本文へジャンプします。

有名温泉地から日帰り温泉、露天風呂、秘湯まで温泉口コミ&クーポンが充実

お風呂をもっと安心して楽しもう!

★投票

×

エラーが発生しました。 しばらく経ってから再度お試しください。

閉じる

湯めぐり人

湯めぐり人 さん

平均43.6点 / 146件

秘湯のすばらしさに目覚めて早20年。名湯秘湯の会などをつくり東北から岐阜まで多くの温泉を旅してきました。最近は妻と二人またはひとりでウォーキング&日帰り温泉を楽しんでいます。

性別男性 年齢 66歳 住まい千葉
HP指定なし
ブログ指定なし

146件中 141件~146件を表示

前へ  6 7 8 9 10 11 12 13 14 15  次へ

並び順

口コミ最新投稿順 |

口コミ点数の高い順

  • ここはちょっと・・・

    投稿日:2004年3月7日

    ここはちょっと・・・ゆけむり館 湯泉望(閉館しました)

    湯めぐり人さん [入浴日:  -  /  - ]

    総合評価 11.0点

    お湯

    0 - 点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    2年前、那須方面への日帰りバスツアーで偶然?ここに入る
    機会に恵まれました。道路事情で行程がすっかり狂ってしまい、
    別の宿で入浴する時間が合わなくなったためですが・・・。
    ネーミングと“ゆ”と書かれたのれんにちょっと期待して
    入りましたが、入ってがっかり。単なるお風呂という感じで
    しかも至るところに汚れがあり、5分もしないうちに出て
    しまいました。(あとで入浴料750円と聞いてびっくり!)
    間違ってもここには立ち寄らない方がいいと思います。
    入浴するなら近くに大丸温泉がありますから。

  • ただ入ったという感じ

    投稿日:2004年1月21日

    ただ入ったという感じ早雲足洗いの湯 和泉(いずみ)

    湯めぐり人さん [入浴日:  -  /  - ]

    総合評価 11.0点

    お湯

    0 - 点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    数ある箱根湯本の日帰り入浴施設の中で、ここははっきり言っておすすめできません。入浴料(1,200円)に見合う中身ではない。木の桶の露天風呂があるが、スペースが狭くただお湯に浸かってるという感じだけで何も残らない。他にもお風呂はあるがどれも中途半端でイマイチの感は否めません。

  • 質より量で勝負!?

    投稿日:2004年1月18日

    質より量で勝負!?天城荘

    湯めぐり人さん [入浴日:  -  /  - ]

    総合評価 11.0点

    お湯

    0 - 点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    河津七滝のひとつ、大滝(おおだる)が勢い良く水しぶきを注ぐ河原に沿って、また斜面の遊歩道に沿っていろんんな趣向を凝らした露天風呂が点在する。七滝の名がついた7つ並んだ釜風呂や河原風呂、子宝の湯などなど確かにお風呂のはしごはできます。
    が、どれも泉質も湯も同じ。1周するだけで疲れてしまう。疲れた割には良かったというような思いが残らない。全体的に掃除も行き届いていない。ひとつおすすめがあるとすれば、大滝のすぐそばにある洞窟風呂。脱衣所は男女別だが洞窟の奥の方で合体となる。神秘さと雰囲気は楽しめる。女性は水着姿ではしゃいでいるが、男は皆タオル1枚でぶらぶら・・・。このアンバランスもいただけない。夜は9時になるとお客がいるかいないかを確認せずに勝手に消灯してしまう。真っ暗の中息も絶え絶えに部屋に着く。
    結構名が売れた宿だが、入浴もお泊りもあまりおすすめはできません。

  • のんびりできるひとり旅の宿

    投稿日:2005年9月24日

    のんびりできるひとり旅の宿国民宿舎 渓山荘

    湯めぐり人さん [入浴日:  -  /  - ]

    総合評価 0 - 点

    お湯

    0 - 点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    久しぶりに当宿を訪れましたが、とてものんびりとした時を過ごせました。
    鬼怒川源流がすぐそばを流れる場所に1軒立つという宿なので、
    とにかく、川の音以外は何もないという静けさが一番良いのではないでしょうか。
    岩造りの露天風呂(男女別)は、朝日を浴びて入るのが最高です。
    湯小屋にある貸切の檜風呂は2人にちょうど良い?広さで、非常にシンプルな造りだが、
    無料で、空いていればいつでも入れるというのがイイ。
    川を目の前に望みながら浸かっていると時を忘れます。
    特別なものはなく国民宿舎という普通の宿ですが、
    温泉を堪能してゆっくりとした時間を過ごしたい向きにはおすすめです。

    ちなみに、ひとり泊も受け付けてくれます。1泊2食付で@8,400円です。(これからの紅葉の季節は不可ですが。)
    私が泊まった日は、幸い空いていたこともあって、ウォーシュレット付きトイレのある10畳間に泊めていただき
    快適なひとときを過ごせました。また、訪れたい私の隠れ宿です。(H17.9.22宿泊)

