本文へジャンプします。

有名温泉地から日帰り温泉、露天風呂、秘湯まで温泉口コミ&クーポンが充実

【共通ヘッダ】年間ランキング2019(PC)

★施設投票

×

エラーが発生しました。 しばらく経ってから再度お試しください。

閉じる

地下水100

地下水100 さん

平均33.4点 / 197件

湯治のはしごをやってみたい。

性別男性 年齢 指定なし 住まい東京
HP指定なし
ブログ指定なし

197件中 1件~10件を表示

前へ  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  次へ

並び順

口コミ最新投稿順 |

口コミ点数の高い順

  • 自然湧出泉と上質な時間を味わう

    投稿日:2013年8月24日

    自然湧出泉と上質な時間を味わう会津東山温泉 向瀧感想

    地下水100さん [入浴日: 2013年8月19日 / 1泊]

    総合評価 55.0点

    お湯

    55.0点

    施設

    55.0点

    サービス

    55.0点

    飲食

    55.0点

    泊まってみれば評判に違わず上質な時間を過ごすことができた。
    毎分27Lの自然湧出泉は低張性無味無臭透明だがお湯の注ぎ口に年月を重ねてきた証を見ることができる。一泊だったがプチ湯治を味わった。
    建物、部屋、中庭、それぞれに意匠満載で飽きることが無い。添付画像は手斧(チョウナ)で仕上げたと思われる廊下部分だ。
    お金を貯めて季節を変えて訪れたい。

  • 那須平成の森と上質のお湯

    投稿日:2011年6月16日

    那須平成の森と上質のお湯那須湯本温泉 滝の湯感想

    地下水100さん [入浴日: 2011年6月4日 / 2時間以内]

    総合評価 55.0点

    お湯

    55.0点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    オープンしたての「那須平成の森」ガイドツアー特別編に参加するため那須湯本に前泊した。宿の湯はここ滝の湯で、鹿の湯から100mほど下った所にあるログハウスだ。組合員と宿泊者専用のお湯で、宿にチェックインすると電子キーが渡され、それを持ってお湯に行く。この一角にある宿は多くが内湯なしのこの昔ながらのスタイルだそうだ。洗い場には低め高めふたつの湯溜りがあり源泉がこんこんと掛け流されている。高めの湯溜りから流れ出るお湯を頭に受ければ、もう至福のひとときだ。浴槽はふたつあり、熱めぬるめの設定になっている。湯温は湯量と水で調整するが、木の栓をきっちり締めても栓に穴が開けられているのでお湯が止まることはない。場所は鹿の湯に近いが、泉質はどうも異なるようだ。早朝から開いているので朝湯も楽しんだ。

  • 国登録文化財を味わう

    投稿日:2010年9月25日

    国登録文化財を味わう積善館感想

    地下水100さん [入浴日: 2010年9月16日 / 2時間以内]

    総合評価 55.0点

    お湯

    55.0点

    施設

    55.0点

    サービス

    44.0点

    飲食

    0 - 点

    「温泉博士」を持って訪れた。車は近くにある町営駐車場(無料)に置く。赤い橋の対岸右手がめざす積善館「元禄の湯」だ。アーチ型の窓が目に入る。大正ロマネスク様式だそうだ。靴を脱いで受付へ行くと、靴のままでどうぞとの由。それほど手入れが行き届いている。元禄の湯もどこで靴を脱いだら良いのかまごつく。暖簾をくぐり、戸を開けるとあの浴室が目の前に飛び込んできた。脱衣場浴室一体型だ。5つの浴槽、高い天井、個室型蒸し湯、アーチ窓、等々まわりをきょろきょろ見ていたらアッという間に時間が過ぎた。脱衣スペースにある長椅子に腰をおろし、スダレ越しに入ってくる初秋の風で涼をとった。次回は宿泊し4万の病を治すといわれる四万のお湯を堪能したいものだ。

  • 天上の楽園で湯治三昧

    投稿日:2010年9月25日

    天上の楽園で湯治三昧湯の花旅館感想

    地下水100さん [入浴日: 2010年9月15日 / 2時間以内]

    総合評価 55.0点

    お湯

    55.0点

    施設

    33.0点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    「温泉博士」を持って訪れた。標高1,800mの高原は涼しく快適だ。湯治宿といった風情の建物に期待が高まる。白濁の低張性硫黄泉は、100mくらい先にある湯畑からお湯を引いてくるうちにほぼ適温になっている。全部木組みで作られた内湯にはサルノコシカケのエキスと温泉が注がれている。効きそうだ。次は湯治でぜひ訪れたい。なお、万座には商店やGSが無いので注意が必要だ。

  • 和歌山市の高張泉

    投稿日:2008年10月29日

    和歌山市の高張泉花山温泉 薬師の湯(はなやまおんせん やくしのゆ)

