本文へジャンプします。

有名温泉地から日帰り温泉、露天風呂、秘湯まで温泉口コミ&クーポンが充実

おふろdeマスク販売中!

★投票

×

エラーが発生しました。 しばらく経ってから再度お試しください。

閉じる

とつかん

とつかん さん

平均43.6点 / 214件

源泉掛け流しの新鮮なお湯が好物です。
山梨の温泉は素晴しいですね。夏の青森も好きです。

性別男性 年齢 指定なし 住まい神奈川
HP指定なし
ブログ指定なし

214件中 1件~10件を表示

前へ  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  次へ

並び順

口コミ最新投稿順 |

口コミ点数の高い順

  • 念願の泉薬湯

    投稿日:2007年10月14日

    念願の泉薬湯湯治の湯 泉薬湯(せんやくとう)

    とつかんさん [入浴日:  -  /  - ]

    総合評価 55.0点

    お湯

    0 - 点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    世界遺産に登録される前に行っておこうと思い、石見銀山、
    温泉津を目指した今回の島根、鳥取の旅で最も行きたかった
    のが温泉津です。この温泉街は、レトロ感満載で、宮崎アニメ
    にでてきそうな雰囲気がゾクゾクさせてくれます。なにより
    番台に座っていらっしゃるお婆さまがミカンを食べながら
    ちょこんと座っている姿がとても可愛らしく印象に残りました。
    温泉は、苦味、弱塩味、弱甘みのある濃厚スープの濁り湯で
    古遠部を想起させた。

  • 炭酸ガスの気泡がボコボコ湧きあがる

    投稿日:2007年5月23日

    炭酸ガスの気泡がボコボコ湧きあがる千原湯谷湯治場(旧 千原温泉)

    とつかんさん [入浴日:  -  /  - ]

    総合評価 55.0点

    お湯

    0 - 点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    34.5度、pH6.5、総計11540mgの茶褐色濁り湯だ。
    写真左下参照して頂ければ分かるが、3人入って一杯の小さな
    浴槽だが、その浴槽一面にボコボコと炭酸ガスの泡が底板から
    湧出しているのだ。これは今までに味わったことのない感覚で
    面白い。34.5度と温めであるが、源泉をそのまま使っている。
    別に温めた五右衛門風呂もあるので、上がり湯に最適です。

    温泉は軽い塩分の中に炭酸の清涼感、弱苦味、甘みが充分に感じられた。

    この日も、三瓶から湯治に来ている80歳のお爺様、アトピー
    を煩っている娘さんと一緒に来られた方と1時間ほどご一緒に
    入らせていただいた。いずれもこの温泉の効能に効果を求めて
    やってきた方だ。私は何も煩っていないのに横浜から来たことに
    驚いてらっしゃった。温泉談議に花が咲きいい思い出となりました。

    昔は湯治客のみ受け付けていたそうだが、現在は日帰り専門と
    なっているようです。

  • パーフェクト!

    投稿日:2007年4月18日

    パーフェクト!旅館大橋

    とつかんさん [入浴日:  -  /  - ]

    総合評価 55.0点

    お湯

    0 - 点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    お湯、接客サービス、建物の造り、食事いずれをとっても最高のサービス
    を提供している宿であると自信を持って人に勧めることのできる
    日本屈指の宿でしょう。
    芸術性のある食事も素晴らしかったが、なにより岩窟の湯は圧巻。
    上の湯(トロン泉)、中の湯(ラドン泉)、下の湯(ラドン泉)と三つの
    浴槽から構成されており、それぞれ足元湧出しており、ゴボゴボ
    としたから湧き上がってくる。
    不老閣でも味わったが、浴後疲れが飛ぶような気がした。
    ここは、家族を連れて常連の宿としたいですね。

  • 那須湯元=鹿の湯

    投稿日:2007年2月8日

    那須湯元=鹿の湯鹿の湯

    とつかんさん [入浴日:  -  /  - ]

    総合評価 55.0点

    お湯

    0 - 点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    温泉情緒、泉質、歴史、全てにおいてトップクラスのお湯だと思います。