  • 加仁湯に想う・・・。

    投稿日:2004年5月1日

    加仁湯に想う・・・。加仁湯

    湯めぐり人さん [入浴日:  -  /  - ]

    総合評価 0 - 点

    お湯

    0 - 点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    ここはその昔、仁義が加えられた湯だからと、当時のご主人がこの宿のいきさつなどを熱く語ってくれたのを覚えています。
    ここを訪れる、純粋に温泉が好きな人や山男の立寄り湯として、日帰り客を歓迎してくれる素朴な山の湯でした。

    あるとき、代が変わり御殿のような鉄筋の建物に変貌してから、中身も変わってしまったのではないかと思います。
    だからといって、とやかく言う気は毛頭ありません。時代の流れですし、多くの人たちが秘湯を求めてやって来る昨今ですから、
    当然と言えば当然かも知れません。宿泊客優先なのは基本的には他の宿も同じですから。

    実は、私も昨日妻とここを訪れました。ただひたすら何のへんてつもない砂利道の林道を歩いてやっと着いたという感じでした。
    足が血豆で歩けない方へ、大変な思いをしましたね、私たちも同じ経験をしましたからお気持ちは痛いほど良~くわかります。
    ホント、お疲れ様でした。(私たちが帰る頃は通常ルートが何とか通れましたので、行きの半分くらいの時間で戻れましたが。)

    加仁湯のお湯は確かに良いです。乳白色で情緒もあり、すべすべします。妻も温泉の良さには感激していました。
    ただ、私が入った混浴風呂(第三露天風呂)は、とても熱過ぎて3分も入っていられませんでした。
    ここの自慢のお風呂であり、いつもはもっとぬるかったと記憶していたので、とっても残念でした。
    お湯の管理は大丈夫かなと心配してしまいました。(女湯はちょうど良い湯加減だったとのこと)

    これからここに行こうと思っている方がおられましたら、以下の点に気をつけて行った方が良いのではないでしょうか。
    ○明日からの4日間はできれば避けた方が良いと思います。(相当に混むでしょうし、新緑にはまだ早いから。)
    ○日帰り入浴は往復歩くしか方法はないので、“ハイキングを楽しみながら”も目的に加えていくことをおすすめします。
     途中、お弁当を広げられるような休憩に適した場所や滝などもありますので。
     ちなみに、奥鬼怒自然研究路(鬼怒川源流沿いの遊歩道)は、今日から通行できますが、一部、女夫淵側が仮歩道の迂回路
    (林道と山道を歩くルート)になっていますので、少し余計に時間がかかりますし、帰りは急坂になります。

    あと、これは私のお節介ですが、加仁湯に行くときは、あくまでも温泉に入ることだけを目的で行かれた方が良いと思います。
    それ以上は期待しないで、また、お泊りもあまりおすすめできないです。(理由はいろいろとありまして・・・。)

  • 人気の宿だが・・・

    投稿日:2004年1月15日

    人気の宿だが・・・四万やまぐち館(しまやまぐちかん)

    湯めぐり人さん [入浴日:  -  /  - ]

    総合評価 0 - 点

    お湯

    0 - 点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    「四万やまぐち館」と言えば四万温泉では名の通った老舗宿で人気も高い。川のせせらぎを聞きながら入る、あの写真でよく見る“お題目露天風呂”に入りたくて、昨年11月のとある月曜日にここを訪ねた。平日なのに、日帰りバスツアー客か大型バスが2台止まっていたほか、マイカーなどで駐車場は結構埋まっていた。
    玄関に入りフロントで入浴料を払おうと靴を脱ぎはじめたら、頭の上の方から怒鳴り声のような声が降りかかってきた。「何か用かね?」一瞬誰に言ってるのかと思ったが、間違いなく自分の方を向いている。「入浴したいんですが・・・。」「入浴?ダメダメ。」と言うと、その番頭らしい体格がいい奴は他の団体客の方を向き直して、「いらっしゃいませ。」とまったく別人のような態度で笑顔を振りまいていました。入り口の木の看板には、入浴時間12時から21時。お気軽にお入りください。と書かれてある。
    お風呂は確かにいいかも知れない、格式もいいのかも知れない。でも、温泉に入りたいという個人客をまったく無視するようなこんな所には二度と来ることはないと思いました。電話での応対の印象でその宿の良し悪しがわかりますが、番頭さんや仲居さんの態度、応対次第でその宿の評価が決まります。

146件中 141件~146件を表示

前へ  6 7 8 9 10 11 12 13 14 15  次へ


  • 温泉ソムリエになって温泉を10倍楽しみませんか
  • 船井総合研究所温浴チーム
  • ofr48
  • 浴場市場

TOPへもどる