
    由布院という土地柄、和風旅館的な建物を想像していたので、古い団地的な様相(客室のドアが金属製・エレベーター無し)に、正直なところ少し戸惑いましたが、ごんごん夫妻は施設の新しさやお洒落さをそもそも重視していないタイプなので、窓から由布岳がきれいに見えるお部屋に十分満足でした。

    お風呂はいずれも本館にあり、大浴場が3Fと1F(夜と朝の男女交代制)、貸切露天(先着順予約制)が屋上となっています。

    時間の関係で1Fの大浴場は利用できなかったのですが、3F大浴場・貸切露天とも、由布岳と由布院盆地を眺めながらの湯浴みが楽しめます。

    特に朝一番で利用した貸切露天風呂(宿泊時1回のみ予約利用可)は、総桧製の4人同時に入れるぐらい広い立派な作りで開放感満天!朝のひんやりした空気も温泉で火照った身体に気持ち良くて、湯浴みをしながら日の出を拝むことも出来て(画像)、旦那さんもごんごんも大変満喫させていただきました。

    お湯は無色透明のアルカリ単純泉。由布院らしい少しスベスベ感のある万人受けするもので、身体がよく温まり、肌もしっとり滑らかになりました。
    高いところまで汲み上げている割には、乙丸温泉館のお湯と印象はほとんど変わりなく、「判りやすい特徴がある訳ではないけれど、湯量が豊富でしっかりと効果が実感できる良泉」というのが夫婦揃っての感想です。

    ただ、今回レビューを書くにあたって調査すると、某宿泊予約サイトでは「循環ろ過」と表示されていて、ものすごく驚きました。
    旦那さんも私も消毒薬臭はまったく感じませんでしたし、お湯の投入量とオーバーフローするお湯の量に不自然な点もなく、消毒や循環でお湯が劣化している印象も受けなかったです。

    お食事は朝食だけの利用でしたが、地元で採れたお野菜がふんだんに使用されていて、おいしくて、見た目にも色鮮やかだったです。

    建物が中途半端に古くて不便という欠点はあるものの、その分宿泊料がお手頃で、お料理や接客でもカバーしようという姿勢が感じられて好感が持てるお宿だったです。

  • 2011年7月温泉道加入の共同湯

    投稿日:2012年5月18日

    2011年7月温泉道加入の共同湯若草温泉感想

    ごんごんさん [入浴日: 2011年8月8日 / 2時間以内]

    総合評価 55.0点

    お湯

    55.0点

    施設

    33.0点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    富士観ホテルから国道3号線を挟んで向かい側辺りに位置する共同湯です。

    浴室は別府の共同湯の中でもかなり狭めで、女性でも3人同時利用がせいぜいというところ。そのためか、他の共同湯よりも皆さん黙々と素早く入浴を済ませて帰られているように感じました。外部の者は混んでいる時間を避けるよう気を利かせた方がいいと思います。

    直前に入った富士観ホテルのお湯もなかなかのものだと思っていたのですが、ここに入るとやっぱり別府は共同湯だなと改めて思いました。
    湯船が狭いせいか、利用者が多くても湯の個性は衰えていなくて、ツルツルとした浴感と汗が引かない保温性はパンチ力十分だったです。

    別府八湯温泉道№184。スタンプは気持ちよさげに湯浴みする人です。

  • 仮設時代に行かなかったことを激しく後悔

    投稿日:2012年5月17日

    仮設時代に行かなかったことを激しく後悔不二の湯感想

    ごんごんさん [入浴日: 2011年4月24日 / 2時間以内]

    総合評価 44.0点

    お湯

    44.0点

    施設

    44.0点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    入湯料100円。広い脱衣所あり。シャワー・カラン有り。温泉掛け流し。