    温度は41,42,43,44,46,48℃浴槽が、奥に向かってだんだん熱くっている。
    全部の湯温を試しましたが、寒かったこともあり、44℃の浴槽がお気に入り
    の温度でした。48℃は流石に厳しいですね。30秒も入っていられなかったです。
    鹿の湯は湯量豊富で20軒ほどの旅館に分湯しているようだが、これは行人A,B源泉
    を混ぜて分湯している。鹿の湯単一源泉の利用は、ここだけと伺った。
    また、湯温の調節は、お湯の注入量で調節しているとのこと。

    しかし、ここの湯は匂いが強烈だ。自宅に帰ってからも、1ヶ月ほど衣服に
    ついた硫黄の芳醇な香りが抜けなかった。

  • 渓流露天風呂に酔いしれた。

    投稿日:2007年2月8日

    渓流露天風呂に酔いしれた。秘湯の宿元泉館

    とつかんさん [入浴日:  -  /  - ]

    総合評価 55.0点

    お湯

    0 - 点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    赤川沿いの元湯温泉3軒はどれもトップクラス温泉です。
    原生林に囲まれた渓流沿いの静かな渓流露天風呂は私の中で
    断然お気に入りの湯となりました。薄めの乳白色の温泉は、
    高貴さを漂わせています。

    ここで出会った千葉に住む方と1時間ほど話こみました。
    この温泉が如何に素晴らしいか、この温泉が体にとってどれほど
    素晴らしい効果があるか、もう数十年通い続けていることとか、
    とても興味深い話でした。

    熱めの内湯、温めの露天と繰り返し入っていましたが、確かに
    体に効く温泉なのかなと思いました。浴後爽快感が感じられ
    ちょうど、不老閣で感じた爽快感と似ています。

    次回は泊まりで、日帰りで入浴できない邯鄲の湯、宝の湯を
    楽しみたいと思います。

    高尾の湯、72l、50.6℃、硫化水素型。

  • 4点セットを備えた特徴的泉質

    投稿日:2006年12月7日

    4点セットを備えた特徴的泉質舟唄温泉 柏陵荘

    とつかんさん [入浴日:  -  /  - ]

    総合評価 55.0点

    お湯

    0 - 点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    寒河江のそば、道の駅おおえの裏手に2件の温泉があります。
    ひとつは舟唄温泉 柏陵荘。
    その裏手すぐにテルメ柏陵・健康温泉館がある。
    見た目の違いは、柏陵荘は年配の方の憩い場で若干古めかしい
    銭湯のような雰囲気です。一方テルメ柏陵は家族で一日楽しめる
    比較的新しい豪華なスーパー銭湯です。どちらも300円以下なので
    それぞれお好みで選択して頂きたい。

    柏陵荘は熱めの内湯と、温めの外の景色が眺められる岩風呂が
    あります。灰色弱濁の湯は、初めはあっさり系なのかなと思うが
    徐々にその成分通りガツン系へとイメージが変化します。
    Caが2307、Naが4977もあり、塩味苦味が利いてます。当然硫黄も
    利いている。弱ぬめりもあり、臭い、色、味、触感4点セットで
    個性的な湯と評価できる。

    含硫黄土類食塩系
    食塩系に硫黄が含まれると硫化鉄系に変化し黒くなる。
    硫化鉄系がコロイド上になっているので沈殿物が出る。
    温泉地としては、山形県『舟唄温泉』栃木県『大出館』
    和歌山県 『ホテル浦島』と郡司氏の記述した掲示物があった。
    (これは大江町健康温泉館にて確認)
    どの位の量で硫化鉄系に変化するか今後の課題としたい。

    ちなみに舟唄はNa 4977g HS9.8mg。大出館はNa324mg HS7.9mgであった。
    温泉の黒さとしては、大出館の方が黒かったので、湯量湯温などとも
    当然関連していると思われるのでまさに、墨の湯は偶然の産物
    なのであろう。

    残留物19750mg 49.4℃

  • 猛爆アブラ臭

    投稿日:2006年12月5日

    猛爆アブラ臭喜連川早乙女温泉(そうとめおんせん)

    とつかんさん [入浴日:  -  /  - ]

    総合評価 55.0点

    お湯

    0 - 点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    今回の温泉修行の締めを飾ったのがこの温泉。
    アブラ臭が凄いとの噂を聞きつけ楽しみにしてました。