    地下水100さん [入浴日:  -  /  - ]

    総合評価 55.0点

    お湯

    0 - 点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    西国札所参りの途中に、自遊人パスポートを使って訪問した。館内表示は20.9グラムとあり本町温泉同様、高張泉である。廊下には透明パイプが設置されており炭酸泉が噴出すさまがよく見えた。露天で淡ベージュ色の濁り湯に浸かっていたが、やはり長湯による湯あたりには要注意である。平日の夜だったのでゆっくりとすごすことができた。他の方のクチコミにあるような「泊まって朝湯」を次回は楽しみたい。2008年10月入湯。

  • 街中の銭湯が超高張泉

    投稿日:2008年10月29日

    街中の銭湯が超高張泉本町温泉 夢想乃湯(閉館しました)

    地下水100さん [入浴日:  -  /  - ]

    総合評価 55.0点

    お湯

    0 - 点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    中央構造線沿いの街和歌山に濃いお湯が出ているとの評判を聞きつけ、西国札所参りの途中に立ち寄った。館内表示では34.5グラムとある淡ベージュ色の濁り湯は評判どおりの濃厚な温泉で、湯あたりに気をつけながらの温泉三昧となった。無料駐車場付き(裏手にある。)の街中の銭湯を出ると辺りはもう真っ暗だった。2008年10月入湯。

  • いつまでも入っていたくなるお湯

    投稿日:2008年5月20日

    いつまでも入っていたくなるお湯大塩温泉 露天風呂

    地下水100さん [入浴日:  -  /  - ]

    総合評価 55.0点

    お湯

    0 - 点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    雪解け水が只見川に満ちている今年の今、ようやくこの季節限定露天に入ることができた。去年は早めに終わってしまいタイミングが合わなかったけれど、まあこれも一興。訪れてみれば、まさに川面を真下に見るといった感じのところにそのお湯があった。炭酸泉で39度位と若干ぬるめのお湯、只見川と只見線の鉄橋を望む景観、期間限定、ということもあって、いつまでも入っていたくなるお湯だった。訪れるときはお湯を管理している民宿たつみ荘さんに一声掛けてください。2008年5月入湯。

  • 恐るべし公共の湯

    投稿日:2007年8月26日

    恐るべし公共の湯舟唄温泉 柏陵荘

    地下水100さん [入浴日:  -  /  - ]

    総合評価 55.0点

    お湯

    0 - 点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    酷暑の中、12時頃訪れた。ここと隣の温泉館は同じ泉質の温泉と聞いたので、道の駅から近いこちらに入った。料金200円。内湯と最上川を見下ろす展望風呂がある。展望風呂は窓が開け放たれており最上川からの風が心地よい。ただし、20gもの高張泉なので、お湯に浸かるのは3分くらいが良いそうだ。2007年8月入湯。こんなに濃い温泉は久しぶりだった。

  • 湯浴みの原点

    投稿日:2006年10月10日

    湯浴みの原点鹿の湯

    地下水100さん [入浴日:  -  /  - ]

    総合評価 55.0点

    お湯

    0 - 点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    ようやく鹿の湯へ入ることが出来ました。評判通りでした。平日の午前中とあって、入湯のベテランと思しき人がマイペースでお湯に入っていました。湯浴みの原点とはこんな様子を言うのだと思います。鹿の湯3点セット(直径10cm程度の手桶、水を入れたペットボトル、砂時計)を持って、また、訪れたいものです。2006年10月入湯。

  • お湯と瀬音を満喫

    投稿日:2006年10月10日

    お湯と瀬音を満喫岩の湯

    地下水100さん [入浴日:  -  /  - ]

    総合評価 55.0点

    お湯

    0 - 点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    大雨の翌早朝訪れました。それでも先客が2名。水没は免れていましたが、ゴーゴーと瀬音が響き白波が渦巻く中での入湯もまた趣あるものでした。手前のお湯は澄み、奥は白濁です。数年前の大雨で水没した際掘り直したところ、江戸時代に使っていた源泉から再びお湯が出てきたそうで、たしかに足の下から熱いお湯が出ていました。きちんと手入れが行われており、水臭さは感じませんでした。二つとも1.2mくらいの深さがあります。塩原グリーンビレッジから少し行き、国道が下り上りに分かれる所から150m先の緩やかな右カーブの左側に遊歩道入口があります。そこが岩の湯への第一歩です。そこにはトイレもあります。2006年10月入湯。

197件中 1件~10件を表示

前へ  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  次へ


  • 温泉ソムリエになって温泉を10倍楽しみませんか
  • 船井総合研究所温浴チーム
  • ofr48
  • 浴場市場

TOPへもどる