    本来大満足すべきところなんですが、仮設時代の評判が頭にあったので、正直ちょっと期待はずれでした。

    所有している温泉本によると、仮設時代のお湯は鉄臭が漂い、浸かっているとかなりの泡付きのあるものだったとのこと。
    けれど私が利用した時は、湯口付近や湯船のところどころに赤茶色と白の析出物はあったものの、特徴的なにおいや肌触りは感じられず、泡付きもなく、「癖のない入りやすいお湯」という感じだったのです。

    仮設時代は浴室が狭く地元の方で混み合っているという評判だったので、なんとなく後回しにしていたのですが、どうしてあの時行っておかなかったのかと後悔しきりでした。

    ただ頭で述べたように、100円で入れる温泉としては最高級に充実した施設だと思います。
    仮設時代からお値段据え置きで一般開放してくださっている不二コンクリートさんに大感謝です。

  • 万感の思いでの入浴

    投稿日:2012年5月16日

    万感の思いでの入浴此花温泉感想

    ごんごんさん [入浴日: 2011年4月8日 / 2時間以内]

    総合評価 44.0点

    お湯

    44.0点

    施設

    44.0点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    2010年1月に発生した大火で消失した後、翌年2月に再建された公民館併設の共同湯です。
    大火の様子は全国ニュースでも流れていて、炎の勢いの凄まじさや為す術もなく呆然と立ち尽くす住民の方たちの映像にはとても心が痛みましたので、再開のニュースは、別府八湯温泉道新規参入とともに、とても喜ばしかったです。訪問時には、入湯料に加えて、玄関横に祀られているお地蔵さまに手を合わせ、お賽銭をさせて頂きました。

    新設の温泉ということで、共同湯としては新しく快適で利便性が高いです。
    脱衣所と浴室はセパレート。浴室には木製の椅子と洗面器が備えられ、カランとミラーもあります。

    お湯は無色透明で癖のないやさしい肌触り。脱衣所にある分析書によると霊泉寺貯蔵タンクからの引湯のようです。

    後から来られた地元の女性に「再開してよかったですね」と声をお掛けすると、「(再開までの)1年は長かった。家にもお風呂はあるけれど、やっぱり温泉じゃないと身体が温まらなくて。」とのこと。

    確かに別府の温泉は、入っている時はこれといった個性が感じられないところでも、入った後に汗が引かなかったり、肌がスベスベになったりするので、「やっぱり別府は違うな~!」と思わせてくれるパワーがあるものです。
    こちらもそういうタイプのお湯だと思います。

    「再開して本当によかった!」という思いを強くして、施設を後にしました。

    別府八湯温泉道№180。スタンプは花&鳥(だと思う)。

    ※参考URL:別府八湯温泉道~第180番 此花温泉
    http://onsendo.beppu-navi.jp/904.html

  • 源泉は浜脇と同じ

    投稿日:2012年5月16日

    源泉は浜脇と同じ錦栄温泉感想

    ごんごんさん [入浴日: 2011年4月8日 / 2時間以内]

    総合評価 44.0点

    お湯

    44.0点

    施設

    33.0点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    別府お約束の公民館併設の共同湯。
    脱衣所と浴室はセパレートで、洗面器はありますがシャワー・カラン・椅子はありません。

    お湯は無色透明で肌あたりの柔らかいもの。
    脱衣所の温泉分析書によると、源泉は浜脇地帯一体のものと同一のようです。
    源泉は湯船の底の中心部分から投入される方式でした。

    10:00~15:00が休憩なので(2012年5月現在)、湯巡り時にはご注意を。

    別府八湯温泉道№15。スタンプは剣道をしている人(←由来が気になる!)。
    「錦栄える」という縁起のいい屋号ですので、別府八湯温泉道2巡目はこちらを第1湯にさせて頂きました。

    ※参考URL:別府八湯温泉道~第15番 錦栄温泉
    http://onsendo.beppu-navi.jp/28.html

368件中 1件~10件を表示

前へ  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  次へ


  • 温泉ソムリエになって温泉を10倍楽しみませんか
  • 船井総合研究所温浴チーム
  • ofr48
  • 浴場市場

TOPへもどる