    浴室に入る前は、硫黄臭が感じられる程度でどんなもんかな
    と思っておりましたが、浴室に入った途端とんでもないアブラ臭
    が襲ってきました。丁度、入り口付近が川下状態だったので全ての
    臭気が流れてくるイメージです。お店の方に伺うとこの臭気で倒れ
    られる方もいらっしゃるとか。

    温泉の色は、若干濁りに入ったエメラルドグリーンです。
    西多賀、国見系なのかなと思います。新屋にもにていますが、
    新屋は透き通ってますね。但し新屋の方よりアブラ臭はきつめかと
    思います。このお湯は何度でも通いたい極上湯ですね。
    最高ランクです。

    HS 12.4 SO4 17.0 230リットル 総計15848mg 68℃

  • 鳴子の東の横綱

    投稿日:2006年12月1日

    鳴子の東の横綱東多賀の湯

    とつかんさん [入浴日:  -  /  - ]

    総合評価 55.0点

    お湯

    0 - 点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    西多賀と東多賀どちらも鳴子最強の呼び声が高い。
    どちらも甲乙つけ難く、西の横綱、東の横綱といったところだろう。
    今回どうしてもこの湯を満喫したく、宿泊することとなった。
    湯は白濁しており、成分も強烈だ。一発目でノックダウンして
    しまった。
    女将に話を伺うと、やはりここも単一源泉であり、日本で一番の
    湯と自慢しておられた。それだけ自信があるのだろう。
    鳴子に来たら、滝の湯と両横綱は外せません。一見の価値アリ。

    含硫黄-ナトリウム・カルシウム-硫酸塩泉
    45.0℃ PH5.4 総計1215.8mg
    HS、31.2 SO4、71.02

  • 鳴子の西の横綱

    投稿日:2006年12月1日

    鳴子の西の横綱西多賀旅館

    とつかんさん [入浴日:  -  /  - ]

    総合評価 55.0点

    お湯

    0 - 点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    西多賀と東多賀どちらも鳴子最強の呼び声が高い。
    どちらも甲乙つけ難く、西の横綱、東の横綱といったところだろう。
    西多賀は、やや緑白濁していて、国見温泉を想起させた。
    一緒に入った学生の爪が黒く変化していた。これは、国見で私も
    経験済みである。

    浴室はこじんまりしているが、硫黄臭、弱アブラ臭が充満している。
    弱塩、弱甘、弱苦味。スベスベ感あり。西多賀も、東多賀も
    単一源泉ってところも評価に繋がっている。

    含硫黄-ナトリウム-炭酸水素塩・硫酸塩泉(硫化水素型)
    60.5℃ PH6.6 総計2347mg
    HS、12.1 SO4、31.92

  • アクトバードとは…。

    投稿日:2006年8月2日

    アクトバードとは…。アクトバード矢立温泉 (旧赤湯)

    とつかんさん [入浴日:  -  /  - ]

    総合評価 55.0点

    お湯

    0 - 点

    施設

    0 - 点

    サービス

    0 - 点

    飲食

    0 - 点

    日景温泉、湯の倉温泉とこの近辺のお湯は総じてレベルが高い。
    近辺といっても、泉質が似通っているわけでもなく、それぞれ
    個性があります。この温泉は鉄分が入っているため、空気に晒さ
    れ赤く変化しており、湯は甘じょっぱく、透明度20cmほどの、
    赤褐色温泉です。金気臭が漂い、弱いながらも掛け流しされた
    浴槽内は雰囲気があります。

    ご主人にアクトバードの意味を伺うと、活性という意味らしい。
    赤湯温泉、矢立温泉、アクトバードと経営者が変わるたびに
    名前を変えていったそうだ。今のご主人は、以前の赤湯温泉に
    名前を変更したいとしきりに訴えていた。おそらくいつも
    聞かれているのだろう。

    宿までのアプローチの赤い橋、浴室の千枚田状態の床とパワー
    あふれる湯。どれも私の記憶に鮮明に焼きついた。

214件中 1件~10件を表示

前へ  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  次へ


  • 温泉ソムリエになって温泉を10倍楽しみませんか
  • 船井総合研究所温浴チーム
  • ofr48
  • 浴場市場

TOPへもどる